ASPIC公式サービス【アスピック】

  • TOP
  • 特集記事
  • 有給管理ソフトおすすめ11選!タイプや選び方のポイントは?

有給管理ソフトおすすめ11選!タイプや選び方のポイントは?

有給管理ソフトおすすめ11選!タイプや選び方のポイントは?

最終更新日:2022-08-01

有給管理に課題を抱えている労務・人事・総務などのご担当者へ。法改正後の有給休暇取得にしっかり対応できる有給管理ソフトのメリットや、タイプごとのおすすめのサービスをご紹介します。

目次

有給管理ソフトとは?

有給管理ソフトとは、社員の有給休暇の付与や残日数を自動で管理できるソフトです。これまでExcelやスプレッドシートを使って手作業で管理していた、複雑で手間のかかる有給残日数の計算や有給付与を自動化。申請・承認なども簡単に管理できるようになります。

2019年4月に労働基準法が改正となり、従業員の毎年5日間の年次有給休暇取得が義務化され、違反した企業は様々な罰則が適用されることになりました。今後も働き方に関する法律は改正される可能性がありますが、法改正に対応できる有給管理ソフトも多く、法令遵守の面でも有効な対策です。

また、ソフトによっては、行政報告書出力、従業員へのアラート機能、勤怠管理システムなどとの連動など機能も豊富で、会社の規模・使い方にあった選び方ができます。

有給管理ソフトをお探しの方は、こちらから資料をダウンロードいただけます。

有給管理ソフトの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

 

有給管理ソフトのメリット

有給管理ソフトは雇用主や管理担当者、従業員、それぞれにメリットがあります。具体的には以下の3つが挙げられます。

(1)有給付与・管理の効率化

従業員の入社年数や勤務形態に応じて有給付与が自動計算されるため、消化のみを入力することで処理が完了。有給を取得すると、残日数が自動的に減り、失効や繰越も自動で行われます。

Excelやスプレッドシートでの管理は煩雑でミスが発生しやすく、社員の入れ替わりのたびに更新するのが大変ですが、ソフトを使えば、簡単な操作で一括処理できるので業務の大幅な効率化が可能です。

(2)法令遵守の徹底

前述の通り、法令遵守も大きなメリットの一つ。有給の取得状況を一覧化できるため、未取得者をしっかりと把握することができます。更に把握できるだけでなく、取得期限が迫っている従業員にはシステム上やメール送付で知らせるアラート機能など、注意喚起をしてくれる機能もあります。

作成が義務付けられている「有給休暇管理台帳」も簡単に作成できるソフトも多く、行政報告書の出力も確実かつ容易に行うことができます。また、義務化されている年次有給休暇管理簿の3年間の保存にも対応できます。

(3)有給取得の促進

有給を取得する従業員は、スマホやPCから手軽に有給の残日数の確認や申請ができるようになるため、休暇取得の促進や消化漏れの防止につながります。オンライン上で簡潔に取得申請が完了するため、書類提出の必要もありません。なかには、LINEやマイページから残数確認・申請できるものも。

また、承認機能を備えたものであれば、申請から承認までを一元管理して、プロセスの簡略化や承認担当者の負荷軽減にもなります。

 

有給管理ソフトのタイプ

有給管理ソフトには有給管理に特化した有給管理専用タイプと、勤怠をトータルで管理するタイプがあります。それぞれのタイプについて解説します。

①有給管理専用タイプ

勤怠管理システムほどの高機能は必要なく、有給管理をシンプルに、簡単な操作で使いたい企業向け。低コストでありながらも、ほとんどのサービスに有給日数の計算や自動付与、行政報告書出力など基本的な機能が搭載されています。勤怠管理システムはすでに利用中で、有給管理のソフトだけ追加で使いたい場合にもおすすめです。

②勤怠をトータルで管理するタイプ

有給管理だけでなく、タイムカードや勤務集計など勤怠管理をトータルで効率化したい企業向け。勤怠管理システムの機能の一つとして、「有給5日取得チェック」に対応した有給管理機能を備えたものを使う方法です。一つのシステムで労務管理や勤怠管理が完結できるため、労働時間や給与計算などの問題にも対処することができます。

 

有給管理ソフトの選び方のポイント

有給管理ソフトごとに使用できる機能やサポートできる範囲は異なります。ソフトを選ぶ際のポイントを3点紹介します。

1. 有給休暇の取得最少単位

就業規則によっては1時間単位や半日単位などの、有給を認めている場合があります。システムによって管理単位に幅があるので、自社に合ったものを選ぶ必要があります。

たとえば、「有休ノート」の取得最少単位は1時間から設定可能で、従業員の働き方に合わせて有給を取得することができます。

2. 有給以外の休暇も管理できるか

管理できる休暇のタイプの対応範囲も重視したいところです。休暇の幅が広いと、組織のルールに合わせた運用がしやすくなります。

「ジョブカン勤怠管理」の場合だと、有給休暇、代替休暇、振替休暇はもちろん、半休、夏季休暇、慶弔休暇、誕生日休暇と休暇の種類が多く、更に企業独自の特別休暇も30個まで設定可能です。

3. 申請・承認のしやすさ

有給取得までの申請、承認のしやすさも重要なポイントです。従業員のワークスタイルも個人によって異なる昨今、どんな時間、場所でも簡単に申請、承認できるソフトの方が使い勝手が良いでしょう。

「有休ノート」「HRMOS勤怠管理」はそれぞれスマホの専用アプリがあり、シンプルでわかりやすいデザインなので申請から承認まで簡単に行うことができます。また、「オフィスステーション有休管理」はマイページから申請が、「ジョブカン勤怠管理」はLINEから残日数の確認が可能です。

 

おすすめの有給管理ソフト(有給管理専用タイプ)

まず、シンプルな機能で、コストを抑えて利用できる有給管理専用タイプのソフトを5つご紹介します。

有給ママ(株式会社ステラコンサルティング)

有給ママ公式Webサイト

(出所:有給ママ公式Webサイト)

労務管理のプロフェッショナルである社会保険労務士が制作した、中小企業向け有給休暇管理ソフト。有給休暇の取得状況は個人別でPDF出力が可能で、全社員、1人ずつ、特定の社員と条件を指定して印刷することもできる。
その他、全社の個人別残日数、取得履歴のCSV出力に対応しており、会社の確認用や、社員への配布用への活用も可能。管理社員数2名までなら永年無料ですべての機能が使えるプランもあり、規模が小さい企業や事務所にもおすすめ。

  • 料金:年一括払い12,320円(基本プラン) ※2名までの無料プランあり

詳細はこちら

有休ノート(株式会社月華堂)

有休ノート公式Webサイト

(出所:有休ノート公式Webサイト)

使いやすいデザインと豊富な機能が特徴的なクラウド型の有給管理ソフト。インターネットに接続できればWindows、MacなどのPC、AndroidやiOSのスマホでも利用でき、場所を問わずにいつでも使用できる。
有給取得最小単位は1日・半日・1時間から設定できたり、有給以外の特別休暇が管理できたりと企業ごとの運用方法に柔軟に対応できる。その他の機能としては、ボタン1つでできる年次有給休暇管理簿の作成、法律違反を防ぐためのアラートなど。

  • 料金:月額100円/ID(スタンダードプラン) ※15名までの無料プランあり

詳細はこちら

ジョブカン勤怠管理(株式会社Donuts)

ジョブカン勤怠管理公式Webサイト

(出所:ジョブカン勤怠管理公式Webサイト)

累計導入実績15万社を超える「ジョブカンシリーズ」のソフトの1つで、有給管理に特化した機能を搭載している。「有給を年5日以上消化できていない従業員」への自動メール送付、イレギュラーな有給日数の自動計算や付与、そしてLINEで有給の残日数を確認できる点など使いやすさにこだわっている。メール、チャット、電話で質問ができ、管理者へのサポート体制も手厚い。他の勤怠管理システムを導入している場合でも、「有給管理システム」のみを使用できる。

  • 料金:月額200円/ID〜 ※機能制限ありの無料プランあり

詳細はこちら

オフィスステーション有休管理(株式会社エフアンドエム)

オフィスステーション有休管理公式Webサイト

(出所:オフィスステーション有休管理公式Webサイト)

利用社数20,000を超えるクラウド型有給管理ソフト。担当者の管理画面では段階に分けて有給未取得者のレベル設定ができ、一覧画面ではレベルごとに色分けされているため状況の把握がしやすい。もちろん有給未取得者へのアラート通知もあり、未取得者防止には最適だ。
二重認証、自動バックアップなど金融機関並みの厳重なセキュリティが搭載されており、個人情報の保護が手厚い。オフィスステーションシリーズの一つだが、他社システムとAPI連携、CSV連携も可能。

  • 料金: 100円/ID、登録料100,000円

詳細はこちら

有休(有給)管理システム(株式会社システムコア)

有休(有給)管理システム公式Webサイト

(出所:有休(有給)管理システム公式Webサイト)

買い切り型のWindows用のソフトウェア。社内LAN環境内でデータベースファイルを共有すれば、他の端末でも同一のデータを編集することができる。半日単位、時間単位の有給にも対応しているほか、年次有給休暇取得管理台帳や、従業員に配布する「有給休暇のお知らせ」書類を作成することも可能。
また、同社商品の「タイムレコーダー」と連携することで、毎日の打刻と合わせて取得した有給や代替休暇、特別休暇の残日数を、有給管理システムで集計・管理できる。

  • 料金:9,800円/ライセンス(税込・ダウンロード版)

詳細はこちら

 

おすすめの有給管理ソフト(勤怠をトータルで管理するタイプ)

続いて、労務・勤怠管理にも対応したタイプのソフトを6つご紹介します。

有給管理ソフトの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

CYBER XEED(アマノビジネスソリューションズ株式会社)

CYBER XEED公式Webサイト

(出所:CYBER XEED公式Webサイト)

毎日の勤怠管理や各種申請、スケジュール管理がすべてWeb上で操作できるクラウド型の勤怠管理。トップ画面に有給取得日数や取得期限を表示でき、社員への意識付けにつながる。子どもの看護や介護休暇の時間単位取得にも対応しており、働き方に合わせた設定が可能。5日間の年次有給休暇取得や、労働者ごとの有休管理簿の作成、3年間保存にも対応する。
その他、豊富な打刻方法や、給与計算、人事管理まで人事総務の業務を広範囲にカバー。導入時は企業ごとに担当のSEが付き、就業規則や運用方法などの要望をヒアリングして設定作業を行ってくれるので、導入までの負担が気になる人でも安心。

  • 料金:要問い合わせ

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

freee勤怠管理Plus(freee株式会社)

freee勤怠管理Plus公式Webサイト

(出所:freee勤怠管理Plus公式Webサイト)

クラウド型会計ソフトなどを運営しているfreee株式会社が開発した勤怠管理ソフト。PCもスマホも同じUIでわかりやすく、打刻方法も共有端末やICカード、指紋・静脈認証など幅広いニーズに対応している。
馴染みのあるタイムカードのようなデザインの画面で残業時間や有給の取得日数を確認でき、アラート機能も搭載。既存業務の見直しや要件定義の助言まで行ってくれる導入アドバイザリーが付いてくれるので、働き方の改善も期待できる。

  • 料金:月額300円/ID

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

マネーフォワード クラウド勤怠(株式会社マネーフォワード)

マネーフォワード クラウド勤怠公式Webサイト

(出所:マネーフォワード クラウド勤怠公式Webサイト)

「働き方改革をサポートする勤怠管理システム」のキャッチコピーの通り、基本勤務制・シフト制・裁量労働制・フレックスタイム制など様々な雇用形態に対応している勤怠管理システム。
有給休暇の付与や取得の状況、取得義務のある有給休暇の日数や取得するべき義務期間を一覧で確認可能。人事管理や給与、社会保険などのマネーフォワードクラウドの他のサービスと組み合わせて利用可能だ。

  • 料金:月額2,980円(スモールビジネス・年額プラン)〜

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

HRMOS勤怠(IEYASU株式会社)

ハーモス勤怠公式WEBサイト

(出所:HRMOS勤怠公式Webサイト)

基本的な勤怠管理なら初期費用、月額費用ともに無料で使用できるサービス。管理はスマホアプリでも可能で、打刻はLINEやSlack、ICカードなど様々なツールに対応している。
有給、代休、夏季休暇、企業独自の休暇などの休暇管理ができ、従業員別に年度・⽉ごとの「休⽇・休暇」状況の確認も可能(有給の自動付与機能は有料プラン)。更に、関連サービスのHRMOS給与明細、日報管理、年末調整申告も無料で使用できる。

  • 料金:なし ※有料プランは月額3,800円〜

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

kinnosuke(HOYA株式会社)

kinnosuke公式Webサイト

(出所:kinnosuke公式Webサイト)

勤怠管理システムを10年以上提供しているHOYAのノウハウをもとに作り上げたシステム。有給の取得、付与、残日数、取得率の確認できる休暇履歴管理機能が備わっており、有給休暇管理台帳の作成にも対応。
代休や病気休暇などの休暇の残日数もすべて管理できる他、積立有給休暇(保存年休/プール休暇)や有給休暇取得率の計算にも対応。誰でも簡単に有給休暇取得の義務化の管理効率を上げられる。

  • 料金:月額350円/ID、初期費用別途

詳細はこちら

ジンジャー勤怠(jinjer株式会社)

jinjer勤怠公式Webサイト

(出所:ジンジャー勤怠公式Webサイト)

労働時間の集計・管理から有給休暇の管理まで、リアルタイムで管理できる勤怠管理システム。法改正へのアップデートは自動で行われるため、その都度システム管理を行うなどの対応が不要となる。
マイページで有給の残日数が確認でき、有給未取得のアラート機能も搭載。育児休暇やリフレッシュ休暇など、企業独自の特別休暇を柔軟に設定できる。シフト管理や予実管理、豊富な打刻方法、ワークフローといった業務効率化機能も充実。

  • 料金:月額400円/ID〜

詳細はこちら

 

まとめ

働き方改革が進むとともに、法令遵守の強化が求められる中、有給休暇の管理はこれまで以上に徹底する必要があります。日数の確認や申請、承認などを煩雑に感じていた企業は、有給管理ソフトの導入によって有給取得が一気にスムーズになるでしょう。

本記事で紹介した有給管理ソフトのメリット、タイプを参考に、自社の従業員数や働き方にマッチした有給管理ソフトの導入を検討してみてください。

有給管理ソフトをお探しの方は、こちらから資料をダウンロードいただけます。

有給管理ソフトの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

 

サービス詳細はこちら

CYBER XEED(サイバーエクシード)

CYBER XEED(サイバーエクシード)

最大2,000名まで対応可能なSE設定型の勤怠管理クラウド。20年以上にわたり労務管理サポートを手掛けてきたノウハウのもと、個社の就業規則に合ったシステム環境を...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

freee勤怠管理Plus

freee勤怠管理Plus

1ユーザー月額300円で利用可能。初期費用0円。PC・スマホ・アプリ、ICカードや指紋・静脈認証など様々な打刻に対応。位置情報も取得できるため、直行直帰やテレワ...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

マネーフォワード クラウド勤怠

4.0 1件の口コミ・評判

マネーフォワード クラウド勤怠

4.0 1件の口コミ・評判

打刻・集計などの勤怠管理をラクに効率化。働き方改革関連法への対応、シンプルで使いやすい操作画面、給与計算ソフトとの連携も強み。...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

HRMOS勤怠

4.7 3件の口コミ・評判

HRMOS勤怠

4.7 3件の口コミ・評判

完全無料で今すぐ使える勤怠管理システム(人数・期間も無制限)。タイムカード打刻・申請承認・勤怠管理レポート・アラート機能などの基本機能は無料プランで利用可能。登...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

このページの内容をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
TOPへ戻る

資料ダウンロードフォーム

1分で簡単登録。無料

入力フォームはこちら

登録済みの方はこちら

パスワード再発行

アスピックご利用のメールアドレスを入力ください。
パスワード再発行手続きのメールをお送りします。

アンケートにご回答ください。

サービスの導入検討状況を教えてください。

  • 資料請求後に、当該資料に含まれる「サービス提供会社」や弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
  • ご案内のため、アスピックにご登録いただいた会員情報を弊社より「サービス提供会社」に対して電子データにて提供いたします。
  • 利用規約とプライバシーポリシーに同意の上、ダウンロードいただきます。

ご回答ありがとうございました。

ご登録いただいているメールアドレスにダウンロードURLをお送りしています。ご確認ください。

CLOSE