ASPIC公式サービス【アスピック】

  • TOP
  • 特集記事
  • CRMツール比較14選!機能一覧やセールスフォースも紹介

CRMツール比較14選!機能一覧やセールスフォースも紹介

CRMツール比較14選!機能一覧やセールスフォースも紹介

最終更新日:2024-02-02

顧客情報の一元管理が負担になっている方や、情報分析を活用したプロモーションを考えている方へ。CRMツールのタイプや選び方、比較検討のポイント、おすすめのサービスについてご紹介します。

目次

CRMツールとは?

CRMツールとは、見込み客や取引先などに関する情報やコンタクト履歴などを自動で取り込み、一元管理・有効活用できる顧客関係管理システムのこと。近年はセールスフォースをはじめとしたクラウド型のCRMが主流です。

CRMツールの必要性

1.情報の一元管理

顧客情報を複数のExcelやスプレッドシートなどで管理していると、「情報を入力・転記するのが手間」「どこに何があるのかわからない」など問題が起こりがちです。この点、CRMツールなら入力は一度きり(転記不要)。顧客情報を1システムでわかりやすく一元管理できます。

2.情報の可視化

近年企業の営業活動は、「マーケティング」「インサイドセールス」「フィールドセールス」「カスタマーサクセス」の4部門で最適な母数・成功率・ゴールを数値化し、それぞれを向上させることで最終的な売上向上を目指す方法が一般的です。

CRMツールなら、各部門の情報をリアルタイムで可視化できるので、営業活動の最適化に役立ちます。

SFAとCRMの違い

顧客情報や案件情報、商談履歴などを管理するという点では同じですが、それぞれ目的・用途が異なります。

  • SFAは「Sales Force Automation」=営業支援
  • CRMは「Customer Relationship Management」=顧客関係管理

名称からわかる通り、SFAは自社の営業活動を支援するため、CRMは顧客満足度・顧客体験を向上させるために利用されます。ただし、両者は相反するものではなく、CRMツールの中にはSFAとして利用することができるものもたくさんあります。

おすすめのCRMツール

  • 【セールスフォース】Sales Cloud
  • 【実績豊富なタイプ】Mazrica Sales、eセールスマネージャーRemix CLOUD、Zoho CRM、Sales Force Assistant、Knowledge Suite、GENIEE SFA/CRM
  • 【名刺管理やMAなどとの連携タイプ】ホットプロファイル、Sansan、SHANON MARKETING PLATFORM、kintone×メールワイズ、Hubspot CRM
  • 【大企業・グローバル企業向けタイプ】Microsoft Dynamics 365、Oracle Sales Cloud
  • 【カスタマーサポートやコールセンター向け】「コールセンター向けCRMの比較7選!メリットや選び方も紹介」にて詳細を紹介しています。

CRMツールをお探しの方はこちらからサービス紹介資料をダウンロードいただけます。

CRMツールの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

 

CRMツールのタイプと選び方(検討手順)

CRMには様々なタイプのツールがあり、主に以下のようなタイプに分けられます。導入したものの「データ入力が進まない」「管理がかえって複雑になった」「データを有効活用できない」といった事態を防ぐには、自社に最適なCRMツールを導入することが大切です。

Sales Cloud CRMツールの代名詞とも言える、世界15万社以上の導入実績を誇るサービス。いわゆる「セールスフォース」と呼ばれているものです。詳細は後述します。
実績豊富なタイプ データ入力を軽減する仕組みなど、利用を促進するための機能を豊富に備えており、直感的に操作可能なUIに長けたツールが多いのが特徴です。高機能・カスタマイズよりも、「使い勝手の良さ」を優先する場合におすすめです。
名刺管理やMAなどとの連携タイプ CRMツールと名乗っていなくても、オプションプランを利用したり、ほかのサービスと連携させたりすることで、主要CRMツールに劣らない効果が期待できるシステムもあります。
大企業・グローバル
企業向けタイプ
世界的に利用されているタイプ。いずれも多言語・多様な営業管理方法に対応可能なため、「グローバルで統一したCRMツールを使いたい」という場合にはおすすめです。
カスタマーサポートやコールセンター向け カスタマーサポートや、コールセンター向けに開発されたCRMには、CTI連携やチケット管理など、情報共有や顧客対応効率化のための機能が搭載されています。

CRMの賢い選び方

「何を基準に検討したらいいかわからない」という方は、以下のような手順で検討するとスムーズです。

  1. まず、鉄板のSales Cloudを含む、実績豊富な主要ツールの中から一つ選ぶ
    Sales Cloud
    主なCRMツール(実績豊富なツール)
  2. その後、以下のような個々の要望に合わせて、それ以外のツールについて検討を加える
    主なCRMツール(名刺管理やMAなどとの連携型)
    主なCRMツール(大企業・グローバル企業向け)
    カスタマーサポートやコールセンター向けCRMツール
  3. 最後に1、2で選んだ2サービスを比較検討する

 

CRMツールの機能一覧と比較表

サービスにもよりますが、CRMは以下のような豊富な機能を搭載しており、営業効率や生産性の向上を実現できます。

基本機能 顧客情報管理 顧客名、部署、担当者、住所、連絡先などを管理
商談管理 訪問日、面談者、商談内容、進捗などを管理
活動履歴管理 商談、連絡、問い合わせなどの顧客接点を管理
ToDo管理 タスクの割り当て、次のアクションの記録や対応期限日のアラート通知など
リード情報管理 リード情報の登録、CSVやAPIによる一括自動取り込みなど
案件管理 案件の内容、金額、受注見込み時期や受注確度などを管理
レポーティング 行動管理 各営業の案件数・タスク数・受注見込み額などを把握
予実管理 受注見込みや受注実績、売上などを集計してグラフなどで把握
営業支援 AIによる自動アドバイス 受注につながる情報や推奨アクションをAIが過去案件に基づきアドバイス
見積書作成 見積書作成を効率化・自動化
カレンダー連携 GoogleカレンダーやMicrosoft 365カレンダーへ商談予定などを自動登録
現場営業支援 地図上の取引先表示 地図上に複数の取引先や訪問先を同時に表示
スマホでの日報の作成 外出先からスマホで写真を含めた詳細な活動報告
GPSによる活動場所の
自動記録
GPSの位置情報で滞在先やルートなどを自動記録
管理効率化 名寄せ 重複登録の可能性のあるデータをルールに基づき検知
管理項目の追加 顧客情報や案件情報などに、管理したい項目を自由に追加
マーケティング支援 メール一斉配信 メールの一斉配信や、開封やURLのクリック状況の把握など
シナリオ配信・
ステップメール配信
定めたシナリオやステップに従って、1to1でメールを配信
Webフォーム作成 問い合わせフォームなどをノーコードで作成
名刺情報のOCR取り込み スマホなどで撮影した名刺情報をOCRでデータ化して、顧客情報として自動取り込み
Web行動履歴の把握 自社のWebサイト上での閲覧履歴を把握
スコアリング 顧客の行動をスコア化して、ホットリードを抽出

システムごとに機能比較を行いたい方は、「SFA/CRMツールの選び方ガイド(比較表付)」をご活用ください。主なCRMツールの機能比較表(主要10ツールを対象に計27項目で調査)を添付しています。

比較結果のポイントは以下の通りです。

  • どのCRMツールも顧客情報管理、商談管理、活動履歴管理、リード情報管理、案件管理などの基本項目には対応。ただし、SFAに強みのあるツールの中には、対応せずにCRMツールとの連携を前提にしているものも。
  • 行動管理や予実管理など、営業活動状況や受注のヨミなどの把握につながるレポーティング機能はどのツールも充実。
  • 見積書作成や次回アクションの自動アドバイスなど、効率化に役立つ機能を搭載するツールは限られる。
  • メールの一斉配信機能は多くのツールが対応しているものの、ステップメール配信やスコアリングなどナーチャリングに役立つマーケティングオートメーション機能を搭載するツールは限られる。

CRMツール 比較表イメージ

SFA/CRMツールの選び方ガイド

CRMツール

SFA/CRMツールの選び方ガイド

CRMツール

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

 

CRMツールの比較のポイント

続いて、セールスフォースを含めCRMツールを、比較検討する際のポイントについて説明します。導入当初から拡大期まで、無理なく使い続けられるかどうかを念頭に比較検討してみてください。

利用範囲が自社に合っているか

取引実績、コンタクト履歴、Webログなど顧客に紐づいた顧客情報や、案件に紐づいた案件情報、営業日報・行動履歴など、営業に関する情報は多岐にわたります。

また、「マーケティングに利用する」「売上予測を立てる」などそれらをどう利用するかも企業ごとに変わります。自社の利用範囲に適したツールを選びましょう。

より多くの情報を様々な方法で活用できるツールといえば、機能とカスタマイズに優れた「Sales Cloud」ですが、単に「顧客情報を取り込んで蓄積したい」だけならそこまで多機能である必要はありません。

たとえば、「kintone」のようなシステムで安価に済ませる方法もあります。必要に応じて同社の「メールワイズ」のような別の履歴管理ツールと連携させて補うことも可能です。

利用促進のしやすさ(データの入力支援機能)

CRMツールが組織に根付くかの鍵は「情報入力」です。いくら情報を一元管理・共有できたとしても、情報が古かったり、誤っていたり、入力されていなかったりしてはデータの有効活用にはつながりません。そのため、「いかに営業担当者に負担をかけずに、日々の顧客情報・案件情報・活動情報を入力してもらうか」という視点が重要に。継続して利用してもらうためにも、入力支援機能の有無や充実度をチェックしておきましょう。

たとえば、「Mazrica Sales」なら、顧客とのやりとりや営業予定を、GmailやGoogleカレンダーから自動でシステムに取り込めます。また「ホットプロファイル」なら名刺をスキャンするだけで顧客情報をデータ化して取り込み、社内で共有することで人脈を活かした活動や見込み顧客へのアプローチが可能に。

名刺管理ツールとして「Sansan」を利用している場合は、「Sansan」とのAPI連携で名刺情報を取り込むことができるCRMツールが便利です。

料金プラン(特にアカウント数が増えた場合)

ツールの多くはアカウントごとの従量制を採用しています。組織が拡大すれば営業はもちろん、カスタマーサクセスやマーケティングなどほかのアカウントも増やさざるを得なくなります。導入後、費用負担を抑えるためのリプレイスも考えられますが、データ移行の負担と営業活動への影響を考えるとおすすめできません。導入当初から成長戦略を視野に入れたうえで、検討してください。

「Sales Cloud」のEnterprise版は月額18,000円/ユーザーと高額(API連携のないProfessional版は9,000円/ユーザー)ですが、それ以外のツールでは月額数千円から利用できるものもあります。

中には「Hubspot CRM」のように無料で利用できるツールもあります。「GRIDY SFA」は利用した分のデータ容量だけ支払う従量課金制で、ユーザー数無制限です。このようなサービスを上手く使えば、組織が拡大してもコストを抑えながらCRMを使い続けられます。

 

セールスフォース(Salesforce)とは

「SaaS」ビジネスモデルのバイオニアであるセールスフォース社が提供する、世界15万社以上(国内5,000社以上)の導入実績を誇るクラウド型CRM。正式名称は「Sales Cloud」といい、CRMのビジネス利用を牽引してきた代名詞的存在です。

たとえば以下のような点において、ほかのCRMツールとは一線を画しています。

  • 機能が豊富(各領域に役立つ機能が豊富に用意されている)
  • カスタマイズ性が高い(足りないものはAppExchangeと呼ばれるセールスフォースアプリストアからダウンロード。時には新たなアプリ開発にも対応可能)
  • 営業に役立つ様々なソリューション(売り方・仕組み)まで提供してくれる

Sales Cloud(株式会社セールスフォース・ジャパン)

Sales Cloud公式Webサイト

(出所:Sales Cloud公式Webサイト)

料金は、API連携やワークフローなどが可能な「Enterprise」プランなら月額19,800円/ユーザー。決して安価ではないため「システムを導入して業務を効率化する」という意識ではなく、「テクノロジーを利用して自分達のビジネスの仕組みを変革する」ぐらいのマインドが必要に。
一方、10名までなら月額3,000円/ユーザーの「Essential」プランが利用できるので、スタートアップ企業でも十分検討の余地あり。Salesforceが20年以上にわたって蓄積してきたビジネスノウハウを起業当初から活用でき、しかも年3回のバージョンアップで常に最新版を利用できると考えれば利点も大きい。

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

 

主なCRMツール(実績豊富なツール)

CRMツールの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

Mazrica Sales(株式会社マツリカ)

Mazrica Sales_公式Webサイト

(出所:Mazrica Sales公式Webサイト)

「現場の定着」にフォーカスして開発されたクラウド営業支援ツール。初めてでも直感的に使いこなせるUIと、充実した機能が特徴だ。Googleをはじめとするグループウェアとの連携に長けており、たとえば、Gmailでの顧客とのやりとりをシステム内に自動で取り込んだり、予定をGoogleカレンダーに取り込んで管理したりすることで、再度入力する手間を省ける。
また、各営業担当の進捗状況を直感的に共有できる案件ボードを使えば、行動実績・Next Action・目標・リスクといった案件情報の一元管理もでき、チーム全体の組織力強化が可能に。AIが案件のリスク分析や類似案件を直接アドバイスする機能も、受注率アップに貢献する。

  • 料金:月額11万円/10ユーザー(Growthプランの場合)
    ※月額27,500円/5ユーザーから使えるStarterプランもあり

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

eセールスマネージャーRemix CLOUD(ソフトブレーン株式会社)

eセールスマネージャーRemix CLOUD公式Webサイト

(出所:eセールスマネージャーRemix CLOUD公式Webサイト)

1992年の設立以来、営業分野の科学的アプローチで挑んできた “営業のプロ”が開発した純国産SFA。「現場の営業工数を最小限に」をモットーに、シングルインプット・マルチアウトプット(簡単入力・簡単反映)など、営業効率化のための機能が多数そろう。
システムを導入する前の検討段階はもとより、導入後も顧客が使いこなせるようになるまで「機能理解・操作習熟」「データ活用」「営業戦略・立案」それぞれの段階に分けて、訪問・Web・電話などで手厚いフォロー体制をとっているのも特徴。導入後の定着率95%を誇り、大手企業から中小企業まで業種を問わず5,500社での導入実績あり。

  • 料金:月額11,000円/ユーザー(スタンダードプランの場合)

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

Zoho CRM(ZOHO Japan Corporation)

Zoho CRM公式Webサイト

(出所:Zoho CRM公式Webサイト)

世界25万社導入と、グローバル環境下でも実績豊富なCRM。コストパフォーマンスに優れており、主要機能はもちろん、オプションでの提供が多いAIやレポート機能も通常のライセンス料に含まれる。顧客管理・商談管理、マルチチャネル連携などCRM機能に絞ったスタンダードプランなら、月額1,680円/ユーザーで利用可能。
また、自社に合わせたデータ項目・タブのカスタマイズや、データ処理・プロセス設計も、ドラッグ&ドロップ操作で直感的に行い、素早く本番環境に適用できる。オフラインでもデータを編集・追加でき、オンラインになったタイミングで自動反映される点も便利だ。

  • 料金:月額4,800円/ユーザー(エンタープライズプランの場合)

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

Sales Force Assistant(株式会社NIコンサルティング)

Sales Force Assistant公式Webサイト

(出所:Sales Force Assistant公式Webサイト)

経営コンサルティング会社が、営業組織力強化のノウハウを詰め込んで開発した営業支援システム(SFA/CRM)。AI秘書など、営業担当者の成果向上をアシストする機能を豊富に搭載しており、シリーズ導入企業数は10,000社を超える。
顧客と自社との取引状況や親密度などを一目で確認できる「カスタマーシート」、顧客側の誰と自社の誰がコンタクトしたことがあるのかを一目で確認できる「コンタクトマップ」、顧客・パーソンの関係性やつながりを可視化したインタラクティブなダイアグラム「リレーションマップ」の3つの機能で顧客との関係性を見える化し、幅広い営業シーンで力を発揮する。

  • 料金:月額3,500円~(クラウド版の場合)

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

Knowledge Suite(ブルーテック株式会社)

Knowledge Suite公式Webサイト

(出所:Knowledge Suite公式Webサイト)

SFA/CRM、グループウェアなど複数の機能が最初から搭載された、オールインワンのクラウド型の統合ビジネスアプリケーション。複数ある機能のうち「必要な時に必要な分だけ利用する」ミニマム運用に対応している。また、アプリケーションは1画面でタブを切り替えるだけで利用できるので、使いやすく、業務効率化にも有効。
料金はデータ蓄積量に応じて、利用した分だけ支払う従量課金制(ユーザー数は無制限)。営業・マーケティング・経理・カスタマーサービス、更に役員・部長・課長・社員など共有範囲・グループを指定して、情報の「見せる・見せない」を自動的に制御できる動的可視化機能が搭載されている。

  • 料金:月額50,000円(SFAスタンダードプランの場合)

詳細はこちら

GENIEE SFA/CRM(株式会社ジーニー)

GENIEE SFA/CRM公式Webサイト

(出所:GENIEE SFA/CRM公式Webサイト)

顧客管理や商談管理などの基本機能を備えたSFA/CRMツール。商談管理では、カンバン方式を採用しており、商談ステータスにあわせて、案件をドラック&ドロップで移動できる。感覚的に操作できるUIに定評があり、70代の営業担当者でも問題なくツールを扱えているという事例も。
名刺管理機能も搭載されており、スマホアプリで名刺をスキャンすると、OCRで文字を読み取り、自動的に顧客情報を登録。また、同社が別途提供するマーケティングオートメーションツール「MAJIN」と連携することで、マーケティングオートメーション機能も利用できるように。

  • 料金:月額49,800円/10ユーザー(プロプランの場合)

詳細はこちら

 

主なCRMツール(名刺管理やMAなどとの連携型)

名刺管理やMA機能との連携性に優れたサービスをいくつかご紹介します。

CRMツールの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

ホットプロファイル(株式会社ハンモック )

ホットプロファイル公式Webサイト

(出所:ホットプロファイル公式Webサイト)

導入実績1,500社以上、97%の継続率を誇るクラウド型営業支援ツール。「営業支援(SFA)」「見込み客発掘」「名刺管理」の統合によりセールスDXを推進、企業の売上アップ・生産性向上に貢献する。
あらゆる顧客情報をデジタル化し、自動整理機能で「活用できるデータ」へと拡張。獲得した見込み客データを名寄せし、企業属性やニュース、契約情報といった情報を付与したうえで統合データベースに蓄積する。そうすることで、商談やターゲティングメールの配信といった営業施策と、Webサイトへのアクセスログ、メールの開封数などの顧客のリアクションを統合化。更に、リアルタイムで情報一元化・可視化できるため、顧客データをフル活用した効果的な営業施策が可能に。

  • 料金:要問い合わせ

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

Sansan(Sansan株式会社)

Sansan公式Webサイト

(出所:Sansan公式Webサイト)

法人向け名刺管理サービス市場で圧倒的シェアを誇る営業DXサービス。大手金融機関や官公庁をはじめ9,000社での利用実績を持つ。名刺を起点とした顧客管理が特徴で、中でも顧客情報の入力負荷の低さには定評あり。名刺をスキャンするだけで氏名や会社・組織・役職名、連絡先などの顧客情報を自動で読み取り、データベースに登録。また、コンタクト履歴や受注実績などを付加することもできる。
全社の顧客情報・接点情報の共有・蓄積だけでなく、最新の企業情報を確認できるデータベースも標準搭載。市場の把握や見込み顧客の発掘、キーパーソンへのタイムリーなアプローチを実現し組織としての営業力強化を後押しする。

  • 料金:要問い合わせ

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

SHANON MARKETING PLATFORM(株式会社シャノン)

SHANON MARKETING PLATFORM公式Webサイト

(出所:SHANON MARKETING PLATFORM公式Webサイト)

多様なマーケティングチャネルに幅広く対応し、新規顧客の獲得から育成まで、マーケティング業務全般を効率化する国産のマーケティングオートメーションツール。名刺情報や企業情報から、電話・商談の内容、DM配信履歴、Webサイトのアクセス履歴など、リードのあらゆる行動履歴を紐づけて一元管理する。顧客一人ひとりの状況に合わせたアプローチによって、商談数の増加が期待できる。
セミナーやキャンペーンなどのフォームやLPは1クリックで簡単に作成可能。柔軟なシナリオ機能で定常業務とコミュニケーションを同時に自動化するほか、メール配信などのアプローチを効率化する。連携機能「シャノンコネクト」を利用することでCRMのほか、SFAや広告、ソーシャルメディアなど、広範なパートナー製品・ツールとの連携が可能に。

  • 料金:月額12万円~、初期費用は要問い合わせ

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

kintone×メールワイズ(サイボウズ株式会社)

kintone×メールワイズ公式Webサイト

(出所:kintone×メールワイズ公式Webサイト)

開発の知識がなくても自社の業務に合わせたシステムを簡単に作成できるクラウドサービス「kintone」と、複数人でメールを共有して履歴を一元管理するメーラー「メールワイズ」の連携パッケージ。自社の業務に合った“ちょうどいいCRM”として活用できる。
たとえば、メールワイズの履歴をkintoneの顧客管理アプリに表示させたり、kintoneの顧客管理アプリからメールを送信したりといった使い方が可能。kintoneはそのほか、帳票作成や名刺管理、経理精算など100種類以上のサービスとの連携に対応。開発支援を受ければ、より高度なカスタマイズもできる。

  • 料金:月額 2,000円/ユーザー (kintone1,500円+メールワイズ500円。スタンダードコースの場合)

詳細はこちら

Hubspot CRM(HubSpot Japan株式会社)

HubSpot CRM公式Webサイト

(出所:Hubspot CRM公式Webサイト)

無償で利用できる、中小企業向けCRM。世界120カ国以上で19万4,000社が導入。開発元であるHubSpot社は米国のマーケティング会社で、ほかに広告管理やMAなど有償ツールを提供している。Hubspot CRMはあくまで顧客管理ツールであり単体での効果はそれほど望めない。しかし、MAとの連携によって、CRMに登録されたユーザーのWebサイト訪問履歴がわかるようになったり、問い合わせ情報をそのままCRMに入力できたりといった、メリットが見込める。「見込み客へのアプローチを増やしたい」「無料のCRMから始めて、段階的に導入したい」という企業におすすめ。
充実した営業支援機能を利用したい場合向けに、有償版の「Sales Hub」を提供している。

  • 料金:無料
    ※営業支援機能を搭載した「Sales Hub」は月額2,400円〜(Starter)の場合

詳細はこちら

 

主なCRMツール(大企業・グローバル企業向け)

グローバル展開する企業にも適した、エンタープライズ向けのツールを紹介します。

Microsoft Dynamics 365(日本マイクロソフト株式会社)

Microsoft Dynamics 365公式Webサイト

(出所:Microsoft Dynamics 365公式Webサイト)

マイクロソフトが提供するクラウドERP。世界42カ国42,500社以上、ユーザー数440万人超(41言語をサポート可能)。日系企業の海外導入や外資企業の国内導入などにおいても豊富な実績を持つ。使い慣れたOffice365と同じインターフェースで一貫して利用できるのが特徴だ。
商談スケジュールや顧客とのメールのやり取りを自動的にCRMに取り込めるほか、CRMからExcelへのデータ落とし込みもできるため、分析レポートや報告書の作成がスムーズに。必要な機能から段階的に導入できるため、最小限度からスタートし、コストパフォーマンスに応じて順次業務プロセスを改善することも可能だ。

  • 料金:要問い合わせ

詳細はこちら

Oracle Sales Cloud(日本オラクル株式会社)

Oracle Sales Cloud公式Webサイト

(出所:Oracle Sales Cloud公式Webサイト)

世界175カ国で製品を展開するオラクルの営業支援クラウドサービス。マーケティングや分析システムとの連携が可能な機能やAIによる業務支援サービスを実装しており、膨大な情報を的確に分析して売上予想や見込み顧客管理を行うことに長けている。
たとえば、顧客の購買履歴をもとに行動パターンを見出し、行動ルールと併せることでスコア化。予測される数値に基づいて売上予測を作成し、目標達成に向けた指標に設定することもできる。ある程度の規模の事業で「顧客情報は蓄積しているが活かしきれていない」という場合に適している。

  • 料金:要問い合わせ

詳細はこちら

 

カスタマーサポートやコールセンター向けCRMツール

多くの顧客に日々対応するカスタマーサポートやコールセンターでは、顧客情報やコンタクト履歴などをデータとして蓄積し、オペレーターがリアルタイムで共有することが必要です。

たとえば、インバウンド型なら、問い合わせてきた顧客が「どのような人で、これまでのどのような会話をしてきたのか」。アウトバウンド型なら「誰に・いつ・どのような連絡をしたのか」「何を話したのか」。瞬時に把握することができるか否かで、顧客満足度に大きな違いが出てしまいます。

CRMツールの中には、カスタマーサポートやコールセンター向けに特化したものもあります。「コールセンター向けCRMの比較7選!メリットや選び方も紹介」で詳しくご紹介していますので、ご覧ください。

 

まとめ

顧客情報の一元管理だけでなく、情報をリアルタイムで可視化し、営業活動に活用できるCRMツールについて紹介しました。以下、要点(よくある質問)をまとめておきましたので参考にしてください。

CRMツールのシェアは?

世界的にはセールスフォース(Sales Cloud)がトップシェアを獲得しており、次いでMicrosoft Dynamics 365、Oracle Sales Cloud、HubSpot CRMなども多くの企業で利用されています。国産のツールでは、Sales Force Assistant(10,000社)、eセールスマネージャーRemix CLOUD (5,500社)などが高いシェアを獲得しています。

無料のCRMツールはある?

当記事内では、Hubspot CRMが無料で使用できます。ただ、無料で使用できるのは顧客管理のサービスのみであるため、MAやSFAなどが必要な場合は追加で使用料金がかかります。

CRMツールの選び方は?

まずは、鉄板のセールスフォース(Sales Cloud)と実績豊富なツールから1つ選びます。さらにニーズに合わせ、それ以外のタイプから1つを選び、2つのツールから選択するのが良いでしょう。その際、利用範囲、利用促進のしやすさ、料金プランのチェックを忘れずに。

CRMツールをお探しの方は、こちらからサービス紹介資料をダウンロードいただけます。

CRMツールの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

CRMツールのさらに詳しい選び方はこちらの選び方ガイドをご覧ください。

SFA/CRMツールの選び方ガイド

CRMツール

SFA/CRMツールの選び方ガイド

CRMツール

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

 

サービス詳細はこちら

Sales Cloud

3.5 10件の口コミ・評判

Sales Cloud

3.5 10件の口コミ・評判

導入実績世界15万社以上。営業支援(SFA)・顧客管理(CRM)を備えた「Salesforce」の代名詞。顕在ニーズだけでなく、見込み客管理やマーケティングの最...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

Mazrica Sales(マツリカセールス)

Mazrica Sales(マツリカセールス)

リード創出から企業情報の自動収集、案件管理、成約確率予測、顧客管理まで、営業活動を幅広く支援するクラウド型のSFA/CRM(営業支援)ツール。契約継続率98%、...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

eセールスマネージャーRemix CLOUD

eセールスマネージャーRemix CLOUD

「シングルインプット」「マルチアウトプット」を強みに持つSFA/CRM。業務の効率化・コア業務への集中・ボトルネックの可視化で、営業の生産性を大幅改善。1999...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

Zoho CRM

3.0 5件の口コミ・評判

Zoho CRM

3.0 5件の口コミ・評判

世界25万社で利用されているクラウド型顧客管理・営業支援ツール。月額1,680円〜の安価な料金で、CRM・SFA機能、各種分析機能など利用可能。日本語サポート窓...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

Sales Force Assistant

Sales Force Assistant

シリーズ導入企業9,000社超。「営業を管理するのでなく、営業を支援する」を掲げる営業支援システム(SFA/CRM)。AI秘書など、営業担当者の成果向上をアシス...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

ホットプロファイル

ホットプロファイル

営業を強くし売上アップするためのクラウド型営業支援ツール。​「新規開拓」「名刺管理」「営業支援」まで受注に必要な営業プロセスをワンストップで実行し、営業の生産性...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

Sansan(CRM)

4.0 3件の口コミ・評判

Sansan(CRM)

4.0 3件の口コミ・評判

名刺や企業情報、営業履歴を一元管理して全社で共有できるようにすることで、売上拡大とコスト削減を同時に実現する営業DXサービスです。使用中のツールと連携し、付加価...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

SHANON MARKETING PLATFORM(MA)

SHANON MARKETING PLATFORM(MA)

新規顧客の獲得から育成まで、マーケティング業務全般を支援する国産マーケティングオートメーションツール。ルーティン業務を効率化し、顧客の状況に合った適切なアプロー...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

このページの内容をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
TOPへ戻る

資料ダウンロードフォーム

1分で簡単登録。無料

入力フォームはこちら

登録済みの方はこちら

パスワード再発行

アスピックご利用のメールアドレスを入力ください。
パスワード再発行手続きのメールをお送りします。

アンケートにご回答ください。

サービスの導入検討状況を教えてください。

  • 資料請求後に、当該資料に含まれる「サービス提供会社」や弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
  • ご案内のため、アスピックにご登録いただいた会員情報を弊社より「サービス提供会社」に対して電子データにて提供いたします。
  • 利用規約とプライバシーポリシーに同意の上、ダウンロードいただきます。

ご回答ありがとうございました。

ご登録いただいているメールアドレスにダウンロードURLをお送りしています。ご確認ください。

CLOSE