ASPIC公式サービス【アスピック】

  • TOP
  • 特集記事
  • SFA(営業支援)ツール比較14選!おすすめをタイプ別に

SFA(営業支援)ツール比較14選!おすすめをタイプ別に

SFA(営業支援)ツール比較14選!おすすめをタイプ別に

最終更新日:2022-08-20

営業プロセスを可視化して、案件管理の効率化や営業力の強化を図りたい方へ。SFAツールの導入メリット、自社に合ったツールを選ぶための比較ポイント、営業支援に役立つおすすめツールをご紹介します。

目次

SFAツール(営業支援ツール)とは?

SFA(Sales Force Automation)ツールとは、営業活動に欠かせない案件管理や顧客管理などを効率化・自動化することのできるツールです。「営業支援ツール」とも呼ばれています。

「どの取引先に、いつアプローチして、どのような提案をしたのか」「商談はどのフェーズにあるのか」「どれくらいの金額で受注できそうなのか」など営業にまつわる様々な情報を一元的に管理し、組織として共有することが可能。効率的・効果的に営業活動を行うために有効なツールとして、多くの企業で導入が進んでいます。

一方、「興味はあるけど色々あって何を選べばいいかわからない」という担当者の方もいらっしゃるでしょう。本記事ではそんな方向けに、SFAツールのメリット、タイプ、選び方、比較ポイントなどを、具体的なツールを交えながらわかりやすくご紹介します。

SFAツールをお探しの方は、こちらからサービス紹介資料をダウンロードいただけます。

SFAツールの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

SFAツールの機能・できること

SFAツールを導入すると、以下のようなことができるようになります。ツールによって機能差はありますが、主要なものをご紹介します。

  • 商談情報の管理(電話・メール・チャット・カレンダーなどのやりとりも自動取り込みして一元管理)
  • 案件情報の管理(カンバン方式などで案件ごとにフェーズや見込み金額をわかりやすく表示)
  • 顧客情報の管理(外部データベース等と連携して、取引先情報等を自動で取り込んで更新)
  • 予実管理(蓄積したデータを利用して実績と見込を見える化。別途資料作成の必要なし)
  • 営業の行動管理(GPS情報を利用して営業の行動を把握し、顧客接点データを集積)
  • その他(名刺管理・タスク管理・日報や週報の自動作成など)

CRMやMAとの違い

SFAと混同しやすいツールとしてCRM(Customer Relationship Management)とMA(Marketing Automation)が挙げられます。

CRMは「顧客関係管理」とも訳され、顧客情報を一元的に管理し、自社と顧客の関係を強化するために利用されています。SFAと共通する機能も多く、どちらも営業部門で利用されることが多いため類似しているように思えますが、「誰を主軸とするか」という点で見ると大きく異なります。SFAが「営業」を軸にデータを把握・管理するのに対して、CRMは「顧客」を軸にしていします。同じ営業部門でも、アウトサイドセールスではSFA、インサイドセールスではCRMなど使い分けされています。

MAは「マーケティングの自動化」を目的としたツールで、マーケティング部門で見込み顧客の発掘、見込み顧客への的確な情報発信、見込み度合いの把握などに利用されています。

 

SFAツールのタイプと選び方

SFAツールは、海外製のものから無料のものまで含め、たくさんの種類がありますが、特徴によって3つのタイプに分けることができます。

なお、記事後半に「迷った場合の実績豊富なSFAツール」を紹介していますので、網羅的に機能を揃えたい場合には、そちらもご参照ください。

(1)案件管理に強みのあるタイプ

案件管理のしやすさに定評のあるタイプです。たとえば、「カンバン方式」に対応したツールでは、横軸が「ヒアリング」「提案」「受注」などのフェーズごとに分かれており、案件が「今どの段階にあるのか」瞬時に把握できるようになっています。ドラッグ&ドロップで操作でき、更に項目追加・編集・並べ替えなども簡単に変更できるようになっているため、自社の営業体制を反映させやすいのもポイントです。

たとえば、「Senses(株式会社マツリカ)」は使いやすさだけでなく、AIが蓄積したデータを学習することで、案件ごとに成約確率・契約日・契約金額まで予測可能。注力すべき案件が可視化されるため、より効率的な営業ができるようになります。「とりあえず、案件管理だけしっかり行いたい」という場合はもちろん、「案件管理を中心に営業体制を見直したい」という場合にもおすすめです。

(2)関連業務の効率化に強みのあるタイプ

見込み顧客の獲得を目指すマーケティングや、受注後の顧客満足度の向上を目指すカスタマーサクセスなど、関連部門と連携がとりやすく、営業活動だけでなくその前後の業務まで効率化できるタイプです。たとえば、「ホットプロファイル(株式会社ハンモック)」は名刺交換、メール配信、Web訪問履歴の分析機能を備えており、見込み客の獲得から育成・発掘・アポ獲得、商談・クロージングまで一本化することができます。

また、1つのツールで完結することはできないものの、同シリーズの他サービスが充実しており、それらと組み合わせることで幅広い業務を効率化できる「Sales Hub(HubSpot社)」「kintone(サイボウズ株式会社)」のようなツールもあります。今後、営業を主軸として、マーケティングやサポート・カスタマーサクセスの充実も視野に入れている場合は、あらかじめこういった拡張性の高いツールを導入しておくのも手です。

(3)外回りの営業管理に強みのあるタイプ

スマホ・タブレット端末での利用をベースとし、外回りやフィールドセールスなど、現場で即座に情報入力・活用が期待できるタイプです。たとえば、「cyzen(レッドフォックス株式会社)」はGPSに裏付けされた顧客への訪問履歴やメンテナンスの作業記録などを残す機能など、外回りに最適な機能を多数搭載しています。ルート営業やメンテナンス・保守業務のように、現場訪問が中心で報告業務も多い企業にはおすすめです。
また、「Report@(レポルタ)(ナビッピドットコム株式会社)」はGPSの位置情報をもとに、「誰が」「どこで」「何をしているのか」を地図上で確認できるほか、出先でスキマ時間を活用し、スマホやタブレットのアプリから案件ごとの報告や活動日報を作成することができます。訪問業務が多く、「誰がどこで何をしているのかわからない」「報告書作成のためだけに帰社しなければならない」という課題を抱えている企業に向いています。

 

SFAツールの比較表

主なSFAツールの機能比較表(主要10ツールを対象に計27項目で調査)を作成しています。上記したタイプを踏まえて、サービスごとに一覧で確認できるようになっています。

比較結果のポイントは以下の通りです。

  • どのSFAツールも顧客情報管理、商談管理、活動履歴管理、案件管理などの基本的な管理機能には対応。ただし、中には他のCRMツールとの連携を前提にしているものも。
  • 「外回り・現場業務に強みのあるタイプ」は、地図上での取引先表示、日報の作成・共有、GPSによる活動場所の自動記録など、外出先を想定したスマホを使った機能に強み。
  • 営業の活動管理や受注の見込み管理などに使うレポーティング機能としては、多くのツールが行動管理や予実管理のレポーティングに対応。
  • 見積書作成や次回アクションの自動アドバイスなど、営業活動の効率化につながる機能は対応ツールが限られる。
  • マーケティングオートメーション機能に強みを持つツールでは、名刺情報のOCR取込、Webフォーム作成、ステップメール配信、スコアリングなどのリード獲得からナーチャリングまでの機能に対応。

CRMツール 比較表イメージ

「SFA/CRMツールの選び方ガイド(比較表付)」には機能要件の解説とともに、比較表が掲載されていますので、サービス選びにお役立てください。

SFA/CRMツールの選び方ガイド

SFA/CRM

SFA/CRMツールの選び方ガイド

SFA/CRM

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

 

SFAツールの選び方・比較ポイント

自社に合ったSFAツールが何となくわかってきたら、今度はその中で、具体的に自社に合ったものを比較検討していきましょう。選ぶ際のポイントとしては以下の4点が挙げられます。

自社の営業体制や業務との相性

まず、会社全体から見た営業部門の立ち位置や、業務内容との相性を確認しましょう。たとえば、ある程度営業組織が成熟しており、案件管理の効率化だけでなく、「顧客満足度を高めたい」と言った場合には「The Model」を提唱している「Sales Cloud(株式会社セールスフォース・ジャパン)」のような高機能なSFAツールが候補になるでしょう。

一方、まだ営業組織が成長段階で、「これから体制を整えていきたい」、「最低限、営業活動の情報共有ができれば良い」というように、多機能なSFAでは持て余してしまう可能性がある場合には、安価で手軽に始められるSFAツールが良いでしょう。また、フィールド営業が中心であれば、スマホやタブレット端末での入力に特化したSFAツールが選択肢になります。

ただし、SFAツールは、中長期的な顧客情報全般を蓄積することで、高い効果が得られるという性質があるため、導入の際には短期的なコストにとらわれることなく、長期で運用していくという視点も不可欠です。データのインポート・エクスポートができるとはいえ、ツール乗り換えに伴うデータ移行作業には、大きな負荷がかかることも考慮して、少なくとも数年は使い続けるつもりで、導入を検討すべきです。

営業支援機能の充実度(自動化の範囲)

従来何の管理も行っていなかった企業がSFAツールを導入する場合、顧客情報や案件情報、ステータス、タスク、ToDoなどを都度入力しなければならず、「むしろ面倒になった」と言う事態も考えられます。このような事態を避けるためには、入力の手間を省いて営業を支援してくれるような機能が備わっているSFAツールを選ぶことが重要です。

たとえば、「Senses」はGmailやGoogleカレンダーと連携して、メールの内容や案件のアポなどのスケジュールをツール内に自動で取り込んだり、Sensesの企業データベースと連携させたりすることで取引先情報を自動で取り込むこともできます。また、「ネクストSFA(株式会社ジオコード)」はWebサイト上にWebフォームを生成設置でき、そこに登録された顧客の情報を、ツールに自動で取り込むことができます。

その他、入力に限らず、あいさつメールの作成・送信、営業担当者の割り振り、日報作成など、様々なルーティンを自動化できるとより便利です。たとえば、「Zoho CRM(ゾーホージャパン株式会社)」のワークフロー機能を利用すれば、顧客からの問い合わせがあった際に、「どの担当者を割り当てるのか」「どんな対応をとるのか」などの工程を、AIを用いて自動化することもできます。

データの連携性・APIへの対応

上記の自動取込にも重なる部分ですが、自社に既に利用するツールがある場合、SFAツールがそれらの外部ツールと連携ができるかどうかも重要です。たとえば、名刺管理ソフトから顧客情報を取り込んだり、逆にMAツールに顧客情報を流したり、会計ソフトに売上や請求情報を取り込ませたり。そうした機能を標準搭載しているか、もしくはAPIを使って連携できるかなどを確認しておきましょう。

たとえば、「eセールスマネージャーRemix CLOUD(ソフトブレーン株式会社)」は各種APIを取り揃えており、Web会議ツール「Zoom」やチャットツール「Slack」、データ・ナレッジ共有ツール「Box」「Dropbox」、名刺管理システム「Sansan」、経費精算システム「楽楽精算」、CTI「BIZTEL」など多種多様なソリューションとの豊富な連携実績があります。

料金・価格

高機能で汎用的なSFAは、1ユーザーあたり月額1万円以上の価格になります。営業担当者が10人いると月に10万円以上かかり、コスト負担は少なくありません。多彩な機能は不要で、価格を抑えてシンプルに運用を行いたいという場合は、最低限の機能だけを搭載したツールを導入することも選択肢の一つです。「kintone」の営業支援パックや「GENIEE SFA/CRM(株式会社ジーニー)」は低価格で機能が絞られており、シンプルな運用が可能になっています。また、「Sales Force Assistant(株式会社NIコンサルティング)」も月額3,500円~と手頃な価格で利用することができます。

 

おすすめSFAツール(案件管理に強みのあるタイプ)

システム名 特徴 価格
Senses AIが案件のリスク分析や類似案件を直接アドバイス。カンバン形式で直感的な案件管理が可能。 月額27,500円/5ID~
ネクストSFA 案件管理、メール配信、フォーム生成機能まで対応。営業体制に合わせたカスタマイズ性に強み。 月額50,000円
(10ID含む)〜
GENIEE SFA/CRM 手軽な導入に最適。大手SFAの約1/3のコストで導入可能。シンプルで直感的な操作性。 月額1,480円/ID〜

SFAツールの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

Senses(株式会社マツリカ)

Senses公式Webサイト

(出所:Senses公式Webサイト)

契約継続率98%、DAU55%。誰でも簡単に使いこなせるUI/UXと豊富な機能が特徴のセールス・マーケティングプラットフォーム。特にカンバン形式で行う案件管理に定評があり、更新頻度に応じて色分けすることで状況を直感的に把握可能。アラートもできるため対応漏れ・遅れの心配なし。
AIが成約確率や契約日・契約金額まで予測できるため、適切なアップセルや納期なども無理なく提案可能。たとえ、失注した場合でも、「予算が下りず検討見送りになった」「繁忙期なので3カ月後に連絡してほしい」など、受注できなかった理由を案件ごとに蓄積することで「ネクストアクション」を明確化。
案件管理以外にも、リード創出から企業情報の自動収集、顧客管理まで利用可能。

  • 料金:月額27,500円/5ID~

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

ネクストSFA(株式会社ジオコード)

ネクストSFA公式Webサイト

(出所:ネクストSFA公式Webサイト)

HP制作で培ったドラッグ&ドロップで直感的な操作など、使いやすさ・見やすさが特徴のSFAツール。案件管理画面では、フェーズごとの案件数や金額を一目で把握可能。案件の確度、確度ごとの金額や件数の集計もドラッグ&ドロップだけで変更できるため、管理がしやすい。
また、項目追加・編集・並べ替えなどの設定変更も簡単にできるため、追加料金などのカスタマイズをしなくても企業の営業体制や管理項目を反映しやすいのもポイント。自分だけが確認できる「マイページ」、チームメンバーで共有できる「シェアボード」の2種類があり、どの数字やグラフを表示させるかも自由に設定可能。営業戦略やKPIなどの徹底も期待できる。

  • 料金:月額50,000円(10ID含む)

詳細はこちら

GENIEE SFA/CRM(株式会社ジーニー)

GENIEE SFA/CRM公式Webサイト

(出所:GENIEE SFA/CRM公式Webサイト)

「使いやすい」「作りやすい」「入力しやすい」を掲げる、国産営業管理ツール。たとえば、案件管理であれば、会社名・商談金額など商談概要をカードにして、「発掘」「ヒアリング」「一次提案」「商談」「二次提案」などフェーズごとに分類。進捗に応じてドラック&ドロップで簡単に変更できる。特定のフェーズで溜まっている案件が一目でわかるので、進めるべき課題やタスクがどこにあるかも瞬時に把握可能。
多くの項目がプルダウン形式で選択でき、記述入力が少ないためITに苦手意識があっても心配なし。ライトプランは月額1,480円/ユーザー〜利用できるため、「高機能である必要はない。まずはしっかり案件管理をしたい」という企業にはおすすめ。

  • 料金:月額1,480円/ID〜

詳細はこちら

 

おすすめSFAツール(関連業務の効率化に強みのあるタイプ)

システム名 特徴 価格
ホットプロファイル 99%の精度で名刺情報のデータ化が可能。見込み客の発見、MAツールとしての活用にも定評。 要問い合わせ
Sales Hub 営業プロセスに必要な機能を集約した営業支援CRM。見積もり作成、レポート、分析機能などを搭載。 月額5,400円〜
kintone 営業支援(SFA)パック 顧客情報と紐づけて最新の案件情報、商談履歴を管理。モバイルでの利用も可能。 月額780円/ID〜
Knowledge Suite 手入力の他、名刺スキャン、Webフォームから自動取り込み、インポートによる取り込みで顧客登録。 月額50,000円
(ユーザー数無制限)〜

SFAツールの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

ホットプロファイル(株式会社ハンモック)

ホットプロファイル公式Webサイト

(出所:ホットプロファイル公式Webサイト)

法人向けセキュリティや営業・業務改善のプロダクトに定評があるハンモックのSFAツール。名刺管理、チャット、SFA、MAを1つのツールに集約しているため利便性が高い。名刺管理機能では99%の精度で名刺情報のデータ化が可能。商談・案件管理機能では、営業プロセスを定義することで、新人営業にトップセールスと同じプロセスを定着させることができる。
営業現場での利便性を重視しており、営業担当者がその場で容易に入力できる工夫を凝らしていることが特徴。最低限必要の項目だけに入力を絞る高いカスタマイズ性に加え、名刺管理と連動しているため入力作業を削減でき、現場に定着しやすい。オンライン名刺交換も標準搭載。リード管理機能では、タグやリードソースなどの複合条件を組み合わせて、営業リストの作成やメール配信ターゲットの抽出が可能。

  • 料金:要問い合わせ

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

Sales Hub(HubSpot社)

Sales Hub公式Webサイト

(出所:Sales Hub公式Webサイト)

大企業から中小企業、少人数のスタートアップまでサポートし、グローバルにサービスを展開するHubSpotの営業支援ソフトウェア。効果があった営業メールをテンプレート化・共有できるEメールテンプレート機能、担当者の空き時間が確認できるカレンダーのリンクを送信し、顧客の都合の良い時間を指定できるミーティング設定機能、競合他社の情報やコールの台本などのコンテンツを社内で共有することで教育コストを低減できる営業管理プレイブックなど、包括的に営業を支援する。
マーケティングソフトウェア「Marketing Hub」、オペレーション支援ソフトウェア「Operations Hub」、カスタマーサービスソフトウェア「Service Hub」なども提供されており、それらを組み合わせることで幅広い業務を効率化することが可能。

  • 料金:月額5,400円(Starter)※無料プランあり

詳細はこちら

kintone 営業支援(SFA)パック(サイボウズ株式会社)

kintone 営業支援(SFA)パック公式Webサイト

(出所:kintone 営業支援(SFA)パック公式Webサイト)

サイボウズが提供する業務改善プラットフォーム「kintone」の、SFA に使えるアプリをまとめたパック。必要な機能を必要最小限で提供している。顧客情報と案件情報を1画面で把握可能。アクション履歴の管理もでき、引き継ぎによる漏れを事前に防ぐことができる。売上情報や進捗状況をグラフで簡単に確認できることが魅力。
低価格ながらモバイルアプリでも利用が可能。今後の機能拡張を視野に入れている際にもおすすめ。

  • 料金:月額780円/ID〜

詳細はこちら

Knowledge Suite(ナレッジスイート株式会社)

Knowledge Suite公式Webサイト

(出所:Knowledge Suite公式Webサイト)

オンライン商談ツールやアカウント一括管理ツールなどを提供しているナレッジスイートのSFAツール。グループウェア、SFA/CRM、問い合わせ管理、集計・分析ツールなどがオールインワンになっている。
ユーザー数無制限で利用でき、利用した分だけを支払う従量課金型。共有範囲や共有グループを指定して、組織、役職、グループなどによって情報を見せる・見せないを制御できる「動的可視化」機能が特徴。

  • 料金:月額50,000円(SFAスタンダードプラン、ユーザー数無制限)~

詳細はこちら

 

おすすめSFAツール(外回りの営業管理に強みのあるタイプ)

システム名 特徴 価格
cyzen スマホ利用に最適化された営業活動管理アプリ。顧客情報を地図にマッピング表示して訪問を効率化。 要問い合わせ
Report@(レポルタ) スマホから簡単に、位置情報を活用した報告書作成や顧客情報の管理が行える訪問業務サポートアプリ。 要問い合わせ
UPWARD 直感的に使える営業現場向けのモバイルアプリ。滞在先や活動時間を自動検知し、ワンタップで報告。 月額3,800円/ID〜

SFAツールの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

cyzen(レッドフォックス株式会社)

cyzen公式Webサイト

(出所:cyzen公式Webサイト)

現場やフィールドワーカーの業務効率化と生産性向上を目的として開発されたクラウドサービス。フィールドメンテナンス、インフラ、保守、配送、物流業界などでの導入実績多数。スマホベースで現場の正確なデータ収集を行うことで、業務を効率化しながらプロセスの可視化ができる。
訪問先への訪問ログが自動で残るオートワークログ、電車移動にかかった費用を自動で取得・計算する交通費自動計算機能、保守対象の機器番号などをその場でバーコードで読み取り、報告書の項目として追加できるバーコード読み取り機能、スマホで走行状況やドライブデータを集計できる安全走行支援機能など、現場営業での業務効率化に特化している。

  • 料金:要問い合わせ

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

Report@(レポルタ)(ナビッピドットコム株式会社)

Report@ 公式Webサイト

(出所:Report@公式Webサイト)

位置情報を活用したスマホベースの訪問業務サポートアプリ。位置情報をもとに、報告書の作成や顧客情報の管理をスマホから簡単に行うことができる。また、「誰が」「どこで」「何をしているのか」を地図上で確認できるのに加え、それぞれの業務状況や報告内容をリアルタイムに確認することも可能。各種営業、運送業、保守点検、警備業、設備工事業など様々な業務シーンで利用されており、1,500社以上の導入実績がある。
シンプルでわかりやすいUIが特徴で、アプリからワンタップで報告ができるのに加え、アプリ起動中は自動で位置情報を送信するため難しい操作が不要。サービス導入前の検討・トライアルの段階での相談はもちろん、導入後も顧客の要望に合わせた機能の紹介や環境設定など、継続的なサポートを受けられるのもポイント。

  • 料金:月額500円/ID~(エントリープランの場合。基本料金と管理ユーザーID料は別途)

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

UPWARD(UPWARD株式会社)

UPWARD公式Webサイト

(出所:UPWARD公式Webサイト)

外回りするフィールドセールス向けのモバイルSFA。スマホの位置情報から、営業が今いる滞在先を自動検知して、活動時間と合わせてシステムに自動記録。「どこの誰をいつ訪問したか」顧客接点データを蓄積し、企業として共有することで、再現性のある営業体制を構築できる。
営業担当者も現在地から近い顧客を自動抽出可能。「取引の有無」「訪問頻度」なども可視化されるため優先度をつけやすい。また、移動手段ごとの最短訪問ルートの作成も可能。より効率的な営業活動を展開できる。その他、地図情報だけでなく、モバイルアプリから発信した電話の活動記録を、CRMに自動で記録することもできる。

  • 料金:月額3,800円/ID(ESSENTIALプラン)〜

詳細はこちら

 

迷った場合の実績豊富なSFAツール

最後に、上記のタイプに当てはまらない場合のために、よく利用されている実績豊富なSFAツールをいくつかご紹介しておきます。いずれも豊富な機能を搭載していますが、その分、やりたいことを持っていないと運用が複雑化しがちです。導入する際にはサポートを上手く利用して、課題と目的を明確にするように心がけましょう。

システム名 特徴 価格
Sales Cloud 中堅・中小企業から大企業まで、15万社以上の導入実績のあるCRM・SFAプラットフォーム。 月額3,000円/ID〜
eセールスマネージャーRemix CLOUD ⼀度の⼊⼒で必要な情報をすべて⾃動反映。導入・稼働・定着までの各ステップでサポートを徹底。 月額11,000円/ID〜
Zoho CRM 営業プロセスの自動化やレポート機能などSFAツールに必要な機能を網羅し、低コストで利用可能。 月額1,680円/ID〜
Sales Force Assistant 経営改善ノウハウをシステム化した営業支援システム(SFA/CRM)。 月額3,500円~

Sales Cloud(株式会社セールスフォース・ジャパン)

Sales Cloud公式Webサイト

(出所:Sales Cloud公式Webサイト)

CRMを世界的に牽引するセールスフォースのCRM・SFAプラットフォーム。オンボーディング、トレーニング、コーチングの機能を活用し、営業チームの能力開発とサポートを行える。活動履歴、顧客管理、見込み客管理、商談管理、売上予測における多彩な機能を搭載。見込み客の獲得から商談成立まで、ソーシャルメディアを含むあらゆるチャネルでキャンペーンを管理、トラッキングすることができる。ワークフロー機能では簡単なマウス操作で営業プロセスの自動化が可能。一定条件を満たした場合にアラートメールを自動送信することや、案件が進捗した場合にタスクを自動的に割り当てるなど、様々なプロセスを自動化できる。

  • 料金:月額9,000円/ID〜(10名まで月額3,000円/IDのEssentialsプランあり)

詳細はこちら

eセールスマネージャーRemix CLOUD(ソフトブレーン株式会社)

eセールスマネージャーRemix Cloud公式Webサイト

(出所:eセールスマネージャーRemix Cloud公式Webサイト)

大手企業から中小企業まで多岐にわたる業種で5,500社以上の導入実績を持つCRM/SFAツール。案件管理、商談管理、予実管理、日報管理など基本的な機能に加えて、案件シナリオや地図機能、人脈管理などの機能を備えている。タイムライン機能では、営業担当者が活動報告を行うと、その内容が自動的に上司や社内関係者のタイムラインに通知。別途電話やメールでの報告が不要になるなど、業務効率化や社内コミュニケーションの活性化を実現できる。ZoomやSlack、box、Dropbox、Sansanなどの外部ツールと連携可能。導入前の検討段階から導入後まで、提案・運用・活用のアドバイスなどのサポートが充実する。

  • 料金:月額11,000円/ID〜

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

Zoho CRM(ZOHO Japan Corporation)

Zoho CRM公式Webサイト

(出所:Zoho CRM公式Webサイト)

企業経営に必要な様々なアプリケーションサービスを、世界180カ国25万社にクラウド上で提供するZOHO。そのうち、営業・マーケティング向けにSFAとCRMが一体となったパッケージシステム。
初期費用なしで月額1,680円からとリーズナブルな料金で、顧客の一元管理だけでなく、商談管理、見込み顧客の管理、更に担当者の割り当て機能やタスクの管理機能などの営業支援機能、その他、リードの収集・分類、育成などのMA機能などの便利な機能を利用可能。
海外製品だが、導入にあたっては認定サポート企業が課題の洗い出しなどから支援してくれるので心強い。

  • 料金:月額1,680円/ID〜

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

Sales Force Assistant(株式会社NIコンサルティング)

Sales Force Assistant公式Webサイト

(出所:Sales Force Assistant公式Webサイト)

AI秘書が現場の営業担当者を支援する営業支援システム(SFA/CRM)。専属のAI秘書が、スケジュールのリマインドや放置・遅延案件のフォロー、参考事例のピックアップ、ボトルネックのリサーチなど、24時間365日アシスト。「ゲーミフィケーション」の要素を取り入れ、AI秘書が営業担当者の目標達成意欲を刺激してくれるため楽しみながら取り組めるのもポイント。
日本企業特有の営業スタイルの違いを考慮し、「案件営業型」「ルート営業型」「案件・ルート併用型」「案件・リピートサイクル営業型」「案件・ルート・リピートサイクル型」の5つのタイプのシリーズ製品を用意。自社に合わせて選べる。シリーズ導入企業9,000社超。

  • 料金:月額3,500円(ルート営業型)~

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

 

まとめ

SFAツールを導入すれば、従来のスプレッドシートやExcelで管理するのに比べて、「入力負担が減る」「進捗を把握しやすい」「業務を標準化できる」など、営業担当・管理者・企業それぞれにメリットがあります。

ただし、何でもいいから導入すればいいというわけではありません。SFAツールは中長期的にデータを蓄積することを前提としたツールであり、無理なく使い続けるという観点からも、できるだけ自社に合ったものを導入する必要があります。

SFAツールは特徴によって「案件管理に強み」「関連業務の効率化に強み」「外回り・現場業務に強み」などいくつかにタイプ分けできます。自社に合ったものをざっくりと絞り込み、その後、「営業体制や業務との相性」「営業支援機能の充実度」「データの連携性・APIへの対応」「料金・価格」などに沿って、具体的に比較検討するとスムーズです。

SFAツールをお探しの方は、こちらからサービス紹介資料をダウンロードいただけます。

SFAツールの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

SFAツールのさらに詳しい選び方はこちらの選び方ガイドをご覧ください。

SFA/CRMツールの選び方ガイド

SFA/CRM

SFA/CRMツールの選び方ガイド

SFA/CRM

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

 

サービス詳細はこちら

Senses(センシーズ)

Senses(センシーズ)

リード創出から企業情報の自動収集、案件管理、成約確率予測、顧客管理まで、営業活動を幅広く支援するクラウド型のSFA/CRM(営業支援)ツール。契約継続率98%、...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

ホットプロファイル

ホットプロファイル

「営業支援SFA×見込み客発掘×名刺」を統合したセールスDX推進ツールです。あらゆる活動をデジタル化し統合企業データベースを自動作成。顧客反応(Webアクセスや...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

cyzen(サイゼン)

cyzen(サイゼン)

スマホで簡単に使える営業活動管理アプリ。顧客情報や営業メンバーの現在位置をマップに表示可能。業務報告書の入力・提出もスマホで完結。営業活動の見える化・業務効率化...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

Report@(レポルタ)

Report@(レポルタ)

スマホから簡単に、位置情報を活用した報告書作成や顧客情報の管理が行える訪問業務サポートアプリ。1ユーザーあたり月額500円で、訪問業務における現場と管理者の課題...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

eセールスマネージャーRemix CLOUD

eセールスマネージャーRemix CLOUD

「シングルインプット」「マルチアウトプット」を強みに持つSFA/CRM。業務の効率化・コア業務への集中・ボトルネックの可視化で、営業の生産性を大幅改善。1999...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

Zoho CRM

Zoho CRM

世界25万社で利用されているクラウド型顧客管理・営業支援ツール。月額1,680円〜の安価な料金で、CRM・SFA機能、各種分析機能など利用可能。日本語サポート窓...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

Sales Force Assistant

Sales Force Assistant

シリーズ導入企業9,000社超。「営業を管理するのでなく、営業を支援する」を掲げる営業支援システム(SFA/CRM)。AI秘書など、営業担当者の成果向上をアシス...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

このページの内容をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
TOPへ戻る

資料ダウンロードフォーム

1分で簡単登録。無料

入力フォームはこちら

登録済みの方はこちら

パスワード再発行

アスピックご利用のメールアドレスを入力ください。
パスワード再発行手続きのメールをお送りします。

アンケートにご回答ください。

サービスの導入検討状況を教えてください。

  • 資料請求後に、当該資料に含まれる「サービス提供会社」や弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
  • ご案内のため、アスピックにご登録いただいた会員情報を弊社より「サービス提供会社」に対して電子データにて提供いたします。
  • 利用規約とプライバシーポリシーに同意の上、ダウンロードいただきます。

ご回答ありがとうございました。

ご登録いただいているメールアドレスにダウンロードURLをお送りしています。ご確認ください。

CLOSE