ASPIC公式サービス【アスピック】

WiMS/SaaS人事考課システム|インタビュー掲載

WiMS/SaaS人事考課システム|インタビュー掲載

WiMS/SaaS人事考課システムは、 人事考課における目標設定、自己申告、評価、評定値算出、面談までの一連のフローを行うクラウド型人事考課システムです。

CLOSE

資料ダウンロード (無料)

資料ダウンロード (無料)

こちらから「人事評価システム」の資料を一括でダウンロードできます。

一括資料ダウンロード (無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

サービス概要

WiMS/SaaS人事考課システムは、 人事考課における目標設定、自己申告、評価、評定値算出、面談までの一連のフローを行うクラウド型人事考課システムです。紙やExcelでの運用時に課題となる、シート配布・収集・集計等の、運用にかかる管理業務を効率化することで、目標設定や評価入力、フィードバック面談等、部下とのコミュニケーションのための期間を拡張した運用設計が可能となります。

これにより、現場部門でのマネジメントを強化し、人事考課本来の目的に比重を置いた運用が可能となります。

ASPIC「ASP・SaaSの安全・信頼性に係る情報開示認定制度」認定サービス。

主なポイント

「WiMS/SaaS」はオフィスイノベーションを加速する人事・経理・総務業務のERPフロントソリューションです。

大手企業を中心に豊富な実績を誇る自社開発パッケージWiMSシリーズの機能をベースに、クラウドによるスケーラビリティを活かし、成長企業から大企業に向け、最適なクオリティを提供します。

様々な企業の制度やビジネスプロセスとERPに精通したSOLTYのコンサルタントが、豊富な経験に基づくスキルとプロフェッショナルなサービスを提供し、IT投資価値の最大化によるオフィスのデジタル化戦略を促進します。

その中でも「WiMS/SaaS 人事考課システム」は以下の機能・特長を持つクラウド型人事考課システムです。

  • 評価シートの配布・収集・進捗管理を自動化
  • ニーズに合わせた柔軟な評価シート設定
  • 本人による目標設定と自己評価
  • 一覧照会や過去結果参照による考課点の調整
  • 集計・評定値算出を自動化
  • アンケート機能
  • 面談補助機能・PDF出力
  • 人事給与システム連携、社員照会・勤務管理との連携

 

事業者インタビュー

人事考課のクオリティと効率性を追求し、エンタープライズの人材戦略を促進

ソリューション・アンド・テクノロジー_インタビュー

―「WiMS/SaaS人事考課システム」はどのようなシステムなのでしょうか?

WiMS/SaaS人事考課システムは、人事考課における目標設定、自己申告、評価、評定値算出、面談までの一連のフローを行うクラウド型の人事考課システムです。評価シートはWeb画面入力になりますので、紙やExcelなどを送付する必要が無く、評価シートの配布・収集を自動化し、送受コストの削減や、紛失・流出のリスクを回避することができます。人事考課に関わる一連のフローを円滑化することにより、育成や処遇等の施策強化、人材活用の推進など、よりコアな業務への時間創出に役立てることができます。

―「WiMS/SaaS人事考課システム」はどのような経緯で開発・提供されるに至ったのでしょうか?

1995年の設立以来、当社は人事と会計を中心としたERPの導入コンサルティングを手掛けて参りました。大手企業に採用されるERPは海外製のものが中心でしたが、日本の労働法制や商慣習にマッチしていない問題点に着目し、自社のパッケージシステムとして2001年から「WiMS」シリーズを、2009年からはクラウド型の「WiMS/SaaS」シリーズの提供を開始しました。

その後、企業のニーズは、「コンプライアンス強化」へのウェートの高まりを経て、2010年代では「少子高齢化」、「労働人口減少」の進行により、「これまでのノウハウを次世代にどう引き継いでいくか」、「人材の流動化にどう対処するか」の優先度が高まっていると捉えています。

在宅勤務やテレワークなど働き方が多様化したことで、従業員の評価と報酬の基準のあり方が変化しつつあります。きめ細かいデータに基づく適正な評価は必須で、もしそこにミスマッチがあると優秀な人材の流出につながりかねません。

逆に、考課基準の一定化による公正感の向上は、人材の確保や離職の抑制につながり、生産性の向上が期待できます。人事考課の「見える化」は、従業員のモチベーション向上を促し、採用への好影響も期待されます。そのような背景があり、2014年に人事考課システムを「WiMS/SaaS」のラインナップに加えました。

―「WiMS/SaaS人事考課システム」はどのようなお客様のご利用が多いのでしょうか?

ERPを導入する大手企業やその関連企業を含む企業グループが主なお客様です。目標設定、自己申告、評価、評定値算出、面談までの一連のフローを業務効率化したい企業様、運用にかかる業務を効率化することで、目標設定や評価入力、フィードバック面談等、部下とのコミュニケーションに注力したい企業様に有効です。

―「WiMS/SaaS人事考課システム」の強みを教えていただけないでしょうか?

当社サービスの強みは、お客さまの表面的なニーズだけでなく、外部環境ともリンクした真のニーズを捉えて、業務改革そのものを支援することです。システムコンサルティングサービスからスタートし、ERP導入コンサルティングサービスを数多く提供してきた当社ですので、単にシステムをクラウドで提供するだけでなく、一社一社の課題に向き合うクオリティ重視の業務コンサルティングサービスをコンセプトとしてこの事業を展開しています。

―例えば、どのような業務コンサルティングを行うのでしょうか?

経営戦略と関係が深い人事考課は、企業様それぞれの考課項目、評価ルールがあり、評価シートのレイアウトも様々です。「WiMS/SaaS人事考課システム」では、お客様の現状の運用ルールやご要望をきめ細かくヒアリングし、ご利用中の評価シートと活用方法を理解した上で、お客様のニーズに合わせたシートレイアウトを提供します。それらを通じて、人事考課に関わる一連のフローを円滑化することにより、育成や処遇等の施策強化、人材活用の推進など、よりコアな業務への時間創出につなげていきます。

より具体的には、従業員6,000人規模のある製造会社様において、エクセルで運用していた評価シートを読み解き、「WiMS/SaaS人事考課システム」上で実現させた例があります。複雑な評価制度や規程等が存在した一方で、現行の評価シートと業務プロセスを大きく変えたくないという要望があったため、導入には様々な制約がありました。

そこで、評価シートや業務プロセス等を丹念に分析した上でプロトタイプをご提示し、プロトタイプの操作を通じたフィードバックやディスカッションを重ねながら、評価シートや画面の作り込みを進めていきました。その結果、管理者側の業務負担の軽減や、評価後のフィードバック面談の実現などに貢献することができました。

―今後はどのようなことに力を入れていくのでしょうか?

人事考課におけるワークフローでの決裁から先のプロセスである、昇給や異動といった部分についても支援していきたいと考えています。そのためには、人事考課の対象となるあらゆるデータとのリンクを含めて、AIの応用などデジタルで意思決定支援する機能の実現にチャレンジしていきたいです。

 

料金

  • 初期設定サービス費用:個別見積り
  • 年額利用料:1人あたり3,600円(税別)

 

会社概要

会社名 株式会社 ソリューション・アンド・テクノロジー
代表者名 中山 桂智
資本金 8,000万円
所在地 〒102-0081東京都千代田区四番町6番  東急番町ビル8階

 

CLOSE

資料ダウンロード (無料)

資料ダウンロード (無料)

こちらから「人事評価システム」の資料を一括でダウンロードできます。

一括資料ダウンロード (無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

このページの内容をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
TOPへ戻る

資料ダウンロードフォーム

1分で簡単登録。無料

入力フォームはこちら

登録済みの方はこちら

パスワード再発行

アスピックご利用のメールアドレスを入力ください。
パスワード再発行手続きのメールをお送りします。

アンケートにご回答ください。

サービスの導入検討状況を教えてください。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。利用規約とプライバシーポリシーに同意の上、ダウンロードいただきます。

ご回答ありがとうとございます。

ご登録いただいているメールアドレスにダウンロードURLをお送りしています。ご確認ください。

CLOSE