ASPIC公式サービス【アスピック】

  • TOP
  • 特集記事
  • 1on1ツールの比較13選。メリットや目的別の選び方

1on1ツールの比較13選。メリットや目的別の選び方

1on1ツールの比較13選。メリットや目的別の選び方

最終更新日:2022-12-12

チームメンバーのコンディションを正確に把握することでマネジメントを強化し、社内風土の改善や離職率の低下、生産性の向上を図りたい方へ。双方向の意見交換を可能にする、1on1ミーティングツールのメリットや選び方を解説します。

目次

1on1ツール導入のメリット

1on1ツールとは、上司と部下が1対1で面談を行う「1on1ミーティング」を効率的に実施するためのツールです。面談スケジュールの調整や面談内容の記録など、1on1ミーティング実施に伴って発生する管理業務を効率化したり、会話テンプレートで対話をスムーズにしたり、エンゲージサーベイでメンバーの状態を見える化したりと、1on1の質を向上させる機能が備わっています。

1on1ミーティングは、チームマネジメントを行う上で非常に効果的とされていますが、同時にマネージャーにとって負担が大きく、定着するのにも時間がかかります。実施を継続し、うまく運用していくには、ツールの導入がおすすめです。

以下、1on1ツール導入の主なメリット3つについて解説します。

1on1ミーティングを仕組み化できる

1on1ミーティングを継続的に実施するには、「ミーティングの仕組み化」が欠かせません。1on1ツールを導入することで、ツール内でスケジュールを一括管理したり、会話テンプレートやアジェンダ設定機能で対話をスムーズかつ有意義なものにしたりといった「仕組み化」が可能です。

その他にも、下記のような機能が「ミーティングの仕組み化」に役立ちます。

  • トピックの事前提出…ミーティング前に、部下の意見やコンディションが上司に共有され、それをもとにミーティングの準備ができる。
  • ログの記入、共有…ミーティングでの会話ログの記入や蓄積もシステム内で完結。必要に応じてメンバーとの共有設定もできる。
  • 面談内容のテンプレ提供…誰が面談をしても一定の質を担保。面談内容の属人化や形骸化を防ぐ。

部下の心理状態の可視化

やみくもに1on1ミーティングを実施するだけでは、なかなか成果につながりません。サーベイ機能によって、部下の心理状態をデータとして可視化することで、適切な対話やフォローが可能に。また、データ化することでチームのコンディションも客観的に把握でき、チームの課題や目標をメンバー間で共有する際に役立ちます。

その他にも、下記のような機能がコンディションの把握に役立ちます。

  • 性格診断…部下の正確やタイプに合わせたアドバイスが可能に。
  • 定期アンケート…アンケート結果からメンバーの心理コンディションが把握できる。
  • 現状分析機能…ツール内で登録されているデータをもとに目標の達成度や、十分なコミュニケーションが行われているかを分析。組織の現状やマネジメントの課題を見える化できる。

人事評価・人員配置の最適化

「部下の指向性を上司が把握できていない」「本人の希望と適性の不一致」など、離職の原因になりやすいミスマッチの防止にも、1on1ミーティングが有効です。一対一での対話によって、自己評価と上司の評価のギャップを埋めたり、将来に向けた目標を設定したりといった部下への働きかけが可能となります。

下記の機能も、人事評価や人員配置の最適化に役立ちます。

  • 面談ログの蓄積…面談の結果をワンストップで管理するので、蓄積されたログから自社にフィットした評価制度を設計することができる。加えて、1on1の継続により、人材を定点観察できるため、人員配置の最適化にもつながる。

1on1ツールをお探しの方は、こちらからサービス紹介資料をダウンロードいただけます。

1on1ツールの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

 

1on1ツールの目的別の選び方

1on1ツールは大きく3つのタイプに分けられます。目的別に最適なツールの選び方を解説します。

①目標・評価管理を効率化したい

1on1を通じて、部下の目標や評価査定を効率的に管理しつつ、部下の育成もサポートしていきたい場合に、1on1ツールの以下の機能が役立ちます。

  • 定性、定量2つの観点からの目標管理機能
  • 短期目標と中長期目標を別々に管理できるログ管理機能
  • OKRへの取り組みを容易にする目標数値管理機能

目標や評価査定の緻密な管理はマネジメント強化に欠かせない反面、管理業務が膨張し、高負荷になりやすい傾向が。これらの管理業務を1on1ツールで効率化できれば、コミュニケーションの質向上にリソースを割けるようになるでしょう。業務の悩みに対しても、数値やログデータに基づいて、根本的な課題を深掘りしてヒアリングできるようになるため、具体的なアドバイスで目標達成を後押しできるようになります。

「Co:TEAM」や「HRBrain」、「HRMOSタレントマネジメント」、「CYDAS PEOPLE」といった多機能な1on1ツールが、管理業務の効率化に適しています。

②対話の頻度や質の向上を目指したい

1on1ミーティングを導入したものの、月日が経つにつれて実施頻度が下がって形骸化してしまうケースや、会話の内容が世間話や雑談ばかりになったり、上司側が一方的に喋りすぎたりして、質が低下してしまうケースも少なくありません。「TeamUp」や「カケアイ」、「シナジーHR」といった1on1に特化したツールなら、以下のような機能によってこれらの問題を防止することができます。

  • 実施頻度を一定に保つスケジューリング機能
  • 対話の質を向上するためのトピック事前共有機能
  • 面談の履歴や内容を記録・蓄積しておけるログ機能

また、ボット機能が人に代わって進行役を担うことで、スムーズかつフラットな面談を支援する「emochan」のようなサービスや、「COTOHA 1on1 Assistant」のように、事前にコミュニケーションタイプ診断を実施し、部下のタイプを事前に確認しておくことで、部下に寄り添った適切なコミュニケーションが叶うサービスもあります。

質の高い対話を通じて、お互いの考えていることをしっかりと理解し合い、信頼関係を構築することで、定着率やエンゲージメントの向上にもつながります。

③コンディション管理を効率化したい

1on1ミーティングは部下のコンディション管理にも役立ちます。しかし、上司側にコンディション管理に必要な知識がない場合もあるでしょう。

そういったシーンで役立つのが、下記の機能です。

  • メンバー一人ひとりの状態を測定できるアンケート機能
  • 定量的でわかりやすいコンディション診断機能
  • 適切なアプローチを可能にする性格診断機能

メンバーのコンディションを可視化することで、上司だけでなく人事からのフォローも可能となります。また、「部下が何を期待しているのかわからない」「歩み寄っているつもりなのに心を開いてくれない」といった、上司側の悩みの解消にも役立つはずです。

コンディション管理に強みを持つサービスとして、「INSIDES」や「WAKUAS」といったサービスがあります。

 

1on1ツールの比較ポイント

1on1ツールを選ぶうえで注目すべき、3つの比較ポイントについて解説します。

テンプレートやトピックの充実度

1on1ミーティングがうまく機能しない理由として多いのが、「何を話せばいいのかわからなくて、実施ハードルが高い」「アイスブレイクなどに時間がかかり、時間的コストが高い」「面談の効果を実感しづらい」など。こうした課題を解決するには、会話サポート機能の充実度をチェックする必要があります。

たとえば、「TeamUp」は、面談で話したいトピックを上司に対して事前共有できる機能を搭載。上司はトピックの内容をもとに、部下の話題を中心に面談を進められます。また、「Co:TEAM」の1on1サポート機能では、全社テンプレートとして対話を促進したいテーマを共有できます。

1on1ミーティングは継続することにこそ意味があります。決められた頻度での実施が難しい場合には、ツール導入による効率化を検討する必要があるでしょう。

事前準備の効率性

ミーティングのスケジュール調整や開催アナウンスといった事前準備は、意外と手間がかかるもの。Slackでの通知、GoogleカレンダーやOutlook予定表への追加など、外部システムとの連携機能があれば効率化が見込めます。

「カケアイ」にはビデオ通話機能が内蔵されているので、ビデオ会議ツールでURLを発行するといった手間も省けます。

利用人数の柔軟性

1on1ミーティングが社内に定着するかどうか、まずは部署単位で導入してみるなど、スモールスタートで試せると無駄がありません。少ない人数ではじめてみて、必要に応じてアカウント数を増やせるなど、利用人数に柔軟性があるツールだと、安心して導入を進めることができます。

たとえば、「INSIDES」のように最低10名から利用できるツールなら、特定のチームや職種・職務のみといった小規模な単位での利用が可能。現場主導で予算を組み、導入をすすめるといったこともできます。

 

主な1on1ツール(目標・評価管理の効率化)

目標・評価管理の効率化に強みを持つ、5つの1on1ツールをご紹介します。

1on1ツールの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

HRBrain(株式会社HRBrain)

HRbrain公式Webサイト

(出所:HRBrain公式Webサイト)

人材データの管理・分析・活用によって、人事の意思決定を支えるタレントマネジメントシステム。人材データの一元管理によるスキルの見える化、データに基づいた人員配置の最適化、離職予兆分析、管理職やリーダーの育成といった、様々な人事の課題を解決する。
カスタマイズ可能なアンケート機能で、異動希望調査やコンディション、エンゲージメントなどの人材データを収集・管理できるので、評価管理や人材育成の効率化にもつながる。
「1on1運用サポート機能」として、事前アンケートや面談内容へのフィードバック蓄積、コンディションチェックなどが揃う。スマホやタブレット端末からでも利用できる。最短即日での導入が可能。

  • 料金:要問い合わせ

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら(インタビューあり)

タレントパレット(株式会社プラスアルファ・コンサルティング)

タレントパレット公式Webサイト

(出所:タレントパレット公式Webサイト)

人材データの一元管理と多様な分析手法が強みのタレントマネジメントシステム。人材のスキル管理、異動シミュレーションや人事評価などの基本機能のほか、ストレスチェック、サンクスポイントや研修受講管理など幅広い機能に対応。
「1on1ミーティング機能」では、面談ごとに面談内容やコメントを記録。閲覧者の制限や関係者への面談設定が行えるため、1on1を運用しやすい。OKRにも対応しているため、OKRの目標設定や進捗について1on1で相談していくことにも向いている。
各人のコンディション把握のためのモチベーション調査機能や離職予兆をAIでスコア化する分析機能なども1on1に役立つ。

  • 料金:要問い合わせ

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

HRMOSタレントマネジメント(株式会社ビズリーチ)

HRMOSタレントマネジメント公式Webサイト

(出所:HRMOSタレントマネジメント公式Webサイト)

ビズリーチが開発・提供する人材管理クラウドサービス。クラウド活用による人材管理業務の効率化、従業員情報の一元管理、データ活用による組織課題の解決を実現している。
従業員が自身で目標の進捗を入力し、そこに上司がリアルタイムでフィードバックを行うという目標管理機能を搭載。目標・評価シートは役割や役職に応じてカスタマイズできるほか、MBO、OKR、コンピテンシーなどの評価方法にも対応している。
メンバーの目標を簡単に閲覧できるので、1on1でのフィードバックの質も向上。また、目標変更履歴の蓄積によって、メンバーの変化や成長の把握に役立つ。1on1の運用状況を人事向けレポートとして出力することも可能。

  • 料金:要問い合わせ

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

CYDAS PEOPLE(株式会社サイダス)

CYDAS PEOPLE公式Webサイト

(出所:CYDAS PEOPLE公式Webサイト)

課題や目的に合わせて必要な機能を選んで柔軟にカスタマイズできるタレントマネジメントシステム。業界や企業規模を問わず、豊富な導入実績を持つ。人材情報の一元化はもちろん、評価や労務、キャリア開発まで一気通貫で対応できる。
紙やExcelなどで運用している現状の評価制度を、そのままシステム上で再現可能。柔軟に項目を設定でき、半期/四半期のサイクルや評価者のルートなども自由に設定することができる。360度評価やバリュー評価、コンピテンシー評価など、様々な評価制度に対応。スケジュールの管理からトークテーマの設定、振り返りまで、1on1をサポートする機能も充実している。

  • 料金:要問い合わせ

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

Co:TEAM(株式会社O:)

Co:TEAM公式Webサイト

(出所:Co:TEAM公式Webサイト)

目的に沿った1on1支援、360度を含む人事評価機能、称賛やフィードバックコメントの可視化という3つの観点から、目標管理(OKR/MBO)にアプローチすることができるパフォーマンス・マネジメントプラットフォーム。
会話テンプレートや面談ログの蓄積、アジェンダの事前設定といった、基本的な1on1支援機能に加えて、目標管理/レポート機能に強みを持つ。業務や目標の進捗状況が自動的に更新され、モチベーションや体調もスタンプ付きの日報で把握、コンディションの悪いメンバーのアラート通知など、アナログ管理だと膨大な手数がかかる管理業務のほとんどを自動化。マネジメント業務の精度とスピードを高めるのに役立つ。
業務優先度の認識をすり合わせる機能も備わっているので、業務マネジメントにも活用できる。

  • 料金:要問い合わせ

詳細はこちら

Wistant(株式会社フルート)

Wistant公式Webサイト

(出所:Wistant公式Webサイト)

350社以上で導入されているマネジメント実行支援ツール。「目標の達成度」「目標達成に向けた次アクション」「1on1の実施率」など6つの項目からマネジメントの現状を可視化・分析し、改善点を見つけることができる。自社のマネジメントスコアの推移を確認できる「経営・人事向け」と、チームメンバーの状態を可視化する「マネージャー向け」と、2種類の分析機能を搭載。それぞれの立場から最適なマネジメントが実施できる。会社、チーム、個人の目標を登録・進捗確認できるので、目標管理や達成に向けたマネジメント支援にも強い。
スケジュール設定や事前アンケートなど、1on1の運用支援機能も充実。SlackやChatworkなど外部ツールとの連携、スマホ対応といった使いやすさも魅力。

  • 料金:月額980円/ID〜

詳細はこちら

 

主な1on1ツール(対話の頻度や質の向上)

対話の頻度や質の向上に強みを持つ、3つの1on1ツールをご紹介します。

1on1ツールの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

emochan(株式会社KOU)

emochan公式WEBサイト

(出所:emochan公式Webサイト)

「人によって面談の質にばらつきが出てしまう」という企業におすすめの1on1支援ツール。たとえば、面談時には、あらかじめ用意されたテーマの中からその場に合ったものを選ぶだけだから、「何を話していいかわからない」という心配なし。更に、emochanが面倒な進行役(ファシリテーター)を担ってくれるため、1on1に不慣れなマネージャーも安心。変に気を使うことなく、フラットかつスムーズに面談を進められる。話した内容や気付きはメモとして記録可能。その後、個々の変化の記録としても活用できる。
質の高い1on1を実現することで、関係性が深まり、定着率やエンゲージメントの向上、人材の成長など組織全体への効果も期待できる。

  • 料金:要問い合わせ

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

COTOHA 1on1 Assistant(NTTコミュニケーションズ株式会社)

COTOHA 1on1 Assistant公式Webサイト

(出所:COTOHA 1on1 Assistant公式Webサイト)

NTTグループの研究所が開発したAIによる表情・音声分析を利用した1on1ミーティング支援サービス。1on1実施中に部下と上司の表情をAIが分析。終了後すぐに課題を抽出して上司へ改善点をフィードバックすることで、上司の1on1スキル向上を支援する。上司・部下それぞれの発話量の分析も可能。上司の発話割合が多い場合は、アラートを表示することで一方的に喋り続けてしまう状況を回避し、部下が話したいことをしっかり話せるようサポートする。
1on1実施前に、心理学博士監修のコミュニケーションタイプ診断を実施。お互いのタイプを事前に確認し、タイプごとに提示されるアドバイス内容をもとに、相手に応じた適切なコミュニケーションを心掛けることで、部下の満足度向上が期待できる。

  • 料金:月額5万円~、初期費用19万円

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

TeamUp(チームアップ株式会社)

TeamUp公式Webサイト

(出所:TeamUp公式Webサイト)

組織内における1on1文化の定着を支援する、クラウド1on1ツール。部下から上司へのトピック事前提出機能や、ログの保存、スケジュールの繰り返し設定など、1on1の実施を効率化するための機能が充実している。ログごとに綿密な共有設定ができるため、重要な情報をブラックボックス化させず、人事担当者や経営者も含めた会社全体でメンバーをフォロー・育成することができる。
また、360度フィードバック機能も搭載。1on1のペアだけでなく、さまざまな視点からのフィードバックが得られるため、客観的な成長の実感につながる。
150社以上の組織への導入支援によって蓄積したノウハウをもとにした、導入・運用サポートも提供。

  • 料金:要問い合わせ

詳細はこちら

カケアイ(株式会社KAKEAI)

カケアイ公式Webサイト

(出所:カケアイ公式Webサイト)

スムーズな対話、対話の質の向上、心理的・物理的な対話負担の軽減など、「ピープルマネジメント支援」に役立つ複数の特許が組み込まれた、1on1支援ツール。
ミーティングの日程を決めたら、話したい「トピック」と「上司に求める対応」を選ぶだけで事前準備が完了。部下が求める対応が明確になることで、上司側の負荷も軽減される。1on1中のメモスペースの共同編集、宿題の設定など、面談の質を高めるための機能が多数。ビデオ通話機能が内蔵されているので、オンライン会議システムを別途用意する必要もない。部下から上司への匿名フィードバック機能もあるので、上司自身の行動改善にも役立つ。

  • 料金:要問い合わせ

詳細はこちら

シナジーHR(Sharin株式会社)

シナジーHR公式Webサイト

(出所:シナジーHR公式Webサイト)

組織改善ツール群「シナジーHR」の面談ツール。1on1ミーティングや定期面談に活用できる。
面談の開催状況をカレンダー上に一覧表示して「見える化」、面談記録の蓄積、面談フォームの作成など、1on1ミーティングに必要な機能が揃う。マニュアル不要で利用開始できるほどシンプルでわかりやすい操作感と、初期費用無料・月額費用400円/IDという低価格で、気軽にツール導入が検討できる。シンプルながらも、天気に例えてコンディションを把握するサーベイ機能や、チャット形式でのディスカッション機能など、マネジメント強化・コミュニケーション促進のための機能がしっかりと用意されている。

  • 料金:月額400円/ID~

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

 

主な1on1ツール(コンディション管理の効率化)

コンディション管理の効率化に強みを持つ、2つの1on1ツールをご紹介します。

1on1ツールの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

WAKUAS(旧称:1on1navi)(株式会社 アジャイルHR)

WAKUAS公式Webサイト

(出所:WAKUAS公式Webサイト)

パフォーマンスマネジメントを組織に浸透させるクラウドサービス。OKRの運用に強みを持ち、OKRの進捗を共有したり、関連付けたりできる。コンディションのケアに特化したプランもあり、その日の気分を三段階で評価して「色」を登録するだけで、メンバーのコンディションを把握することができる。コンディションが可視化されることで、適切なタイミングでの声掛けやフォローが可能に。
SNSを更新する感覚で日報・週報の記入ができるので、日々の業務やコンディションを振り返る習慣を身につけられる。公開した日報・週報に対して、上司やチームメンバー、人事担当者から「いいね」やコメントをもらうことも可能。「色」や「日報」から、日々の気持ちの変化やコンディション推移を確認し、リモートワーク中でもメンバーの様子が把握できる。

  • 料金:月額38,000円(50名までのコンディションプランの場合)〜

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

INSIDES(株式会社リクルートマネジメントソリューションズ)

INSIDES公式Webサイト

(出所:INSIDES公式Webサイト)

50年間培ってきた人事測定技術とマネジメントノウハウをベースとしたサーベイにより、現場のコミュニケーション変革やコンディション把握を促進するクラウドサービス。
5分間で完了するサーベイでメンバーの個性と心理状態を診断し、その結果をもとにしたアドバイスを上司に配信。メンタルの状態を5段階で評価し、仕事や職場に関する20項目の不満を吸い上げ、4種類の性格タイプと掛け合わせることで、メンバー一人ひとりに寄り添うマネジメントが可能に。マネジャーが対応に悩んだ際には、オンラインで専門家に相談することができるほか、マネジャー同士が交流するユーザーイベントも開催している。10名単位で導入可能というハードルの低さも魅力。

  • 料金:月額600円/ID(10IDから購入可)~

詳細はこちら

 

 

まとめ

人材や働き方の多様化が進んだことで、組織におけるマネジメントの手法も変化しつつあります。そんな中で注目されているのが「ピープルマネジメント」という考え方。これまでは人材のスキルや成績を軸にしたマネジメントが主流でしたが、ピープルマネジメントではメンバーのパフォーマンスやモチベーション、キャリア志向における「成功」にコミットメントします。

メンバー一人ひとりと向き合い、寄り添うことが求められるシーンにおいて、「1on1ミーティング」は大きな力を発揮します。つまり、これからの管理職にとって、1on1ミーティングは避けて通れないものであると言えるでしょう。

自社に足りていないのが、質の高い対話なのか、コンディション管理なのか、または目標や評価の管理なのかを見極めて、最適な1on1ツールを導入することで、生産性や業績の向上が期待できるはずです。

1on1ツールをお探しの方は、こちらからサービス紹介資料をダウンロードいただけます。

1on1ツールの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

 

インタビューやサービスの詳細はこちら

WAKUAS(旧称:1on1navi)

WAKUAS(旧称:1on1navi)

OKRと1on1に基づくパフォーマンスマネジメントの運用を支援するクラウドサービス。自律的な行動を促す本格的な組織マネジメントを手軽に導入することが可能です。...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

HRBrain|インタビュー掲載

4.5 2件の口コミ・評判

HRBrain|インタビュー掲載

4.5 2件の口コミ・評判

「⼈事評価」「⽬標管理」「タレントマネジメント」をカンタン・シンプルに管理できるクラウドサービス。使いやすさにこだわったUIと専任担当による手厚いサポートが特長...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

タレントパレット

タレントパレット

あらゆる人材データを一元化・分析し、組織力を最大化させるタレントマネジメントシステム。人事にマーケティング思考を取り入れることで、人事業務を効率化させるだけでな...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

人材管理クラウド「HRMOS(ハーモス)タレントマネジメント」

人材管理クラウド「HRMOS(ハーモス)タレントマネジメント」

株式会社ビズリーチが開発・提供するタレントマネジメントシステム。人事・評価の業務効率化だけでなく、人材データを活用した配置・育成、従業員サーベイ、1on1支援で...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

CYDAS PEOPLE(サイダスピープル)|インタビュー掲載

CYDAS PEOPLE(サイダスピープル)|インタビュー掲載

必要な機能を選んで柔軟にカスタマイズできるタレントマネジメントシステム。業界や規模を問わず、導入実績多数。人材情報の見える化はもちろん、評価や労務、キャリア開発...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

emochan

emochan

面談の質のばらつきを解消する1on1支援ツール。テーマを選んで1on1を開始するだけ。進行はボット機能にお任せ。マネジャーによって属人化しがちな面談内容や進行を...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

COTOHA 1on1 Assistant

COTOHA 1on1 Assistant

NTTグループの最新AIを活用し、表情や音声分析を利用した1on1ミーティング支援サービス。上司の1on1スキル向上と、上司・部下の信頼関係構築を支援します。...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

シナジーHR面談ツール

シナジーHR面談ツール

社内面談の内容を記録し、関係者で共有するための社内面談管理クラウドサービス。面談の内容を見える化し、メンバー個々の育成やフォローに活用できます。1ユーザー月額4...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

このページの内容をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
TOPへ戻る

資料ダウンロードフォーム

1分で簡単登録。無料

入力フォームはこちら

登録済みの方はこちら

パスワード再発行

アスピックご利用のメールアドレスを入力ください。
パスワード再発行手続きのメールをお送りします。

アンケートにご回答ください。

サービスの導入検討状況を教えてください。

  • 資料請求後に、当該資料に含まれる「サービス提供会社」や弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
  • ご案内のため、アスピックにご登録いただいた会員情報を弊社より「サービス提供会社」に対して電子データにて提供いたします。
  • 利用規約とプライバシーポリシーに同意の上、ダウンロードいただきます。

ご回答ありがとうございました。

ご登録いただいているメールアドレスにダウンロードURLをお送りしています。ご確認ください。

CLOSE