ASPIC公式サービス【アスピック】

  • TOP
  • 特集記事
  • サンクスカードアプリの比較10選。タイプ別の選び方

サンクスカードアプリの比較10選。タイプ別の選び方

サンクスカードアプリの比較10選。タイプ別の選び方

最終更新日:2022-08-12

会社の行動指針の浸透や離職率を改善したいと考えている方へ。従業員の信頼関係の構築に活用できるサンクスカードアプリの概要やタイプ、具体的なツールを紹介します。

目次

サンクスカードアプリとは?

サンクスカードアプリとは、従業員同士で感謝の気持ちを伝え合い、働きがいや貢献意欲を引き出すために有効なツールのことです。社内コミュケーションを活性化させる目的で活用されます。

サンクスカードとは?

そもそもサンクスカードとは、感謝の気持ちをカードに書いて贈り合う制度のこと。たとえば、「今日は資料作成を手伝ってくださりありがとうございます」など協力へのお礼の気持ちや、「営業を頑張ってくれたおかげで目標達成に近づくことができました」など同僚の頑張りや成果を讃えることは、信頼関係の構築にあたって重要な要素です。

とはいえ、日頃忙しく過ごしていたり、リモートワークなどで顔を合わせる機会が少なかったりすると伝えるタイミングを逸してしまうもの。その意味で、サンクスカードは機を逃さず、ベストなタイミングで感謝の気持ちを伝えるには良い仕組みだといえるでしょう。会社としてのメリットとしては、仕事のモチベーションや会社へのエンゲージメントの向上による離職率の防止などが挙げられます。

サンクスカードアプリでできること

このサンクスカードをデジタルツールに置き換えたものが、サンクスカードアプリです。PCやスマホなどからサンクスカードを送信できるので、手書きや集計の手間を省けます。基本的には、アプリを立ち上げ、感謝のメッセージを送りたい人を選択し、メッセージを送信するだけ。リモートワークを推進している企業にとっても、使い勝手の良い仕組みだといえます。

なかには、商品と交換できる社内限定のコインや「いいね」ボタン機能、従業員のエンゲージメントを測定するアンケートを送付できる機能を備えているアプリもあります。サンクスカードアプリをうまく運用できれば、社内の風通しの良さや働きやすい環境を整えることにもつながります。

「離職率が高い」「社内の雰囲気が悪い」「従業員間のコミュニケーションが円滑ではない」といった根本的な人材課題はもとより、「アナログからデジタルにサンクスカードの運用をシフトしたい」といった場合は、サンクスカードアプリは有効なソリューションだといえます。

サンクスカードアプリをお探しの方は、こちらからサービス紹介資料をダウンロードいただけます。

サンクスカードアプリの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

 

サンクスカードアプリのタイプと選び方

サンクスカードアプリには、主に3つのタイプに分けられます。

社内の情報共有促進に強みを持つタイプ

メッセージを贈る機能だけではなく、社内報の作成・共有、掲示板の運用やビジネスチャットなどの機能を搭載したタイプ。経営陣のメッセージや活躍しているインタビューなどの情報を発信したり、掲示板で情報共有を促進できたりするところが強みです。

サンクスカードの基本機能は備えながらも、プラスアルファの機能として経営理念の浸透や社内交流の活性化を図れます。会社からの情報発信をしたい場合や、掲示板などのコミュニケーション手段を追加したい場合は、こちらのタイプがおすすめです。

サンクスカードに特化したタイプ

「感謝の気持ちを言葉に表して伝える」というサンクスカードの本質的な価値を突き詰めたタイプ。余計な機能を搭載せず、メッセージを贈る機能に絞ったタイプです。ひとまずは、サンクスカードの運用をアナログからデジタルに移行したいと考えている場合は、こちらのタイプがおすすめ。

手書きなどアナログの良いところを残していたり、絵文字や装飾などにもこだわりがあったりと、アプリごとに特徴があります。

人材情報の管理にも強みを持つタイプ

サンクスカードの機能だけでなく、人材のスキルや評価などの基本情報や、面談内容の記録など、人材マネジメント関連の機能を包括したサービスもあります。コミュニケーションの円滑化のみならず、多彩な機能で組織改善をアシストできるところが強み。

サンクスカードをオプションのひとつとして捉え、人材管理の徹底や評価の効率化など人事部門のDXに着手したい場合は、このタイプが向いています。

 

サンクスカードアプリの比較のポイント

サンクスカードアプリのタイプを踏まえた上で、具体的なサービスを選定する際には、次の4つの観点で比較検討を進めていきましょう。

サンクスカードアプリの活用を促進させる仕掛けの充実度

サンクスカードアプリを導入するからにはサンクスカードの利用を増やしたいところ。そのための仕組みや仕掛けが充実しているサービスかどうかは、導入前にしっかり比較しておきたいポイントです。

たとえば、サンクスカードにポイントを添えられる「ポイント」機能は、多くのサービスに搭載されています。獲得したポイントはギフトに交換可能。ギフトの種類はサービスによって、雑貨、ギフト券、宿泊施設利用、リフレッシュ体験など様々です。感謝の気持ちのみならず、実質的なメリットを付加することで、サンクスカード活用のモチベーションにつながることを期待できます。

また、「ランキング・MVP表彰」機能も有効。サンクスカードを贈った人・贈られた人のランキングを一覧で表示できると、サンクスカードを活用するモチベーションにつながる要素になり得ます。他にも、サンクスカードの送信状況やランキングなどのレポートを自動配信できる機能なども、サンクスカードの活用促進の一助になります。

操作性やデザインの使い勝手の良さ

オンラインサービスを使い慣れていなかったり、どのようなメッセージが良いのか分からなかったりと、サンクスカードを贈る手間以前の部分にボトルネックがあると浸透しにくいです。誰でも日常的に使いやすいサービスかどうかは重要なポイント。直感的な操作性かどうか、伝えたいメッセージをデザインなど文章以外の方法で補完できるかどうかなどは確認しましょう。

たとえば、手書きと同じような感覚でメッセージを書き込めるアプリや、豊富なデザインテンプレートを用意しているアプリなど、サンクスカードの送りやすさに関して、機能にどのような工夫が施されているかは確認しておきたい点です。

スマホでの操作のしやすさ(スマホアプリへの対応)

オフィスのPC前で業務を行う従業員だけではなく、外回りやリモートワークなどの従業員も在籍している場合、スマホアプリを活用できる方がサンクスカードを投稿しやすいです。

スマホのブラウザで利用できるサービスがほとんどですが、なかにはスマホ専用のアプリを用意しているサービスもあります。専用アプリなら、スマホならではの閲覧性や操作性にこだわって開発されているので、よりスムーズに活用できるでしょう。

データ活用機能の有無

組織改善や人事のDXに取り組むためにサンクスカードを導入している場合、データ活用機能が充実しているかどうかは見逃せないポイントです。部署ごとの送受信枚数などの具体的なデータをもとに、サンクスカードアプリの効果を測定できる集計機能を有していると、社内コミュニケーションの可視化につながります。

たとえば、「先月までたくさんサンクスカードを送っていたのに今月から急激に枚数が減った従業員がいる」という場合、環境に変化があったのか、モチベーションが低下しているのかなど具体的な原因を探り、改善につなげるきっかけになります。

また、「目立つ業績は出していないがサンクスカードの受信数が平均的に多い」という従業員がいた場合、より活躍できる部署はないかなどの検討に活かせます。サンクスカードの送受信状況をデータ集計することで、組織改革のヒントを多く手に入れられます。

 

主なサンクスカードアプリ(社内情報共有の促進にも強み)

THANKS GIFT(株式会社Take Action)

THANKS GIFT公式Webサイト

(出所:THANKS GIFT公式Webサイト)

「感謝」「褒める」をきっかけに組織内の前向きなコミュニケーションを活性化させることを目的に開発されたアプリ。経営理念の浸透や、働きやすい・働きがいのある組織風土を醸成させるために、ひとつのアプリに多種多様な機能を用意。日々の貢献に対する感謝のメッセージを贈り合える「ありがとうカード」の他、サンクスカードの贈り合いでポイントを貯められる「社内通貨機能」、チームや組織の健康状態を把握できる「エンゲージメント診断」など網羅的な機能が魅力。
更に、コンテンツを配信できる掲示板やWeb社内報も。アプリ版では、翻訳機能を搭載しており、英語/中国語/ベトナム語/インドネシア語/ミャンマー語に対応。

  • 料金:要問い合わせ

詳細はこちら

RECOG(株式会社シンクスマイル)

RECOG公式Webサイト

(出所:RECOG公式Webサイト)

独自のレター機能を中心に多彩な機能を備えたチームワークアプリ。感謝や称賛の気持ちを簡単に伝えられるRECOGならではの機能「レター」は、メッセージを送りたい人を選び、感謝の気持ちを文章にして送信。もらったレターにリアクションしたり、他の同僚は拍手できたりと、前向きなコミュニケーションにつながる。レターを贈ることでポイントが貯まり、商品に交換できる「称賛給プログラム」も。
また、業務連絡やノウハウの共有など色々な使い方ができる「掲示板」や社内のコミュニケーションツールに使える「チャット」、メンバーの活躍状況や強みなどのデータベースを自動で構築できる「メンバーページ」も用意。

  • 料金:要問い合わせ

詳細はこちら

TUNAG(株式会社スタメン)

TUNAG公式Webサイト

(出所:TUNAG公式Webサイト)

会社の知りたい情報を集約し、ヒトや情報が自然と集まる空間をオンライン上のプラット
フォームで実現するサービス。ビジョンの浸透の一つとして会社の経営理念や行動指針を体現している社員への「バリューカード」と、称賛文化として感謝の気持ちを伝える「サンクスメッセージ」が機能として備わっている。
100社100通りの「社内制度」を設計・運用可能にするため、多くの機能はカスタマイズが前提。ダッシュボードでは、どのような制度が利用されるのかを定量的に把握し、社内制度の改善につなげることができる。導入社数500以上の導入実績のもと、社内制度運用のノウハウを提供してもらえるのも心強い。

  • 料金:要問い合わせ

詳細はこちら

 

主なサンクスカードアプリ(特化したタイプ)

サンクスカードアプリの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

Unipos(Unipos株式会社)

Unipos公式Webサイト

(出所:Unipos公式Webサイト)

従業員同士が「貢献に対する称賛のメッセージ」と「少額のインセンティブ」を送り合うピアボーナスを行うWebサービス。感謝や称賛・激励の気持ちを伝えやすくし、従業員やチームの心理的安全性を高め、強い組織を目指せる。
Uniposでの投稿では、メッセージに加えて、少額の金銭(ピアボーナス)や寄付などのポイントを添えることができ、ほかにもオリジナルな褒賞を用意し交換もできる。一般的なSNSのように使い勝手が良く設計され、タイムラインによる投稿の閲覧や、投稿にハッシュタグをつけて、行動指針を紐づけすることも容易。Microsoft Teams、Slack、ChatWorkなどのツールと連携できる点も利用率の向上に寄与している。

  • 料金:要問い合わせ

詳細はこちら

GRATICA(株式会社オウケイウェイヴ)

GRATICA公式Webサイト

(出所:GRATICA公式Webサイト)

サンクスカードで「ありがとう」をカタチにし、人とのつながりを深めて従業員エンゲージメントを向上する、クラウドサンクスカードサービス。動物のイラストや季節ごとのイベントなど、1,000種類以上のサンクスカードから好きなカードを選んで、簡単に送ることが可能。
サンクスカードのやり取りは、オンライン上で共有することができ、サンクスカードのやり取りのデータは、ExcelやCSV形式でダウンロード可能。集計作業も不要。Microsoft Teams、Slackなど既に利用中のビジネスチャットツールと連携できる。

  • 料金:要問い合わせ

詳細はこちら

OH!KIMOCHI(株式会社インサイト)

OH!KIMOCHI公式Webサイト

(出所:OH!KIMOCHI公式Webサイト)

PC・スマホで使える、簡単・低コストなオンラインサンクスカード。相手を選んでメッセージを送ると、メッセージカードがタイムラインに表示され、相手にポイント(報酬)が入るシンプルな設計。
獲得したポイントはデジコなどのギフトポイントに交換でき、各種マイルや電子マネーなど6,000種類以上の商品と交換できる。管理者機能では、付与ポイントの上限設定、送受信数やポイント交換数などの利用状況集計、「Slack」「Chatwork」などの外部サービスとの連携が備わっている。初期費用無料、利用人数制限なしの月額固定料金で利用できるのも大きな魅力。

  • 料金:月額5,000円/ワークスペース、初期費用なし

詳細はこちら

サンクスカードアプリ(株式会社NSKKコミュニケーションサポート)

サンクスカードアプリ公式Webサイト

(出所:サンクスカードアプリ公式Webサイト)

手書きでサンクスカードが作成できるアプリ。手書きで文章を作れることが最大の特徴で、手書きした文字は1文字ずつ認識してメッセージにそのまま配置できる。カードのテンプレートは複数種類あり、オリジナルのサンクスカードが作れる。受信したサンクスカードはお気に入り登録すれば保存可能。
送信、受信ランキングが閲覧できるだけでなく、社内掲示物も作成できる。オプションとして、集計データをもとに、チームごと・役職ごとの平均送信枚数や、その推移をグラフやレポートにする「サンクスドリブン」サービスも行なっている。

  • 料金:月額10,000円/社(基本料金)+50円/ID、初期費用50,000円

詳細はこちら

 

主なサンクスカードアプリ(人材情報の管理にも強み)

シナジーHR (Sharin株式会社)

シナジーHR公式Webサイト

(出所:シナジーHR公式Webサイト)

プロフィールを共有できる基本機能に加え、サンクスカードをはじめとする5つのツールをオプションで選べる人事クラウドサービス。贈られたメッセージは全員に共有され、共感やメッセージをもらうことができる。マニュアル不要で手間のかからないところが魅力。
スマホやタブレットにも対応できるので、1人1台PCがない企業やリモートワーク推進企業にも向いている。その他にも、従業員のスキル状況を可視化し、客観的な評価をしやすい「スキルツール」、自社の評価制度の運用効率化を実現する「評価ツール」、1on1や定期面談などの面談内容を記録できる「面談ツール」、掲示板・アンケート・従業員の声を簡単に集められる「意見ツール」なども別料金で用意しているので、人事業務のトータルソリューションとしても活用できる。

  • 料金:月額400円/ID(基本料金+サンクスツール)、初期費用なし

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

タレントパレット(株式会社プラスアルファ・コンサルティング)

タレントパレット公式Webサイト

(出所:タレントパレット公式Webサイト)

人事情報やスキル、適性検査、キャリア、人事評価などを集約し、科学的人事戦略を実現する人事情報プラットフォームの機能として、「サンクスポイント」を実装。従業員同士で感謝の気持ちをポイントとして贈り合える。
同僚同士はもちろん、部下から上司へもフランクにボーナスを贈ることができるところが特徴。他部署・他拠点の同僚であってもコミュニケーションできる。テキストマイニング技術でコメントを分析できるため、従業員を評価する言葉や役割を可視化しやすい。
ポイント運用ルールは企業ごとに独自に設定可能で、外部サービスとの提携でポイントを商品やサービスに交換することもできる。

  • 料金:要問い合わせ

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

サンクスカード(サイボウズ Office)(サイボウズ株式会社)

サンクスカード公式Webサイト

(出所:サンクスカード公式Webサイト)

企業の人材管理や情報共有、スケジュール管理といった業務をトータルサポートする中小企業向けグループウェア「サイボウズ Office」ではカスタムアプリのひとつとして、サンクスカードを用意。サイボウズOfficeのプレミアムプランを導入している企業なら、無料でサンクスカードアプリを追加できる。
グループウェアのいち機能として活用できるので、導入ハードルが低い。社員同士で簡単に「ありがとう」や「おめでとう」といった気持ちを伝えられる機能となっている。また、集計機能により社内の誰が多くのサンクスカードを受け取っているのか可視化できるので、MVPの選出に役立てることができる。

  • 料金:月額800円/ID(サイボウズ Officeクラウド版 プレミアムコース)、初期費用なし

詳細はこちら

 

まとめ

「人から感謝をされる」「褒められる」という体験は人の承認欲求を満たし、前向きな行動の原動力になります。それは、仕事においても同様で、感謝し合い、褒め合う文化が根付いている会社は、居心地の良さや働きやすさに直結します。ひいては貢献意欲を高め、生産性向上にもつながるでしょう。逆に頑張りが認められない組織では、貢献しようという気持ちが湧かないことは、あえて言うまでもありません。

サンクスカードアプリの価値は、従業員がお互いを認め、感謝するという行為をしやすくすることにあります。直接言葉で伝えることが難しくても、日頃からサンクスカードを贈り合うことが自然にできれば、会社へのエンゲージメントを高めることにつながるはずです。活用しやすいサンクスカードアプリの導入で、長く使い続けられる仕組みを構築し、社内コミュニケーションの活性化に役立てましょう。

サンクスカードアプリをお探しの方は、こちらからサービス紹介資料をダウンロードいただけます。

サンクスカードアプリの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

 

サービス詳細はこちら

タレントパレット

タレントパレット

あらゆる人材データを一元化・分析し、組織力を最大化させるタレントマネジメントシステム。人事にマーケティング思考を取り入れることで、人事業務を効率化させるだけでな...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

シナジーHRサンクスツール

シナジーHRサンクスツール

クラウド上でサンクスカードを贈り合い、社内の感謝を見える化するコミュニケーションツールです。1ユーザー月額400円と気軽に導入でき、紙のサンクスカードからの移行...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

このページの内容をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
TOPへ戻る

資料ダウンロードフォーム

1分で簡単登録。無料

入力フォームはこちら

登録済みの方はこちら

パスワード再発行

アスピックご利用のメールアドレスを入力ください。
パスワード再発行手続きのメールをお送りします。

アンケートにご回答ください。

サービスの導入検討状況を教えてください。

  • 資料請求後に、当該資料に含まれる「サービス提供会社」や弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
  • ご案内のため、アスピックにご登録いただいた会員情報を弊社より「サービス提供会社」に対して電子データにて提供いたします。
  • 利用規約とプライバシーポリシーに同意の上、ダウンロードいただきます。

ご回答ありがとうございました。

ご登録いただいているメールアドレスにダウンロードURLをお送りしています。ご確認ください。

CLOSE