ASPIC公式サービス【アスピック】

バイバイ タイムカード|インタビュー掲載|大規模クラウド勤怠管理

バイバイ タイムカード|インタビュー掲載|大規模クラウド勤怠管理

1,000人以上規模で5年連続シェアNo.1、利用者数20万以上の実績を保有。店舗や作業現場等がある業界・業種に特に強い。

CLOSE

資料ダウンロード (無料)

資料ダウンロード (無料)

こちらから「勤怠管理システム」の資料を一括でダウンロードできます。

一括資料ダウンロード (無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

サービス概要

バイバイ タイムカードは、1,000人以上規模でシェアNo.1*の大規模向けクラウド型勤怠管理システムです。ホテル、運輸、小売業界等への導入実績が豊富。就業規則が複雑でもコンサルティングチームが設定を徹底して行うのでプロジェクト推進が安心。「ASPIC クラウドアワード 2008」で業務系グランプリを受賞。(*2019年ミック経済研究所調べ)

主なポイント

  • 現場向けに改良を重ねたタイムレコーダー

PCがない環境、PCに不慣れなスタッフを想定したタブレット型タイムレコーダー、バイバイ タイムカード for iPadのほか、ICカードや静脈認証などの打刻方式も現場を意識した簡単操作や機能を充実させてきている。

  • 「お客様の実現したいこと」を専任のコンサルティングチームが実現

快適なシステム実現に不可欠な機能や仕様は、人事とITに精通したコンサルタントが徹底的にヒアリングしてカスタマイズを実施。仕様書ではなく、仮設定したサンプルシステムを提供するので触りながら確認できます。

  • 1,000人以上規模の勤怠管理システムで5年連続シェア1位

西武ホールディングス、イケア・ジャパン、日本郵政(かんぽの宿)等の大手企業の実績が豊富。3,000人以上の規模はシェア40.9%です(2019年ミック経済研究所調べ)。

 

事業者インタビュー

仕様書通りではなく、お客様が快適な水準までシステムを作りこむ

ネオレックスファミリーデー

NEOREXファミリーデーの集合写真
ネオレックスは第7回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞の「審査委員会特別賞」を受賞している

―「バイバイ タイムカード」とはどのようなシステムなのでしょうか?

「タイムカードにサヨナラ」というサービス名の通り、インターネットで出退勤時刻の記録や集計等の勤怠管理を行うクラウド型のシステムです。2003年にサービス提供を開始しているので、業界でも老舗と言われるようになる中、現在は約110社、利用者数20万人(1社あたり平均1,800人以上)にご利用いただいています。

―1社あたりの利用者数が多いサービスのようですが、主な利用者層について教えていただけないでしょうか?

店舗や作業現場等がある従業員1,000人以上の企業です。業界・業種で言うと、ホテル、運輸、小売、飲食等です。勤怠管理を行うためのPCが目の前にない、パートさん、アルバイトさんが多く複雑な勤怠管理が必要なお客さまにご利用いただいています。

―なぜ現場のある大規模向けに力を入れているのでしょうか?

サービスを開始して間もない頃にホテルや運輸を営む西武ホールディングス様(今では利用者数約4万人)にご採用いただきました。その後も様々な現場を持つお客様にご採用いただき、現場が使いやすいシステムを磨いてきました。このノウハウを活かしていることが挙げられます。

もう一つは、当社は「100年続く100人の会社」を目指しており、そのためにはお客様とも長いお付き合いをいただくことが大事だと考えています。それを実現するには、「徹底的に使いやすいシステム」を提供していく必要があります。そのため、バイバイ タイムカードは、複雑な集計ルールや特殊なニーズを持つお客様にも対応できる、イージーオーダーのスーツのような勤怠管理システムを目指してきました。

こうした徹底したカスタマイズを行うためにはコンサルティングチームに相応の作業工数が必要になります。そして、その工数に見合う効果を出していただくには、一定規模以上でご利用いただく必要があるのです。

―「現場が使いやすいシステム」として、例えばどのような特長があるのでしょうか?

世の中の打刻方式のトレンドの一つにICカードがあるのですが、パートさん、アルバイトさん全員が交通系ICカードを持っているとは限りません。そこで、会社から打刻用のICカードを配布するのですが、このカードにコストがかかります。さらに、パートさん、アルバイトさんは、一定の周期で入れ替わりますので、やめた人のICカードは回収して、クリーニングの上名前を書き換え、次の人へ渡すといった業務が発生します。ほかにも、ちゃんと返却せずに辞める人がいて、督促が必要になるなど、打刻にICカードを採用することによって増える手間は様々です。

バイバイ タイムカードでは、QRコードをレーザープリンターで印刷するだけで打刻用のカードを作成できるので、費用は安価で、発行や回収の手間が大幅に削減されます。

QRコードによる打刻

QRコード記載のカードでの打刻

また、有休申請において、オフィスワーカーであれば、自分のPCからワークフローで申請すると思いますが、現場では目の前にPCがありませんし、PCの操作に不慣れな方も多いので、別の手段が必要になります。バイバイ タイムカードのiPad向けアプリケーションは、「ATMでお金が下ろせるくらいの操作スキルで使える」ことを目指して開発しましたので、各種申請が、このようなボタン操作で簡単に行えるようになっています。

タブレットでの有休申請

タブレットでボタンを押すだけで有休申請等ができる

―バイバイ タイムカードはこだわりの詰まったシステムと感じました。改めて、サービスの開発や提供において大事にしていることを教えていただけないでしょうか?

従来のクラウド型でない、納品型のシステムはシステム構築費を一括で先にいただくので、「これからよろしくお願いします」という将来への期待値に対して対価をいただくビジネスでした。一方、クラウド型システムは、毎月対価をいただくので、お客様からは将来ではなく、「いまのありがとう」をいただくビジネスであり、健全に両者が幸せになれるビジネスだと思っています。

「ありがとう」をいただくためには、お客様のやりたいことができる、お客様がシステムを快適に利用できることが何よりも大事です。

そのため、システム導入過程においては、「ヒアリングによる要件定義で仕様書を作成し、後は仕様書通りに作る」という進め方ではなく、「ヒアリングしたらまず仮設定を行って、お客様に使っていただきながらフィードバックをいただき、改修を進める」という進め方にしています。

人事のご担当の方は、紙の仕様書をもらっただけではシステムの出来がわかりづらいですし、仕様の言い忘れや言い間違いもあるので、仕様書通りに作るという方式では快適なシステムが作れない可能性があります。

実際に触れてみることができれば、機能の有無だけでなく、操作画面の使い勝手も確認いただけます。「お客様に要望を出し切ってもらう」ことはコンサルティングチームの責任だと思っていますので、このようにフィードバックを反映させることで、やりたいことができる快適なシステムを実現できるようにしています。

―手間をかけてでも快適なシステムを作り上げる強いこだわりが感じられます。

システム面でも快適にするためのこだわりがあります。例えばシステムの動作速度を表す平均レスポンスタイムは0.02秒。これを実現するためには、オンメモリデータベースという技術が活用されていますが、オンメモリデータベース機能を持つデータベース製品を購入して組み込んだのではなく、バイバイ タイムカード専用に自社開発しています。自社で専用に開発していますので、勤怠入力の締め切り日前後に多数の従業員からアクセスが集中しても、ストレスなくシステムをご利用いただけます。

この速度に最初はピンとこない人もいらっしゃいますが、社内で使い始めると他のシステムとの差は歴然ですし、締め切り日前後のアクセス集中によるストレスもなくなりますので、使っていただくことで違いを強く実感いただけます。

また、快適なシステム作りには品質管理が重要と考えており、弊社の人員規模では専門チームがあることが珍しいと言われる品質管理専門のチーム、QM(クオリティマネジメント)チームを設置して、テスト等で品質確認を行っています。単に機能動作を確認するだけでなく、お客様にとっての使いやすさを追求する観点でもテストを行っています。

―最後に、バイバイ タイムカードが今後目指していることを教えていただけないでしょうか。

弊社ネオレックスでは、自らの手で生み出す製品と、自分たちのあり方で世界を変える、「真似される会社」を目指しています。私たちが素晴らしい会社になって、よいと信じて取り組んでいることを真似してもらえるようになれば、世界を少し良く変えることができるのではないかという考えです。

例えば提供するシステムでも、私たちがお客さま満足度の高いサービスを提供し続けていけば、企業の利用するシステムに求められる要求水準が上がり、世の中のスタンダードを一段上げることができるかもしれません。あるいは、先ほどの平均レスポンスタイム0.02秒が、快適なシステムを実現するために必要な水準だとみなさんに認識してもらえたら、世の中のシステムの高速化が進み、快適なシステムが増えるかもしれません。

お客さまに喜んでもらえるよいシステムを提供し続けることで、少しずつ世界をよい方向に変えていきたい、それがバイバイ タイムカードの目指すところです。

 

料金

  • ヒアリングさせていただいた上でお見積り。
  • 例)20ホテルを運営している社員・アルバイト1,400人に導入する場合
    (打刻端末はFelica。有休残数管理、時刻型シフト、予実対比型就業実績バーグラフ、リアルタイム人件費などに対応)
    一人あたり:267円/月
    (初期費用:4,500,000円、月額費用:374,000円)

 

会社概要

会社名 株式会社ネオレックス
代表者名 駒井 拓央、駒井 研司
資本金 5,000万円
所在地 〒456-0034 名古屋市熱田区伝馬1-4-25 ネオレックスビル

 

CLOSE

資料ダウンロード (無料)

資料ダウンロード (無料)

こちらから「勤怠管理システム」の資料を一括でダウンロードできます。

一括資料ダウンロード (無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

このページの内容をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
TOPへ戻る

ログイン

新規会員登録

会員登録をお願いします(無料)

新規会員登録はこちら

パスワード再発行

アスピックご利用のメールアドレスを入力ください。
パスワード再発行手続きのメールをお送りします。

アンケートにご回答ください。

サービスの導入検討状況を教えてください。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。利用規約とプライバシーポリシーに同意の上、ダウンロードいただきます。

ご回答ありがとうとございます。

ご登録いただいているメールアドレスにダウンロードURLをお送りしています。ご確認ください。

CLOSE