ASPIC公式サービス【アスピック】

  • TOP
  • 特集記事
  • SMS送信サービスの比較13選!5つの目的別の選び方

SMS送信サービスの比較13選!5つの目的別の選び方

SMS送信サービスの比較13選!5つの目的別の選び方

最終更新日:2021-07-02

本人認証や確認通知などの手段としてSMS導入をご検討の方へ、様々にあるSMS送信サービスの中から自社に合ったサービスをどのように選べばよいのか、選び方や比較のポイント、おすすめサービスなどをご紹介します。

目次

SMS送信サービスとは?

SMS送信サービスとは、携帯電話のSMS(ショートメッセージサービス)を利用して、本人確認、通知・督促、プロモーションなどを行うことのできるサービスです。

そもそも、SMSは従来の電話・メールやDMなどの連絡手段に比べて、「電話番号はめったに変わらないため到達率が高い」「ポップアップ表示されるため開封率が高い」などの利点があります。加えて、SMS送信サービスは普通にスマホからSMSを送るのに比べて、以下のような様々なメリットがあることから、近年、多くの企業で導入が進んでいます。

  • 一斉送信できる(「○○様」など文中に差し込みもできる)
  • 文字数を増やせる(キャリアを問わず)
  • 予約配信設定できる
  • Webサービスやアプリと連携して送信できる
  • ユーザーからのSMSを受信できる

現在、無数のSMS送信サービスが存在しますが、その分、「何を基準にして選べばよいのかわからない」という方もいるでしょう。今回はそんな方向けに、「使い方・導入メリット」をご紹介した上で、「目的別に合った選び方」をご紹介していきます。まずは、自社の導入目的はどれが一番近いか考えてみてください。

なお、SMS送信サービスのサービス紹介資料はこちらからダウンロードいただけます。

SMS送信サービスの資料をダウンロードする

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

 

SMS送信サービスの使い方・導入メリット

SMS送信サービスの概要についてご理解いただけたところで、次に具体的な使い方についてご紹介していきます。考えられる用途としては「認証」「通知」「重要連絡」「マーケティング」の4つが挙げられます。何を希望するかによって、サービスの選び方も変わってきます。

以下、用途別に具体例を挙げていきますので、「自社で導入する場合、どの使い方に当たるのか」「導入したらどんなメリットがあるのか」を確認しておきましょう。

1.SMS認証を実現したい場合(認証)

<Webサービスの登録時の本人認証>

メリット:なりすましや乗っ取りを防ぐためにセキュリティを高められる

たとえば、GoogleやAppleなど、個人アカウント内で情報を管理するサービスの本人確認。PCの登録画面で携帯電話番号を入力すると、携帯電話のSMS宛に認証コード(数字数桁)が送信され、その数字をPC画面に入力を続けることでPC利用者と携帯電話が紐づけられる。他にも、アプリ内でクレジットカード決済や金銭のやり取りができるアプリや、自宅住所が重要となるようなアプリ(キャッシュレス決済アプリやタクシー配車アプリ、フリマアプリ、デリバリーサービスアプリ等)での利用登録時や、支払い手続きなどの際にも有効。

<ユーザーIDやパスワードを忘れた際の本人認証>

メリット:パスワード再発行の手間を簡略化し、ユーザーの離反を防ぐ

たとえば、会員登録済みのWebサイトにて、ユーザーIDやパスワードを忘れてしまったような場合。電話番号を入力することで、SMSにてユーザーIDや仮パスワードが発行されてきて、すぐにログインやパスワード変更ができる。従来の方法よりも手軽なため、パスワード再発行手続きが面倒なため利用をやめてしまおう、とならずにユーザーの離反を防ぐと同時に、ユーザーの利便性を高める。

2.連絡を漏れなく確実に届けたい場合(通知)

<メールアドレスがわからないユーザーへの予約・受注内容確認通知>

メリット:電話口でメールアドレスを聞き取る必要なく、電話番号のみで送信できる

たとえば、レストランやゴルフ場の予約や、修理の依頼など。電話で受けた予約や受注内容を、そのままSMSでユーザーにも送信して、共有することができる。電話口でメールアドレスを聞き取るのに比べて、間違いも少なく、内容確認を文面で行えるため、トラブルを未然に防ぐことができる。郵送と比べた場合でも、コストが低い。

<電話番号しかわからない従業員への連絡手段>

メリット:早く・漏れなく確実に用件を伝えることができる(社内)

たとえば、現場作業員や派遣労働者など、出動場所の指示や、天候等で急な変更・中止連絡等が必要な場合。メールよりSMSの方が確実に知らせることができる。

<引っ越し時など、住所変更で届けられない場合の顧客へのコンタクト手段>

メリット:電話より効率的に、かつEメールを使わない顧客へも確実に伝わる

たとえば、郵送の案内を送付したものの、住所変更の手続きが行われておらず、戻ってきてしまうような場合。SMSを通じて連絡を取り、住所変更手続きを促すなど、顧客とのコンタクトを取り続けることができる。

<電話オペレーター不在時での予約サイトへの誘導>

メリット:混雑時や夜間などでも対応可能で取りこぼしが減る

たとえば、コールセンターにおけるオペレーター不在時や昼休みなど、電話がつながりにくい時間帯に自動音声応答(IVR)経由で用件を受けつけ、予約・購入サイトのURLをSMSで送信し、サイトへ誘導することができる。

3.重要な連絡をミスなく届けたい場合(重要連絡)

<訪問修理や配送の日時など、確実な連絡>

メリット:相手が忙しい場合・急ぎの場合でも確実に伝えることができる

たとえば、訪問修理や家電・家具の取り付けなど、技術者の都合によって、前日にならないと訪問時間の見込みがつかないようなサービスや、一日も早く確実に受け取りたいというPC修理の場合など。メールでは未開封や未達により、行き違いになるケースが多いが、SMSを使って配送日時を通知すると確実に伝えることができる。

<緊急時の一斉連絡の効率化>

メリット:早く漏れなく確実に用件を伝えることができる(BtoC)

たとえば、高速バスの天候不良等における運休決定時など。多数の予約者へ、急いで中止を連絡しなければならないが、メールでは相手に確実に届いているか分かりにくいし、電話では時間がかかってしまう。SMSで一斉連絡を送信すると確実かつ手っ取り早い。

4.マーケティングで効果を高めたい場合(マーケティング)

<問い合わせ等直後のアンケート実施>

メリット:すぐに実施することで、高い回答率や正確な回答を得られる

たとえば、お客様センターへの電話問合せやコールセンターでの受注直後に、SMSでアンケート回答依頼を送信。事後のメールでの依頼やハガキで依頼する場合と比べて回答率が高く、内容も最新かつ正確なものが期待できる。電話の会話中にアンケート回答を依頼し、OKもらった時のみ送信するというケースもあり。

<キャンペーン等のお知らせなど>

メリット:電話番号しかわからない顧客へも送信できる。メールより確実に見てもらえる

ありがちなメールマガジンと違い、顧客のSMSへキャンペーンのお知らせや新着情報を送信することによって、目を通してもらえる確率が高まる。また、電話番号しかわからない顧客への訴求ができる。

 

SMS送信サービスの目的別の選び方

続いて、目的ごとに最適なSMS送信サービスの選び方をご紹介していきます。上記した「認証」「通知」「重要連絡」「マーケティング」という4つの観点はもちろん、「できるだけ安価に利用したい」というご要望に答えて「価格」面での選び方もカバーしています。

SMS認証を実現したい場合の選び方

SMS認証を実現したい場合は、自社システムとSMS送信サービスのリアルタイムでの同期が必要になるため、API連携が必須になります。現在の主要なサービスはほぼすべてAPI連携機能を有しているため、ほとんどが導入候補となります。SMS認証の仕組みや導入方法はこちらでご紹介しています。

連絡を漏れなく確実に届けたい場合の選び方

SMSを配信先に確実に届ける、という点では、到達率を高める上で重要な携帯キャリアとの「国内直収接続」も主要サービスはすべて対応しています。ただし、最近はドコモ、au、ソフトバンクに加えて、楽天モバイルがサービスを開始している中、「ドコモ、au、ソフトバンク」は対応していても、楽天モバイルは未対応というケースはあります。楽天モバイルの利用者数がまだまだ限定的なため、到達率に大きく影響はしない可能性はありますが、差異にはなります。

たとええば、メディアSMS(株式会社メディア4u)やCuenote SMS(ユミルリンク株式会社)などは4キャリア全てに対応しています。

重要な連絡をミスなく届けたい場合の選び方

督促連絡などはSMSが到達するだけでなく、相手を間違えずに届けることも大事です。というのは、配信先のお客様が携帯電話をナンバーポータビリティせずに変えた場合、別の人がその携帯電話を持つことで、たとえば督促のSMSをお客様ではなく、別の人に送ってしまった、という事態があり得ます。それを避けるために、空電(NTTコム オンライン)では「携帯電話の利用履歴判定機能」で解約したお客様情報を把握することで、誤ってSMSを送信することがないようにしています。督促や請求時の具体的な利用方法はこちらでご紹介しています。

マーケティングで効果を高めたい場合の選び方

プロモーションでは、SMSの文章をもう少し長くして宣伝したい、記載したURLを誰がクリックしたのか関心状況を把握したい、文章の中でお客様のお名前を個別に挿入したいなどのニーズが想定されます。そのため、主要なSMS送信サービスのほとんどは660文字前後の長文SMSに対応しています。URLのクリック状況の確認機能や個別情報差し込み機能も多くのサービスに搭載されています。マーケティングにおけるSMS送信の活用方法や事例はこちらでもご紹介しています。

価格重視でなるべく安価に連絡手段を用意したい場合の選び方

SMS送信サービスの料金は1通あたりの課金となり、従量課金制で利用できるのがほとんどです。多くは1通10円前後から利用できるため、送信先が少ない場合は大きな負担にはなりませんが、1回あたり何千・何万人にも送信ともなると、費用負担も増えますので価格も気になるところです。

多くのSMS送信サービスでは配信通数が多くなるほど1通あたりの単価が安くなるボリュームディスカウントのプランを用意しています。ご参考までに安価な価格帯をうたっているのは、SMSLINK(株式会社ネクスウェイ)が1通8円~、SMS HaNa(日本テレネット株式会社)も同様に1通8円~です。

 

SMS送信サービスの比較表

主なSMS送信サービスの機能比較表(主要7サービスを対象に計22項目で調査)を作成しています。

比較結果のポイントは以下の通りです。

  • SMS一斉送信機能、国内直収接続やAPI連携はすべてのサービスで実現。
  • 長文対応、短縮URL対応、個人情報差し込み機能、URLクリック確認機能もほぼすべてのサービスで実現。
  • オプトアウト対応(配信停止案内の自動差し込み)、双方向SMS(受信からも返信可)、IVR対応(音声自動応答対応)などは未対応、あるいはオプションで提供というサービスが多い。

「SMS送信サービスの選び方ガイド」に検討ポイントの解説とともに、比較表が掲載されていますので、サービス選びにお役立てください。

SMS送信サービス 機能比較表

SMS送信サービスの選び方ガイド

SMS送信サービス

SMS送信サービスの選び方ガイド

SMS送信サービス

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

SMS送信サービスの資料をダウンロードする

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

 

SMS送信サービスの比較のポイント

これまでご紹介した「目的別のSMSサービスの選び方」をベースにサービスを選ぶことになりますが、そこで挙げていたポイントのうち、直収接続などに関わる「通信キャリアとの接続方式」、長文や個別差し込みなどの「送信文の拡張性」、SMS認証に必須の「API連携」について補足してご紹介します。また、運用する上でやはり重要なのが「使い勝手・操作性」になりますので、これも比較のポイントに加えています。

通信キャリアとの接続方式

接続方式には、「国内直収接続」と「国際網接続」がありますが、高い到達率を実現するには「国内直収接続」のサービスを選ぶべきです。直接接続方式、キャリア直収とも言われ、直接接続することにより、到達率が高まることに加え、高セキュリティになり、送達結果を詳しく知ることができます。架空請求の詐欺などへの対策として「国際網接続」を受信拒否設定しているユーザーもいるため、海外のサーバーを利用する国際網接続よりも国内直収接続のみに限定したサービスを選ぶべきです。

送信文の拡張性

ユーザーに内容をしっかり読んでもらうために、送信文章の工夫ができる機能を備えたサービスが好ましいです。具体的に言うと、660文字程度までの長文対応であることや、70文字以内に字数をおさえるためにリンクのURLを短縮して短縮URLに変換できる機能が有効です。また、メールマガジンでよく見かけるような、メールの件名や出だしに「〇〇様」とユーザーの名前を入れるなど、個別情報を差し込んで目に留まりやすくする機能(One to Oneメール)なども有効です。

たとえば、「SMSPublisher(エンバーポイントホールディングス株式会社)」はキャリア関係なく、ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルすべてに長文SMSを送信可能。しかも、URLは短縮化できるだけでなく、自社オリジナルドメインにも変更できます(いずれもオプション)。なお、これらの機能はマーケティング目的の場合には便利ですが、それ以外の用途、たとえば社内における従業員への指示や、修理の通知などで短い定型文を送る場合などはさほど重視する必要はありません。

API連携

送信対象のユーザー数が多い場合や、送信頻度が多い場合は、その都度CSVデータを抽出して連携させる作業は手間になってしまうので、API連携を前提にするのが現実的と言えます。特に、サービス申込み時の本人認証などは瞬時に自動送信する必要があるのでAPI連携が必須です。その際に、配信方法や文章などが希望するようにAPIで実現できるか確認が必要です。

中には、API連携にとどまらず、他のシステムの拡張サービスとして提供されているものもあります。たとえば、「メディアSMS(株式会社メディア4u)」はSalesforce内のSMS送信アプリとして提供されており、Salesforceの管理画面上から、Salesforceに登録されているリードや取引先責任者に対して一斉送信・個別送信を行うことができます。

使い勝手・操作性

API連携でSMSを自動送信し続ける場合は、初期設定以外は大きな問題にはなりませんが、SMSの送信先を毎回CSVで取り込んだり、文面を都度差し替えたり、改善したり、といった場合は管理画面の使い勝手や操作性は重要になります。

たとえば、サービス提供会社へのアスピック編集部によるインタビューでは、「1スクロールで送信までの処理を完了できるのがわかりやすいと高評価」(SMS HaNa)、「機能を厳選してシンプルな画面操作にこだわった」(SMSLINK)などのように、日常的に使うサービスだからこそ操作性は大事と指摘しています。

 

主なSMS送信サービス

ご紹介した比較のポイントに沿った、おすすめのSMS送信サービスをご紹介します。

SMS送信サービスの資料をダウンロードする

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

空電プッシュ(NTTコム オンライン)

空電プッシュ公式Webサイト

(出所:空電プッシュ公式Webサイト)

国内主要4キャリアとクローズドなネットワークを構成し、セキュリティの高さが強みのSMS送信サービス。24時間365日有人監視及び有人受付を実施しており、深夜に故障が発生しても迅速に対応が可能。ドコモ:660文字、au:140バイト、ソフトバンク:333文字まで送信可能で、長文分割機能を使えば、キャリア端末問わず、最大700文字のメッセージを送信できる。URL短縮機能や、開封確認機能もあり。自社のシステムとの連携のAPI連携による送信も可能。IVRと連携し、音声ガイダンスにあわせてSMSを送る機能もあり。

  • 料金:お問合せ。

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

メディアSMS(株式会社メディア4u)

メディアSMS

(出所:メディアSMS公式Webサイト)

国内大手キャリアとの直接接続方式で到達率99.9%を謳う、導入実績3,000社以上のSMS送信サービス。CRM等とAPI連携すれば、顧客情報をCSV等に出力したり、転記したりする手間なく、顧客にSMSで一斉送信・個別送信可能。660〜670文字までの「長文SMS配信」、チャットのようにやりとりできる「双方向SMS」、「短縮URL発行」など様々な機能を備える。Salesforceに関してはアプリ化されて提供されており、インストールするだけ上記機能をSalesforceの管理画面から操作可能。SMSの到達率の高さを活かした顧客アプローチが期待できる。

  • 料金:月額費用は完全従量制(送信成功数分のみ)。
  • 初期費用は無料。

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

Cuenote SMS(ユミルリンク株式会社)

Cuenote SMS

(出所:Cuenote SMS公式Webサイト)

1,500社以上の導入実績を誇る、メール配信システムを中心としたCuenote(キューノート)シリーズのSMS送信サービス。特に、月間42億通の配信実績を持つメール配信システム「Cuenote FC」の開発・提供実績を活かし、安定したサービス基盤から高速・確実なSMS配信を実現している点が強み。キャリア直収方式で、最大660文字までのSMS配信に対応。
API接続による自動連携・配信指示に対応。開発が容易なRESTful APIを標準で搭載し、本人認証などのシステム連携が容易に行える。SSL対応の管理画面、IPアドレス単位でのアクセス制限の他、運用サーバーのバックアップなど、セキュリティ面も安心。URL短縮機能や、名前など属性の差し込みの他、メッセージ内に記載したURLがどれだけのユーザーにクリックされたかを測定できる機能もあり、プロモーション等の用途にも最適。

  • 料金:1通~12円の従量課金制。
  • 初期費用は無料。

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

SMSLINK(株式会社ネクスウェイ)

SMSLINK

(出所:SMSLINK公式Webサイト)

サービスリリースから半年で導入企業400社以上のSMS送信サービス。業界最安値クラスの1通8円から利用可能。30年間で10,000法人以上に情報通信サービスを提供してきたノウハウを活かしたサービス。サービス画面から送信指示をするWebタイプと、システム連携が可能なAPIタイプの2種類から選べる。
「宛先リストのアップロード」「メッセージの作成」「送信日時の設定」の3ステップでSMSを簡単に送信可能。一斉送信、予約送信、名前等の情報差し込み、短縮URLの自動生成等、連絡業務を効率化させる機能が一通り揃う。URLのクリック数のカウント機能や、メッセージの送信停止を受け付ける専用URLを自動生成する機能などもあり、プロモーション用途にも役立つ。

  • 料金:1通8円~の従量課金制。
  • 初期費用・月額料金なし。

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

SMS HaNa(日本テレネット株式会社)

SMS HaNa

(出所:SMS HaNa公式Webサイト)

到達率99%以上を謳い、使い勝手にこだわったSMS送信サービス。文章への差し込みは最大5か所(業界最大)、短縮URLは20文字(業界最短)、CSVだけでなくExcelでのアップロードも可能な点などが売り。3キャリア直収。WEBの管理画面から送信するタイプか、API連携タイプか選んで提供。1時間で10万通の送信可能。有人監視体制を24時間365日対応しており、プライバシーマークも取得済み。最大660文字までの長文対応。IVR連携機能もあり。誤送信防止機能も。

  • 料金:初期費用、月額料金は無料。(API・IVR接続の場合は別途見積)
  • 送信料金は8円/通~で、到達分のみにかかる。ボリュームに応じて料金設定が変わる。

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

SMSコネクト(株式会社アクリート)

SMSコネクト

(出所:SMSコネクト公式Webサイト)

15年以上に渡ってSMS事業を展開し、大量のSMSを扱う大規模サービスを中心に多くの導入実績をもつSMS送信サービス。グローバルIT企業と国内大手企業での豊富な導入実績と経験に基づくSMSに関する様々なノウハウが強み。携帯電話事業者との直接接続。API接続送信対応。本文差込送信、配信時間予約送信、URL自動短縮など機能も豊富。
SMSを受信できないユーザーの電話番号を認証するためのIVRサービスや、電話をかけると音声自動応答(IVR)により音声が再生され、電話を切ると事前に登録された定型文のSMSが届くサービス(チラシやラジオ広告からURLを配布する手段として最適)など、IVRと連携した幅広い展開。

  • 料金:月額基本料やSMS送信料はお問合せ。
  • 初期費用は無料。

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

KDDI Message Cast(Supership株式会社/KDDI株式会社)

KDDI Message Cast

(出所:KDDI Message Cast公式Webサイト)

自社の運用に合わせて、簡単に利用できる入稿ポータルと自社システムとのAPI連携の2つの配信タイプを利用できるSMS送信サービス。配信ログをポータル上からCSV出力することも可能。660文字までの長文テキストに対応しており、国内3キャリアと直接接続、24時間365日の監視体制による安全性の高いサービス設計。配信シナリオの作成も簡単に行える。
KDDIとデータとテクノロジーを活用した事業を展開する「Supership株式会社」との共同運営サービスのため、従来の電話番号に加えて自社の情報をセグメントに活用したSMS配信やデータドリブンなマーケティング施策にも活用できる。

  • 料金:お問い合わせ

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

SMSPublisher(エンバーポイントホールディングス株式会社)

SMSPublisher公式Webサイト

(出所:SMSPublisher公式Webサイト)

「MailPublisher」などメール配信分野で豊富な実績のある同社が手掛けるSMS送信サービス。ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルの大手キャリアと直収設計・直接接続により、高いセキュリティと到達率を誇る。
マーケティング機能に優れておりドコモ660文字、au、ソフトバンク、楽天モバイル670文字など「全キャリア長文SMS」が可能。複数URLが挿入できるだけでなく、受信停止を受け付ける(オプトアウト)URLも挿入可能なためマーケティング用途にも安心。過去の携帯電話番号利用履歴(3ヵ月の番号未利用期間など)から、既に解約されて持ち主が変わっている可能性のある番号などへの誤配信を防止できるのもポイント。

  • 料金:お問い合わせ

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

fonfunSMS(株式会社FunFusion)

fonfunSMS

(出所:fonfunSMS公式Webサイト)

導入実績800社以上、配信代行サポートの特長を持つSMS送信サービス。個別送信、一斉送信、詳細ページ送信、配信停止付き送信、70文字以上の長文送信に対応。督促、予約確認、キャンペーン案内、集客など様々な連絡に利用可能。また、APIによる接続連携により、お客様のシステムやアプリケーションからSMSを送信可能。本人認証、コールセンター、予約管理などの用途で使われている。
サポートに強みがあり、操作サポートだけでなく、SMSで表示する画像制作のサポートや、SMS配信に関わる作業(画像作成、テンプレート作成、配信作業)代行、年間の配信プランの作成・進捗管理、毎月の報告レポートの作成など、専任の担当者が全て代行してくれる「代行オプションサービス」もあるため、SMS配信に自社で人手を割けないとお困りの中小企業にも選択肢となる。

  • 料金:初期料金30,000円 + 月額料金5,000円 + 送信1通15円。
  • 機能に応じて様々なプランあり。

詳細はこちら

Mail SMS(CM.com Japan 株式会社)

Mail SMS

(出所:fonfunSMS公式Webサイト)

専用ツールやWebページを必要とせず、いつも使っているメールアドレス、メールソフトから送信できる機能が特長的なSMS送信サービス。同社は全世界で25,000以上の企業にメッセージ配信プラットフォームを提供している。豊富な機能がそろった「SMS配信ツール」というサービスも提供しているため、SMS配信数が増え、メッセージの配信履歴を管理したい、他の機能を使ってみたいと感じたら、すぐに「Mail SMS」から「SMS配信ツール」の利用へ切り替えられる。
「SMS配信ツール」では、API連携、国際SMS、URLクリックカウント、双方向SMS、配信結果や開封結果のCSV形式でのダウンロード、モバイル専用のランディングページやアンケートフォームを簡単に作成できる機能、などが利用可能。

  • 料金:初期費用なし、月額料金なし。送った通数だけの課金制。

詳細はこちら

KYUSMS(株式会社KYUBIZ JAPAN)

KYUSMS

(出所:KYUSMS 公式Webサイト)

導入数2,500社以上、マーケティングにも本人認証にも利用できるSMS送信サービス。国内キャリアに対応しているだけでなく、海外キャリアとも直収接続している点が特長。長文660文字に対応。配信状況や配信結果が一目で分かる設計の管理画面にも定評あり。
トラッキングURLも標準装備でお客様の反応率を測定できる。結果情報のダウンロードも可能。IVRにも対応しているため、050、03、0120などの番号に掛けてSMSを受け取り、モバイル・WEBサイトへ簡単に誘導できる。API接続で自社システムや、Marketo、Salesforceなどの各種CRMと連携が可能。

  • 料金:お問い合わせ。

詳細はこちら

WEBCAS SMS(株式会社WOW WORLD)

WEBCAS SMS 公式Webサイト

(出所:WEBCAS SMS 公式Webサイト)

シリーズ計7,000社以上導入の、メールマーケティングシステムのWEBCASシリーズのSMS送信サービスで、メール配信システムと連動できる点が特長(WEBCASシリーズの利用・申し込みが必須)。メール配信システムのデータベースと連携し、メールマーケティングの流れにSMS配信を組み込むことが可能なため、「前回メールがエラーになった人だけを抽出してSMSを配信する」などの作業が簡単に行える点が強み。
メールマーケティングで培ったノウハウを活かし、One to One配信や、セグメント配信機能、効果分析機能など充実した機能が揃っている。国内携帯キャリア(docomo、au、Softbank、Y!mobile)に対応。

  • 料金:お問い合わせ。

詳細はこちら

SMS送信サービス(株式会社電話放送局)

電話放送局SMS送信サービス公式Webサイト

(出所:SMS送信サービス公式Webサイト)

通常の用途に加えて、あふれ呼対応・問い合わせ対応などのインバウンド対応にも優れたSMS送信サービス。コールセンターが電話による問い合わせを受けたら、Webサイトへの誘導を望む顧客に対して、取得した携帯電話番号に専用WebサイトのURLをSMS送信。ユーザーの自己解決を促すことで、対応コストを圧縮することができる。
IVRで自動応答すれば完全に人を介さずに対応を完結することもできる。IVR(自動音声応答)領域のパイオニアとしてコールセンター業務の自動化に長年取り組んできた同社が、培ったノウハウを活かして導入を支援してくれる。

料金:お問い合わせ

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

 

まとめ

SMS送信サービスでは多くのサービスが提供されており、一見するとその違いがわかりにくい側面もありますが、「SMS認証を実現したい」、「漏れなく確実に連絡したい」、「重要な連絡をミスなく届けたい」、「マーケティングで効果を高めたい」、「価格重視で安価に連絡手段を用意したい」などの目的で考えると、選ぶべきサービスが見えてきます。

また、自社でSMS送信を運用していく場合は、機能面だけでなく使い勝手や操作性も重要になります。この点を特に重視して開発しているサービスもありますので、デモやトライアル利用で詳しくご確認ください。

SMS送信はまだまだ用途の拡大が続いており、各所で導入してよかったとの声が聞かれる重要なサービスです。この機会に業務に取り入れてみることをおすすめします。

 

SMS送信サービスをお探しの方は、こちらからサービス紹介資料をダウンロードいただけます。

SMS送信サービスの資料をダウンロードする

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

SMS送信サービスの選び方ガイド

SMS送信サービス

SMS送信サービスの選び方ガイド

SMS送信サービス

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

 

インタビューやサービス詳細はこちら

空電プッシュ| インタビュー掲載

空電プッシュ| インタビュー掲載

5年連続でマーケットシェア1位を獲得。NTTグループとしての高セキュリティならびに高品質をベースとした信頼性および高い処理能力により、多くの金融業および通信業の...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

メディアSMS|インタビュー掲載

メディアSMS|インタビュー掲載

2,000社以上の導入実績を有するキャリア直接接続型のSMS送信サービスです。SMS到達率は99.9%(※1)。660~670文字まで拡張できる長文SMSサービ...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

Cuenote SMS|インタビュー掲載

Cuenote SMS|インタビュー掲載

SMSを活用した本人認証や重要なメッセージ通知に最適なSMS配信サービスです。国内キャリア直収接続で99%を超える到達率を実現。シンプルなUIで誰でも簡単にSM...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

SMSLINK|インタビュー掲載

SMSLINK|インタビュー掲載

サービスリリースから半年で導入企業400社以上。業界最安値クラスの1通8円から利用可能。30年間で10,000法人以上に情報通信サービスを提供してきたノウハウを...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

SMS HaNa|インタビュー掲載

SMS HaNa|インタビュー掲載

直収接続で99%以上の高い到達率を実現しながら、業界最安値水準で高機能をシンプルに利用できるSMS配信サービスです。...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

SMSコネクト

SMSコネクト

国内最大級の高信頼性の大規模配信プラットフォームで提供するSMS送信サービス。SMS配信市場シェアNo1.の実績。...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

KDDI Message Cast|インタビュー掲載

KDDI Message Cast|インタビュー掲載

督促や営業時間の変更など「重要なお知らせ」を効率的かつ確実にお客さまにお届けするSMS活用!...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

SMSPublisher

SMSPublisher

メール配信ではシェアNo.1企業(※)が手掛ける、業界最安水準のSMS送信サービス。キャリア直収設計・直接接続で国内トップレベルのセキュリティ・到達率。「全キャ...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

SMS送信サービス(株式会社電話放送局)

SMS送信サービス(株式会社電話放送局)

IVRサービスのリーディングカンパニーが提供するSMS送信サービス【国内4キャリア直接接続・到達率98%以上・24時間365日サポート】IVRと組み合わせれば、...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

このページの内容をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
TOPへ戻る

資料ダウンロードフォーム

1分で簡単登録。無料

入力フォームはこちら

登録済みの方はこちら

パスワード再発行

アスピックご利用のメールアドレスを入力ください。
パスワード再発行手続きのメールをお送りします。

アンケートにご回答ください。

サービスの導入検討状況を教えてください。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。利用規約とプライバシーポリシーに同意の上、ダウンロードいただきます。

ご回答ありがとうございました。

ご登録いただいているメールアドレスにダウンロードURLをお送りしています。ご確認ください。

CLOSE