ASPIC公式サービス【アスピック】

空電プッシュ| インタビュー掲載

空電プッシュ| インタビュー掲載

5年連続でマーケットシェア1位を獲得。NTTグループとしての高セキュリティならびに高品質をベースとした信頼性および高い処理能力により、多くの金融業および通信業のお客様にご採用いただいています。

CLOSE

資料ダウンロード (無料)

資料ダウンロード (無料)

こちらから「SMS送信サービス」の資料を一括でダウンロードできます。

一括資料ダウンロード (無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

サービス概要

空電プッシュは、5年連続でマーケットシェア1位を獲得*しているSMS送信サービスです。NTTグループとしての高セキュリティ(携帯4キャリア直接接続、FISC安全対策基準準拠など)ならびに高品質(100%に近い到達率、誤送信防止機能、24時間365日有人監視・有人電話受付など)をベースとした信頼性および高い処理能力(国内直収分のみ最大送信数約136万通/h)により、多くの金融業および通信業(インターネットサービスやISPなど)のお客様にご採用いただいています。
*売上金額ベース、2015~2019年度予測の5年間。出典は「ITR Market View:ECサイト構築/CMS/SMS送信サービス/電子契約サービス市場2020」

主なポイント

  • 5年連続でマーケットシェア1位を獲得

2015年から2019年度(予測)まで5年連続でSMS送信サービス市場の売上金額1位を獲得。大企業から中小企業、官公庁まで本人認証時の二段階認証、業務連絡、督促、プロモーションと多くの用途で幅引くご利用いただいています。

  • NTTグループならではの高セキュリティと高信頼性

国内携帯4キャリアとクローズドなネットワークを構成し、国内直収接続で送信しています。100%に近い到達率と誤送信防止機能、24時間365日サポートをベースとした信頼性および高い処理能力(最大送信数約136万通/h)を有したSMS送信サービスを提供しております。

FISC安全対策基準にも準拠しており、金融機関や官公庁への導入実績も豊富です。

  • ご要望を実現する豊富な機能

携帯電話番号を使用した本人認証に使われているAPI連携をはじめ、短縮URL、トラッキング機能、IVR連携、双方向SMSなど、ご利用シーンに合わせた使い方が可能です。

 

インタビュー

慎重に送信したい場面でも安心して活用できる機能や実績を備えたシェアNo.1のサービス

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社 ビジネスメッセージ・サービス部 部長 黒田 和宏様

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社
ビジネスメッセージ・サービス部 部長 黒田 和宏様

―空電プッシュはどのようなサービスでしょうか?

空電プッシュは、携帯電話やスマートフォンのSMS機能を使って顧客との確実なコンタクトを可能にするSMS送信サービスです。高機能・高品質・高セキュリティを兼ね備えている点をご評価いただき、現在ではSMS送信サービス市場5年連続シェアNo.1となっています。

弊社では2009年に空の電話をワンコールするとメッセージが届くサービスを開始しました。このサービスを提供していくなかで、多くの企業様から電話をしなくても自社保有の会員や顧客の電話番号リストに対して直接SMSをプッシュ通知したいというニーズを非常に多くいただきました。そこで2011年に空電プッシュサービスをリリースしました。ちょうどその頃にナンバーポータビリティが開始して電話番号がユニークIDになりはじめたという機運もあり、今後も成長が見込めるだろうと考えました。

また、メールを送っても届かなかったり見てもらえなかったりという問題や、固定電話や携帯電話に掛けても出てもらえなかったり、郵送物をすぐに確認する習慣が廃れていったりと、顧客とコンタクトを取りたいのに既存の通信手段では連絡が取れなくなってきていることに危機感を抱く企業様が増えつつありました。そうした状況の中、電話番号だけで送れるSMSはスマホのプッシュ画面に表示されるため、非常に連絡が取りやすいとご好評いただき、広まっていきました。

―話題になるにつれて、用途も広がっていったのでしょうか?

当時から空電プッシュには金融機関のお客様が多く、債権回収や料金督促にあたってSMSだと非常に反応がいいということで、銀行やクレジットカード会社様、不動産会社様などで料金回収がメインの用途になっていました。それ以外では電話番号認証のため、ワンタイムパスワードの発行にSMSを活用したいというニーズが大きかったので、ポイントサイトやキャンペーンでのアカウント複製、不正なポイント稼ぎを防ぐという目的で使うお客様も増えていきました。

―空電プッシュはどのようなお客様向けなのでしょうか?

SMSを顧客に送信したい企業様すべてが対象になります。BtoCの企業様が中心になるかと思います。多くの用途でセキュリティや品質の高さが求められますので、弊社もその点を強化してきました。結果として、送信数で言えば金融業で69%、通信業でも57%のシェアを持つまでになりました。

―高セキュリティや高品質を実現するうえでこだわった点は何でしょうか?

一例として、誤送信防止機能が挙げられます。例えば、請求書を送ったけれどお支払いいただけない方への督促の際に、Aさんに送信しても、その電話番号がナンバーポータビリティをせずに解約されていると、半年後にその番号が再利用されるため、Bさんに届いてしまうといった問題が生じます。そのときにご活用いただけるのが誤送信防止機能です。その電話番号の解約履歴を調べられるので、履歴があるときはシステムの方で送信をブロックする仕様になっています。弊社ではこの解約履歴のデータベースを十数年分も保持しているところに特長があります。金融系ではローンの申し込みが途中で止まってしまった場合、特に学生ローンなどの場合は入学などに影響を与えかねませんので、連絡もセンシティブになります。そういう状況で誤送信防止機能は有効です。

あとは、最近では処理能力の向上にも力を入れています。国内直収分のみの計測で、1時間の最大送信数が約136万通と、国内最大規模になっています。

―処理能力の高さは、どういった時に発揮されますか?

空電プッシュを利用されるお客様が増えているため、毎年の送信数が増加しています。2016年時点での年間送信数は6,000万通でしたが、現在は3憶7,000万通にまで伸びています。しかし、送信数が増えすぎて処理上限に達すると送信がスムーズに行われず、とあるお客様が大量送信すると、他のお客様の分が遅延するということが起こり得ます。空電プッシュは、最大送信数が他の同じサービスと比較しても最大規模ですので、そうしたリスクが低くなります。

―遅延せずに送信したい場面も多くありそうですね。

そうです。例えば銀行振込でワンタイムパスワードをお使いになるとき、SMSがすぐに届かないと銀行振込が完了しないので困りますので送信数規模は我々の大きな強みの一つであると考えています。

―その他に空電プッシュが多くの企業様から選ばれる理由はありますか?

弊社の営業担当が非常にきめ細やかな対応をしているという点について、お褒めの言葉をいただくことが多々あります。クラウドサービスですのでカスタマイズ対応に制約はありますが、それ以外の契約面や特定の書類の提出のご相談などにも、柔軟に対応させていただいています。また、先ほど申し上げた誤送信防止機能に関連して、セキュリティ面を含めた信頼性の高さをご評価いただけることが多いです。安定運用とお客様サポートのために、24時間365日の有人監視・有人電話受付も行っています。

―代表的な導入事例を教えてください。

ある金融系の企業様の例になりますが、電話連絡をしてもつながらなくて何度も掛け直したり、金額や口座番号を口頭で説明すると正しく伝わらなかったりといった問題を、空電プッシュで解決できました。折り返してほしいという旨をSMSで配信するだけで、こちらから掛け直す手間が省けますし、SMSで文章を入力することによる伝達ミスも防げます。これにより、返電率が16%~20%向上し、コールセンターで1件あたり3分の処理時間短縮と、明確な数値として成果が出ています。

また、クレジットカード関連業務では審査・発券業務で約40%、不正利用に伴うケースでは約60%、返電率が向上するなど、かなり高い数値になっています。また、学費ローンの申し込みでは連絡が取れなくて機会損失となった場合、事業者側だけでなく学生側も損をすることになりますが、それを防げたという点でも非常に高い評価をいただいています。この企業様の事例は、空電プッシュを様々な窓口に展開して活用してもらっている好例です。

最近は自治体様にもご利用いただいています。弊社が保有する特許を用いて、自治体専用の自治体ネットワークに接続して利用するケースもあります。

―今後、力を入れていきたい点は何でしょうか?

現在、SMSの競合となりうるリッチなメッセージサービスが出てきています。次世代SMSと言われる「+メッセージ」、正確にはRCS(リッチコミュニケーション)と呼ばれていますが、こちらはグローバルな規格で日本の各キャリアが提供しています。そうしたなかで、弊社としてはSMSだけにこだわるのではなく、むしろメッセージングサービスを連携できるサービス群を目指していきたいです。

例えば、リッチな表現をしたいときに+メッセージやSNSのメッセージ機能で送信し、カバー率を重視したいときにはSMSを利用する、と上手に使い分けられれば良いと考えています。実際、LINEで送ろうとしても対応していないときはSMSに流れるというようなサービスを「空電プッシュfor LINE」という名前ですでに実現しています。そうしたビジネスメッセージ・プラットフォームを目指していきたいです。

また、最近ではSMSとビデオ会議を組み合わせた「ビデオトーク」というサービスを開始しました。SMSとアンケート/クーポン、SMSと電子帳票を組み合わせたり、自治体に特化したサービスを作ったりと、引き続きメッセージサービスとしての価値を高める取り組みをしていく所存です。

 

料金

  • お問い合わせください。

 

会社概要

会社名 NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社
代表者名 塚本 良江
資本金 1億円
所在地 〒141-0032 東京都品川区大崎1丁目5番1号 大崎センタービル4階
CLOSE

資料ダウンロード (無料)

資料ダウンロード (無料)

こちらから「SMS送信サービス」の資料を一括でダウンロードできます。

一括資料ダウンロード (無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

このページの内容をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
TOPへ戻る

資料ダウンロードフォーム

1分で簡単登録。無料

入力フォームはこちら

登録済みの方はこちら

パスワード再発行

アスピックご利用のメールアドレスを入力ください。
パスワード再発行手続きのメールをお送りします。

アンケートにご回答ください。

サービスの導入検討状況を教えてください。

  • 資料請求後に、当該資料に含まれる「サービス提供会社」や弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
  • ご案内のため、アスピックにご登録いただいた会員情報を弊社より「サービス提供会社」に対して電子データにて提供いたします。
  • 利用規約とプライバシーポリシーに同意の上、ダウンロードいただきます。

ご回答ありがとうございました。

ご登録いただいているメールアドレスにダウンロードURLをお送りしています。ご確認ください。

CLOSE