ASPIC公式サービス【アスピック】

BtoBプラットフォーム 契約書|インタビュー掲載

BtoBプラットフォーム 契約書|インタビュー掲載

企業間における契約書の締結・管理・ワークフロー(社内承認)を電子データ化し、Web上で一元管理できるクラウド型の電子契約書システムです。

CLOSE

資料ダウンロード (無料)

資料ダウンロード (無料)

こちらから「電子契約システム」の資料を一括でダウンロードできます。

一括資料ダウンロード (無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

サービス概要

企業間における契約書の締結・管理・ワークフロー(社内承認)を電子化し、Web上で一元管理できる仕組みです。最新のブロックチェーン技術により、契約内容の信用性(機密性)を確保。契約書のペーパーレス化により、スピーディーな契約締結と業務の軽減、印紙代や郵送代といったコストの大幅削減が実現します。

また、自社保管機能にて紙で保管している契約書をスキャンして登録できるので、電子契約したものと合わせて電子帳簿保存法に対応した検索性のもと、管理・運用が可能です。

「ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2018 ASP・SaaS部門 支援業務系分野 先進技術賞」受賞。
ASPIC「ASP・SaaSの安全・信頼性に係る情報開示認定制度」認定サービス。

 

主なポイント

40万社以上の業務改善をサポートする、「BtoBプラットフォーム」シリーズの一つ。

電子契約書は保管場所が不要、検索しやすい、契約締結が迅速、コスト削減、コンプライアンス強化(紛失や改ざんのリスクが紙より少ない)などメリットが多く、契約業務の効率化を実現します。

  • 最新のブロックチェーン技術により、契約内容の信頼性(機密性)を確保します。
  • PDF電子署名+タイムスタンプの組み合わせで、本人・時刻認証と改ざん耐性に強いのが特長です。
  • ワークフロー機能(契約稟議)により、社内稟議をWeb上で完結します。

 

事業者インタビュー

契約書締結のコスト削減や早期化だけでなく、管理作業の簡素化にも効果を発揮

株式会社インフォマート 営業企画部 課長 大谷 恵太郎様

株式会社インフォマート 営業企画部 課長 大谷 恵太郎様

­―「BtoBプラットフォーム 契約書」とはどのようなサービスなのでしょうか?

「BtoBプラットフォーム 契約書」は、企業間の様々な契約書を電子データで締結し、保管できるサービスです。利用の際には、契約書として作成したワードやPDFファイルを「BtoBプラットフォーム 契約書」に登録して、相手先と締結すると、当社の認証局で発行した電子署名とタイムスタンプが双方に付与されます。締結した契約書に加えて、締結済みの紙の契約書をアップロードして電子保管庫としても利用できます。

当社はこれまで企業間の受注・発注や請求書のやり取り等を電子データ化することで業務を効率化させる仕組みを提供してきました。その中で、依然として紙で残っていたのは契約書の締結でしたので、それらも電子データ化すべく取り組んだのが「BtoBプラットフォーム 契約書」です。

―「BtoBプラットフォーム 契約書」の特長を教えていただけないでしょうか?

一つ目は、ブロックチェーン基盤による取引記録管理を行っている点です。当社は元々セキュリティ対策や改ざん対策など必要な対策には十分な水準で力を入れてきましたが、契約書は他の書類よりもさらに重要性の高い書類という特性がありますので、改ざんが極めて困難で、契約情報が失われることのないブロックチェーン基盤を採用しました。

二つ目は、自社保管するための登録・保存機能がある点です。新規に締結する契約書だけを管理するのではなく、過去の契約書を電子データ化して取り込むことで一元的に管理できれば、過去の契約書の探索、各契約書の更新期限管理や、誰がどことどのような契約を締結しているかの把握等の管理作業の簡素化が期待できます。

さらに、過去に締結した紙の契約書をスキャンして効率的に保管できるように、契約書管理台帳と電子データ化した契約書を一つのzipフォルダにして一括アップロードする、というファイル連携機能も備えています。すでに契約書管理台帳を管理しており、過去の契約書を電子データ化しているお客様であれば、一括アップロードしていただくだけで、契約書の保管管理が効率的になります。

三つ目は、電子帳簿保存法に対応している点です。電子署名やタイムスタンプ等の機能に加えて、検索機能や改ざん対策等の保存要件に対応しているため、紙で保管する必要がなくなり、電子データのみで保管できるようになります。

―「BtoBプラットフォーム 契約書」の導入効果を教えていただけないでしょうか?

契約書締結の電子データ化による効果としては、印紙税が不要になるのでコストを削減できること、郵送がなくなることで契約締結までの時間を短縮化できること、そして電子保存した契約書は紙の劣化や紛失等のリスクを軽減できることが挙げられます。

例えばあるIT企業においては、多数の協力会社と四半期ごとに約200件の契約書を更新する必要があります。これまでは毎回印刷・製本をした上で、上長の捺印、封入・郵送を行う必要があり、大きく手間も時間もかかっている状況でした。「BtoBプラットフォーム 契約書」導入後は契約書の99%を電子化することで、印刷・製本等の作業が不要となり、契約更新作業の時間を大幅に減らすことができました。それに、保管は電子保存だけで済むようになりましたので、契約書の保管スペースを新たに確保する必要がなくなりました。

―導入効果を高める上で取り組んでいることはありますか?

「BtoBプラットフォーム 契約書」をスムーズにご利用いただくために、お客様に対して、担当営業、カスタマーサクセス担当、カスタマーセンターという3者体制で手厚くサポートしています。それに、契約書の電子締結の推進には、お客様の取引先に、電子データ化を理解していただく必要がありますので、例えば「電子契約でも大丈夫なの?」や「電子署名とは何ですか?」という疑問を解消してサービスをご利用いただけるように、お客様と一緒になって説明を行うこともしています。

―今後はどのようなことに力を入れていくのでしょうか?

2018年にリリースした新しいサービスのため、「BtoBプラットフォーム 契約書」の普及・拡大の余地は大きくあります。その一環として、直近では他社とのタイアップセミナーを開催する等して、電子契約システムの有効性をお伝えしています。

さらに将来のことを考えると、当社は受注・発注や請求書管理等のシステムがありますので、それらシステムとの連携により、見積書発行⇒発注⇒請求書発行等の電子データの流れの中に「契約締結」というプロセスを組み込むことで、紙を用いた業務を減らし、電子データ化によるさらなる効率化を実現できるように取り組んでいきたいと考えます。

 

料金

  • フリープラン 月5件(電子締結)まで無料で利用できます。
  • シルバープラン 初期設定料:0円、月額料金:10,000円~
  • ゴールドプラン 初期設定料:0円、月額料金:30,000円~

ゴールドプランは、契約書の自社保管(電子保管)に対応しています。料金は税別です。

 

会社概要

会社名 株式会社インフォマート
代表者名 長尾 收
資本金 32億1,251万円
所在地 〒105-0022 東京都港区海岸1-2-3 汐留芝離宮ビルディング13階

 

CLOSE

資料ダウンロード (無料)

資料ダウンロード (無料)

こちらから「電子契約システム」の資料を一括でダウンロードできます。

一括資料ダウンロード (無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

このページの内容をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
TOPへ戻る

資料ダウンロードフォーム

1分で簡単登録。無料

入力フォームはこちら

登録済みの方はこちら

パスワード再発行

アスピックご利用のメールアドレスを入力ください。
パスワード再発行手続きのメールをお送りします。

アンケートにご回答ください。

サービスの導入検討状況を教えてください。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。利用規約とプライバシーポリシーに同意の上、ダウンロードいただきます。

ご回答ありがとうとございます。

ご登録いただいているメールアドレスにダウンロードURLをお送りしています。ご確認ください。

CLOSE