ASPIC公式サービス【アスピック】

らくらく賃貸管理(らくちん)|インタビュー掲載

らくらく賃貸管理(らくちん)|インタビュー掲載

月額8,000円から導入できる使いやすさにこだわった賃貸管理システム。導入実績は5,000社以上。

CLOSE

資料ダウンロード (無料)

資料ダウンロード (無料)

こちらから「不動産業務支援サービス」の資料を一括でダウンロードできます。

一括資料ダウンロード (無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

サービス概要

らくらく賃貸管理は、物件管理から、入出金管理、契約管理、入居者やオーナーとのやりとり管理などを効率化するクラウド型賃貸管理システムです。必要な機能を厳選してシンプルなUIを重視することで「便利さよりも使いやすさを追求」したシステムを実現。導入実績は5,000社以上。月額8,000円から利用可能。

 

主なポイント

  • 賃貸管理に必要な機能を漏らさず実現

物件の登録管理、ワンクリックでの契約書作成、契約更新タイミングでの通知管理、家賃の自動的な入金確認、収支報告書の自動作成などで賃貸管理業務を効率化します。

家主・物件の管理、契約書作成、契約更新・解約の管理、家賃や管理料の管理、家主収支報告書、対応履歴の追加

  • 使いやすさを追求したUI

「便利さよりも使いやすさを追求」というコンセプトのもと、賃貸管理に必要な機能に絞り込むことでシンプルなUIを実現。マニュアルを読み込まなくとも直感的な操作で機能が使えます。

  • 月額8,000円から利用可能

規模にかかわらず導入しやすい月額8,000円からという料金設定です。料金にサポートも含まれていますので、システムを使いこなせないという心配もありません。

 

インタビュー

賃貸管理に必要な機能を厳選。導入しやすい価格設定とこだわりの操作画面で業務効率化を実現

株式会社いえらぶGROUP 管理機能促進課 課長 佐藤 貴也様

株式会社いえらぶGROUP 管理機能促進課 課長 佐藤 貴也様

―らくらく賃貸管理(らくちん)は、どのようなシステムでしょうか?

らくらく賃貸管理は、物件管理から契約や入出金の管理まで必要な機能を詰め込んだクラウド型の賃貸管理システムです。従来のシステムに比べて圧倒的にコストが低く、導入から運用まで手軽に進めることができます。

弊社は2015年から「いえらぶCLOUD」で賃貸管理機能を提供してきました。月額5万円程度で高性能な管理機能を有していますので、管理戸数が1,000戸を超えるような会社様にはコストパフォーマンスが良いとご好評いただきましたが、300戸以下の小規模の会社様にとっては価格面と機能面の兼ね合いにハードルがあり、それなら紙やExcelで対応するというお声が多かったのです。

しかし、紙やExcelでは利便性や安全性に問題があります。今後、Web化が進んでいく風潮も踏まえますと、そういった会社様にもご利用いただけるように、いえらぶCLOUDの管理機能から必要な機能を厳選して安くご提供できるものを作ろうと考えたのが開発のきっかけです。2017年前後から開発を進めて、2019年12月のリリースに至りました。

―らくらく賃貸管理は、どういった機能に特化していますか?

不動産の管理会社様の主要業務は、大枠で言うと、契約書の書類作成業務、契約後の更新・解約・入居者対応、入出金の管理に分かれます。らくらく基盤はそれら3つの業務に対応できます。帳票類の項目も必要十分なものに絞り込んでいますので、いえらぶCLOUDよりも4割近くボタンの数が減っていて使いやすくなっています。ただ、いえらぶCLOUDと土台は同じですので、連携して使うといったことも可能です。

―どういう基準で機能を絞り込んだのでしょうか?

無くてはならない機能と「あったらいいな」という機能をシビアに分別したということに尽きますね。曖昧ではありますが、実務に沿って見ていくと明確な差があります。実際にいえらぶCLOUDの賃貸管理機能での運用経験や、クライアント様のご協力を得ることをもとにして絞り込んでいきました。ただし「どうしてもほしい」という機能が別にある場合は、上位のバージョンにアップするためのご案内をしております。

―特にどのようなお客様のご利用を想定されているのでしょうか?

特に戸数制限などはなく、1,000戸以上の会社様もいますが、メインは300戸以下のお客様になります。そういった会社様は紙やExcelで当座の運用をしていることが多いので、システム化を目的とした導入が多数を占めています。また、戸数は少ないですがハイスペックなシステムを利用していて、コストがかかるのに使っていない機能が多いから乗り換えたいというケースもありますね。

最近では、管理会社様だけでなく、仲介会社様や不動産投資会社様のあいだでも、管理部門を持とうという動きが急増しています。とはいえ管理のノウハウも無ければやり方もわからないという状況ですから、らくらく賃貸管理であれば安くて必要な機能が揃っているので導入したいと言っていただけるお客様も増えていますね。

―らくらく賃貸管理がこだわっているポイントを教えてください。

一番は画面が見やすくて使いやすいという点です。管理機能と一口に言っても、通常は物件ページや入出金管理のページが分かれていますので、慣れないと見づらく、使いづらいという問題があります。一方、らくらく賃貸管理はトップ画面で8割近くの業務を完結できるようになっています。

契約の詳細ページでは、家主も物件も契約も入出金も契約書の出力も、タブは移りますが一つの画面で全て処理できるようにしました。この点はシステム部門が一番尽力したところであると同時に、お客様から最もご評価いただいている点です。

このような構造にした理由としては、大手様の場合は入出金業務を別のチームに任せるなど部署が分かれていますので、個別に画面を分ける意義もあったのですが、300戸以下のお客様だと管理機能に触れる担当者様は1~2人の場合が多いんですよね。そうすると画面をまとめてスッキリさせた方が、業務効率が上がります。

―画面がシンプルだと導入後の運用もスムーズに進みますよね。

その通りです。らくらく賃貸管理の特長のひとつは、導入から使いはじめまでのスピードが圧倒的に早いところです。従来は機能が複雑で利用方法を説明する必要がありましたが、らくらく賃貸管理は簡単に操作できますので、導入支援がほとんどいりません。マニュアルを参照したり電話での問い合わせをいただけたりすれば、ほとんどの問題を解決できます。また、作りがシンプルだと慣れも早いので、担当の方が入れ替わっても手軽に覚えられるという点もご評価いただいています。

あとはテレワークなどのクラウド型ならではの活用ができるというのも大きいですね。また、Excelファイルならではの懸念を心配する必要がなくなって助かったというお声もいただいています。情報量が多いとExcelが重くなって動かなくなったり、シートを作成された方が退職されて修正方法などがわからなくなったりといったトラブルが生じますが、それに煩わされなくなったとのことです。

―新型コロナ禍で不動産業界の働き方も変わってきていますか?

業界団体のアンケートによれば企業の半数以上がテレワークを試しているようですが、紙や郵送の文化がまだ根強いので、仕事柄テレワークが難しいというのが実態です。根本の原因の一つはインストール型のソフトやExcelを中心とした運用、つまりクラウド化が進んでいないという環境にあると思います。らくらく賃貸管理が普及してクラウド環境が整備されれば、一部業務をテレワーク化したり、育児中の社員様の在宅勤務が可能になったりと、従来はできなかった働き方が徐々に実現していくはずです。

―導入の決め手になる点を教えてください。

先ほどの操作性・機能性以外ですと、やはりコスト面の安さです。いえらぶCLOUDも含めて、弊社のシステムはユーザー数が変動しても料金が変わらない体系になっていますので、全体的に費用が抑えられると思います。とはいえ、紙やExcelによる0円の管理から月額8000円~に切り替えるだけでも稟議承認が難しいというお客様もいらっしゃいますから、フルスペックでご使用いただける2週間のトライアルを実施しています。その期間中にサポートやご案内を細かくさせていただいてから本格的に導入していただくという流れが多いですね。

ちなみに紙やExcelの情報をデータベースに乗せ換えるときには、弊社でお手伝いもしています。具体的には、Excelで管理されてきた会社様の場合、弊社で取り込めるデータ形式がありますので、データの項目を並べ替えてもらって一気に流し込むといった対応をしています。

―サポート面にも注力されているのでしょうか?

もちろんです。サポートセンターには80名ほどの社員がいますが、さらに賃貸会社様専門のデスクを設置しています。また、弊社はサポートセンターを自社で運営していますので、朝の9:45から夜の19:00まで対応できます。少しでも時間を長くすることで、ご案内後に追加で疑問点がある場合にも対応できるわけです。定休日も日曜日のみなので、土曜祝日も対応可能というカバー範囲の広さも強みだと思います。

とはいえ、そもそも作りがシンプルですし、マニュアルを充実させたり適切な箇所にヘルプボタンを置いたりと、お問い合わせがなくても使っていただける工夫を最大限しています。なので、ご質問の量も少ないです。そうして空いた時間は、こちらからの積極的なサポートの時間に充てています。

―代表的な導入事例を教えてください。

ある会社様は紙やExcelでの管理から、らくらく賃貸管理に移行したところ、オーナー様を訪問したときに情報をその場で確認できるようになったことで信頼度が上がったとのことです。また、帳票作成や入出金管理にかかる時間が半減したという結果も出ています。項目を一個ずつ入力するのではなく、ボタンを押せばすべての項目が入った状態でダウンロードできますので、効率化が進んだり、ミスが減ったりした点が大きかったようです。

別のお客様の例ですと、入居者様やクレームの対応が多く、以前はメモで記録して対応していたそうです。当然、メモを紛失したり、判読できなかったり、過去の事例が参照できなかったりといった問題がありました。対してらくらく賃貸管理はデータがクラウド内に保存されますので、誰が今どんな対応をしているのか、過去にどういう対応をしているのかという履歴がすべて残ります。情報が集約されることで、社内の業務効率化と同時に、対応品質が上がったというお声をいただきました。

―最後に、今後、力を入れていきたいことを教えてください。

まだまだ紙やExcelで対応されている管理会社様が多い現状ですので、まずはらくらく賃貸管理の認知を広げて、システム化が簡単にできるということを知っていただきたいです。ひいてはそれが業界全体のIT化につながっていくと考えています。

また、導入企業様が増えるにつれて「こういった機能があった方がより便利だ」といった様々なご要望をいただきます。そうした現場の声に寄り添って、小規模な管理会社様がIT化を試したことによって生まれたニーズを丁寧に拾いながら、その他の様々な業務もIT化していけるように、らくらく賃貸管理+αの価値を提供できるツールを作っていきたいです。

その一例として、これまでに管理会社様向けにかなりの数のホームページを作成してきた実績がありますので、今後はそういったお悩みの解決に注力していくことも考えています。それによって管理会社様がもっとオーナー様や入居者様の対応に時間を割けるように、弊社が管理会社様のIT担当のような立ち位置になれれば幸いです。

 

 

料金

  • 月額料金:8,000円~

[Sプラン:登録可能物件数 100件まで、初期費用 50,000円(税別)、8,000円(税別)/月額][Mプラン:登録可能物件数 500件まで、初期費用 50,000円(税別)、10,000円(税別)/月額][Lプラン:登録可能物件数 1,000件まで、初期費用 50,000円(税別)、15,000円(税別)/月額][個別お見積り:登録可能物件数 1,001件以上、初期費用 50,000円(税別)、応相談/月額]

 

会社概要

会社名 株式会社いえらぶGROUP
代表者名 岩名 泰介
資本金 38,250,000円
所在地 〒163-0224 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル24階

 

CLOSE

資料ダウンロード (無料)

資料ダウンロード (無料)

こちらから「不動産業務支援サービス」の資料を一括でダウンロードできます。

一括資料ダウンロード (無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

このページの内容をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
TOPへ戻る

資料ダウンロードフォーム

1分で簡単登録。無料

入力フォームはこちら

登録済みの方はこちら

パスワード再発行

アスピックご利用のメールアドレスを入力ください。
パスワード再発行手続きのメールをお送りします。

アンケートにご回答ください。

サービスの導入検討状況を教えてください。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。利用規約とプライバシーポリシーに同意の上、ダウンロードいただきます。

ご回答ありがとうございました。

ご登録いただいているメールアドレスにダウンロードURLをお送りしています。ご確認ください。

CLOSE