ASPIC公式サービス【アスピック】

Cariot(キャリオット)|インタビュー掲載

Cariot(キャリオット)|インタビュー掲載

社用車、運送、建機など様々なクルマの車両管理を工事不要・取り付けカンタンに始めることができるサービスです。リアルタイムでの車両の位置情報把握、柔軟性の高い管理画面を活用し、車両に関連する業務効率化を実現します。

CLOSE

資料ダウンロード (無料)

資料ダウンロード (無料)

こちらから「車両運行管理システム」の資料を一括でダウンロードできます。

一括資料ダウンロード (無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

サービス概要

社用車、運送、建機など様々なクルマの車両管理を工事不要・取り付けカンタンに始めることができるサービスです。

「リアルタイムでの車両の位置情報把握」、「運行日報自動化」、「柔軟性の高い管理画面」など様々な機能により、車両に関連する業務効率化を実現します。

他、「稼働率の見える化」「車両位置情報の共有」などの機能で車両管理の課題解決をお手伝いします。

主なポイント

  • 運転状況を高精度で把握

車両の位置情報は3秒ごとにGPSから発信されるので、リアルタイムに位置情報を確認できます。これにより、車両の遅延時間の精度向上、目的地の変更追加指示をより的確なドライバーにできます。

  • 柔軟性の高い管理画面で走行を分析

クラウド上にUPされた走行データはSalesforceを使って分析が可能。多種多様な角度から様々なデータを収集・整理。それらをレポート化し分析活動にお使いいただけます。

  • 人手による業務を減らし、業務を効率化

運転日報の自動作成機能により、紙での運転日報の作成やデータ集計業務などの負担を減らします。

  • 車両データの一元管理を通じてコンプライアンスを強化

車両管理台帳をクラウド上で一元管理することで、車検や免許の期限切れ、長時間労働、車両不正利用などを検知して通知します。

  • 車両利用の無駄を発見してコスト削減につなげる

急加速など燃費の悪い運転の抑制につながるレポーティングや、車両の稼働率の可視化などで燃費の改善や車両の削減をお手伝いします。

  • 危険運転を見える化し事故を抑制

急加速、急減速、急ハンドル、速度超過などの危険運転を検知・数値化して、ドライバーへの個別指導に活かします。また、ドライブレコーダー型車載では、危険運転を検知すると動画が自動的にメールで転送されるので、リアルタイム性の高い安全運転指導が可能です。

  • 導入のしやすさ

複数種類から選べるデバイスはどれも工事不要。設置・取り扱いが簡単なため、一台からでも利用できます。お客様に十分ご活用いただけるよう、カスタマーサポートも伴走支援を行います。

 

事業者インタビュー

3カ月間の集中的な伴走支援で導入目的への到達を後押し

Cariotインタビュー

―Cariotとはどのようなサービスなのでしょうか?

Cariotとは、3G/LTEの通信端末搭載の車載器を通じて車両情報をクラウド上に集め、一元的にリアルタイムで車両管理を行うシステムです。収集した走行データをもとに、運転日報の自動作成、車両位置や到着予想時間の把握、車両管理台帳のペーパーレス化などが行えるようになります。

Cariotの導入企業は、車両台数が10台未満から1,000台規模まで、業種としてはメーカー、卸業、サービス業、運輸・物流やハイヤーといった旅客運送業など、幅広い企業にご利用いただいています。

―Cariotはどのような目的で導入されることが多いのでしょうか?

主には「危険運転の抑制」、「走行の効率化」、「日報作成の効率化」が挙げられます。

お客様から最も多く聞く声は危険運転を減らしたいことです。Cariotでは、急加速や速度超過などがデータ化されますので、それらデータをもとに運転指導をすると効果的です。さらに、ドライブレコーダー型の車載機の場合は、危険運転時に通知がメールで送信され、動画はクラウド上で確認できますので、リアルタイム性の高い安全運転の指導教材として利用できます。あるお客様では、無事故無違反が連続して30日も続かなかったのに、Carior導入後は100日以上も続いたという効果が出ています。

走行の効率化においては、走行位置や到着予想時間などの把握により、効率的な配車・配送ができるようになります。これにより、物流のみだけではなく、営業車両やサービス業など、人・モノを運んでいる企業様には、相当な効果が見込めます。最近では人手不足によりドライバーの確保が難しくなってきていますので、ますます効率的な走行が求められています。

運転日報は、新人・ベテランを問わず、全てのドライバーにとって作成負担があり、走行箇所が多いドライバーほど、何時にどこを走行したのか記録しておかねばならず、負担になっていました。それが、Cariotでは走行履歴が自動記録されるので運転日報も自動で作成されるようになります。

―Cariotの特長を教えていただけないでしょうか?

一つ目は、リアルタイム性の高さです。

Cariotでは、3秒に1回の間隔で位置情報をクラウドに送信するため、ほぼリアルタイムで走行位置を把握できます。一口にGPSによる位置情報確認といってもサービスによっては1分に1回の間隔で把握することもありますので、そのようなサービスと比べると現在地や走行ルートが正確にわかります。

二つ目は、クラウド型顧客管理システムのSalesforceと連携している点です。

どのドライバーの車両が、何時にどこを訪問したのか、Salesforceの管理画面上で確認できます。その際、マップ上に登録した全ての車両が同時に表示されますので、地図を見ながら、今日はどの訪問先をどのようなルートで回っているのか、訪問先には予定通り到着できそうかなどが把握できるようになります。

また、Salesforceはダッシュボードと呼ばれるデータの分析や可視化の機能が豊富に備わっているため、標準の分析テンプレートを利用するだけでなく、自社に合った項目での分析やグラフ表示も自由に行えます。これで業務効率化がさらに大きく進められます。

三つ目は、取引先などにも車両の位置情報を共有できる点です。

CariotのDriveCastと呼ばれる機能では、パソコン画面上にある車両の位置情報をURLとして相手に共有できます。共有された相手がWeb上のマップを確認すると、車両がどこを走行しているかリアルタイムで把握できますので、車両が何時頃に到着しそうか、予定時間までに到着できるかなどがわかります。

例えば、とある機器メンテナンス会社様の場合、機器の修理を依頼した顧客が修理の車両の到着を、首を長くして待っているケースがありますので、その際にURLを共有しておけば顧客の安心につながります。

四つ目は、目的地付近に車両が到達したら管理者にアラートで通知できる点です。

例えば、一日に何か所も訪問しなければならない場合、時間内に回り切れるか、回り切れない場合は別車両を用いた代替走行が必要かなどの判断が必要になります。Cariotのジオフェンスという機能では、目的地から半径何km以内に来たら管理者にメールアラートでお知らせしますので、予定通りの走行で間に合いそうなのか、それとも遅延のため取引先への連絡や空いている車両での代替走行が必要かなどの判断ができるようになります。

―定刻までの到着が求められるケースでは特に有用ですね。

ある製造業のお客様では、定刻までの工場への部品到着が重要であり、その管理のためにこれまでは運送会社に都度電話して状況を聞いていて、大きな負担となっていました。Cariot導入後は、地図やアラートで状況が確認できるようになり、電話での管理が不要になりました。

また別の例として、ある産業廃棄物処理のお客様では、廃棄物引き取りの要請を受けると、早急に回収する必要があるのですが、その付近を走行している車両を把握できずに効率的な指示が出せないという問題がありました。そのため、何人もの社員に連絡して現場へ向かう人間を割り出すなど、走行の効率が良くないばかりか、残業時間の発生の要因ともなっていました。Cariot導入後は、引き取り場所の近くを走行している車両を見つけて、そのドライバーにピンポイントで依頼できるようになりましたので、走行の効率が高まったことに加えて、残業時間の抑制にもつながりました。

―多くのお客様は上手くCariotを活用されているのでしょうか?

お客様には、Cariotで導入目的を実現していただくことが大事だと考えており、そのために、弊社のカスタマーサクセス・チームが伴走支援を行います。具体的には、3カ月間を重点支援期間ととらえて、まず初月にお客様とミーティングを行い、Cariot導入で実現したいこと、目標の達成水準やそのためのアクションを定めます。導入2カ月目は定めたアクションをもとにCariotを活用いただき、3カ月目に振り返りのミーティングを行い、目標の達成状況の確認や、今後さらに活用するための改善策の検討などを行います。そのようにして、Cariotの導入目的が達成されるように支援していきます。

―今後はどのようにCariotを発展させていくのでしょうか?

Cariotでは「クルマとヒトをなめらかにつなぐ」をコンセプトにしており、これまでDriveCastやジオフェンスなどの機能強化に取り組んできました。それでもまだまだ危険運転の抑制や業務効率化の余地はあると考えていますので、今後はスマートフォンアプリのさらなる活用を含めて機能開発を進めていきたいと考えます。

 

料金

  • 月額料金(車載デバイス):シガーGPS 1,200円/台、OBD2 1,200円/台、ドライブレコーダー 2,760円/台~
  • 月額費用(ライセンス料):車両ライセンス 2,980円/台+管理者ライセンス 2,000円/人

車載デバイスはレンタルの場合の価格であり、別プランで購入することも可能です。
価格は税別です。

 

会社概要

会社名 株式会社フレクト
代表者名 黒川 幸治
資本金 301,181,689円
所在地 〒104-0031 東京都 中央区 京橋 2-13-10 京橋MIDビル 2F

 

CLOSE

資料ダウンロード (無料)

資料ダウンロード (無料)

こちらから「車両運行管理システム」の資料を一括でダウンロードできます。

一括資料ダウンロード (無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

このページの内容をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
TOPへ戻る

ログイン

新規会員登録

会員登録をお願いします(1分で簡単登録。無料)

新規会員登録はこちら

パスワード再発行

アスピックご利用のメールアドレスを入力ください。
パスワード再発行手続きのメールをお送りします。

アンケートにご回答ください。

サービスの導入検討状況を教えてください。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。利用規約とプライバシーポリシーに同意の上、ダウンロードいただきます。

ご回答ありがとうとございます。

ご登録いただいているメールアドレスにダウンロードURLをお送りしています。ご確認ください。

CLOSE