ASPIC公式サービス【アスピック】

Cariot(キャリオット)|インタビュー掲載

Cariot(キャリオット)|インタビュー掲載

リアルタイム情報活用と管理業務のデジタル化を一つのシステムで実現できるサービスです。車の「今どこ?」「いつ着く?」の電話のやり取りを大幅削減にでき、急な依頼にも、延着・早着にもすぐに対応。取得したデータを「安全運転指導」や「日報作成・管理の手間の軽減」にもご活用いただけます。

CLOSE

資料ダウンロード (無料)

資料ダウンロード (無料)

こちらから「車両管理システム」の資料を一括でダウンロードできます。

一括資料ダウンロード (無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

サービス概要

リアルタイム情報活用と管理業務のデジタル化を一つのシステムで実現できるサービスです。

車の「今どこ?」「いつ着く?」の電話のやり取りを大幅に削減でき、急な依頼にも、延着・早着にもすぐに対応することができます。

また、取得したデータを、「安全運転指導」や「日報作成・管理の手間の軽減」にもご活用いただけます。

主なポイント

  • 急な依頼にもすぐに対応できる

お客様からの予定外の集荷依頼、対応依頼。そんな時に「対応できる車はどこにいるか?」が画面上すぐに確認できます。いつ駆け付けられるかも画面上で確認可能なので、お待たせすることなくお客様に対応でき、売上、顧客満足のアップにもつながります。

  • 「いつ着くか」がわかることで、準備が進む、フォローができる

定期的な配送、決まったルートであっても、交通状況などは日々変わるもの。
到着を待つお客様は常に「いつ着く?」を気にしています。車の位置情報・到着予定時刻を、管理者だけでなくお客様、外出中の社員にも共有できるので、問い合わせを減らせます。

  • データを基に、危険を察知、社員を守る

安全運転を心がけて欲しいが、実態がなかなか把握できない。万が一の事故を防ぐためにも、日々の運転から危険挙動を検知し、ドライバーとの対話が必要です。きちんとしたデータを元に、改善に向け話し合い、安全運転意識を高めます。

  • 日報作成や労務管理を効率化する

取得したデータの活用で日報作成ができるため、作成時間が大幅に短縮。
また、日報自体もデジタル化されているので、勤務時間・走行距離などの集計業務の手間も軽減できます。

  • 台帳管理をデジタル化し、ミスなく、無駄なく

車両管理台帳が紙のままだと、車検切れ、リースアップ、保険の更新など、管理の手間が非常にかかってしまいます。また、紙の台帳が事務所にあるので、台帳の作業をするために、出社しないといけないことに。台帳をデジタル化することで、それらの課題に対応できます。

 

インタビュー

IoTで車両のリアルタイム位置情報を共有すると、業務の効率化・人件費の削減だけでなく、「顧客満足度の向上」にもつながります

Cariot インタビュー写真

お話を伺った方:株式会社フレクト Cariot事業部 マーケティング部 部長 村上 正大様

—Cariotはどのようなシステムでしょうか?

配送などを行う車両の位置情報をリアルタイムに共有することで、「今どこ?」「いつ着く?」といった問い合わせを大幅に削減できる、クラウド型の車両管理業務最適化システムです。

もともと弊社ではクラウドサービスの受託開発をメイン事業に取り組んでいたのですが、その中で「車の管理を中心とした業務を改善したい」という希望を多くいただくようになりました。たとえば、資産としての車両の管理、労務面での日報管理、安全運転管理などの業務を、IoT技術を使ってもっと効率化できないかというものです。そこで、それまでの受託開発で培った技術力を活かして、自社のSaaSサービスとしてお客様に提供できないかと考えた結果、生み出されたのがCariotです。

2016年4月に事業部が立ちあがり、5月にプロダクトをリリース。その後は2017年からの3年間で社数ベース7倍というスピードで多くのお客様にご利用いただいています。

—開発時に、こだわった部分があれば教えてください。

Cariotはサービス名が「Car」と「IoT」を合わせた造語になっていることからおわかりの通り、「IoTを用いて車両を管理する」という点にこだわっています。開発にあたっては「サービス品質のなめらかさ」にこだわりました。目指したのは、車両の位置情報を管理者がリアルタイムで確認できること(DriveCast機能)によって、上記したような業務が「なめらかに連関する世界観」です。

たとえば、よく問題視されることの一つに、荷物の到着を待っているお客様の「今どこ?」「いつ着く?」という問い合わせにどう答えるかという問題があります。この場合、ベストな方法はお客様がドライバーに直接問い合わせることです。しかし、実際にはなかなか難しく、通常はお客様から担当営業、担当営業からオペレーターを経由してドライバーに確認するという流れになります。ドライバーが運転中で電話に出られない場合は、更に時間や手間が掛かってしまいます。

その点、Cariotを利用すれば、担当営業がオペレーターに一本電話するだけで即座に位置情報を確認できるため、お客様を待たせずに済みます。その他、車両の位置情報を外部にシェアする機能を用いれば、お客様は問い合わせる必要すらなく、車両の位置情報を把握できるようになります。この機能はURLを送るだけで実現でき、お客様はCariotと契約を結んでいる必要はありません。

このように位置情報など車両に関する情報を「簡単にシェアできる」という部分がCariotの優位性・独自性であり、弊社の技術力故の特長になっています。

—導入企業には、どのような業種・企業規模が多いでしょうか?

代表的な業種としては、運輸業、廃棄物処理業、リフォーム内装工事、自動車部品用品卸、倉庫業・3PL、警備セキュリティサービス、医薬品卸、医薬品医薬部外品を扱う企業様の8種が挙げられます。

企業規模については、「今どこ?」「いつ着く?」という問い合わせ応対に課題を感じている企業様に規模を問わず、広く活用いただいています。

—Cariotの導入効果としては具体的に何が見込めるのでしょうか。

車両の位置情報を確認するための電話リレーの数や工数が減ることで、業務の効率化や人件費の削減につながります。また、Cariotは事前に配送計画に沿った次拠点への到着予定時間も表示することができますが、配送の遅延を検知すると、以降の配送先に対して「遅れそうです」という通知メールを自動で送ることもできます。

予定時刻に遅れることは決して良いことではありませんが、少なくともお客様が「いつ来るのか?」「本当に来るのか?」と不安に感じることはなくなります。それに、遅延情報を早期に受け取れば別の対策も取れるようになるため、結果としてお客様の満足度向上にもつながります。

実際、ある小売店に対して納品を請け負っている運送事業者様の事例では、Cariotが遅延発生を自動で検知し、配送先へスムーズに連絡したことで、通常であれば人手で行う遅延連絡や問い合わせの際の工数を大幅に削減することができました。人件費に換算すると年に「約216万円のコスト削減につながった」という結果が出ています。

—運送以外でも使われているとのことですが、どのような使われ方をしているのか、導入事例を教えていただけないでしょうか。

たとえば、ジャストインタイム方式を採用している企業様では、在庫を工場に置いていないため、「部品を納品するトラックが現在どこにいて、いつ到着するのか」をいち早く把握することが課題になっていました。納品が遅れる場合でも、どの部品を運んでいる車が遅れるのかを把握できれば、生産工程と照らしあわせてラインを止める必要があるかどうかを判断できます。しかし、実際は遅延時の情報伝達にどうしても時間が掛かってしまうという問題がありました。

そこでCariotを導入したところ、事故による通行止めや自然災害などの不測の事態が発生した時でも多数の車両の位置をリアルタイムで把握できるようになり、問題が解消しました。位置情報を把握する際には端末にアプリケーションを入れるパターンと専用デバイスを車に挿すパターンの2種類がありますが、後者の場合はドライバーによる操作が一切不要になるため、その手軽さもご評価いただけました。結果として品質向上につながったとのことです。

また、警備会社様の事例では、定期巡回業務や鍵の開閉業務にCariotをご活用いただいています。緊急で現場に直行するとき、これまではどの車両がどこにいるのかがわからなかったため、担当者ごとに管轄しているエリアから判断して勘で連絡を取りあっていました。そこでCariotを導入したところ、車両の位置がリアルタイムで把握できるようになり、人員把握が容易になりました。鍵の開閉に不具合が生じて鍵を届けてもらう必要が生じた際にも「あと何分で鍵が到着するのか」といった具体的な時間を共有できるようになったことで、顧客満足度の向上につながったと聞いています。

—機能改善やアップデートも行っているのでしょうか?

もちろんです。2021年9月には「DriveCast Search」を新機能としてリリースしました。これは現在位置や到着予測時間を表示したい車両・貨物を検索キーワードに応じて自動で切り替えて地図上に表示できる機能です。また、従来のDriveCastでは情報を共有したい車両ごとにURLを発行する必要がありましたが、この新機能によって複数の車両の位置情報を1つのURLに集約して共有できるようになりました。このような大小様々なアップデートを毎月行っております。

その他、これまでは目的地への到着予測時間はあらかじめ設定したルートをもとに計算されていたため、当日の急配依頼や予定外の訪問に弱い面がありましたが、現在は複数のルート検索結果にあわせて到着予想時間を出せるようになっています。急配依頼に対しても管理画面上でルート検索し、到着時間を素早く表示できるようになったことで、お客様のより多様なニーズに合わせた対応が可能になりました。

—今後、注力していきたいことについて教えてください。

Cariotは「クルマがつながる、シゴトが変わる」というミッションを掲げています。今後も車をIoTと繋げていくことで、車両に関する業務のあり方そのものを変えていきたいと考えています。そのためにも、先述したDriveCast Searchのように、弊社独自の機能の拡充・改善に努めていきます。

こちらのインタビューは2022年1月に公開しており、記載されている情報が異なる場合がございます。

 

料金

  • デバイス(シガーデバイスとドライブレコーダー)とスマートフォンアプリの3パッケージございます。
  • 詳しくはお問い合わせください。

 

会社概要

会社名 株式会社フレクト
代表者名 黒川 幸治
資本金 301,181,689円
所在地 100-0011 東京都千代田区内幸町1丁目1−6 NTT日比谷ビル 4

 

CLOSE

資料ダウンロード (無料)

資料ダウンロード (無料)

こちらから「車両管理システム」の資料を一括でダウンロードできます。

一括資料ダウンロード (無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

このページの内容をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
TOPへ戻る

資料ダウンロードフォーム

1分で簡単登録。無料

入力フォームはこちら

登録済みの方はこちら

パスワード再発行

アスピックご利用のメールアドレスを入力ください。
パスワード再発行手続きのメールをお送りします。

アンケートにご回答ください。

サービスの導入検討状況を教えてください。

  • 資料請求後に、当該資料に含まれる「サービス提供会社」や弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
  • ご案内のため、アスピックにご登録いただいた会員情報を弊社より「サービス提供会社」に対して電子データにて提供いたします。
  • 利用規約とプライバシーポリシーに同意の上、ダウンロードいただきます。

ご回答ありがとうございました。

ご登録いただいているメールアドレスにダウンロードURLをお送りしています。ご確認ください。

CLOSE