ASPIC公式サービス【アスピック】

  • TOP
  • 特集記事
  • GPS運行管理システム14選!主要機能や費用の目安は?

GPS運行管理システム14選!主要機能や費用の目安は?

GPS運行管理システム14選!主要機能や費用の目安は?

最終更新日:2024-05-27

社用車の位置情報や運行ルートなどをリアルタイムで把握することで、経費削減や業務効率化を図りたい方へ。GPS搭載の運行管理システムの機能や導入メリット、費用感とともに、おすすめのサービスをご紹介します。

目次

GPS搭載の運行管理システムとは?

GPS搭載の運行管理システムとは、社用車に搭載したGPS付きの機器やドライバーのスマホからリアルタイムで位置情報や運行状況のデータを収集し、PCなどで情報を確認できるシステムです。

オフィスなどの遠隔地から、GPS情報を基に発着時間や走行速度などを管理可能。システムの多くが月額制のクラウドサービスであり、機器の設置が簡単で、大規模な工事や初期投資が不要なため、気軽に導入できます。

この記事では、大型トラックなどに設置を義務付けられているデジタルタコグラフではなく、営業車や小型配送車、社用車などを対象にしたGPS搭載の運行管理システムの機能やサービスをご紹介します。

運行管理システムをお探しの方は、こちらからサービス紹介資料をダウンロードいただけます。

運行管理システムの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

 

GPS搭載の運行管理システムの主な機能

GPS搭載の運行管理システムの機能は、車両位置や運行ルートのデータ取得に限りません。代表的な6つの機能について、具体的にご紹介します。

1.GPSによる「いまどこにいるか」の把握機能

目的地へ到着時間厳守で運行しようとする場合、車両の走行位置の把握が有効です。GPS付の運行管理システムがあれば、走行位置からでは時間通りに到着できそうにない場合、配送順を変更したり、取引先に遅延する旨をあらかじめ伝えたり、といった対応が可能になります。

地図上で走行位置を把握できるため、「渋滞で遅延する可能性が高そう」「何もないところで停車しているので事故かもしれない」など、状況を踏まえて対応できるようになります。

2.急ブレーキや危険運転の把握・データ分析機能

営業車など社用車を運転する際、同じ車を複数人で運転することになります。人によって差が出る運転技術を明確にするためには、データの可視化が不可欠であり、急ブレーキなどの把握・分析機能が役立ちます。

位置の特定だけでなく速度情報も取得できるGPSが、急ブレーキ・急発進・急加速などの情報を記録。中には危険の把握だけでなく、データをもとに「ヒヤリハットマップ」を自動作成してくれる運行管理システムもあります。マップを活用することで、危険区域を迂回したり、注意喚起したりできます。

また、急ブレーキなどのデータからドライバーの運転傾向をつかみ、「運転成績表」や「安全運転ランキング」なども自動作成可能。ドライバーのモチベーションアップにつながるほか、危険運転をするドライバーへの安全運転指導に活かせます。

3.危険運転検知機能

基準値以上の数値が検出された場合は画面上にアラートを表示したり、管理者へアラートメールを送信したりできます。オフィスにいながら、リアルタイムで従業員の危険運転を察知可能です。

ドライブレコーダー型のGPS搭載運行管理システムなら、危険運転の映像を自動保存。万が一の場合の事故内容の把握にも役立ちます。

4.運行日報自動作成機能

その日に運行した場所を自動記録することで、日報作成にかかる時間と手間が省けます。間接業務の効率化によって本来の業務に時間を充てられるため、やりがいやモチベーションの向上、働き方改革につながります。

5.到着予想時間共有機能

設定した運行ルートをもとに到着時間を予想し、関係者と共有できます。顧客や訪問先に共有すれば信頼感と利便性が向上。URLを渡せば、地図上での走行位置も把握できるため、訪問先から管理者への問い合わせも削減できます。

6.車両予約機能

乗車する車両をシステム上で予約することで、車両管理の効率化が可能。予約状況が可視化されるため余剰車両が把握でき、適正な台数に調整することでコスト削減の一助になります。

 

社用車にGPS搭載の運行管理システムを導入するメリット

続いては、社用車にGPSを搭載した運行管理システムを導入するメリットについてです。大きく分けると「安全性向上」「コスト削減」「従業員満足度向上」の3つが挙げられます。

【安全性向上】事故削減と安全運転の徹底

従来は、日報や録画データなどから察知するしかなかったドライバーの危険運転やヒヤリハットを、具体的な数値で検知できるように。AIがリアルタイムでアラートし、注意喚起すれば事故防止にもつながります。また、個々のドライバーの運転傾向を分析してくれるシステムを利用すれば、その後の安全運転指導も迅速・的確に行えます。

【コスト削減】車両代・維持費などのムダを削減

車両コストとして挙げられる「車両代」「ガソリン代」「保険料」「残業代」の4つのコストすべてを、GPS搭載の運行管理システムの導入によって削減可能です。

たとえば、車両予約機能を活用して、保有車両台数を見直せば、「過剰な台数を減らす→ガソリン代などの維持費が減る→保険料が削減される」といった効果が期待できます。上記の安全運転が徹底されれば、更なる保険料の削減も見込めます。また、日報作成機能により帰社後の日報作成が自動化されることで残業代も低減可能です。

もちろん、車両代の削減は元々多く保有していた場合に限られ、保険料の見直しもすぐには難しい場合もあるため、システム導入によって即座にコスト削減の成果が出るわけではありません。しかし、GPS搭載の運行管理システムの導入が契機となり、コスト削減の見通しが立てやすくなる可能性は高いでしょう。

【従業員満足度向上】安心感や信頼感の醸成

GPS搭載の運行管理システムの導入により「ドライバーがどこにいるか」を管理者が把握できるようになります。見張られていると感じる場合もあるため、「位置情報の把握は運行効率化のため」「万一の事故の際に、状況把握を迅速化するため」「日報作成の労力を省くため」といった説明をし、従業員の理解のもと導入することが大切です。

きちんとした理解を得れば、「事故発生時も居場所を確認する必要がなく、対応がとりしやすい」「緊急時に、近くの従業員を応援に行かせやすい」などメリットに感じてもらえる部分も多いはずです。また、安全運転成績を安全運転の具体的な評価指標として利用することで、モチベーションアップにもつながる可能性もあります。

 

GPS搭載の運行管理システムの費用感

導入費用の内訳は、主に「車載器代金」「初期費用」「月額利用料金」です。

車載器代金

車載器は、購入とレンタルの2パターンです。OBD-Ⅱポート型、シガーソケット型、ドライブレコーダー型、カーナビ型など様々なタイプがあり、それぞれ料金も異なります。たとえばOBD-Ⅱポート型を購入する場合の相場は一台あたり30,000~40,000円程度。レンタルの場合は1カ月あたり3,000円程度が相場といえます。

車載器ではなくスマホアプリを利用するタイプもあります。使用期間が短い場合や、よりリーズナブルなシステムを求める場合は、車載器の有無もチェックするといいでしょう。

たとえば、「KITARO」や「mineoセーフティドライブサービス」は、購入・レンタル、いずれの場合も車載器の代金は初期費用に含まれています。

初期費用

車載器レンタルや、スマホアプリタイプのシステムの場合、初期費用が不要のケースが多くあります。

車載器購入の場合には、初期費用としてデバイスの費用や取付工事費などがかかるのが一般的です。その他、SDカードをはじめ消耗品の購入費用や、オプション費用などがかかる場合もあります。

たとえば、「KITARO」は、車載器レンタルの場合は初期費用がかからず、購入の場合は31,200円/台。「mineoセーフティドライブサービス」は、車載器レンタルの場合は3,000円/台、購入の場合は35,000円/台となっています。

スマホアプリタイプの「ODIN動態管理」や「KIBACO」などは、初期費用不要です。

月額利用料金

車載器タイプの相場は一台あたり月額1,500~3,000円程度で、そのほかに別途管理者の利用料が必要なケースもあります。スマホアプリタイプの場合は1,000円程度から利用できます。

たとえば、「KITARO」は、車載器レンタルの場合は3,360円/台、購入の場合は1,980円/台。

「mineoセーフティドライブサービス」は、車載器レンタルの場合は3,000円/台、購入の場合は1,500円/台となっています。

スマホアプリタイプの「ODIN動態管理」は、1ユーザーにつき1,200円。「KIBACO」は管理者機能のみを備えた基本プランなら無料。基本プランに運転者機能を付加したオプションプランは、1ユーザーにつき500円となっています。

 

おすすめのGPS搭載の運行管理システム

基本的な機能が一通りそろったGPS搭載の運行管理システムから、導入しやすいおすすめのサービスをピックアップしました。

運行管理システムの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

Cariot(キャリオット)(株式会社フレクト)

Cariot公式Webサイト

(出所:Cariot公式Webサイト)

GPSで3秒に1度位置情報を発信し、リアルタイムに位置情報を把握できる車両​動態管理システム。
計画に対して遅延が予測された段階で、事前に設定した相手先にメールで通知。URLを共有すれば、ログイン不要でPCやスマホからすぐに位置情報や到着予測時刻の確認ができる。
運転時間や走行距離、滞在場所などの多様なデータを自動で記録・集計でき、蓄積したデータの活用により、運転日報作成の手間を大幅に削減可能。
急加速・急減速・急ハンドル・速度超過などの危険運転を検知でき、直ちに指導できるため、事故防止に役立つ。アルコールチェック結果をスマホで簡単に登録できるのも便利。

  • 料金:要問い合わせ

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら(インタビューあり)

LINKEETH(NTTコミュニケーションズ株式会社)

LINKEETH_公式Webサイト

(出所:LINKEETH公式Webサイト)

シリーズ導入実績10万台、導入企業3,000社超。事故削減・業務効率化・コスト削減・コンプライアンス遵守など、車両管理業務に付随する様々な課題を総合的に支援するクラウドサービス。
AI搭載の通信型ドライブレコーダーにより、あおり運転・ながら運転・居眠り運転などを防ぐ安全運転支援システムと、動態管理システムを一体化させている。
運転診断結果は、管理画面・ドライバーアプリから確認でき、運転改善・指導に役立つ。同社のアルコールチェックサービスと連携も可能。ドライブレコーダーで取得した走行履歴や運転診断データと、アルコールチェック実施の有無を紐づけて一元管理できる。

  • 料金:月額 1,800円/台~ ※詳細は要問い合わせ

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

Loogia(ルージア)(株式会社オプティマインド)

Loogia公式Webサイト

(出所:Loogia公式Webサイト)

高精度な配車計画・配送ルートを簡単に作成できる、「自動配車クラウド」。全国数十万台の走行車両から収集したビッグデータを自社開発のアルゴリズムによって解析することで、より配送現場に即したルート作成が可能に。更に、配送時間指定、Uターン禁止、一方通行、有料道路の選択など、現場ならではの細かな条件・制約を加味することで、実際に現場で使える配車・配送計画を作成できる。
配送計画は最新のAI技術を用いてクラウド上で算出のうえ、最適なルートをドライバーのスマホなどのデバイスに送信。配車計画・配送ルートの最適化により、車両台数と人件費の削減もできる。

  • 料金:月額20万円〜、初期費用15万円

※最低契約期間3カ月、その後1カ月単位

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら(インタビューあり)

KITARO(株式会社アクシス)

KITARO公式Webサイト

(出所:KITARO公式Webサイト)

車両の状態を24時間見える化できる、リアルタイム運行管理システム。幅広い業種・規模を問わず幅広く導入されている。
Googleマップ上で位置情報・走行履歴がわかるため、走行指示やルート変更、到着時間予測が迅速・柔軟に行える。当日の運行履歴や日報のひな形が自動作成されるので、日報作成を効率化できる。
急発進、急ブレーキなどの安全評価、アクセル操作やアイドリングといったエコドライブ評価でドライバーの運転成績をランク付けすれば、ドライバーの安全指導や評価ツールとしても活用可能。英語表記にも対応しており、操作が容易なため、多国籍の従業員が多い現場で重宝されている事例も。

  • 料金:月額3,360円/台、初期費用なし(アダプタ・レンタルプランの場合)
    ※最低契約期間2年

詳細はこちら

DRIVE CHART(GO株式会社)

DRIVE CHART公式Webサイト

(出所:DRIVE CHART公式Webサイト)

事故防止・安全運転指導に強みを持つAIドラレコサービス。AIドラレコが常に運転を解析し、事故の要因となりうる脇見運転や一時不停止など、様々なリスク運転行動を自動検知。警報の発報により、リアルタイムでドライバーに危険運転を認識させ事故・違反発生を防ぐ。
運転のクセを個人ごとに見える化した運転傾向のレポートを、管理者・ドライバーに定期的に配信することで、安全運転の意識付けや運転行動の改善に寄与。
ドラレコに記録された動画の「遠隔取得機能」、地図上で走行ルートを確認できる「走行軌跡表示」、ドライバー別の「日報・月報自動作成機能」など、運行管理者向けの機能も充実している。

  • 料金:要問い合わせ(購入プランとレンタルプランあり)

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら(インタビューあり)

AORINO Biz(スマートモバイルコミュニケーションズ株式会社)

AORINO Biz 公式Webサイト

(出所:AORINO Biz公式Webサイト)

GPS機能を搭載した法人向けAIドライブレコーダー。管理者はWeb上の管理者画面から、車両の現在位置・走行履歴をいつでも確認可能。また、車両を停止した箇所をマップのルート上のピンで表示できるため、「どこで何をしているのか」も一目瞭然。移動時間の短縮による訪問件数アップや従業員のサボり抑止効果が期待できる。
そのほか、ドライバーの脇見や急ハンドルなどの危険運転をAIが検知し、アラートにより注意喚起する機能や、1回の走行ごとに運転を評価・分析し、安全運転教育の指標に役立てられる「あんしん運転通信簿」など、企業の安全運転推進をサポートする機能も充実。

  • 料金:月額1,500円〜

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

ビークルアシスト(パイオニア株式会社)

ビークルアシスト公式Webサイト

(出所: ビークルアシスト公式Webサイト)

通信型ドライブレコーダーやカーナビなどの活用により、事故削減や管理・運行業務の効率化を支援する、クラウド型運行管理システム。緑ナンバーだけでなく、白ナンバーでの利用実績も多い。
あおり運転や居眠りなどをAIが察知すると、ドライバーに音声・アラームで警告し、管理者にメールを自動送信。管理者は前後20秒間の映像を管理画面から閲覧・確認でき、事故防止のほか、安全運転指導の効率化や安全意識向上に効果を発揮する。
カーナビ開発の実績のもと、GPS機能に関しても強みを持ち、リアルタイムでの各車両の位置情報やステータス情報を把握可能。運行後には走行ログ・安全運転スコア・アルコールチェックの結果と合わせて日報も自動作成できる。

  • 料金:月額980円~(端末購入プラン) ※そのほか、端末レンタルプランやリースプランあり

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら(インタビューあり)

モバロケ(モバイルクリエイト株式会社)

モバロケ公式Webサイト

(出所:モバロケ公式Webサイト)

業務用無線IPシステム「iMESH」の標準機能として使えるクラウド型動態管理システム。インターネット環境さえあれば、出先や現場でも各デバイスの位置情報などを手軽に管理できるのがメリット。
車両の走行位置を地図上で全台把握できるほか、車両の走行方向や速度なども表示されるので、一目で走行が順調かを確認できる。走行時間や速度などの履歴情報から、ルートの見直しや、安全運転指導なども行える。
また、車両に対してリアルタイムに指示も可能。車載端末が管理者からのメッセージを受信すると、テンキーマイクや連動ナビを通じて音や画面で通知。運転中の急な指示も確実に伝えられる。

  • 料金:要問い合わせ

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

TCloud for SCM(都築電気株式会社)

TCloud for SCM公式Webサイト

(出所:TCloud for SCM公式Webサイト)

スマホを用いて運行状況を管理できるサービス。アプリタイプのため、専用の機器を設置することなく、ドライバーの位置情報や車両状況がリアルタイムに把握できる。到着時刻予想やルート表示機能により運送の効率化を図れるほか、メッセージ機能によって遅延・トラブル発生時の状況共有やルート変更などの指示が可能。緊急の際は近くの車両を応援に向かわせるなどの柔軟な対応ができる。
そのほか、庫内温度管理や積載物量取込・検品、納品先への配送状況公開など、スマホの拡張性を活かした多彩な機能がそろう。

  • 料金:月額1,250円/台~(アプリのみの場合)、初期費用なし

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

ODIN動態管理(株式会社オンラインコンサルタント)

ODIN動態管理公式Webサイト

(出所:ODIN動態管理公式Webサイト)

中小の配送業を中心に、フードデリバリー、卸売業など3,000社の導入実績を持つ。車両専用の機械・ソフトなどは不要で、スマートウォッチやスマホアプリのGPSを利用するため、監視・管理されている感が少なく、ドライバーが抵抗なく受け入れられる点がメリット。
ドライバーの行動をリアルタイムに把握でき、記録は1年間保存可能。限定のクライアントに一部ドライバーの位置情報を公開する機能により、到着予想が容易になり、顧客満足度の向上に寄与。スマートウォッチを利用し、複数の宛先に地図付きのメッセージを一斉送信する「メッセージング機能」は、「目的地へのナビゲート」「急な配送先を目的地から近いドライバーに伝える」といった状況下で役立つ。配送先の管理・分類・分析・CSVアップロードや、日報作成にも対応。
配送計画が一体化した「ODINリアルタイム配送システム」も提供している。

  • 料金:月額1,200円/ユーザー、初期費用なし

詳細はこちら

ビジネスナビタイム動態管理ソリューション(株式会社ナビタイムジャパン)

ビジネスナビタイム動態管理ソリューション公式Webサイト

(出所:ビジネスナビタイム動態管理ソリューション公式Webサイト)

配車計画から動態管理、リアルタイムの交通情報、カーナビゲーション、作業実績まで、移動の最適化に特化したスマホアプリタイプのクラウド型動態管理システム。
道路交通情報通信システム(VICS)とナビタイム独自の交通情報をもとに解析した精度の高い渋滞予測、カーナビアプリで培ったルート検索技術により、効率的なルートと正確な到着予想時刻の把握が可能。
管理機能として、ドラッグ&ドロップでの直感的に使える「配車計画機能」、1カ所以上の訪問先に指定した到着希望時間をもとに、そのほかすべて訪問先に対してルートや最適化した配車計画を算出できる機能などを搭載。
日報作成機能、作業状況のステータス自動更新機能など、ドライバーの業務を効率化する機能もそろっている。

  • 料金:要問い合わせ

詳細はこちら

mineoセーフティドライブサ-ビス(株式会社オプテージ)

mineoセーフティドライブサ-ビス公式Webサイト

(出所:mineoセーフティドライブサ-ビス公式Webサイト)

mineo(マイネオ)の回線を利用した、OBDⅡポート型のGPS搭載の運行管理システム。車載器は1分で取り付け可能で、簡単に導入できるのがメリット。
GPSによる車両所在確認のほか、急ブレーキや速度超過などの危険運転アラートのメール通知、車両稼働管理、蓄積した運行情報に基づくヒヤリハットマップの作成、運行時日報の自動作成や、運転者ごとの運転特性分析機能など、車両管理の効率化と事故削減のための多彩な機能を備えている。
車載器は買い取りとレンタルのどちらにも対応。導入することで、大幅な燃料代の削減が見込める。

  • 料金:月額1,500円/台、初期費用35,000円/台(デバイス買い取り)、
  • 月額3,000円/台、初期費用3,000円/台(デバイスレンタル)
    ※最低契約期間12カ月

詳細はこちら

SmartDrive Fleet(株式会社スマートドライブ)

SmartDrive Fleet公式Webサイト

(出所:SmartDrive Fleet公式Webサイト)

リアルタイムでの動態管理ができるGPS搭載運行管理システム。挿すだけで使える「シガーソケット型デバイス」、動画とセットで記録できる「ドライブレコーダー」、他社製デバイスなどに広く対応。
現場の課題解決に不可欠な機能を厳選し、日々アップデートしているのが強み。リアルタイム位置情報機能や、走行経路や運転のクセがわかる「走行履歴・運転診断」、運転日報・月報の自動作成機能のほか、kintoneやLINE WORKSとのシステム連携により業務効率化が図れる点も魅力。「ツールが分散して業務が非効率になるのを避けたい」という場合に適している。
無料のスマホアプリも提供しており、車両位置の把握や、ワンタップでできる乗務記録、車両予約機能などで、ドライバーの業務をサポートする。

  • 料金:要問い合わせ

詳細はこちら

KIBACO(キムラユニティー株式会社)

KIBACO公式Webサイト

(出所:KIBACO公式Webサイト)

管理者機能のみなら無料で使える、クラウド型車両管理システム。車検や保険の満期情報などがわかる「車両データの一括管理」、様々な通知で業務をリマインドする「ダッシュボード」のほか、「保険証券フォルダ」「自己管理情報」など、車両管理に必要な基本機能を備えており、コストをかけずに車両管理を行えるのが強み。
更に有料オプションの運転手機能の追加により、モバイルへの対応、アルコールチェックシステムに東京海上日動の保険を付帯した「風評被害保険付き点呼機能」などが利用可能に。
システムの導入から活用・定着に向けてのサポートが受けられる「導入支援オプション」も用意している。

  • 料金:月額無料、初期費用なし(「基本プラン」の場合)
    ※運転者機能を付加した「オプションプラン」あり(月額500円/ユーザー) 「オプションプラン」の申込み単位は、10ユーザー単位

詳細はこちら

 

まとめ

GPS搭載の運行管理システムには、以下のメリットがあります。

  1. 【安全性向上】事故削減と安全運転の徹底
  2. 【コスト削減】車両代・維持費などのムダを削減
  3. 【従業員満足度向上】安心感や信頼感の醸成

求める機能や、予算、使用期間などを念頭に置いて、車載器を購入またはレンタルするのか、もしくはスマホアプリを使うのかを検討し、自社にマッチしたシステムを選定しましょう。

システムを導入することで、従業員の安全を守りながら、各々が営業活動や技術・サービス提供など、本来の業務に集中できるようになります。更にはエコドライブが実現することで、環境保護にも寄与できるなどの副次的効果も見込めるでしょう。

運行管理システムをお探しの方は、こちらからサービス紹介資料をダウンロードいただけます。

運行管理システムの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

車両管理システムの選び方ガイド ~8システム機能比較表付~

車両管理システム

車両管理システムの選び方ガイド ~8システム機能比較表付~

車両管理システム

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

 

インタビューやサービス詳細はこちら

Cariot(キャリオット)|インタビュー掲載

Cariot(キャリオット)|インタビュー掲載

リアルタイム位置情報活用と車両管理業務のDXにより、現場の業務効率化と安心・安全を提供する車両動態管理クラウドサービス。「運転×業務活動×顧客データ」をまとめて...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

LINKEETH(リンキース)

LINKEETH(リンキース)

高度な車両管理業務を実現する次世代型テレマティクスサービス。車両管理業務の効率化・安全運転支援に加え、日報の自動作成や、2023年12月から義務化となったアルコ...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

Loogia(ルージア)|インタビュー掲載

Loogia(ルージア)|インタビュー掲載

ラストワンマイルに特化した、誰でも高精度な配車計画を作成できる「自動配車クラウド」です。「業務の属人化・ドライバー不足」などの課題解決や車両台数・物流コストの削...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

DRIVE CHART|インタビュー掲載

DRIVE CHART|インタビュー掲載

AIが危険運転を自動で検知して事故を未然に防止してくれるAIドラレコサービス。アルコールチェック義務化にも対応可能。通信型ドライブレコーダーを車内に設置するだけ...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

AORINO Biz|インタビュー掲載

AORINO Biz|インタビュー掲載

危険運転アラート・動画の自動クラウドアップロード機能を備えたAIドライブレコーダー。GPSで位置情報・停車時間を把握可能。アルコールチェッッカー義務化にも対応済...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

ビークルアシスト|インタビュー掲載

3.9 14件の口コミ・評判

ビークルアシスト|インタビュー掲載

3.9 14件の口コミ・評判

専用の通信型ドライブレコーダーなどで取得した危険運転映像や運行データをクラウドに送信。膨大なデータを手軽に管理・活用が可能。安全運転推進と総務・安全運転管理者の...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

モバロケ

モバロケ

端末の高精度な位置情報を地図上で共有できる、クラウド型動態管理ツール。端末で撮影した画像や動画を地図上でプロット表示させることも可能。より正確な状況把握を支援し...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

TCloud for SCM

TCloud for SCM

スマホを使って配送車両管理が可能な動態管理サービス。進捗管理、到着時刻予測、経路ナビ、納品先カルテ、温度管理、検品、納品先への配送状況公開などスマホの拡張性を活...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

このページの内容をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
TOPへ戻る

資料ダウンロードフォーム

1分で簡単登録。無料

入力フォームはこちら

登録済みの方はこちら

パスワード再発行

アスピックご利用のメールアドレスを入力ください。
パスワード再発行手続きのメールをお送りします。

アンケートにご回答ください。

サービスの導入検討状況を教えてください。

  • 資料請求後に、当該資料に含まれる「サービス提供会社」や弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
  • ご案内のため、アスピックにご登録いただいた会員情報を弊社より「サービス提供会社」に対して電子データにて提供いたします。
  • 利用規約とプライバシーポリシーに同意の上、ダウンロードいただきます。

ご回答ありがとうございました。

ご登録いただいているメールアドレスにダウンロードURLをお送りしています。ご確認ください。

CLOSE