ASPIC公式サービス【アスピック】

  • TOP
  • 特集記事
  • 法人向けオンラインストレージ13選!タイプ別一覧・比較表付き

法人向けオンラインストレージ13選!タイプ別一覧・比較表付き

法人向けオンラインストレージ13選!タイプ別一覧・比較表付き

最終更新日:2022-11-17

法人向けオンラインストレージを社内・社外・全社向けなど、導入目的に沿って3つにタイプ分け。「どんなセキュリティ機能があると安心できるのか」比較表や特徴・料金一覧なども合わせて、ご紹介しています。

目次

 

法人向けオンラインストレージ(有料版)のメリット

オンラインストレージサービスとは、Web上で円滑かつ安全にファイル共有できるサービスのことです。クラウドサーバーを介することから、クラウドストレージとも呼ばれています。

社内ファイルサーバーとの違い

社内にサーバーを設置する従来型のファイルサーバーと比べた場合、オンラインストレージは運用負担が少なくて済みます。「使用量が増えたので容量を増設しないといけない」という場合でも大半はボタン一つで拡張可能。また、インターネット経由で利用できるため、社外からでもアクセスしやすいのもポイントです。

無料の個人向けオンラインストレージとの違い

有料の法人向けオンラインストレージを利用するメリットとして第一に挙げられるのは「業務の効率化」です。有料版・法人向けは、無料版・個人向けに比べて「より大容量のファイルをやりとりできる」「ファイルサーバー並に操作しやすい」「ほかのシステムと連携しやすい」など、大幅な業務効率化が期待できます。

もう一つのメリットとしては「セキュリティの向上」が挙げられます。具体的には、以下のようなメリットが考えられます。

  • 不正アクセス・ウイルス感染のリスクが少ない
  • アクセス制限を細かく設定できる(情報の持ち出しを防げる)
  • いざという時でもファイルの復元や原因究明・復旧が容易
  • 災害発生時のBCP対策になりうる(バックアップ)
  • 会社が許可していない無料サービスの利用(シャドーIT)を防げる

近年では、オンライン上で個人情報を取り扱うことが増えていることもあり、クラウドサービスにも厳しいセキュリティ・ポリシーが求められるようになっています。今回は法人向けオンラインストレージの有用性のうち、特にセキュリティに注目して、具体的に「どのような機能があると安全なのか、便利なのか」をご紹介していきます。

オンラインストレージサービスをお探しの方は、こちらからサービス紹介資料をダウンロードいただけます。

まとめて資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

 

法人向けオンラインストレージの比較表

法人向けオンラインストレージ主要15サービスを対象に、機能比較表(計33項目で調査)を作成しています。サービスを比較検討する際の参考にしてください。

比較結果のポイントは以下の通りです。

  • ファイルサイズの上限は2GBから無制限まで様々。5~10GB程度までが多い。
  • ファイルのバージョン管理・排他編集はすべてのサービスで対応。デスクトップ上でのエクスプローラー風の操作やブラウザ上でのOfficeファイル編集は一部のサービスが非対応。
  • セキュリティでは、2段階認証、IPアドレス制限やデバイス認証はほぼすべてのサービスが対応。ただし、上位プランのみで対応というケースも多い。
  • 料金体系は、ユーザー数課金もしくは容量課金に分かれる。ユーザー数課金の場合、ユーザーあたり月額1,000円以上が中心。

以下から比較表をダウンロードできますので、サービス選びにお役立てください。

オンラインストレージ比較表_イメージ図

オンラインストレージ比較表(15サービス)

オンラインストレージ・ファイル共有サービス

オンラインストレージ比較表(15サービス)

オンラインストレージ・ファイル共有サービス

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

 

オンラインストレージサービスの目的別の選び方

続いては、自社に合ったオンラインストレージの選び方についてです。重要なのは、オンラインストレージの利用目的・範囲です。「どんな目的で、どの範囲で利用するのか」に関しては、大きく分けると以下の3つが考えられ、それによっておすすめのタイプも異なります。

法人向けオンラインストレージ_一枚絵20221117

以下、「どのような場合が当てはまるのか」「なぜ、そのタイプがおすすめなのか」、わかりやすいように例を挙げて説明しています。記事後半には、タイプごとにサービス紹介も行っています。それらを参考にしながら、オンラインストレージを利用するとしたら、どれに当てはまりそうかを考えてみましょう。

[1]社内の一部で使い始めたい ⇒ ユーザー課金タイプ

たとえば、商品開発プロジェクトなど、利用が「社内の特定の部署・プロジェクトメンバーに限られている」場合や、従業員数が限られた小規模企業の場合などが当てはまります。

この場合、利用人数が限られているため、「1人いくら」もしくは「10人までならいくら・100人までならいくら」という形で課金されるユーザー課金タイプがおすすめです。料金が事前に把握しやすい利点がありますが、「誰を対象にするか」はきちんと考えなければなりません。漏れた従業員がシャドーITを行うリスクもあります。

[2]社内向けに全社導入も視野に使いたい ⇒ データ容量課金タイプ

たとえば、プロジェクトや部署に限らず、「全社レベルでファイル共有の手段として利用したい」、または「これまで使っていた社内ファイルサーバーをクラウド化したい」といった場合が当てはまります。

この場合、ユーザー数より、データ容量(総量)の範囲で利用するタイプがおすすめです。自社がどれくらいデータをやりとりするか把握でき、月ごとにばらつきがない場合はプランも選びやすいでしょう。一見高めに見えますが、従業員数が多くなるとその分、コストパフォーマンスがよくなるため、中堅・大手企業はおすすめです。

中にはユーザー数を問わない(無制限)ものもあり、その場合、「シャドーITを防ぐためにとりあえず全従業員にIDを付与する」という使い方も可能です。ファイルサーバーのクラウド化に関して、詳細を知りたい方は「ファイルサーバーのクラウド比較12選。実用性や移行の注意点は?」をご覧ください。

[3]社内・社外とのファイル共有にも使いたい ⇒ ファイル転送充実タイプ

たとえば、会社の枠組みを越えたプロジェクトで、パートナーや取引先へファイルを共有したい場合です。共有する頻度が少なければファイル転送サービスで事足りますが、共有の頻度が多い場合や個人情報や機密情報を多く取り扱う場合には、共有状態を長く保てるオンラインストレージの方が使い勝手がいいでしょう。

この場合、ポイントとなるのは料金体系もさることながら、「よりセキュアな環境でファイルを効率よく共有できる」ファイル転送に強みを持つサービスを選ぶことです。通信暗号化・ウイルスチェック・IPアクセス制限などのセキュリティ対策、ダウンロード期限管理・上長承認・ログ管理などの内部統制、更にファイル共有のしやすさに長けたサービスを選ぶようにしましょう。

「より詳細にサービスを比較検討したい」という方は、こちらの選び方ガイドがおすすめです。「自社にどんな機能とセキュリティが必要なのか知っておきたい」という方も、参考にしてみてください。

オンラインストレージの選び方 ~必要な機能やセキュリティは何か?~

オンラインストレージ・ファイル共有サービス

オンラインストレージの選び方 ~必要な機能やセキュリティは何か?~

オンラインストレージ・ファイル共有サービス

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

オンラインストレージサービスの比較ポイント

「自社にどのようなタイプが向いているのか」大まかにつかめたら、最後は個々のサービスを具体的に比較検討していきましょう。ここでは、サービスによって違いがありそうな「セキュリティ機能」をピックアップして紹介しています。

「どんなシーンで、どんな使い方をするのか」「どんな情報を取り扱うのか」「セキュリティ・ポリシーに合っているか」などの観点で、どのサービスなら自社に必要な機能を搭載しているかチェックしてみましょう。

認証機能

外部からの不正アクセスを防ぐ機能です。ID・パスワード認証のほか、ワンタイムパスワードなどで追加認証する「2段階認証」、利便性とセキュリティを両立させるなら一つのID・パスワードで複数システムを認証できる「シングルサインオン」などがあります。そのほかには社外からのアクセスを制限する「IPアドレス制限」、アクセスを会社支給のPC・スマホなどに限定する「デバイス認証」などの機能があります。

アクセスコントロール機能

ファイル・利用者ごとに「誰がどこまでアクセスできるのか」「閲覧のみか編集もOKか」など設定できると、個人情報の持ち出し・流出などが起こりにくくなります。一つひとつ設定するのが手間な場合は「編集者」「アップローダー」など、事前に設定されたアクセス権限を割り振るだけの手軽なものがおすすめです。たとえば、「Bizストレージファイルシェア」は8種類の豊富なアクセス権限があります。

ログ管理機能

「誰が・いつ・どこからアクセスしたか」「どのような操作をしたか」を記録できるログ管理機能があると、不正持ち出しの抑止力になります。情報漏えいが起こった際も早期の原因究明につながります。たとえば、「GigaCC ASP」は期間・アカウント・ファイルなどの条件に基づき細かくログを検索可能。更に指定した条件に基づいて、定期的にログを取得し、自動出力することもできます。

バージョン管理機能

複数人でファイルを共有していると「誤って上書きしてしまった」という場合も起こります。そんな場合に備えて、変更前のファイルを自動で保管し、好きな時に戻せる「バージョン管理」機能があると便利です。どのサービスも標準搭載する機能ですが、何世代遡れるかはサービスによって異なります。たとえば「Box」はビジネスプランで50世代、エンタープライズプランなら100世代まで履歴を保存可能です。

ディザスタリカバリー

サービスによってファイルを保管するデータセンターの場所は異なります。大規模災害発生時でも業務の継続性を担保したい場合は、物理的に離れた複数拠点のデータセンターを構えているなど、ディザスタリカバリー対策をとっているものを選ぶようにしましょう。たとえば、「DirectCloud」は日本国内3か所のデータセンターに分散保存。更にオプションでシンガポールのデータセンターに保存することもできます。

カントリーリスク対策

グローバル化の弊害として、サービスに外国資本が入った場合、「情報を開示しなさい」など、その国の政府の意向を無視できずに個人情報が流出してしまう恐れが考えられます。カントリーリスクを避けたいのであれば、たとえば、「Fileforce」のように、データセンターに限らず開発も運用も、パートナー企業がすべて日本国内に存在する「純国産」を売りにするサービスがおすすめです。

その他、より高度なセキュリティ機能

たとえば、「Box over VPN」は、インターネット回線ではなく、限られた利用者のみが利用可能な「閉域網」でファイルにアクセスするため高いセキュリティが期待できます。その他、多段ファイアウォールなどを備え、大手金融機関の厳格な監査にも対応できる、高い堅牢性を誇る「クリプト便」のようなサービスもあります。

 

おすすめオンラインストレージサービス(ユーザー課金タイプ)

「1人いくら」もしくは「10人までならいくら・100人までならいくら」という形で課金されるタイプです。社内の特定の部署・プロジェクトメンバーに限られている場合や従業員数が限られた小規模企業などにおすすめです。

サービス名 特徴 料金
Box 認証連携や詳細なセキュリティ機能を持つBusinessプランがおすすめ。 月額1,800円/ID~
(容量無制限・3ID〜)
Box over VPN 閉域網のほか、国内データセンターに限定して保存できるオプションプランあり。 月額1,800円/ID~
(容量無制限・5ID〜)
OneDrive for Business 容量無制限・データ損失防止機能のついた上位プランあり(月額1,090円)。 月額540円/ID~
(1TB/ユーザー)
Dropbox Business 他社の最安プランより割高に思えるが、その分、容量は5TBと破格。 月額1,500円/ID~(5TB)

まとめて資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

Box(Box社)

Box公式Webサイト

(出所:Box公式Webサイト)

世界中で利用されているアメリカ発のオンラインストレージサービス。日本の販売代理店も数多くあるため、導入時や社内での浸透、トラブル時の対応等に外部の力を借りたい場合はそちらもおすすめ。
セキュリティ面としては、7段階のアクセス権限、変更不可の監査ログ、コスト効率の高い暗号キーの管理、バックアップシステムを備えた複数のデータセンター、信頼性の高い電源、99.9%のSLAと冗長性、ISOのほかに世界各地での認証、等多くの対策が取られている。
スマホやタブレットでも利用可能。クラウド上のファイルをデスクトップ上で操作でき、ローカルファイルと同じように作業できる上、クラウド上に自動保存されるため、ハードドライブの容量不足も解消できる。

  • 料金:月額1,800円/ID(容量無制限・3ID〜)~

詳細はこちら

Box/Box over VPN(NTTコミュニケーションズ株式会社)

Box over VPN公式Webサイト

(出所:Box over VPN公式Webサイト)

上記「Box」をNTTコミュニケーションズ社の閉域網経由で利用することで、よりセキュアにしたサービス。その他、ユーザー毎に7種類のアクセス権限を設定可能、抽出できるログ・セキュリティレポートは60種類、ファイルの保管時にはAES256bitでファイルを暗号化など、各種セキュリティ対策が取られている。
ストレージ容量無制限で、社内だけでなく取引先とのファイル共有や、Salesforce等の各種業務アプリケーションとのシームレス連携が可能。一元保守体制を構築しており、24時間365日受付のヘルプデスクがあるため、トラブル時も迅速に対応できて安心。Box Certified Professional (BCP)資格保有者が在籍しているのも強み。

  • 料金:Business月額1,800円/ID、Business Plus月額3,000円/ID、Enterprise月額4,200円/ID

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら(インタビューあり)

OneDrive for Business(Microsoft社)

One Drive for Business公式Webサイト

(出所:One Drive for Business公式Webサイト)

Microsoft社の提供するオンラインストレージサービス。ファイル保存、ファイル共有が可能。一番安いプランでもストレージはユーザー 1人あたり 1TB 以上利用可能。アプリを利用し、スマホやタブレットからも利用可能。Office 365 と統合されており、ファイルをクラウド添付ファイルとして Outlook から直接送信したり、使い慣れたアプリを使用してリアルタイムでの共同編集をしたりすることが可能。プランは年間契約。
Officeアプリが含まれた月額1,360円のMicrosoft 365プランもあり、各種の刷新やこれから新規事業を始める場合などはまとめて利用できてお得。

  • 料金:月額540円/ID(容量1TB)~。容量無制限でデータ損失防止機能などのついた上位プランは月額1,090円。

詳細はこちら

Dropbox Business(Dropbox社)

Dropbox Business公式Webサイト

(出所:Dropbox Business公式Webサイト)

世界50万以上のチームで導入されているオンラインストレージサービス。セキュリティ面では、管理コンソールと監査ログ、きめ細やかな共有権限設定、256 ビットの AES 暗号化と SSL/TLS 暗号化、2 段階認証、デバイス データの遠隔削除など各種対策が取られている。
スマホやタブレットでもアクセス可能。スマートシンクは、ハードドライブの容量を節約できる機能で、利用するとデスクトップから直接アクセスでき、自動的に同期される。最大 180 日間のバージョン履歴や、削除済みファイルの復元機能等、便利な機能あり。

  • 料金:月額1,500円(5TB)~

詳細はこちら

 

おすすめオンラインストレージサービス(データ容量課金タイプ)

ストレージのデータ総量によって料金が定まるタイプです。自社がどれくらいデータをやりとりするかによって最適なプランを選びましょう。従業員数が多くなるとその分、コストパフォーマンスがよくなるため、中堅・大手企業はおすすめです。

サービス名 特徴 料金
Smooth File 6 ユーザー数無制限なので全社導入もスムーズ(社外メンバーも含めて無制限)。 月額25,000円~
(100GB・ユーザー無制限)
IMAGE WORKS 広告宣伝・販促、製造設計など、大容量データを扱う企業に人気。 月額15,000円~
Fileforce データーセンター、開発・運用・管理体制まで、こだわりの純国産。 月額55,000円~
(1TB)
Everidays クラウドらしからぬ操作性が特徴。ビジネスチャット連携などコラボレーション機能豊富。 月額7,600円~
(200GB・ユーザー無制限)
セキュアSAMBA デスクトップアプリやスマホアプリを使った操作性が特徴。3名までの無料プランあり。 月額15,000円~
(100GB・ユーザー無制限)

まとめて資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

Smooth File 6(株式会社プロット)

Smooth File 6公式Webサイト

(出所:Smooth File 6公式Webサイト)

1,000社以上の導入実績を有する法人向けオンラインストレージ。全社導入を検討する際に嬉しいユーザー数無制限の料金形態が人気。ファイル転送にも強みを持ち、大容量ファイルの転送や、メールアドレス入力不要なユーザー間転送にも対応。「アップロードのみ可能」「ダウンロードのみ可能」など、柔軟な操作権限を参加プロジェクトごとに設定できるため、社内だけでなく社外との共有も安心。
SSL暗号化通信・ウィルスチェック、「誰が・いつ・どこに・何をやりとりしたか」が把握できる詳細なログ機能、上長承認機能、ログイン許可IP制限など、セキュリティ面も充実。

  • 料金:月額25,000円(100GBプラン)~

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら(インタビューあり)

IMAGE WORKS(富士フイルムイメージングシステムズ株式会社)

IMAGE WORKS公式Webサイト

(出所:IMAGE WORKS公式Webサイト)

広告制作会社や宣伝・販促、製造設計など、大容量デジタルデータを扱う企業に人気のオンラインストレージサービス。大量のファイルの中から目的のファイルを見つけることができる閲覧性・検索性に長けており、ユーザーは100項目を超えるファイル属性情報(メタ情報)から、業務・用途に応じて検索・表示項目を自由に作成可能。
セキュリティに関しても、ファイルをダウンロードさせずに閲覧だけを許可する「セキュアプレビュー」機能をはじめ、データ暗号化保存、通信暗号化、データ破損を確認する整合性チェック、国内データセンター、多層化・多重化によるデータ保存、不正アクセス・侵入遮断、リアルタイムのウィルスチェックなど大切なデジタル資産を守るための機能が充実。

  • 料金:月額15,000円(ミニマムプラン)~

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら(インタビューあり)

Fileforce(ファイルフォース株式会社)

Fileforce公式Webサイト

(出所:Fileforce公式Webサイト)

ユーザー数無制限の法人向け国産オンラインクラウドストレージ。データセンターだけでなく、開発・運営・販売などパートナー企業もすべて日本国内に位置する日本法人。日本の法令下にあるため、カントリーリスクの心配がない。その他、操作ログの取得配信機能や、2段階認証、パスワード有効期限設定など組織管理機能も豊富。
クラウドでありながら、ファイルサーバーと同様に組織や業務に合わせたフォルダ構成とアクセス権管理を再現可能。その他、Active Directoryとの高度な連携、シングルサインオンにも対応可能。データ移行のための高速データ転送ツールを貸与してもらえるため、情報システム部門へ負荷をかけることなくスムーズな導入が期待できる。

  • 料金:月額55,000円(1TBのUnlimited-1プラン)~。別途ユーザー課金プラン月額9,000円(10ID)~もあり

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら(インタビューあり)

Everidays(株式会社yett)

Everidays公式Webサイト

(出所:Everidays公式Webサイト)

セキュリティ面はもちろん、チームでの作業を快適にするコラボレーション機能や操作性に長けたオンラインストレージ。クラウドでありながら、「右クリック」「マウス操作」「ショートカットキー操作」などローカル操作同様に利用可能。エクスプローラー風のファイル操作やキーボードでの操作、ファイル排他編集、ChatworkやSlackとの連携など、使い勝手を高める機能が充実している。
料金はユーザーごとではなく、ディスク容量ごとでの料金設定。ユーザー数無制限で1ユーザーから利用可能。初期費用も不要なので、まずは容量低めでスタートして、利用する人員が増えてきたら容量を増やす、という使い方も可能。

  • 料金:月額7,600円(スターター、容量200GB)~

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

セキュアSAMBA(Chatworkストレージテクノロジーズ株式会社)

セキュアSAMBA公式Webサイト

(出所:セキュアSAMBA公式Webサイト)

導入実績4,000社以上を誇る、中小企業向けのオンラインストレージサービス。デスクトップアプリ、ブラウザ、スマートデバイスアプリからアクセス可能。デスクトップアプリは、Windowsのエクスプローラーと同様の操作感で使用できる使い勝手の良さが魅力。ファイルの直接編集や保存もスムーズに行える。
無料で利用できるプランからユーザー数無制限の大容量プラン、ユーザー数とディスク容量に応じて選べるカスタマイズプランまで幅広く用意。電話やメールに加えて、24時間365日体制で障害時の問い合わせを受け付ける専用フォームが用意されているなど、サポートも充実している。

  • 料金:月額15,000円(100GB・ユーザー無制限)〜、初期費用15,000円〜 ※無料プランあり

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら(インタビューあり)

 

おすすめオンラインストレージサービス(ファイル転送充実タイプ)

よりセキュアな環境でファイルを効率よく共有するための機能を備えたタイプが揃っています。社外プロジェクトなど、パートナーや取引先へファイル共有する機会が多い場合や、個人情報や機密情報を多く取り扱う場合にはおすすめです。

サービス名 特徴 料金
GigaCC ASP セキュアなファイル転送機能に強みを持ち、Officeファイルなどの共有目的にもおすすめ。 月額 12,000円~
(1GB・10ID)
クリプト便 多くの国際規格認証取得。大手金融機関の厳格な監査にも対応可能。 月額40,000円~
(100通/月20 IDまで)
Bizストレージ ファイルシェア 何回、ファイルをやり取りしても定額。最上位プランなら最大1万人利用可能。 月額15,000円~
(1GB・1,000 ID)
Fleekdrive 社内外・海外・テレワークなど様々な場面でデータ共有可能。ダウンロードデータへ透かし入りも可能。 月額500円~
(10GB・1ユーザー)

まとめて資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

GigaCC ASP(日本ワムネット株式会社)

GigaCC ASP公式Webサイト

(出所:GigaCC ASP公式Webサイト)

製造・金融・サービス・流通・メディアなどの上場企業や大企業を含む、多くの法人・自治体などで採用されているファイル共有サービス。20年以上の提供経験を活かした機能の細かさがポイント。
200項目以上の詳細な履歴ログ管理、ディレクトリ単位・アカウント単位で柔軟な権限設定が可能。その他、IPアドレス制限、暗号化、ウィルスチェック、ID/パスワード認証、利用期限設定、利用権限設定などに対応。
セキュリティレベルに合わせて3つのプランを選択でき、おすすめは、ストレージに入れっぱなしのファイルを自動削除したり、履歴ログを自動で出力してくれたり、高度なセキュリティ機能を追加設定できるAdvancedプラン。クラウドとは別に、最大数万IDまで発行できるオンプレ型のプランもあり。

  • 料金:月額12,000円(1GB・10ID)~

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら(インタビューあり)

クリプト便(NRIセキュアテクノロジーズ株式会社)

クリプト便公式Webサイト

(出所:クリプト便公式Webサイト)

野村総研系の情報セキュリティの専門会社が運営する、セキュリティ対策に強みを持つファイル転送サービス(オプションの機能を追加することによりファイル共有が可能)。TLSによる通信暗号化、多段ファイアウォールやWAFによる不正侵入対策、送受信時ウィルスチェック、保管時はAESでの暗号化など、堅牢なセキュリティ対策を誇る。上長の承認機能やクローズド送信機能など、ユーザーによる情報漏えいを防ぐ仕組みにも定評あり。
2021年には、クレジットカードの国際規格PCI DSSの認証を取得。ユーザーログだけでなく管理者ログの取得機能も備えており、大手金融機関の厳格な監査にも対応できるほど、監査対応に強いのもポイント。

  • 料金:月額40,000円~ ※基本機能であるファイル転送エントリプラン(月額20,000円~・月100通)にファイル共有サービスオプション(月額20,000円/1GB)を追加して計算

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら(インタビューあり)

Bizストレージ ファイルシェア(NTTコミュニケーションズ株式会社)

Bizストレージ ファイルシェア公式Webサイト

(出所:Bizストレージ ファイルシェア公式Webサイト)

送信先制限、上長承認等、ファイル誤送信や不正流出を防ぐ機能などのファイル転送に強み。ファイル共有に関しても、IPアドレスによるログイン制限、ウィルスチェック、AESによるファイル暗号化などセキュリティ対策は充実。ユーザーのログだけでなく、管理者のアクセスログを確認することも可能。
料金はディスク容量に応じた形式。最も安いもので月額15,000円~(1GB)。ファイル共有のためのオンラインストレージとしては容量不足に見えるが、2GB、10GB、100GBと小刻みにプラン設定されているため、容量に合わせてプランを変更していけばOK。最上位プランは月額200,000円(1TB)で、最大10,000人まで利用可能。

  • 料金:月額15,000円~(1GB・1,000ユーザー)

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら(インタビューあり)

Fleekdrive(株式会社Fleekdrive)

Fleekdrive公式Webサイト

(出所:Fleekdrive公式Webサイト)

世界190カ国で導入実績を誇るクラウドストレージ(日本語、英語、中国語、スペイン語、ポルトガル語対応)。事前登録すれば、ファイルをアップロードした際の通知や上長からの承認・お客様への共有など、ルーティン業務も自動化可能。業務効率化だけでなく、ダウンロードした人の名前をPDFに透かしで挿入するなど、社外利用にも耐えうるセキュリティ・内部統制機能を搭載。
その他、動画コンテンツの活用に優れ、ダウンロードせずともストレージ上でそのまま再生可能。ストレージ容量も大きいためサイズを気にせず利用できるのもポイント。

  • 料金:Team月額500円/ID(10GB)、Business月額1,500円/ID(200GB)

詳細はこちら

 

法人でも無料で使えるオンラインストレージ

たとえば、「セキュアSAMBA」は、ユーザー数3名まで、容量5GBまでであれば期限に定めなく、無料で利用できます。専用アプリによるデスクトップ上でのファイル操作や豊富なセキュリティ機能も無料で使えます。

有料版ほどではありませんが、無料サービスの中にも、同程度のセキュリティ機能を持ったものも存在します。たとえば、「Googleドライブ」の無料版はデータ暗号化、ウィルスチェックのほか、2段階認証、更に簡易的ですがアクセス権限設定も可能です。

無料のオンラインストレージを法人が使う方法」に法人利用も可能な無料版をいくつかご紹介しているので、「どうしても、コストをかけられない」という場合は、参考にしてみてください。多くは有料プランにも対応しているので、まずは無料からスタートして、その後、有料へというのも可能です。

 

まとめ

法人がクラウド上でファイル共有する場合は、できるだけ「不正アクセス・ウイルス対策」「情報漏えい対策」「BCP対策」など、セキュリティ機能に長けたオンラインストレージサービスを利用するのがおすすめです。一口に「セキュリティ機能」と言ってもサービスによって異なります。自社に合ったサービスを選ぶ場合、利用シーン、取り扱うデータの種類、セキュリティ・ポリシーに応じて、まずは「どのようなセキュリティが必要か」を考えるとスムーズです。

もう一つ重要なのは「料金形態」です。オンラインストレージサービスは「ユーザー課金」「データ容量課金」の2つのタイプに分けられます。コストパフォーマンスは企業によって異なります。どちらを選んだ方がお得かを考え、大まかにタイプを絞り込んだ上で、自社に必要なセキュリティ機能に関して「どのサービスが一番多く対応しているか」比較検討していくことをおすすめします。

「何ができるか詳しく知りたい」「社内上申時の説得力を高めたい」「活用イメージを膨らませたい」という方は、こちらのサービス紹介資料や比較表をご活用ください。

オンラインストレージ比較表(15サービス)

オンラインストレージ・ファイル共有サービス

オンラインストレージ比較表(15サービス)

オンラインストレージ・ファイル共有サービス

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

また、サービス選びで最も頭を悩ませる「自社に必要な機能とセキュリティ」のチェックについては、どの点を確認して検討を進めるべきかこちらでガイドしています。

オンラインストレージの選び方 ~必要な機能やセキュリティは何か?~

オンラインストレージ・ファイル共有サービス

オンラインストレージの選び方 ~必要な機能やセキュリティは何か?~

オンラインストレージ・ファイル共有サービス

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

オンラインストレージサービスをお探しの方は、こちらからサービス紹介資料をダウンロードいただけます。

オンラインストレージの資料をDLする

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

 

インタビューやサービス詳細はこちら

Box/Box over VPN|インタビュー掲載

Box/Box over VPN|インタビュー掲載

Box/Box over VPNは、社内・取引先とのファイル共有や、Salesforceなどの業務アプリケーションとのシームレス連携を可能にする“コンテンツ・マ...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

Smooth File 6|インタビュー掲載

Smooth File 6|インタビュー掲載

1,000社以上の導入実績を有する法人向けファイル転送・共有システムです。ユーザー数無制限なので全社導入がスムーズ。大容量ファイルの転送や、メールアドレス入力不...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

IMAGE WORKS(イメージワークス)|インタビュー掲載

IMAGE WORKS(イメージワークス)|インタビュー掲載

富士フイルムが提供する画像や動画等のデジタル資産の管理に特化したクラウド型のファイル管理・共有サービスです。 導入実績2,000社*以上!官公庁をはじめ多くの...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

Fileforce®(ファイルフォース)|インタビュー掲載

Fileforce®(ファイルフォース)|インタビュー掲載

あらゆる業界・業種・企業規模にフィットする、高品質な純国産クラウドストレージサービス。従来のファイルサーバーやNASと変わらない運用をクラウドで実現。テレワーク...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

Everidays(エブリデイズ)

Everidays(エブリデイズ)

テレワークやBCP対策に最適なセキュリティを完備した、ユーザ数無制限の法人向け国産クラウドストレージ。...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

セキュアSAMBA|インタビュー掲載

セキュアSAMBA|インタビュー掲載

導入実績4,000社以上※の法人向けオンラインストレージです。3ユーザー5GBまでなら無料で利用できるフリープランの他、有償プランはユーザー数無制限でご利用いた...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

GigaCC ASP|インタビュー掲載

GigaCC ASP|インタビュー掲載

1サービスでファイル転送・ファイル共有時のセキュリティと利便性を両立!企業間取引に最適な機能を搭載しています。...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

クリプト便|インタビュー掲載

クリプト便|インタビュー掲載

大手金融機関の厳格な監査にも対応する高セキュリティが強みのファイル転送・共有サービス。USBを用いたファイル持ち運びの廃止や脱PPAPに効果的です。情報セキュリ...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

Bizストレージファイルシェア|インタビュー掲載

Bizストレージファイルシェア|インタビュー掲載

Webブラウザーだけで「大容量ファイル(最大2GB)」や「機密情報」をやり取りできる、セキュリティや災害に強い法人向けファイル転送・オンラインストレージサービス...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

このページの内容をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
TOPへ戻る

資料ダウンロードフォーム

1分で簡単登録。無料

入力フォームはこちら

登録済みの方はこちら

パスワード再発行

アスピックご利用のメールアドレスを入力ください。
パスワード再発行手続きのメールをお送りします。

アンケートにご回答ください。

サービスの導入検討状況を教えてください。

  • 資料請求後に、当該資料に含まれる「サービス提供会社」や弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
  • ご案内のため、アスピックにご登録いただいた会員情報を弊社より「サービス提供会社」に対して電子データにて提供いたします。
  • 利用規約とプライバシーポリシーに同意の上、ダウンロードいただきます。

ご回答ありがとうございました。

ご登録いただいているメールアドレスにダウンロードURLをお送りしています。ご確認ください。

CLOSE