ASPIC公式サービス【アスピック】

  • TOP
  • 特集記事
  • タレントマネジメントシステム比較14選。目的別選び方(図解)

タレントマネジメントシステム比較14選。目的別選び方(図解)

タレントマネジメントシステム比較14選。目的別選び方(図解)

最終更新日:2023-12-26

人材情報を一元管理して、今後の採用や育成にも活かしたいとお考えの担当者の方へ。タレントマネジメントシステムの導入メリット、自社に合ったシステムの選び方、比較ポイントなどをわかりやすくご紹介しています。

目次

タレントマネジメントシステムとは?

タレントマネジメントシステムとは、人材に関する情報を一元的に集約し、全社的に共有することで評価業務や人材育成・活用に役立てるためのシステムを言います。

そもそもタレントマネジメントとは?

企業が人事を行うには、「どの部署にどんな従業員がいるか」「どんな経歴・資格を持っているか」「どんな業績あげているか」などを正確に把握することが重要です。これらの情報を人事評価だけでなく、人事採用や育成研修など「人事戦略にも活かそう」という試みをタレントマネジメントと呼びます。

業績に限らず、従業員の個性・才能・スキル・希望などのタレント(資質)に至るまで、様々な情報を管理するという点で従来の人事評価業務とも異なります。

タレントマネジメントシステムの必要性

「どこに、どんな従業員がいて、どんな業績を上げているか」「どんな性格で、どんなスキルを持っているか」など企業規模が小さい間は経営者の記憶で足ります。Excelシートで管理するのもいいでしょう。しかし、規模が大きくなるのに従い、「記憶違い」「属人的」、更に「入力・転記が大変」「誤送信・情報漏洩」「二重管理」など多くの課題が発生します。

アナログで管理できる限界点は従業員数200名前後と言われており、それ以上の規模ではシステム化が必要です。タレントマネジメントシステムならあらゆる情報を一元管理し、必要に応じて取り出し・共有できます。評価の適正化につながりやすいのはもちろん、現状を可視化することで「次に採用すべきはこの人」「育てるべきはこのポジション」などを導き出すことができます。

タレントマネジメントシステムのおすすめ

近年、多くの企業で導入が進んでいるタレントマネジメントシステムですが、今回は興味はあるものの「何を選んだらいいかわからない」という方向けに、基本的な概要から選び方・比較ポイントまでご紹介していきます。

・タレントマネジメント機能を利用できれば十分な場合
→カオナビ、タレントパレット、One人事[タレントマネジメント]、ジョブスイート、ヒトマワリ

・人事プラットフォームとして利用したい場合
→SuccessFators、Workday、COMPANY

・周辺業務の効率化も視野に入れている場合
→HRBrain、HRMOS、WiMS/SaaS

記事後半に各サービスの紹介も行っているので、今すぐ詳細を知りたい方はそちらをご覧ください。「タレントマネジメントシステムのことをもっとよく知りたい」「具体的な比較ポイントを教えてほしい」という方はこのまま読み進めてください。

タレントマネジメントシステムをお探しの方は、こちらからサービス紹介資料をダウンロードいただけます。

タレントマネジメントシステムの資料をDL

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

 

タレントマネジメントシステムの導入目的

まずは、タレントマネジメントシステムとは、具体的にどのようなことを期待して導入するものなのか。逆に導入する際には、どういったことに注意すべきなのか。メリット・デメリットについてわかりやすく紹介していきます。

タレントマネジメントシステムのメリット

タレントマネジメントシステム導入のメリットとしては、次の5点が挙げられます。

  1. 人事情報の一元管理
  2. 公平・効率的な評価の実現
  3. 人材採用・育成の効率化
  4. 人事異動・人材配置の最適化
  5. 後継者育成(サクセションプランニング)

以下、詳細に説明していきますので参考にしてください。

1.人事情報の一元管理

人事情報は顔写真付きのデータベース上で一元管理。紙・Excel管理のように集約・転記する手間はかかりませんし、二重管理の恐れもありません。集めた情報は様々な角度から分析でき、「どこに、どんな人がいるのか」グラフやチャートで表示可能。現状把握には最適ですし、評価会議での活発・効率的な議論にも役立ちます。

2.公平・効率的な評価の実現

タレントマネジメントシステムはMBO、360度評価、OKRなど様々な評価シートのテンプレを搭載しており、自社に併せてカスタマイズ可能。シートはシステム上から配布・回収でき、数値も自動集計。所属や評価者ごとの「偏り」がある場合は甘辛調整も簡単に加えられます。業務効率化だけでなく、公平な評価も実現できるため、従業員満足度の向上も期待できます。

3.人材採用・育成の効率化

収集・管理した情報を分析すれば、組織として「どのようなスキル・資質を持った人が多いのか=何が欠けているのか」、ヒューマンリソースの量的・質的な課題が明らかにできます。そのため「どのような人を採用すればいいのか」「どの方向で教育・育成していけばいいのか」など採用・育成計画をより効率的に進めることができます。

4.人事異動・人材配置の最適化

タレントマネジメントシステムなら組織・部署単位で、男女比・平均年齢だけでなく、「どんなスキル・経験を持った人が在籍しているか」も細かく分析できます。異動希望やキャリア志向なども踏まえて検索すれば、最適な人事異動・人材配置につなげられます。システムによってはドラッグ&ドロップでシミュレーションすることもできるものも。

5.後継者育成(サクセションプランニング)

後継者の育成は一定規模の中堅企業であれば考えなければならないところです。タレントマネジメントシステムであれば、経験・スキル・適性検査などの人材要件を登録することで、全社的に「誰が後継者にふさわしいのか」素養レベルで抽出可能。また、人事異動・人材配置と上手く合わせれば効率よく後継者育成が可能です。

タレントマネジメントシステムのデメリット

最大の懸念は「データを活かしきれない」ことにあります。タレントマネジメントでは人事評価と異なり、業績に限らず、従業員の個性・才能・スキル・希望などの、様々な情報を管理することになります。場合によっては、データを集めることが目的化して、それ以上の進展が見られなくなってしまう恐れがあります。

タレントマネジメントシステムには前述したように本来1〜5のメリットがあります。「1.人事情報の一元管理」「2.公平・効率的な評価の実現」は導入後すぐに実感できるためイメージもしやすい部分ですが、タレントマネジメントのメリットとしては入口に過ぎません。継続的な事業成長に備えて、データを上手く活用して、3.4.5のメリットも得られるように心がけましょう。

 

タレントマネジメントシステムの選び方(図解)

続いては、自社に合ったタレントマネジメントシステムの選び方をご紹介していきます。重要なのは「どのような利用法を考えているのか」「どの情報・業務まで管理の対象とするのか」という利用目的・範囲の部分です。

タレントマネジメントで取り扱う情報は、人事情報の中の一部に過ぎません。他にも、入社年月日や住所などの個人情報、給与・勤怠データなど様々な情報が存在します。それらも「一元的に管理したい」のか、それとも「タレマネさえできれば十分」なのかによって導入すべきシステムは異なってきます。

タイプ別 タレントマネジメントシステム 図解

以下、各タイプについて「どんな場合が当てはまるのか」「どんな機能が搭載されているのか」詳細に説明しています。自社で導入する場合、どのタイプが当てはまるのか考えてみましょう。記事後半部は、タイプ別にお勧めのシステムを紹介していますので、そちらもご参考ください。

タレントマネジメント機能を利用できれば十分な場合

扱うのはあくまで従業員の業績やスキル・資質などであって、それ以外の個人情報や給与・勤怠情報は含まない場合です。具体的には、他に人事管理システムや勤怠管理・給与計算ソフトを利用しているものの、それらではタレントマネジメントは難しそうなので、「専用のシステムを利用したい」という場合が当てはまります。

このタイプのおすすめとしては、「カオナビ」「タレントパレット」「One人事[タレントマネジメント]」などが挙げられます。タレントマネジメントに特化している分、多様な機能を備えていますが、システムによってできることには差があります。料金は後述するプラットフォーム型に比べると安価ですが、他の人事情報をどう取りまとめていくのか(他システムとの連携)に関して注意が必要となります。

人事プラットフォームとして利用したい場合

上記と逆に、タレント情報だけでなく、入社年月日や勤怠・給与情報なども共通基盤で管理したい場合です。具体的には、入退社・出向などで毎年多くの社員が出入りしている(人事発令を必要とする)企業で、現状異なるシステムを用いて「連携」させているものの、今後は面倒なので「統合」して管理したい場合が当てはまります。

このタイプのおすすめとしては、「SAP(SuccessFators)」「Workday」、国産では「COMPANY」などが挙げられます。タレントマネジメントだけではなく、勤怠管理、給与計算、更に人事・会計・販売など多彩な機能を搭載しているのが特徴です。すべてをマスタ情報として一元管理・活用できますが、その分、しっかりとした業務設計が必要で、導入コスト・工数がかかりがちです。

周辺業務の効率化も視野に入れている場合

タレントマネジメント業務だけでなく、勤怠管理や給与計算などの人事に関連した業務も効率化させたい場合です。「プラットフォーム型を利用するほどではない」という時は多様なシリーズ製品を提供するサービスを利用して、必要に応じて機能拡張するのがおすすめです。

たとえば、「HRBrain」は労務管理、「HRMOS」なら経費精算・勤怠管理、「WiMS/SaaS」なら経費精算・勤怠管理など、タレントマネジメント以外にも様々なシリーズ製品を揃えており、それらを利用すればシームレスにデータを管理・活用可能。どれも事業成長中のため、今後更なるシリーズ範囲の拡大が期待できます。

 

タレントマネジメントシステムの比較のポイント

自社に合ったタイプを絞り込んだら、最後にその中から具体的なシステムを比較検討していきましょう。大事な比較のポイントとしては以下が挙げられます。

人材データベースの使い勝手の良さ

氏名・所属組織、保有スキル・資格、職務適性、趣味・性格、過去の評価、アンケート、職位・等級などの管理できる項目。更にそれらがどのように表示されるのか、どのようにして検索・抽出していくのかなどはシステムによって異なります。カスタマイズできるものもありますが、運用負担なども考えて、当初より自社で求めるものにどれだけ近づけるかチェックしておきましょう。

人事評価手法に対応しているか

人事評価にはMBO(目標管理制度)、360度評価、バランス・スコアカード、OKR、コンピテンシー評価など、様々な評価制度が存在します。システムによって、制度に対応したフォーマットを用意しているものもあれば、自分でパーツやテンプレートを組み合わせてカスタマイズする場合など様々です。選ぶ際には自社が採用する人事評価制度に対応しているか、再現することができるかチェックしておきましょう。

アクセス制御のきめ細やかさ

タレントマネジメントで扱う情報は、評価情報をはじめ「閲覧者」を限定しなければならない重要情報がほとんどです。フォルダや階層に応じて閲覧制限をかける「アクセス制御」機能はどのシステムも搭載していますが、そのきめ細やかさは各々異なります。評価の過程で多くの評価者を経る場合には、拠点・部署・役職などで細かくアクセス制御をかけられるものを選ぶようにしましょう。

評価支援機能の有無

評価業務を「効率化したい」「効果的に行いたい」という場合にチェックすべきポイントです。たとえば、上司と部下の会話をすべて記録管理することで目標進捗の管理に役立てられる「1on1支援」や、エンゲージメントの強化や離職防止のための課題把握に役立つ「アンケート」「組織サーベイ」などが利用できると便利です。

導入支援メニューやサポート範囲

タレントマネジメントシステムはあくまでデータを収集・分析するための「箱」であり、それらを「どのようにして運用していくか」が重要です。プラットフォーム型はコンサルタントがついて導入を支援してくれますが(有償)、それ以外は初期投資が安価で済む分、サポート体制も異なります。利用目的・範囲が明確に定まっていない場合には、データの収集・活用法からサポートしてくれるサービスを選びましょう。

分析・診断機能の有無

よりデータドリブンな人事を行いたい場合は、集約した人事情報を高度に分析できるものがおすすめです。中には、個々の従業員の分析だけでなく、収集したデータをもとに「組織が状況にあって、今後どうしていくと良いのか」各組織の特徴に応じて、改善ポイントや推奨研修プログラムまでレコメンドしてくれるものも。レポートなどを作成する手間も省けます。

 

タレントマネジメントシステムの比較表

主なタレントマネジメントシステムの機能比較表(主要12システムを対象に計31項目で調査)を作成しています。上記したポイントに沿って、更に細かく、サービスごとに一覧で確認できるようになっています。

比較結果のポイントは以下の通りです。

  • タレントマネジメントシステムをうたうシステムは、基本プロフィール・スキルなどの登録・検索や人材データ分析に対応している。一方、人事評価機能が中心のシステムは基本プロフィールの管理にとどまることが多い。
  • 人事評価においては、OKR・MBO・360度評価・コンピテンシー評価などに網羅的に対応できるシステムがある一方で、OKRなど特定の評価手法に絞ったシステムもある。
  • 組織管理においては、顔写真付き組織図、異動シミュレーション、組織診断・分析、モチベーション・離職リスク分析などに対応しているシステムも多い。ただし、人事評価機能が中心のシステムはこれらに対応していない。
  • その他、目標管理や社員アンケート(従業員サーベイ)機能を持つシステムも多い。中には、採用情報の管理やeラーニング・研修の受講管理に対応したシステムもある。

「タレントマネジメントシステムの選び方ガイド(比較表付)」には機能要件の解説とともに、比較表が掲載されていますので、サービス選びにお役立てください。

タレントマネジメントシステム比較表イメージ

タレントマネジメントシステムの選び方ガイド

タレントマネジメントシステム

タレントマネジメントシステムの選び方ガイド

タレントマネジメントシステム

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

 

おすすめのタレントマネジメントシステム(単独型)

タレントマネジメントシステムの資料をDL

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

カオナビ(株式会社カオナビ)

カオナビ公式Webサイト

(出所:カオナビ公式Webサイト)

社員の個性・才能を発掘し、戦略人事を加速させるタレントマネジメントシステム。導入実績は3,300社以上。サービス名称にある通り、人材情報を「顔」を起点にまとめることで、社員の性格・特徴なども把握しやすいのが特徴。従業員を部署・評価テーブル・年代など様々な切り口からマトリックス表示させ、自由に並び替えられるため「どう配置するのが最適か」などイメージをふくらませやすい。
その他、身上申請を効率的に行うことのできる「ワークフロー」、従業員のコンディションを把握するための「パルスサーベイ」「人材採用アシスタント」、「適性検査」な、オプション機能も豊富。

  • 料金:要問い合わせ

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

タレントパレット(株式会社プラスアルファ・コンサルティング)

タレントパレット公式Webサイト

(出所:タレントパレット公式Webサイト)

様々なビッグデータの活用に取り組んできた同社がノウハウを活かして開発した人材情報分析に強みのあるツール。人材基本情報、過去の経歴、スキルや能力、内面や適性、社員の希望や考え、日々のモチベーションからエンゲージメントまでデータとして一括で扱うことができる。
社員一人ひとりの「今ある能力」を多角的にデータ分析し、いくつもの組み合わせをシミュレーションできるため、属人的な勘や好き嫌いにとらわれることなく、最高のチームを追求することができる。
「サンクスポイント」「健康管理・ストレスチェック」などユニークな機能を持つほか、「採用管理」「安否確認」に対応するなどカバー範囲も広い。

  • 料金:要問い合わせ

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

One人事[タレントマネジメント](One人事株式会社)

One人事[タレントマネジメント] _公式Webサイト

(出所:One人事[タレントマネジメント]公式Webサイト)

創業から30年以上の実績を持ち、中小企業から大手企業、官公庁まで幅広く利用されている人材情報管理・タレントマネジメントシステム。導入社数は720社以上、国立大学・国立高専機構などでは導入シェア78%を誇る。人事に関する様々な情報を自由な形で一元管理し、オリジナルのデータベースを構築することで、情報価値を向上させ、より柔軟な人材活用をサポート。特定の条件で人材をグルーピングしてグループごとに育成計画を立てるなど、横断的な人事戦略の実施も可能。
人事評価では、OKR・MBO・1on1・コンピテンシーなど、様々な評価方法に対応したテンプレートを備えるほか、承認フォロー制御や入力制御、点数算定などの機能もあり、自社の運用に合わせた目標管理を強力に支援してくれる。

  • 料金:月額50,000円〜

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら(インタビューあり)

CYDAS(株式会社サイダス)

CYDAS_公式Webサイト

(出所:CYDAS公式Webサイト)

従業員一人ひとりの「働きがい」に着目し開発されたタレントマネジメントシステム。人材データの一元管理や組織図、人材検索などの基本機能に、「目標管理」や「新入社員育成計画」「1on1」「配置シミュレーション」といった多様な機能モジュールを追加可能。たとえば、導入初期の段階では、人材データの一元化と目標管理・評価制度の整備に注力し、翌年はキャリア育成と社内コミュニケーションの活性化を目標に。そして数年後には、組織状況を分析し、事業拡大を目指すといったように、企業の目的やフェーズに合ったシステムにカスタマイズできる。費用面での無駄を抑えられる点も魅力。

  • 料金:要問い合わせ

詳細はこちら

ジョブスイート タレンツ(株式会社ステラス)

ジョブスイート タレンツ公式Webサイト

(出所:ジョブスイート タレンツ公式Webサイト)

シリーズ累計1,000社以上の導入実績を誇る「ジョブスイート」シリーズのタレントマネジメント版。企業の戦略人事の実現と経営効率化を推進する組織活性化プラットフォームとして利用可能。
所属組織、保有スキル、職務適性、趣味・性格、過去の評価、アンケート、職位・等級など従業員に関する様々な情報を集約可能。蓄積された情報を従業員・組織単位など様々な切り口から抽出・解析することで、現在および将来の経営課題に対応できる強固な体制づくりが期待できる。写真付きの組織図を使えば、従業員をドラッグ&ドロップするだけで簡単に異動シミュレーションも可能。

  • 料金:要問い合わせ

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

ヒトマワリ(株式会社Touch&Links)

ヒトマワリ_公式Webサイト

(出所:ヒトマワリ公式Webサイト)

人材データベース、BI、組織シミュレーション、評価・ワークフロー・アンケート、採用管理の5つの機能を備えるクラウド型人材管理システム。BI機能では人員の基本推移・人材構成推移・勤怠推移・グレード・給与推移・離職分析などを通じて、組織を可視化。「どこに問題があるか」の早期発見と改善策の立案が期待できる。
また、人事データベースは顔写真つきで、ドラッグ&ドロップで直感的に異動シミュレーション可能。兼務・主務の情報や平均・合計基本給与額や滞留年数も連動して表示するため「その人を動かすと組織がどう変わるのか」を簡単に把握可能。より効果的な異動を行うことができる。

  • 料金:月額20,000円〜

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら(インタビューあり)

クレクタ(マイナビ株式会社)

クレクタ公式Webサイト

(出所:クレクタ公式Webサイト)

マイナビが開発・提供する人材マネジメントツール。スキル、学習歴、異動歴、評価などの人材データを一元管理し、AIを用いて分析することで、適材適所な人材配置や育成に活かすことが可能。従業員の強み・弱みを明確にするパーソナリティ診断、組織のエンゲージメント状態を測定するエンゲージメント診断、更にハイパフォーマーの共通点を明らかにするペルソナ分析など、多様な診断機能を搭載。
他にはない特徴としては、eラーニング機能を搭載しており、マイナビが制作した様々なコンテンツ(各階層向け・採用担当者向けなど)を受講可能。配信対象や配信時期の特定も可能なため学習インフラとしても利用できる。

  • 料金:要問い合わせ

詳細はこちら

SUZAKU(株式会社エスユーエス)

SUZAKU公式Webサイト

(出所:SUZAKU公式Webサイト)

採用や適材適所など「人と組織」のマッチングに強みを持つタレントマネジメントシステム。「適材配置」「育成」「リテンションマネジメント」「採用」「評価」の5つの機能で人的資源の活用を推進してタレントマネジメントを実現できる。
既存の評価情報やスキルなどの人材情報に加えて、「組織心理学」をベースとしたアセスメント・サーベイで人材情報や組織全体の情報を収集。従来は人事担当や経営者が経験や勘に頼っていた人事に関しても、AIが様々な組織データから導いた予測モデルに基づいて、個社ごとに活躍する人材・離職する人材はどういう特徴を持っているのか、特徴を分析し、判断と意思決定をサポートしてくれるのが心強い。

  • 料金:要問い合わせ

詳細はこちら

 

おすすめのタレントマネジメントシステム(プラットフォーム型)

入社から退社まで、従業員にまつわる情報をプラットフォームで一元管理管理したい場合におすすめのタイプです。大手・グローバル企業での導入実績が豊富で、多言語対応や様々な評価制度に対応しているのが特徴です。

タレントマネジメントシステムの資料をDL

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

SAP Success Factors(SAPジャパン株式会社)

SAP Success Factors公式Webサイト

(出所:SAP Success Factors公式Webサイト)

世界的に高いシェアを持つSAP社が提供する人事・人材管理システム。177カ国 35 言語に対応し、全世界で7,000 社を超える企業に利用されている。日本でも凸版印刷、シャノン化粧品などで導入実績あり。
人事情報管理・組織・給与・評価・研修・採用など多彩な機能を備えており、人・組織にかかわる情報を一元管理可能。必要機能を業務単位で切り分けて利用することも可能で、大企業に関わらず、導入例の中には従業員数4名で導入した企業も。SAPが提供する「業務改善」「営業支援」「データ分析」などのソリューションと組み合わせることで、更に効果的に利用することも可能。

  • 料金:要問い合わせ

詳細はこちら

Workday(ワークデイ株式会社)

Workday公式Webサイト

(出所:Workday公式Webサイト)

企業の会計・営業・人材など、あらゆる領域を可視化することのできるエンタープライズ向けの人材管理システム。日本でも日本経済新聞社、sansan、HITACHIなど多くの企業で導入実績あり。
人事情報に関しても「入社」などの人事発令から、その後のタレント情報、更に勤怠、給与などの履歴まで共通基盤で一元管理可能。蓄積したデータをジョブディスクリプション(職域や業務遂行に必要な職務/職務プロファイル)に照らして必要人材を抽出したり、柔軟に分析・モニタリング可能。世界2,700企業グループの匿名のベンチマークデータと自社データを比較することもできるのも心強い。

  • 料金:要問い合わせ

詳細はこちら

COMPANY(株式会社Works Human Intelligence)

COMPANY公式Webサイト

(出所:COMPANY公式Webサイト)

国内大手の約3社に1社が利用すると言われる大手向け統合人事システム。企業ごとの個別開発を必要としないERPパッケージソフトで、大手企業で必要とされる機能を幅広く備えており、その中から選択的に活用できる。
タレントマネジメントは人事・給与システムと一体型のため、人事情報の更新・給与計算等の日々の業務を行うだけで自動更新可能。リアルタイムの情報をもとに組織人事の分析を行うことができる。指標も多種多様で社員数の推移や離職の傾向等、自由に分析指標を追加可能。要因分析のほかにも、研修管理やキャリア・スキル管理・後継者管理機能を備えた「人材開発」、海外拠点の人事情報・組織情報なども含めて一元管理できる「グローバルタレントマネジメント」を利用可能。

  • 料金:要問い合わせ

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

 

おすすめのタレントマネジメントシステム(シリーズ連携型)

タレントマネジメントシステムの資料をDL

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

HRBrain(株式会社HRBrain)

HRBrain公式Webサイト

(出所:HRBrain公式Webサイト)

人事・現場が使いやすい、顧客満足度に定評のあるタレントマネジメントシステム。「人材データ管理」「配置シミュレーション」「組織分析」「人材育成」「人事評価」「アンケート」などあらゆる業務を効率化し蓄積したデータをもとに効果的な人事戦略を実現。
「組織診断サーベイ」は採用から離職まで、あらゆる課題を抽出。独自の設問に加えて、自社の課題に合わせて設問のカスタマイズも柔軟に対応。組織だけでなく個人一人ひとりの人材データを可視化し、優秀人材の離職防止やエンゲージメント向上を実現。
導入実績2,500社以上。直感的に操作できるUIやカスタマーサクセスによる手厚いサポートも強み。

  • 料金:要問い合わせ

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら(インタビューあり)

HRMOSタレントマネジメント(株式会社ビズリーチ)

HRMOSタレントマネジメント公式Webサイト

(出所:HRMOSタレントマネジメント 公式Webサイト)

「ビズリーチ!」のCMでもおなじみの同社が手掛ける人財活用システム。顔写真付きの組織図では、現在だけでなく過去の情報も蓄積・管理可能。部署・組織の変遷はもとより、従業員の入社時からの異動履歴や獲得スキル・役職の変遷などを確認することで、より有効な人材配置・抜擢が期待できる。
組織診断サーベイや個人コンディションサーベイに対応し、組織や個人の状態を把握できる。その他、従業員数推移・平均勤続年数・性別構成比・退職者数推移など、豊富な種類の分析レポート機能が搭載されており、それを利用すれば会社の状態も簡単に可視化可能。同シリーズの採用管理クラウドと連携すれば、採用から一気通貫で人材管理可能。

  • 料金:要問い合わせ

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

WiMS/SaaS人事考課システム(株式会社ソリューション・アンド・テクノロジー)

WiMS/SaaS人事考課システム公式Webサイト

(出所:WiMS/SaaS人事考課システム公式Webサイト)

大手企業を中心に豊富な実績を誇るWiMSシリーズの機能をベースにしたクラウド型人事考課システム。人事考課における目標設定、自己申告、評価、評定値算出、面談までの一連のフローをクラウド上で対応可能。単純作業の負担を減らすことで、本来の人事考課への注力が期待できる。
また、上場企業への豊富な提供実績を持っているため、幅広い評価制度に柔軟に対応でき、それらに合わせてワークフローや職種別の評価シート等も可能。算出した評点は、人事給与システムに連携させることで、賞与・昇給の計算にも利用可能。評価だけでなく、人事業務全般の効率化も期待できる。

  • 料金:要問い合わせ

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら(インタビューあり)

 

まとめ

タレントマネジメントシステムについてご紹介してきました。要点(よく聞かれる質問)を以下、改めてまとめてありますので、システム選びの参考にしてください。

タレントマネジメントとは?

従業員の個性・才能・スキルなどのタレント(資質)を対象に含み、査定のためだけでなく、より良い人事戦略(人材開発・人材活用)を目的にあらゆる情報を管理することです。

タレントマネジメントシステムの機能は?

人事評価に関するデータを一元管理・可視化することで、評価業務の効率化や人材開発(採用・育成)の最適化が期待できます。また、「組織内にどんな人がいるのか」人材情報を正確に把握できるため、適材適所の人事を行えます。更に公平・納得感のある評価や人事施策を通じて、従業員の離職防止を図れます。

タレントマネジメントシステムにはどんなタイプがあるのか?

タレントマネジメントシステムは特徴によって「単独型」「プラットフォーム型」「シリーズ連携型」といくつかのタイプに分かれます。タレントマネジメント機能を利用できれば十分であれば「単独型」、これを機に他の従業員の情報(人事履歴・勤怠・給与など)も一元管理したい場合は「プラットフォーム型」、勤怠管理や給与計算などの周辺業務も効率化したいのであれば「シリーズ連携型」とおすすめも異なります。

自社に合ったシステムを選ぶ際は、まず導入目的沿って選んで、その後、「人材データベースの使い勝手の良さ」「どの人事評価手法に対応しているか」「アクセス制御のきめ細やかさ」「評価支援機能の有無」「導入支援メニューやサポート範囲」「分析・診断機能の有無」など各種ポイントに応じて比較検討してみましょう。

タレントマネジメントシステムをお探しの方は、こちらからサービス紹介資料をダウンロードいただけます。

タレントマネジメントシステムの資料をDL

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

タレントマネジメントシステムのさらに詳しい選び方はこちらの選び方ガイドをご覧ください。

タレントマネジメントシステムの選び方ガイド

タレントマネジメントシステム

タレントマネジメントシステムの選び方ガイド

タレントマネジメントシステム

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

 

インタビューやサービス詳細はこちら

カオナビ

3.6 11件の口コミ・評判

カオナビ

3.6 11件の口コミ・評判

導入実績約3,300社。社員の個性・才能を発掘し、戦略人事を加速させるタレントマネジメントシステム。柔軟で高性能な機能だけでなく、使いこなすためのサポートが充実...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

タレントパレット

タレントパレット

あらゆる人材データを一元化・分析し、組織力を最大化させるタレントマネジメントシステム。人事にマーケティング思考を取り入れることで、人事業務を効率化させるだけでな...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

One人事[タレントマネジメント](旧称:スマカン)|インタビュー掲載

One人事[タレントマネジメント](旧称:スマカン)|インタビュー掲載

経営層や人事担当者向けのクラウド型人材情報管理・タレントマネジメントシステム。創業から30年以上の実績を持ち、中小から大手、官公庁まで幅広く利用されています。...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

ジョブスイート タレンツ

ジョブスイート タレンツ

人事分野のDX推進をサポートする組織活性化プラットフォーム。人材管理システムに、人事業務管理の要素をプラス。人事の価値向上と戦略経営をサポートします。...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

ヒトマワリ|インタビュー掲載

ヒトマワリ|インタビュー掲載

手厚いサポートと価格に強みを持つクラウド型人材管理システムです。人材データベース・BI・評価・採用管理・アンケートなど豊富な機能。導入費用0円、月額20,000...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

COMPANY

COMPANY

国内大手の約3社に1社が利用する大手向け統合人事システム。入社から退職に至るまでの人事業務をすべて網羅。コンセプトが評価され続け、10年超利用ユーザーは600法...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

HRBrain|インタビュー掲載

4.7 3件の口コミ・評判

HRBrain|インタビュー掲載

4.7 3件の口コミ・評判

「⼈事評価」「⽬標管理」「タレントマネジメント」をカンタン・シンプルに管理できるクラウドサービス。使いやすさにこだわったUIと専任担当による手厚いサポートが特長...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

人財活用システム「HRMOS(ハーモス)タレントマネジメント」

人財活用システム「HRMOS(ハーモス)タレントマネジメント」

株式会社ビズリーチが開発・提供するタレントマネジメントシステム。人事・評価の業務効率化だけでなく、人材データを活用した配置・育成、従業員サーベイ、1on1支援で...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

WiMS/SaaS人事考課システム|インタビュー掲載

WiMS/SaaS人事考課システム|インタビュー掲載

WiMS/SaaS人事考課システムは、 人事考課における目標設定、自己申告、評価、評定値算出、面談までの一連のフローを行うクラウド型人事考課システムです。...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

このページの内容をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
TOPへ戻る

資料ダウンロードフォーム

1分で簡単登録。無料

入力フォームはこちら

登録済みの方はこちら

パスワード再発行

アスピックご利用のメールアドレスを入力ください。
パスワード再発行手続きのメールをお送りします。

アンケートにご回答ください。

サービスの導入検討状況を教えてください。

  • 資料請求後に、当該資料に含まれる「サービス提供会社」や弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
  • ご案内のため、アスピックにご登録いただいた会員情報を弊社より「サービス提供会社」に対して電子データにて提供いたします。
  • 利用規約とプライバシーポリシーに同意の上、ダウンロードいただきます。

ご回答ありがとうございました。

ご登録いただいているメールアドレスにダウンロードURLをお送りしています。ご確認ください。

CLOSE