ASPIC公式サービス【アスピック】

  • TOP
  • 特集記事
  • 無料・低価格で使えるワークフローアプリ11選。タイプ別に紹介

無料・低価格で使えるワークフローアプリ11選。タイプ別に紹介

無料・低価格で使えるワークフローアプリ11選。タイプ別に紹介

最終更新日:2022-09-15

ワークフローアプリの導入によって、社内稟議をはじめとした様々な業務の申請・承認を効率化したい方へ。無料のワークフローアプリでできることやタイプ、低価格での利用も含めたおすすめのサービスをご紹介します。

目次

無料で使えるワークフローアプリとは?

ワークフローアプリとは、複数人が関わる業務の中で発生する一連のやり取りを、システムで自動化するためのアプリです。紙やメールを使った申請・承認は、上司の不在や見落としといった理由で滞ってしまうことが多々ありました。

しかし、アプリを使って自動化すれば、申請・承認にかかる手間や時間を省くことができ、業務全般の効率化にもつながります。

ワークフローアプリを導入することで、どんな効果が得られるのか知りたいという場合は、まずは無料アプリを使ってみるのも一手。

本記事では、完全無料で使えるワークフローアプリや、一定の条件下で無料利用できるアプリに加えて、安価な有料アプリをご紹介します。

ワークフローアプリをお探しの方は、こちらからサービス紹介資料をダウンロードいただけます。

ワークフローアプリの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

 

無料で使えるワークフローアプリのタイプ

無料で使えるワークフローアプリは主に4つのタイプに分類できます。それぞれの特徴について解説します。

①特化型のワークフローアプリ

ワークフローの自動化を目的に、開発・提供されているアプリ。申請フォームの作成やスマホ対応、承認経路の作成など、ワークフローアプリとしての機能が充実しています。

容量や利用人数の制限なしに無料で使い続けられるアプリは多くないため、発展的な継続利用にあたっては、有料プランを前提として検討する必要があります。

②グループウェア型のワークフローアプリ

チームや組織内のコミュニケーションを円滑にするための機能を持つグループウェア。その中の1機能として、ワークフローが提供されています。

ワークフロー専用のアプリではないので、特化型に比べると機能は限定的。作成できる申請書フォーマットに制限があったり、AND承認やOR承認、飛び越し承認に対応していなかったりするので、高度なワークフロー自動化には適していません。

また、入力不備や回収漏れを防ぐ機能、申請書の誤削除防止のための権限設定、操作ログの確認といった、承認者の管理工数削減に役立つ細やかな機能は、ほとんど搭載されていない点も考慮しておきましょう。

あくまでも最低限のシンプルな申請・承認さえ対応できれば良いという組織向けといえます。

③オープンソース型のワークフローアプリ

オープンソース型は、自社でサーバーを用意したうえでインストール・設定すれば、基本的に無料で使い続けられます。

ワークフローの設定をカスタムすることで、様々な申請・承認に対応できるシステムもあるので、自社内での運用管理体制が整っている場合におすすめです。

④汎用ツールを使って自社で作成するワークフローアプリ

無料で使えるGoogle FormsやGoogleスプレッドシートをベースに、シンプルなワークフローアプリを作成することもできます。スクリプトを作成する必要がありますが、難易度は高くないので、参考資料を読めばエンジニアでなくても作成可能。

ただし、簡易的なシステムしか作れないので、承認経路の設定といった複雑なフロー構築には向きません。シンプルなシステムでもカバーできる、小規模な組織におすすめです。

 

主な無料のワークフローアプリ(特化型)

無料で使える、特化型のワークフローアプリをご紹介します。

SmartFlow(VeBuIn株式会社)

SmartFlow公式Webサイト

(出所:SmartFlow公式Webサイト)

稟議・申請プロセス、報告業務をデジタル化することで、業務プロセスのスピードアップと見える化を推進するクラウドワークフローシステム。社外からでも使いやすいモバイルファーストなUIが特徴で、ペーパーレス化の促進にも役立つ。システム内でのやり取りは完全にデータ化されるため、証跡の検索、集計や可視化が可能。有事へのリスク対策にもなる。
80種類の申請書テンプレート、分岐を含めた承認経路の構築、詳細な分岐条件の設定ができるなど、ワークフロー機能が充実している。最大20ステップの業務フローにも対応。
フリープランの場合は、利用者20名まで/申請回数は月間30回までの制限あり。ただし、有料版も比較的安価なので、導入効果が認められたらプラン切り替えも選択肢となる。

  • 料金:なし(20ID・申請回数30回/月まで) ※有料プランは月額275円/ID、初期費用なし

詳細はこちら

 

主な無料のワークフローアプリ(グループウェア型)

無料で使える、グループウェア型のワークフローアプリを3つご紹介します。

GRIDYグループウェア(ナレッジスイート株式会社)

GRIDYグループウェア公式Webサイト

(出所:GRIDYグループウェア公式Webサイト)

スケジュール機能や設備予約、タイムカード、プロジェクト管理など、全23機能が無料で使えるグループウェア。社外メンバーをシステム内に招待する「グループ」機能や、ファイルの共有など、他社グループウェアでは有償オプションになっていることが多い機能も搭載されている。
ワークフロー機能では、申請書類のテンプレート作成や申請、承認・決裁・確認、履歴の保管などに対応。また、ワークフローの画面を印刷することもできる。ユーザー数の制限なく、無料利用が可能だ。
有料版として提供されている「Knowledge Suite」も、月額10,000円でユーザー数無制限と低価格で利用することができる。

  • 料金:なし

詳細はこちら

iQube(株式会社ガイアックス)

iQube公式Webサイト

(出所:iQube公式Webサイト)

およそ9,000社で利用されているクラウド型グループウェア。10IDまでなら無料で全機能を利用することができる(ストレージの容量やコンテンツ数に制限あり)。スケジュールやメッセージ、社内wiki、ファイル共有など、様々な機能がそろう。
ワークフロー機能は、申請フォームを柔軟にカスタマイズできたり、フォームごとに承認比率条件(全員承認など)や経路の自動選択といった経路設定ができたりと、かなり高機能。
人数制限なしの有料プランは月額700円/ID〜だが、ワークフローや掲示板、タイムカードといったテレワークに必要な機能に絞ったテレワークプランなら、月額300円/ID〜で導入が可能。

  • 料金:なし(10IDまで登録可能) ※有料プランは月額300円/ID、初期費用なし

詳細はこちら

GROUPSESSION(日本トータルシステム株式会社)

GROUPSESSION公式Webサイト

(出所:GROUPSESSION公式Webサイト)

民間企業や自治体、教育機関、医療機関などで利用されている高品質なグループウェア。無料版でもユーザー数無制限で使用することができ、スケジュールや掲示板、施設予約、ファイル共有といった豊富な機能がそろう。
ワークフロー機能は、申請の進捗確認や申請通知など、業務効率化に役立つ機能が充実。オリジナルの申請フォーム作成や、申請経路が構築できるなど、カスタマイズ性に優れているのも特長だ。ほかにも、迅速な承認を実現するため、代理人の設定やスキップ機能などを搭載。申請ファイルをほかの形式へとエクスポートすることもできる。

  • 料金:なし ※有料プランは月額300円/ID〜

詳細はこちら

 

主な無料のワークフローアプリ(オープンソース型)

無料で使える、オープンソース型のワークフローアプリを2つご紹介します。

Exment(株式会社カジトリ)

Exment公式Webサイト

(出所:Exment公式Webサイト)

無料で制限なく利用できるデータ管理Webシステム。WindowsやMac、Linuxでの利用に対応している。「顧客管理」「プロジェクト・タスク管理」「IoTログ管理」「製品販売会社用テンプレート」など、業務や業種に応じたテンプレートが用意されているので、設定に手間をかけずに利用開始できる。複数のテンプレートを組み合わせて、顧客情報と契約情報をワンストップで管理することも可能だ。
ワークフロー機能では、「申請」「承認」「却下」など、標準的なステータス・アクションのみに対応した汎用型ワークフローに加えて、条件によってアクションを分岐させられるカスタム対応型(テーブル専用)も用意。無料ながらも、ある程度複雑な承認経路が構築できる。

  • 料金:なし

詳細はこちら

シラサギ(株式会社ウェブチップス)

シラサギ公式Webサイト

(出所:シラサギ公式Webサイト)

Ruby、Ruby on Rails、MongoDBで動作するオープンソースグループウェア。数千人規模の組織にも対応することができる。
ワークフロー機能では、2段階以上の承認ルートの設定、承認依頼時や差し戻し時にコメントの入力、代理承認、回覧経路の設定などに対応。スムーズな申請・承認を可能にする機能が充実している。ワークフローのほかには、スケジューラーやToDo、設備予約、在席管理、メッセージなど、有料のグループウェアに負けない機能がそろう。
インストールや初期設定の代行サービスを提供しているので、社内に専門家がいなくても導入可能。また、有料の講習会サービスやサポートサービスを受けることもできる。

  • 料金:なし

詳細はこちら

 

無料のワークフローアプリ(自社で作成)

簡単なワークフローアプリなら、Google Formsを使って作成できます。通常はアンケートフォームや問い合わせフォーム作成に使われるツールですが、Google App Scriptと併用することで、ワークフローアプリとして機能させられるのです。

下記にて、ワークフローアプリ作成の大まかな流れを解説します。

1. Google Formsで申請書を作成する

申請書のタイトルや部署名、申請者名、件名、内容といった項目を入力。各項目に対する入力方法は、自由記述に対応している「記述式」か「段落」に設定しましょう。部署名や申請者名など、少ない文字数で答えられる項目は「記述式」、それ以外は「段落」を選ぶのがおすすめです。

2. 回答を集計するためのGoogleスプレッドシートを作成

「回答」タブから、「スプレッドシートの作成」のアイコンをクリックすると、フォームを介して送られてきた回答をスプレッドシート上で集計できるようになります。申請・承認の履歴を残しておくために、この設定を忘れないようにしましょう。

3. スクリプトエディタを使って、メール送信機能を実装する

メニューアイコンから「スクリプトエディタ」を選択し、メール送信のためのスクリプトに書き換えます。そして、トリガーを作成すれば、フォーム送信と同時にメールも送られるようになります。

更にスクリプトを追加すれば、フォームに記入した内容をメール表示することも可能です。詳細は出典元のHPをご参照ください。

4. 承認機能を追加する

新しいスクリプトを作成し、メール本文の「承認」リンクをクリックするだけで、承認完了できる機能を追加します。こちらも詳細は出典元のHPをご参照ください。
(出典:「GoogleForm を使ってワークフローを自作してみよう(Vol.26)」

以上の手順で、無料のワークフローアプリが作成できます。高度な機能が必要でない場合は、アプリの自作も選択肢となるでしょう。

 

低価格で使えるワークフローアプリ

最後に、1ユーザーあたりの月額費用が300円前後と、低価格で利用できる有料ワークフローアプリを5つご紹介します。

なお、有料ワークフローアプリの選び方については、「ワークフローシステムの比較。タイプ別の電子稟議の選び方」にて詳しく紹介しています。

まとめて資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

HUEワークフロー(株式会社ワークスアプリケーションズ)

HUEワークフロー公式Webサイト

(出所:HUEワークフロー公式Webサイト)

既存の紙の申請書を取り込めば最短10分で設定が完了し、すぐに運用スタートできるクラウド型のワークフローシステム。申請・承認にかかる作業時間の大幅な削減が期待できる。メールやチャット通知からのワンクリック承認にも対応しているので、いつでもどこでもすぐ承認が行えるように。申請内容について確認事項がある場合には、チャット形式で問い合わせができる。
また、外部システムと連携することで、文書管理や電子契約、ファイル共有といった申請・承認後の関連作業まで自動化が可能だ。申請データの自動集計・レポート作成機能も搭載されているので、集計作業や報告にかかる時間や手間の削減につながる。

  • 料金:月額300円/ID

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

承認TIME(SBIビジネス・ソリューションズ株式会社)

承認TIME公式WEBサイト

(出所:承認TIME公式Webサイト)

マルチデバイス・マルチOS対応、最短1週間で導入できるワークフローシステム。外出先や出張先、リモートワーク中でも、スピーディーに社内文書の申請・決裁を行い、保管業務の効率化にも役立つ。簡単な操作で承認フォームやフロー構築ができ、バージョンアップや保守メンテナンスも不要だ。
OR承認やAND承認はもちろん、複雑な承認ルートの設定、議事録や報告書の回覧ルート設定に対応している。承認、確認状況も可視化する。申請書にはWord、Excel、PDFといった複数ファイルの添付が可能だ。
自動翻訳ソリューション「Wovn.io」を連携させれば、メニューや書き込み内容を多言語に翻訳できるので、グローバル展開をする企業におすすめ。

  • 料金:月額300円/ID、初期費用なし ※10IDから利用可能

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら(インタビューあり)

バクラク申請(株式会社LayerX)

バクラク申請公式Webサイト

(出所:バクラク申請公式Webサイト)

シリーズ累計2,000社以上で導入されている「バクラク」シリーズのクラウドワークフローシステム。主に請求書の申請・承認に利用されている。
様々なフォーマットの請求書をAIが自動でデータ化。複数枚同時のアップロードにも対応している。申請手続きをすると、チャットアプリ経由で承認者に通知が届き、そのまま承認・却下ができる。
同シリーズの「バクラク請求書」や「バクラク経費精算」と連携させれば、支払申請と同時に仕訳と振込データが自動作成されるなど、更なる業務効率化が可能に。

  • 料金:要問い合わせ

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

Gluegent Flow(サイオステクノロジー株式会社)

Gluegent Flow公式Webサイト

(出所:Gluegent Flow公式Webサイト)

紙の申請書のデザインをそのまま電子化できるワークフローシステム。60種類以上のテンプレートが用意されており、類似の内容をコピーしてカスタマイズできるほか、HTMLエディターやGoogle ドキュメントでの作成も可能。Google Workspace、Microsoft 365とのアカウント連携により、IDやパスワードを入力することなくスムーズにGluegent Flowへ遷移できるため、ユーザーにストレスをかけることなく利用できる。
グループウェアのほか、ChatworkやSlackなどのビジネスチャットツールとの連携も強化。業務とシステムをつなぐことで、業務の自動化や業務プロセスの最適化に貢献する。

  • 料金:月額300円/ID~、初期費用なし

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

rakumo ワークフロー(rakumo 株式会社)

rakumo ワークフロー公式Webサイト

(出所:rakumo ワークフロー公式Webサイト)

Google Workspace と連携し、社内外の稟議・契約締結、業務フローを電子化する稟議システム。マルチデバイス対応でどこからでも承認が行え、差し戻しの際にはコメントを入れられるのでやり取りの効率化にもつながる。Googleドライブと連携すれば、稟議や決裁に必要な書類添付が可能に。
前後の経緯や稟議の進捗がひと目でわかるUIに加えて、対応の優先度を指定できるので、申請の見落とし・滞りの防止に役立つ。豊富なテンプレート、柔軟な承認経路設定、多言語対応といった業務効率化に役立つ機能も充実。

  • 料金:月額300円/ID、初期費用なし

詳細はこちら

 

まとめ

業務に関わる申請・承認作業は必要不可欠なもの。しかし、「早く承認をもらいたいのに上司がずっと会議に出ている」「デスクに申請書が溜まっていないか、確認のために出社しないといけない」といったストレスを抱えている人は少なくありません。テレワークが普及したことで、紙ベースの申請・承認作業への不満が高まっている職場も多いようです。

簡単なワークフローであれば、無料アプリでも十分に効率化が可能です。また、利用する人数が限られているのであれば、ワークフロー特化型アプリを無料で使い続けられるでしょう。Google Formsを使って、ワークフローアプリを自作することもできます。

自社の規模や、申請・承認フローの実態に合わせて、本記事でご紹介した4タイプの中から最適なアプリを探してみてください。

ワークフローアプリをお探しの方は、こちらからサービス紹介資料をダウンロードいただけます。

ワークフローアプリの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

 

インタビューやサービス詳細はこちら

HUEワークフロー

HUEワークフロー

1ユーザー月額300円。今あるExcelファイルをアップロードするだけで、誰でもすぐに使えるワークフローシステム。申請・承認にとどまらない業務全体の効率化とDX...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

承認TIME|インタビュー掲載

承認TIME|インタビュー掲載

330円/IDから使えるクラウド型のワークフローシステム。稟議申請、捺印申請をはじめとした社内文書の申請・決裁業務を電子化。スマートフォン/マルチOS対応で、ス...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

バクラク申請

バクラク申請

稟議システムと会計システムのデータの分断による非効率を解消し、スピーディーな申請・承認を実現する次世代クラウド稟議システム。AI-OCRで請求書を自動でデータ化...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

Gluegent Flow(グルージェントフロー)

Gluegent Flow(グルージェントフロー)

Google WorkspaceやMicrosoft 365との連携に強みを持つクラウド型ワークフロー。場所や時間、端末にとらわれず稟議や申請の承認・決裁が可能...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

このページの内容をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
TOPへ戻る

資料ダウンロードフォーム

1分で簡単登録。無料

入力フォームはこちら

登録済みの方はこちら

パスワード再発行

アスピックご利用のメールアドレスを入力ください。
パスワード再発行手続きのメールをお送りします。

アンケートにご回答ください。

サービスの導入検討状況を教えてください。

  • 資料請求後に、当該資料に含まれる「サービス提供会社」や弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
  • ご案内のため、アスピックにご登録いただいた会員情報を弊社より「サービス提供会社」に対して電子データにて提供いたします。
  • 利用規約とプライバシーポリシーに同意の上、ダウンロードいただきます。

ご回答ありがとうございました。

ご登録いただいているメールアドレスにダウンロードURLをお送りしています。ご確認ください。

CLOSE