ASPIC公式サービス【アスピック】

  • TOP
  • 特集記事
  • 定期通販カートシステム比較8選。メリットや導入パターンは?

定期通販カートシステム比較8選。メリットや導入パターンは?

定期通販カートシステム比較8選。メリットや導入パターンは?

最終更新日:2022-11-15

定期通販やD2Cビジネスを手掛けている事業者の方へ。売上の向上や業務効率化に役立つ、定期通販に特化したカートシステムの導入パターンやメリット、自社にあったシステムの選び方をご紹介します。

目次

定期通販向けカートシステムとは?

定期通販向けカートシステムとは、定期購入型のECサイトの構築・運営に特化したシステムです。

定期通販型のECサイトは、決まった商品を定期的に届けるという特性があるので、汎用型のカートシステムよりも特化型のシステムを導入したほうが、サイト運営の効率化が見込めます。

また、使い勝手の悪いサイトだとカゴ落ちしてしまったり、継続率が下がってしまったりするので、ユーザビリティを考慮する必要もあるでしょう。本記事では、サイト運営効率化に加えて、CVRやLTV向上も期待できる定期通販特化型のカートシステムを紹介していきます。

なお、汎用型のECサイト構築ツールは「ECサイト構築ツール。タイプや目的別の選び方」でご紹介しています。

カートシステムをお探しの方は、こちらからサービス紹介資料をダウンロードいただけます。

カートシステムの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

 

定期通販向けカートシステムのメリット

定期通販向けカートシステムを導入することで得られるメリットは大きく6つ。それぞれを解説していきます。

①定期購入者の管理を自動化

定期通販サイトの運営には、定期購入者の決済手続きや配送手配に加えて、中止・再開の対応、解約対応、購入周期の変更といった業務が発生します。定期購入者が少ない間はExcelでも管理できますが、規模が拡大してきたら管理を自動化できるシステムの導入がおすすめです。

Excel管理のままだと、顧客対応の遅れや対応ミスが発生して、顧客の不満や定期解約につながる恐れも。

②フォーム一体型LPによる購入率の向上

ECサイトでは、商品ページから購入フォームや決済ページへ遷移させるなど、ページ間の移動が多いと、途中離脱やカゴ落ちのリスクが高まってしまいます。たとえば、「ecforce」のようにページ遷移のないフォーム一体型のLPを簡単に作成でき、顧客情報入力フォームにEFO(入力フォーム最適化)機能が搭載されているものを利用すれば、顧客の離脱を防ぎ、手間なく購入率向上が期待できます。

③多様な決済手段による機会損失の防止

顧客が希望する決済手段がないのも、購入機会損失の原因の一つです。そのため、様々な決済手段を用意しているカートシステムを選ぶ必要があるでしょう。クレジットカードやコンビニ払いはもちろん、Amazon PayやID決済、キャリア決済など、多様な決済手段に対応していると、新規顧客獲得にも効果的です。

④広告管理の効率化

新規顧客獲得のためのネット広告の出稿・管理も欠かせません。そして、どの広告施策が受注につながっているのかが分かれば、より効率的に広告を打つことができます。たとえば、「リピスト(株式会社PRECS)」の広告代理店管理機能では、受注数の計測や広告施策ごとの集計も可能に。広告別のLTV分析にも対応しています。

⑤販促メール施策の効率化

定期通販では、購入時のサンクスメールやフォローメール、シナリオに沿ったステップメールなど販促施策を上手く活用することが重要です。継続率向上だけでなく、アップセル・クロスセルを目指すためには、顧客を属性別にセグメント分けして属性に合ったメールを配信できる「楽楽リピート」や、その他、購入完了ページに属性に応じて別の商品を紹介してまとめ買いを促す「ecforce」のようなシステムがおすすめです。

⑥販売促進施策の多様化

クーポン配信による購買喚起、期間限定ポイントの付与、会員ランクに応じた特典など、メール配信以外にも様々な販促施策があります。多様な販促施策を用意することで、顧客のロイヤルティ形成、アップセル・クロスセル、他社との差別化といった効果が期待できるでしょう。

 

定期通販向けカートシステムの導入パターン

どのように定期通販向けカートシステムを自社ECに導入するのか、3つのパターンから解説します。

①カートシステムのサイト構築機能ですべて構築

多くの定期通販向けカートシステムに搭載された、サイト構築機能や決済機能を使って、いちからECサイトを構築するパターン。定期通販サイト運営に特化した機能をフル活用できる、1つのシステムでECサイトの運営ができる、といったメリットがあります。

②LPのみで構築

LPの下部に注文や届け先の入力フォームが設置され、ページ遷移なしで決済完了できるのがフォーム一体型LP。途中離脱やカゴ落ち対策として優秀であることに加えて、複数商品の販売にも対応しているので、様々な業種での利用が可能です。その利便性から近年では、LPをECサイトとして利用する事業者も増えています。

③CMSと連携して構築

ECサイト自体はWordPressなどのCMSで構築し、カート機能として通販カートシステムを導入するパターン。自由度の高いサイトや、大規模なサイトを構築したい場合は、この導入パターンがおすすめです。

 

定期通販向けカートシステムの比較のポイント

導入システムを検討する際に抑えておきたい、4つの比較ポイントを紹介します。

①マイページと管理項目の対応範囲

定期購買の開始後、配送時期の変更やキャンセル、解約といった手続きは、顧客自身がマイページで完了できると、問い合わせ対応が削減できて便利です。

加えて、配送周期の設定範囲や、中止・再開・変更のステータス管理といった管理機能も要チェック。これらの機能の柔軟性はシステムによって異なるので、必要な要件を満たしているか確認が必要です。

②複数の販売形態への対応

同じ商品の定期販売だけでなく、頒布会販売やセット販売といった販売方法も実施したい場合、様々な販売形態に対応可能なシステムを導入する必要があります。

特に、毎回違う商品を継続的に届ける頒布会販売は、顧客に特別感や限定感を与えられるので、フルーツなどの季節商材を扱う事業におすすめです。

③受注・出荷管理機能の充実度

受注・出荷情報を販売管理システムなどと連携させたり、定期注文登録や決済を自動化したりといった、管理業務効率化機能は定期通販サイトの運営に欠かせません。さらに、受注伝票、納品書、領収書などの作成もできると、大幅な業務負担軽減が期待できます。
また、商品や購入回数によって同梱物を設定できる機能など、顧客満足度アップにつながるものも。

④LINE連携への対応

ほとんどの定期通販カートシステムはメール配信機能を搭載していますが、顧客層によってはメールよりもLINEのほうが開封率や反応率が高くなることも。LINEとの連携可否も大事なチェックポイントです。

 

主な定期通販向けカートシステム

おすすめの定期通販向けカートシステムを8つご紹介します。

カートシステムの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

楽楽リピート(株式会社ネットショップ支援室)

楽楽リピート公式Webサイト

(出所:楽楽リピート公式Webサイト)

定期通販サイトの構築・運用に必要な機能が揃った、リピート通販・D2C特化型のカートシステム。
商品配送周期の指定や、継続・休止・解約の申し込み、お届けサイクル・お届け商品・お届け先住所などのMYページ変更など、定期通販サイト運用業務の効率化に役立つ機能が充実している。また、LP一体型フォームやエントリーフォーム最適化機能といったカゴ落ち防止機能、会員ポイントやクーポンなどの販促機能も搭載。業務効率化と売上向上の両方に強みを持つ。
オプションの連携サービスも多彩で、LINE連携によるメール配信やポイント付与、「Flipdesk」を使ったWeb接客などが可能に。

  • 料金:月額49,800円〜、初期費用68,000 円〜。別途決済手数料あり

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら(インタビューあり)

W2 Repeat(旧称:リピートPLUS)(W2株式会社)

W2 Repeat公式Webサイト

(出所:W2 Repeat公式Webサイト)

定期通販に特化した800以上の機能や、豊富な決算手段が揃う、定期通販特化型カートシステム。LTVを最大化させる販促機能や、顧客管理・業務効率化機能が搭載されており、平均売上成長率354%、業務効率化コスト60%削減という実績を持つ。人気の機能に、フォーム一体型LP、受発注処理の自動化機能、サンクスページでのアップセル機能、細やかな条件指定によるステップメール機能など。
クレジット決済はもちろん、キャリア決済や後払い決済、各種決済サービスなど、豊富な決済手段が選べるのも魅力。加えて、連携可能な決済パートナーも多数揃う。
システムの使い方から業務での疑問点まで、カスタマーサクセスチームによる手厚いサポートが受けられるのも特長。

  • 料金:月額49,800円〜。初期費用49,800円〜。その他決済手数料など

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

ecforce(株式会社SUPER STUDIO)

ecforce公式Webサイト

(出所:ecforce公式Webサイト)

数多くのEC・D2Cブランドを運用する同社が自らのノウハウを活かして開発したECプラットフォーム。ECのサイトの立ち上げ・運営に必要な機能を豊富に備えており、フォーム一体型LPを簡単に作成できるだけでなく、マイページ、ポイント管理、会員ランクなどの機能を用いて、自社の定期販売に合った環境を構築可能。
また、マーケティング分析にも長けており、「誰がどこの広告経路から流入してきたか」「どのような人が継続しやすいのか」などを通じて施策を最適化。購入完了ページから別商品を訴求できるアクションオファー機能やセット販売機能などを利用すれば、アップセル・クロスセルも生み出しやすい。

  • 料金:要問合せ

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

リピスト(株式会社PRECS)

リピスト公式Webサイト

(出所:リピスト公式Webサイト)

個人事業主から大手通販事業者まで、様々な規模・業種のD2C、サブスクリプション、定期通販サービスの構築・運用を可能にするECカートシステム。CVRとLTVの向上に強みを持ち、1,500社以上で導入されている。
カゴ落ちを防いでCVR改善にも役立つフォーム一体型LPや、顧客単価向上につながるアップセル機能などで、ECサイトの課題を解決。さらに、広告の管理・運用に役立つ、代理店管理機能や、広告ごとのLTVを見える化するLTV集計機能も搭載している。
柔軟な定期サイクル設定や定期コースの初回オファー、購入回数に応じた同梱物の設定など、定期通販に必要な機能も完備。食品や飲料品の頒布会販売にも対応している。

  • 料金:月額14,800円〜、初期費用29,800円。その他決済手数料など

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

サブスクストア(テモナ株式会社)

サブスクストア公式Webサイト

(出所:サブスクストア公式Webサイト)

サブスクリプションサービス、D2C、定期通販に特化した単品通販・定期通販カートシステム。業界シェアトップクラスで、大企業からスタートアップ企業まで累計1,000社で導入されている。導入企業で平均年商が年間で132%向上したという実績を誇る。
商品管理、顧客管理、仕入・出荷管理、販促管理、売上・分析管理など、様々な管理業務がシステム上で一元化できるため、大幅な業務負荷軽減が見込める。広告ごとのLTVの確認、購買・流入経路の分析もできるので、広告の費用対効果が明確になり、効率的な広告施策が実施可能に。
また、専門のカスタマーチームが電話やメールによる無料・無制限のサポートを提供し、導入後の売上拡大をフォロー。コンサル・サポートの手厚さにも定評がある。

  • 料金:月額49,800円〜、初期費用69,800円〜。その他決済手数料など

詳細はこちら

侍カート(株式会社FID)

侍カート公式Webサイト

(出所:侍カート公式Webサイト)

基幹システム、顧客管理機能、各種分析機能、外部システムとの連携機能を備えた、定期単品リピート通販・D2C向けのショッピングカートシステム。
フォーム一体型LPと簡易EFOでカゴ落ちを防ぎ、アップセル機能で顧客単価のアップ、ステップメールで販促・ロイヤル顧客育成を行うなど、効率的なECサイト運営に役立つ機能が多数揃う。分析機能も充実しており、広告別LTV分析、定期継続率分析、定期購入LTV分析などが可能。さらに、ほぼ毎月機能アップデートが行われ、搭載機能は500種以上にものぼる。
外部の基幹システムやMAツール、ショップ一元化ツールなどとの連携もできるなど、拡張性の高さが強み。

  • 料金:月額70,000円〜、初期費用100,000円〜

詳細はこちら

たまごリピート(テモナ株式会社)

たまごリピート公式Webサイト

(出所:たまごリピート公式Webサイト)

サブスクリプションや頒布会販売に特化したクラウド型通販システム。マルチデバイス対応のショッピングカート機能やステップメールの自動送信機能、多様な分析機能によって、定期通販サイトの運営を効率化する。分析機能は、顧客分析、広告分析、売上分析、定期分析など。
定期コースのお届け日や支払い方法、お届け先などの変更はマイアカウントから手続き可能。お届け日の連絡や出荷のお知らせといったフォローも自動化できる。さらに、他モール店舗の注文をCSVデータとして取り込んで一括管理したり、商品梱包時に必要な納品書・ピッキングリストを出力したりといった、バックヤード管理機能も充実している。

  • 料金:月額49,800円〜、初期費用69,800円。その他決済手数料など

詳細はこちら

カラーミーリピート(GMOペパボ株式会社)

カラーミーリピート公式Webサイト

(出所:カラーミーリピート公式Webサイト)

商品登録から販売開始まで最短10分でショップオープンできるリピート通販システム。カード決済の審査手続きや待ち時間も不要。すでに自社サイトやネットショップがある場合は、リンクタグを埋め込んでリピート通販を行うこともできる。また、専門知識がなくても簡単に作成できるLP一体型フォームも人気だ。
配送サイクルは毎週・毎月・隔週・1〜12カ月に1回の間隔が指定できるほか、日にちや曜日での指定、複数サイクルの指定が可能。
初期費用不要、販売開始までは無料での利用が可能など、他サービスに比べてコストを抑えられるというメリットも。決済サービスも初期費用・月額費用が無料で、決済手数料のみで利用できる。

  • 料金:要問い合わせ

詳細はこちら

 

まとめ

定期通販やサブスクリプションサービスは、通常のEC事業よりも安定した売上が得られるというメリットがあります。一方で、新規顧客獲得や購入継続のための工夫が必要だったり、事業拡大と比例して管理・運営業務が膨れ上がったりといった課題も。

これらの課題解決に役立つのが、定期通販に特化したカートシステムです。安定した事業拡大、売上向上を目指すためには、自社にあった定期通販カートシステムの導入が必要となるでしょう。

新規顧客獲得につながる「広告管理機能」や「フォーム一体型LP機能」、購入継続のための「ステップメール機能」や「クーポン機能」はもちろんのこと、「マイページと管理項目の対応範囲」や「複数の販売形態への対応」「受注・出荷管理機能の充実度」といった比較ポイントをチェックして、適切なシステム導入に役立ててください。

カートシステムをお探しの方は、こちらからサービス紹介資料をダウンロードいただけます。

カートシステムの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

 

インタビューやサービス詳細はこちら

楽楽リピート|インタビュー掲載

楽楽リピート|インタビュー掲載

定期通販・単品通販・リピート通販カートに必要な機能をすべて備えたカートシステム。サービス継続率97%で、導入企業の50%以上が他社カートからの乗り換え。かゆいと...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

W2 Repeat(旧称:リピートPLUS)

W2 Repeat(旧称:リピートPLUS)

導入実績750ショップ以上。定期購入型の販売に特化したクラウド型通販システムです。LTVの最大化や業務効率化などを支援する、リピート通販に必須の機能を網羅してい...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

ecforce

ecforce

ecforceは「売上を逃さない」ECプラットフォームです。受注や顧客の一元管理と多彩なマーケティング機能で離脱を防ぎ、集客を漏らすことなく、売上に変えられます...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

リピスト

リピスト

D2Cの単品/定期通販に特化したEC構築プラットフォーム。フォーム一体型LPやアップセル・クロスセル、広告分析、電話での注文受付など、D2C/定期通販に必要な機...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

このページの内容をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
TOPへ戻る

資料ダウンロードフォーム

1分で簡単登録。無料

入力フォームはこちら

登録済みの方はこちら

パスワード再発行

アスピックご利用のメールアドレスを入力ください。
パスワード再発行手続きのメールをお送りします。

アンケートにご回答ください。

サービスの導入検討状況を教えてください。

  • 資料請求後に、当該資料に含まれる「サービス提供会社」や弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
  • ご案内のため、アスピックにご登録いただいた会員情報を弊社より「サービス提供会社」に対して電子データにて提供いたします。
  • 利用規約とプライバシーポリシーに同意の上、ダウンロードいただきます。

ご回答ありがとうございました。

ご登録いただいているメールアドレスにダウンロードURLをお送りしています。ご確認ください。

CLOSE