ASPIC公式サービス【アスピック】

LeySerKids(レーザーキッズ)|インタビュー掲載

LeySerKids(レーザーキッズ)|インタビュー掲載

幼稚園・こども園で働く先生の様々な業務を効率化する園務効率化クラウドサービスです。出欠管理、保育日誌、指導要録などの作成や、保護者とのアプリを通じた欠席連絡、お知らせ連絡などが行えます。

CLOSE

資料ダウンロード (無料)

資料ダウンロード (無料)

こちらから「園務支援システム」の資料を一括でダウンロードできます。

一括資料ダウンロード (無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

サービス概要

LeySerKids(レーザーキッズ)は、幼稚園・こども園で働く先生の様々な業務を効率化する園務効率化クラウドサービスです。出欠管理、保育日誌、指導要録などの作成や、保護者とのアプリを通じた欠席連絡、お知らせ連絡などが行えます。

主なポイント

  • 先生用スマホアプリでほとんどの業務を行える

PCに加えて、先生用スマホアプリでも出欠管理や保育日誌作成等が可能なので、隙間時間に作業を進めることができます。
また、スマホアプリで入力した情報はクラウド上に保管されます。出欠管理表や指導要録などの細かなレイアウトを含む書類の印刷は、PCから出力できますので、アプリとPCのいいところを活用して業務を行えます。

  • 保護者とのやりとりを効率化

保護者はスマホアプリを通じて、欠席連絡や園からのお知らせ受信ができるので、電話や紙による連絡がなくなり、先生にとっても保護者にとっても効率的にやりとりできるようになります。

  • 園の運営業務も効率化

納付金管理や行事管理からSNSを使った園児募集まで、幼稚園・こども園の運営業務を支援します。

 

事業者インタビュー

「先生の働き方を変えよう」という共通認識があれば業務効率化が一気に加速

レーザーキッズ_インタビュー写真

グレープシティ株式会社 レーザー事業部 プロジェクトリーダー 櫻井 晋様(左)
プロダクトマネージャー 李 軍様(中央)、マーケティング担当 小椋 靖雄様(右)

­―「LeySerKids」とはどのようなサービスなのでしょうか?

「LeySerKids」は、幼稚園やこども園で働く先生の様々な業務を効率化する園務効率化クラウドサービスです。

対象ユーザーは、幼稚園・こども園の先生と園児の保護者であり、先生はPCのブラウザもしくはスマートフォンの先生用アプリで、保護者はスマートフォンの保護者用アプリで利用します。幼稚園やこども園の規模には関係なく、園児が30人程度から700名まで幅広く利用いただいています。

機能としては、先生が日常的に行う管理記録の支援として、例えば、園児の情報管理、出席簿管理、日々の保育日誌作成、指導要録作成のための機能を有しています。さらに、保護者とのコミュニケーションを効率よくする機能として、園からの日々のお知らせ配信や災害時の緊急連絡、保護者からの欠席連絡や相談メッセージの送信などの機能を有しています。

「LeySerKids」は2017年リリースと新しいサービスですが、当社の学校向け業務支援サービスであるLeySerシリーズは全国で3,300校以上の実績を有しますので、これまでの学校向けの業務ノウハウやクラウドサービスの知見を活かしてサービスを開発しています。

―「LeySerKids」はどのような目的で導入されることが多いのでしょうか?

一番は先生の業務の効率化です。先生は常に多忙で事務作業を落ち着いて行う時間を取りづらく、時間外労働につながることも多々あります。その中でも、欠席連絡の電話対応やお知らせ業務を効率化したい、文書を効率的に作成したい、という目的で利用されます。

欠席連絡においては、電話連絡だと、先生は電話を取るために早く来なければならない、電話を取れる場所にいなければならないという問題があります。保護者にとっても特定の時間帯しか電話をかけられない、電話が混んでいてつながらない、という不便があります。

お知らせにおいては、都度紙を作成して配布では先生の手間がかかりますし、メール配信だけでは既読かどうかわからず別途確認が必要、ということもあります。

さらに、文書作成においては、出欠管理簿、保育日誌、指導要録などの作成が必要ですが、紙への記入だと時間がかかることが多々あります。例えば、指導要録は、決められた書式の狭い欄に書き間違えなく大事なことを書かなければならないので、一度別の紙にメモ書きしてから、清書するという先生もいらっしゃいます。

「LeySerKids」を利用すれば、アプリで欠席連絡やお知らせのやりとりができ、隙間時間を活かして文書を作成できるので、業務がはかどるようになります。

―「LeySerKids」の特長を教えていただけないでしょうか?

まず一つ目は、先生用アプリでほとんどの業務を行える点です。「LeySerKids」は、PCのブラウザからの利用とスマホアプリからの利用のどちらにも対応しているため、先生にとって得意な方を利用して業務を行っていただけます。ただし、幼稚園・こども園では、PCの台数が少なく利用の順番待ちも起こりうるうえ、落ち着いて作業できる時間が限られていますので、隙間時間を使ってスマホで出欠管理などの業務を進められるという点は特に好評です。

二つ目は、スマホなどのシンプルなUIで入力した内容を、システムが様々な形式の帳票に仕上げてくれる点です。指導要録など、手書きでも苦労する細かい記載欄に対して、「LeySerKids」は独自技術を応用し、きれいにレイアウトして出力することが出来ます。

―「LeySerKids」を上手く活用するコツはあるのでしょうか?

「LeySerKids」は先生の業務を効率化するサービスなので、園長先生や主任の方々が、「先生の働き方を変えよう」と変革の意思を持って取り組んでいただくと、活用が進みます。

幼稚園・こども園の先生は若い方も多いので、「LeySerKids」への理解や操作の習熟は早く、細かい説明なしに、利用を周知していただくだけでも活用が進みます。その際に、とりあえずお知らせくらいで使ってみよう、と始めるのか、それとも、先生の働き方を変えるために使えるものは使おう、となるかで進み具合が大きく変わります。やはり、目的の共通認識があると活用の徹底が進むので、その分業務効率化のスピードも速まります。

―「LeySerKids」の効果を高めるために力を入れていることはありますか?

機能強化を進める上でアンケートやユーザーインタビューの実施には力を入れています。2016年のサービス開発時は、5つのモデル園の協力を得て、試用いただきながら開発を進めていきました。その経験から現場の先生の意見やニーズを知ることが大事だと認識していますので、どの機能がどのような評価を受けているか、利用する上での不安はどこにあるのかなどのアンケートや、アンケートでは拾えない意見を得るためのユーザーインタビューを定期的に実施しています。

―今後はどのようなことに力を入れていくのでしょうか?

「LeySerKids」では、「忙しい先生の時間を、子どもとの時間へ」というコンセプトを掲げています。忙しい先生を少しでも楽にすることができれば、その分、園児に向き合う時間が確保できますので、社会的にも子育てしやすい環境づくりにつながると考えます。

最近では、幼児教育無償化が開始されることに伴い、園側に新たな業務が増えることが想定されます。そのような社会的変化にも対応して、機能強化を進めることにより、先生の負担を軽減し続けたいと考えています。

 

料金

  • 月額20,000円~

料金は税別です。

 

会社概要

会社名 グレープシティ株式会社
代表者名 馬場 直行
資本金 9,000万円
所在地 〒981-3205 宮城県仙台市泉区紫山3-1-4

 

CLOSE

資料ダウンロード (無料)

資料ダウンロード (無料)

こちらから「園務支援システム」の資料を一括でダウンロードできます。

一括資料ダウンロード (無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

このページの内容をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
TOPへ戻る

ログイン

新規会員登録

会員登録をお願いします(1分で簡単登録。無料)

新規会員登録はこちら

パスワード再発行

アスピックご利用のメールアドレスを入力ください。
パスワード再発行手続きのメールをお送りします。

アンケートにご回答ください。

サービスの導入検討状況を教えてください。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。利用規約とプライバシーポリシーに同意の上、ダウンロードいただきます。

ご回答ありがとうとございます。

ご登録いただいているメールアドレスにダウンロードURLをお送りしています。ご確認ください。

CLOSE