ASPIC公式サービス【アスピック】

  • TOP
  • 特集記事
  • 管理会計システムの比較12選。タイプ別の選び方

管理会計システムの比較12選。タイプ別の選び方

管理会計システムの比較12選。タイプ別の選び方

最終更新日:2021-12-22

Excelや会計ソフトでの管理会計に限界を感じている方へ。従来よりも広範囲かつ精緻に分析する管理会計システムのタイプや比較ポイント、主なソフトについて紹介します。

目次

管理会計システムとは?

管理会計システムとは、管理会計に必要な予算実績管理や原価管理を効率化するシステムです。従来の管理会計では、経営層に報告するために毎月、実績の入力を各部署に依頼し、その数字をもとに資料を作成するフローにおいて、多大な労力が必要でした。管理会計システムでこれらの業務を効率化すると、分析や評価といった重要な業務に集中できるようになります。

では、管理会計システムを導入する具体的な目的は、どこにあるのでしょうか。Excelとの違いや主な機能と併せて見ていきましょう。

管理会計システムの目的

管理会計システムの主な目的は2つ。予算実績管理や原価管理の「入出力の負担を減らすこと」と「管理会計データの利用を迅速化・短縮化すること」です。

予算実績管理や原価管理では、全社単位で行うだけでなく、部門別、プロジェクト別、製品別などで管理したい場面も多いでしょう。また、より精緻な分析のために店舗別、地域別などの単位で管理したい企業もあるかもしれません。

これらの情報を集約するために、手動で各部門に入力依頼をし、集めたデータを手作業で入力し、表やグラフに集計していると多大なロスが発生します。工程だけで2〜3日かかるというケースも珍しくありません。部門長ごとの入力における進捗状況を確認したくても、リアルタイムでの把握は困難な場合もあるでしょう。

管理会計システムでは、各部門での予算や実績の入力、データの集計、表やグラフの作成を自動化してくれるツールが多くあります。また、部門ごとの入力状況をすぐに把握できるツールも。

Excelとの違い

企業規模が小さい場合、あるいは部署単位や自部門のみで管理会計を行う場合は、Excel上で予実や原価を集計・管理していくような運用も可能でしょう。実際に多くの企業は管理会計をExcelで行っています。

しかし、企業の成長とともに部署や取り扱い製品、プロジェクト数が増加するほど、Excelのシートが過剰になったり、データの取り込みや入力依頼などが複雑化したりと、運用が困難になっていきます。

また、Excelは自由度が高い分、管理者それぞれの方法で関数や入力方式が設定されていくため、属人化が進みやすい傾向にあります。そして、担当者が部署異動や退職をしてしまうとメンテナンスができないというケースも生じます。

管理会計システムであれば、管理対象が拡大・細分化していく場合でも、入出力をフォーマットに沿いながら作成できる機能が搭載されており、自由度の高さを残したまま、属人化しない構造になっています。

管理会計システムの主な機能

管理会計システムには様々な機能がありますが、主に、「情報収集」「集計・加工・入力」「報告・レポーティング」の3つに大別できます。

  • 情報収集では、Excelやスプレッドシート、会計システムからのインポート、フォーマットの自動生成と送付、配賦、収集進捗管理などの機能があります。
  • 集計・加工・入力では、財務シートへのコメント、変更履歴の確認、仕訳入力・検索、繰越管理、データ一括処理などを搭載。
  • 報告・レポーティングでは帳票管理・検索、ドリルダウン分析、帳票出力などを備えています。

多言語や多通貨に対応したもの、内部統制・監査に対応したツールもあるため、各社の機能を比較すると良いでしょう。

 
管理会計システムをお探しの方は、こちらからサービス紹介資料をダウンロードいただけます。

管理会計システムの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

 

管理会計システムのタイプ

管理会計システムのタイプは、主に「経営管理に幅広く使えるタイプ」「予実管理中心のタイプ」「会計ソフトに機能が搭載されているタイプ」の3つに分けることができます。それぞれの特徴を見ていきましょう。

経営管理に幅広く使えるタイプ

予算実績管理、原価管理だけでなく、経営管理に関する様々な機能を備えたタイプのシステムです。たとえば、「BizForecast(プライマル株式会社)」は、Excel資産を有効活用することをコンセプトにしたシステムで、これまで蓄積したノウハウをベースに製造計画、在庫計画、販売計画、設備投資計画といった業務での活用事例が豊富にあります。

また、「CCH Tagetik(Tagetik Japan株式会社)」は、財務報告、開示管理などで活用が可能です。報告書の一貫性を維持できる標準テンプレートや、作成した報告書を関係者に自動転送する機能、カスタマイズ可能なワークフローなどを搭載。財務報告に必要な各種書類の作成や共同作業の迅速化に役立ちます。マルチGAAP(複数会計基準による財務報告)要件、EBA(欧州銀行監督機構)報告、IFRS(国際財務報告基準)開示要件に準拠しており、グローバル展開している企業にとっても安心です。

予実管理中心のタイプ

予算実績管理に特化したタイプのシステムです。「Loglass(株式会社ログラス)」や「DIGGLE(DIGGLE株式会社)」などが該当します。Excelや会計ソフトとの連携で実績データの取り込みをしやすく、マスタ管理の情報更新の容易さ、進捗管理や分析のしやすさに強みのあることが特徴です。

「Loglass」では、Excelや会計ソフトから取り込んだデータはワンクリックで統合・反映されるため、すぐに分析業務に移ることができ、データ収集の手間を大幅に低減できます。また、マスタ管理については、簡単な操作で組織や科目階層の変更を管理でき、突発的な組織再編や管理会計のルール変更に対して迅速な対応が可能です。「DIGGLE」では、予算データと総勘定科目突合を自動化できるので分析業務に時間を集中させられるようになります。

会計ソフトに機能が搭載されているタイプ(ERP搭載型含む)

会計ソフトに管理会計の機能が搭載されているタイプの製品です。「勘定奉行(株式会社オービックビジネスコンサルタント)」や「弥生会計(弥生株式会社)」が該当します。導入済みの会計ソフトを活用するとコストを抑えられる点がメリットですが、会計ソフトの一部・オプションという位置づけとなるため、機能が限定的になります。たとえば、予算実績管理での実績は仕分データになるので、仕分データに入らないものは分析できないといった制約があります。

 

管理会計システムの比較のポイント

続いて、管理会計システムを導入する際、どの点を比較すべきか、ポイントをご紹介します。

対応できる帳票の範囲

製品ごとに対応できる帳票が異なり、汎用的に対応するもの、あらかじめ対応している帳票しか出力できないものなど様々です。

たとえば、「勘定奉行」の管理会計オプションは、自社独自の視点を盛り込んだ会計帳票を時間を掛けずに作成できることが強みの帳票作成ツールで「部門別変動損益集計表」、「部門別利益率月次推移表」「販売管理費予定配賦表」「現預金内訳推移表」「部門別営業利益推移表」などの帳票出力が可能。その上で、科目体系・部門体系や帳票の縦軸・横軸を自由に設計することもできます。

まずは自社で使用している帳票を整理し、管理したい業務の自動化が実現できるか確認しましょう。

分析単位の細かさ

前項の「対応できる帳票の範囲」にも関連しますが、管理会計の対象となる単位のニーズもそれぞれであるため、事前に確認しましょう。事業規模が大きい企業では「部門別」「製品別」「プロジェクト別」、飲食業では、「店舗別」「地域別」「取引先別」「事業部別」などの角度からデータを分析できる必要があります。また、売上やコスト、損益だけでなく、受注額や棚卸資産などで推移を把握したい場合は、これらのニーズに対応できる仕組み・ツールが必要になります。

「Sactona(アウトルックコンサルティング株式会社)」では、部門別管理の他に、支店管理や販売店管理、事業別、地域別、機能別など細かい単位での分析が可能。「クラウドERP ZAC(株式会社 オロ)」は、事業部、チーム、担当者、クライアント、代理店、サービスごとに売上や利益の予測レポートを出力できます。

原価の配賦方法

配賦機能がある管理会計システムでは、あらかじめ設定した比率にしたがって自動的に配賦を行います。シンプルな配賦設定を行う製品では大まかな配賦になりますが、たとえば「Bizforecast」の場合、配賦基準を「従業員数」「専有面積」「動力消費量」のように細かく設定することができます。また、相互配賦法や階梯式配賦法、それらを組み合わせた細かな会計ニーズに応えることも可能です。

 

主な管理会計システム(経営管理タイプ)

管理会計システムの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

Bizforecast(プライマル株式会社)

Bizforecast公式Webサイト

(出所:Bizforecast公式Webサイト)

BizForecastシリーズとして予算管理・管理会計、人事評価・目標管理、連結決算・連結会計、BI・グラフチャート、ワークフロー、開示・IR支援の6シリーズを展開。脱Excelではなく、活Excelを掲げていることが最大の特徴。Excelの入力インターフェース、集計・分析機能という長所を生かしながら、Excelの短所である情報共有や情報保全を解消することができる。
配賦方法についても細かく設定することができ、複雑な配賦処理を実行する場合でも事前にシミュレーション結果を確認しながら設定内容を調整することが可能。月額利用のSaaS型製品のほか、導入企業の要件に合わせる個別構築型のテーラーメイド構築でのサービス提供も行っている。

  • 価格:要問い合わせ

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら(インタビューあり)

CCH Tagetik(Tagetik Japan 株式会社)

CCH Tagetik公式Webサイト

(出所:CCH Tagetik公式Webサイト)

財務会計、コンプライアンス、法務などの分野でソリューションを提供する経営管理プラットフォーム。財務と各部門のデータを連動させ、連結会計と決算、財務計画、報告と分析、情報開示、コンプライアンスの各プロセスと合理化することができ、Analytic Information Hubエンジンを利用することで膨大な財務・業務データを素早く処理する。
予算編成・計画・予測、収益性分析、財務報告、開示管理、コンプライアンス規制報告の機能を搭載し、財務と事業部門のデータを連動させることで、いつでも一元化されたデータに基づく業務が可能。収益性分析では各部門のデータを徹底的に掘り下げて、収益性を左右する変数を把握し、what-ifシナリオ分析を通して収益性の高い分野にリソースを割くことができるようになる。

  • 価格:要問い合わせ

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら(インタビューあり)

Sactona(アウトルックコンサルティング株式会社)

Sactona公式Webサイト

(出所:Sactona公式Webサイト)

10ユーザーの小規模利用から1,000ユーザーを超えるような大規模利用までスケーラブルに対応できる、クラウド・オンプレミス対応型経営管理システム。予算編成、予算管理、見込管理、事業計画、予算実績管理などを効率化し、連結・部門別、製品別、支店別、販売店別、プロジェクト別管理など様々な領域に適用が可能。
データの取込みからレポート出力など単純定型業務を自動化するAutomation(オートメーション)機能を標準装備しており、データの取込みからレポート出力までをワンクリックで実行することが可能。また、見込データ等、各担当者が入力するデータは入力フォームからのデータ送信と同時に外貨換算、単純合算、連結消去データが自動作成されるため、ワンクリックさえも不要。「共通費の配賦」等、企業特有の処理も自動化することができる。

  • 価格:要問い合わせ

詳細はこちら

クラウドERP ZAC(株式会社 オロ)

ZAC公式Webサイト

(出所:クラウドERP ZAC公式Webサイト)

システム業、IT業、クリエイティブ業、イベント業、士業、コンサルティング業に強みのあるクラウドERP。販売管理、購買管理、予定表、勤怠管理、工数管理、経費管理、ワークフローなど様々な機能がある中で、経営モニタリングとプロジェクト管理などの機能が管理会計に利用可能。見込・引き合いの段階からシステムで案件を管理するため、将来的な売上・仕入・工数・経費の予定をシステムに一元入力すると、売上・利益予測を確実に把握することができる。
また、事業部・チーム・担当者・クライアント・代理店・サービス別など各種セグメントごとに売上や利益の予測レポートを出力できるため、明確な指標に基づいた経営判断が可能。
経営モニタリング機能では、プロジェクト利益や部門別採算が一定水準を下回った場合にシステムからアラート通知を行う。さらに、経営指標の異常値からドリルダウン分析により、原因の特定が可能。

  • 価格:要問い合わせ

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

multibook(株式会社マルチブック)

multibook 公式Webサイト

(出所:Multibook公式Webサイト)

世界25カ国、240社以上で利用実績を誇る、海外拠点管理に最適なクラウド型会計・ERPサービス。配賦機能を持ち、部門別やプロジェクト別のPL出力に対応。固定資産管理、IFRS16号リース資産管理機能、マネジメントコックピット機能等も備え、海外多拠点の経営状況をリアルタイム・一目で把握可能。製造・商社・飲食・建設など業種問わず、上場企業を中心に非上場企業まで幅広く利用されている。
世界11の言語と通貨に対応。現地法人の担当者は現地の言語、日本本社では日本語でログイン。各国の通貨で仕訳計上し為替換算することも可能。タイ歳入局より認証を受けるなど各国法・会計要件に対応しており、現地拠点の記帳ソフトとしても安心して利用できるのも心強い。

  • 料金:月額60,000円~(年間利用料720,000円〜)

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

iFUSION(株式会社インプレス)

iFUSION公式Webサイト

(出所:iFUSION公式Webサイト)

「Excelは使いたいけど、配布・収集・集計の手間は省きたい」という企業におすすめのExcel運用サポートシステム。入力させたいExcelフォーマットをWeb上に登録したら、あとはそれを各自がダウンロードして、入力・アップロードするだけ。「誰がダウンロードして、誰がしていないか」など収集状況だけでなく、「誰が・いつ・何をしたか」の操作ログも取得可能。ユーザー権限や承認ワークフローも細かく設定できるため内部統制にも有効。
関数や過去データなど変更されたくない部分は自動で保護されるので「難しい数式が壊れてしまった」などの心配もなし。予算編成・予算管理の他にも、週報/月報・原価管理・人事評価など様々な用途に利用できる。

  • 料金:要問い合わせ

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら(インタビューあり)

集計名人アタボー5(日本ラッド株式会社)

集計名人アタボー5公式Webサイト

(出所:集計名人アタボー5公式Webサイト)

利用中のExcelを使って自動集計できるデータベースアプリケーション。管理会計においては、たとえば、各部門の担当者へのExcel配信機能を使って、費用の実績入力を促し、自動集計して予実差異を把握するといった使い方ができる。その際、タスク管理機能を使って、担当者に作業を割り当てたり、未完了なものを差し戻したりといったことも行える。担当者にとっては役割に応じたメニューが表示されるので、やるべきことの見落としがなくなる。
更に、データ自動取り込み機能を使えば、基幹システムなどから出力したCSVデータを自動で取り込んで集計することもできる。

  • 料金:月額45,000円(ライトプラン)~

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

 

主な管理会計システム(特化型タイプ)

Loglass(株式会社ログラス)

Loglass公式Webサイト

(出所:Loglass公式Webサイト)

「テクノロジーで、経営をアップデートする」をミッションに掲げる経営管理クラウド。予算策定、予実管理、見込更新、管理会計のフローを効率的に仕組み化し、柔軟に経営戦略を打ち出すことができる。表計算ソフトや会計ソフトから取り込んだ実績データはワンクリックで統合し反映させることで、煩雑な集計業務を効率化。突発的に発生しやすい組織再編や管理会計のルール変更にも柔軟に対応することができ、管理会計を扱いやすくする。
Excelやスプレッドシートのフォーマットを自動的に生成し、各部門へ自動配布、提出されたデータはすべて自動的に統合されるので、予算・見込みの集計業務の工数を飛躍的に削減することが可能。タイムマシン機能では、各部門から提出されたデータの変更点が可視化されており、いつどこでミスが発生したのか追跡することができる。

  • 価格:要問い合わせ

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

DIGGLE(DIGGLE株式会社)

DIGGLE公式Webサイト

(出所:DIGGLE公式Webサイト)

予実管理に重点が置かれたクラウド管理会計システム。予実突合、見込み、分析、レポートの機能を搭載することで、属人的になりやすいExcel業務を削減し、経営報告をより早く、より正確に行うことができる。
事業部の予算消化状況と見込みを直感的なUIで可視化することで、経営判断のための正確な予測を実現。各事業部からの見込み数値を自動集計し、あらゆる角度から差異分析を実行。差異の原因を特定することで、予実差異に対する迅速なアクションを取ることができる。
「予算ID」と「変換機能」の活用により、予算・実績データの突合や取り込みフォーマットの変換を不要にし、月次会計データを取り込むと自動的に各種レポートを集計。また、入力したデータを自動集計し、レポート共有機能で担当者と定性的なコメントを共有できる。

  • 価格:要問い合わせ

詳細はこちら

Workday Adaptive Planning(ワークデイ株式会社)

Workday Adaptive Planning公式Webサイト

(出所:Workday Adaptive Planning公式Webサイト)

大企業や急成長企業での導入実績が多数ある予算管理クラウド。予算編成、配賦、予算・見通し管理、実績、経費・収益管理、ファイナンシャルクローズマネジメント、資産管理などの機能を搭載。経営判断や意思決定に必要な情報をSAP ERPやSalesforceなどの参照データと自動連携することで、期初予算、実績、見通しデータの一元化を実現。直感的でExcelのようなインターフェースのため、現場担当者に馴染みが良い。収益、経費、人員の計画とローリング予測が作成可能。
直感的なレポートとダッシュボードにより、財務・販売・運用実績のデータを視覚化することができ、対話式でセルフサービスレポートを作成できる。モバイルアプリケーションではスマートフォン、タブレット、ブラウザからも利用可能。為替、多言語にも対応。

  • 価格:要問い合わせ

詳細はこちら

 

主な管理会計システム(会計ソフトへの搭載タイプ)

勘定奉行 管理会計オプション(株式会社オービックビジネスコンサルタント)

勘定奉行 管理会計オプション公式Webサイト

(出所:勘定奉行 管理会計オプション公式Webサイト)

卸売業、製造業、小売業、建設業といった業種の会計・税務、人事・労務、販売管理などの幅広い分野で導入実績がある勘定奉行シリーズの管理会計オプション。自社独自の視点を盛り込んだ会計帳票を素早く作成可能な帳票作成ツールを提供。
自社独自の科目体系・部門体系や帳票の縦軸・横軸を自由に設計できるため、Excelの二次加工をなくし、予算・実績・非会計データを利用して自由度の高い帳票を作成できる。部門別変動損益集計表、部門別利益率月次推移表、売上対費用5期間比較表、一人当り損益計算書、純利益増減解析表など様々な帳票を自社用に設計して出力可能。

  • 価格:300,000円(管理会計オプション、スタンドアロン)

詳細はこちら

弥生会計22(弥生株式会社)

弥生会計22公式Webサイト

(出所:弥生会計22公式Webサイト)

確定申告、給与計算、見積・納品・請求書、販売管理、顧客管理ソフトウェアを提供する弥生の会計ソフト。機能の一部として経営分析・予算管理が可能。経営分析機能では、財務諸表の経年比較、営業利益率などを一覧表示する比率分析、収益と費用の分岐点を検証する損益分岐点分析、得意先の構成割合がわかるABC分析を行うことができる。
予算実績管理機能では、科目ごとに毎月や年間、半期ごとの予算を設定し、入力された仕訳データ(実績値)との比較や、部門別予算管理、売上予算の達成比率や毎月の経費を科目別に予算実績の比較が可能。また、配賦基準を設定することで、部門共通費を科目ごとの間接費として下位部門に配賦した予算実績対比表も作成できる。

  • 価格:80,000円(プロフェッショナル版 ベーシックプラン付き)

詳細はこちら

 

まとめ

管理会計は組織が大きくなるにつれ、Excelでの運用が限界に近づき、生産性が大きく低下する要因になります。管理会計システムを導入すると、管理会計に関わる様々な業務が効率化され、より重要な分析業務に集中することができます。

本記事で紹介した3つのタイプ「経営管理タイプ」「特化型タイプ」「会計ソフトへの搭載タイプ」から該当するタイプを選び、比較のポイントである「対応できる帳票の範囲」「分析単位の細かさ」「原価の配賦方法」を踏まえながら管理会計システムの導入検討を進めてみてください。

 
管理会計システムをお探しの方は、こちらからサービス紹介資料をダウンロードいただけます。

管理会計システムの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

 

インタビューやサービス詳細はこちら

BizForecast|インタビュー

BizForecast|インタビュー

予算実績管理ソフトウェアの市場シェアNo.1*の実績。「脱Excel」ではなく「活Excel」をコンセプトにしたグループ経営管理ソリューションです。...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

CCH Tagetik(シーシーエッチ タゲティック)|インタビュー掲載

CCH Tagetik(シーシーエッチ タゲティック)|インタビュー掲載

世界35ヵ国以上、1,200社の利用実績。予算編成から連結管理まで1つのシステムで管理できる経営管理の統合プラットフォーム。経営パフォーマンスの可視化を実現しま...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

クラウドERP ZAC

クラウドERP ZAC

導入実績800社以上。プロジェクト型ビジネスに特化したクラウド型ERP。業務を一元管理・効率化するだけでなく、損益を可視化することで、データに基づいた経営判断を...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

multibook

multibook

海外拠点管理に最適なクラウド型会計・ERPサービス。マネジメントコックピット機能、会計、在庫管理を中心としたロジスティクス機能、固定資産管理、IFRS16号リー...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

iFUSION|インタビュー掲載

iFUSION|インタビュー掲載

社内のあらゆるExcel業務を効率化できるExcel運用サポートシステム。使い慣れたExcelフォーマットをそのまま利用可能。予算管理の他、報告書や会議資料など...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

集計名人アタボー5®

集計名人アタボー5®

Excelの配布・収集・集計作業を効率化するExcel帳票管理・連携ツール。Excel業務の配布・収集・集計にかかる作業負担を軽減し、経営者・管理者向けのレポー...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

Loglass

Loglass

柔軟で高精度な事業推進を実現する経営管理クラウド。各部門のExcel・スプレッドシートを統合し、会計ソフトのデータを直接インポートすることで、予算・見込みの集計...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

このページの内容をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
TOPへ戻る

資料ダウンロードフォーム

1分で簡単登録。無料

入力フォームはこちら

登録済みの方はこちら

パスワード再発行

アスピックご利用のメールアドレスを入力ください。
パスワード再発行手続きのメールをお送りします。

アンケートにご回答ください。

サービスの導入検討状況を教えてください。

  • 資料請求後に、当該資料に含まれる「サービス提供会社」や弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
  • ご案内のため、アスピックにご登録いただいた会員情報を弊社より「サービス提供会社」に対して電子データにて提供いたします。
  • 利用規約とプライバシーポリシーに同意の上、ダウンロードいただきます。

ご回答ありがとうございました。

ご登録いただいているメールアドレスにダウンロードURLをお送りしています。ご確認ください。

CLOSE