ASPIC公式サービス【アスピック】

  • TOP
  • 特集記事
  • ガントチャート作成ツール比較14選。機能やタイプ別の選び方

ガントチャート作成ツール比較14選。機能やタイプ別の選び方

ガントチャート作成ツール比較14選。機能やタイプ別の選び方

最終更新日:2023-11-24

業務やプロジェクトの工程の全体像を可視化し、進捗やタスクの管理を効率化させたい方へ。ガントチャートツールについて、概要、機能、無料ツールでできる範囲を含め、具体的な製品の比較をご紹介します。

目次

ガントチャート作成ツールとは?

ガントチャート作成ツールとは、業務やプロジェクトのスケジュールや進捗を確認するための表「ガントチャート」を効率良く作成・利用できるツールのことです。

ガントチャートは、業務やプロジェクトの全体像を可視化して、関係者に共有することで、滞りなく工程を進めるために作成します。「いつ、誰が、何を」するか容易に把握できるので便利。ガントチャートは多くの企業で採用されており、作成ツールとしてExcelやスプレッドシートなどが使われることが多いです。

ただし、Excelやスプレッドシートだと、イチから作成することになるので手間を要します。また、複数名で同一のガントチャートを編集する場合、フォーマットや項目の変更のたびに周知しなければならず面倒です。

こうした課題を解決してくれるのが、ガントチャート作成ツールです。簡単な入力だけでガントチャートをスムーズに作れて、メンバーも状況を確認しやすい点が特徴。多彩な機能により、全体の情報共有やタスク管理の効率化を実現できます。

ガントチャート作成ツールをお探しの方は、こちらからサービス紹介資料をダウンロードいただけます。

ガントチャート作成ツールの資料をDL

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

 

ガントチャート作成ツールのメリット

ガントチャート作成ツールの活用により、主に以下のようなメリットを期待できます。

(1)ガントチャートの作成・編集の効率化

ExcelやCSVをインポートしたり、テンプレートを使って情報を入力したりするだけで、簡単にガントチャートを作成できるようになります。ガントチャートの多くはWebブラウザで操作するかたちで、ドラッグ&ドロップで簡単に変更、修正可能。操作性に優れているためチャート作成にかかる時間を効率化でき、複数の担当者が工程を変更、修正してもすぐに全員が把握できます。

(2)進捗管理の効率化

作業の更新があったり、プロジェクトが期限内に終わらなかったりしたときには、進捗の報告が自動通知されます。それによって、自分で追いかけなくても状況を把握できるようになり、進捗管理を効率化できます。ひとつのツールに情報を集約し、管理を完結できるので便利です。

(3)情報共有の効率化

ガントチャート上で、各担当者とダイレクトにコミュニケーションが取れるようになります。チャットツールなどを使わなくても、プロジェクトメンバーとスムーズに情報を共有できるようになります。

また、一つひとつのタスクに対してコメントできるので、タスクの内容に関する認識の齟齬防止にもつながります。こうした機能の総合力により業務を円滑に進めることができるため、その結果として業務の効率化を期待できます。

 

ガントチャート作成ツールの機能(できること)

ガントチャート作成ツールは、ツールによって対応範囲は異なりますが主に次のような機能を備えています。詳しい内容は以下をご参考ください。

(1)作成支援機能

ガントチャート

スケジュールを工程管理するためのガントチャートを作成し、編集や閲覧できる機能です。ガントチャートは、ドラッグ&ドロップなどの簡単な操作で作成したり、ExcelやCSVなどの外部データを読み込んで作成したりすることもできます。

カンバンボード

工程ごとのタスクを管理するカンバンボードを作成して、編集や閲覧できる機能です。タスク中のサブタスクや関連項目についても設定することができて、ガントチャートと連動して利用できます。

テンプレート

ガントチャートのテンプレートが用意されていれば、より簡単にガントチャートを作成できます。必要な項目があらかじめ設定されているので、入力漏れを防げます。自分でテンプレートを作成できるカスタム機能を搭載したツールなら、自社のルールなどを盛り込めます。

Excel出力

プロジェクト内で共有されているデータを、ExcelやCSVファイルとしてエクスポートし、利用することができる機能です。

ファイル添付

文書やPDFなどのファイルをタスクに貼り付けたり、データ共有をしたりできる機能です。ツールによってデータの容量に制限を設けている場合があるので、確認が必要です。

(2)通知機能

通知(締め切りアラート、更新通知など)

タスクの締め切りや内容の修正や更新があった際に、メンバーに通知することができる機能です。自分の担当、またはフォローしているタスクの更新情報の通知や、タスクの開始日時や締切日の事前通知などリマインドの用途で利用すると便利です。

外部連携

Googleカレンダーで開始日・締切日のあるタスクの連携や、チャット機能としてSlackやChatworkと連携できるなど、外部のツールと連携できる場合が多いです。

(3)共同作業を支援する機能

コミュニケーション

コミュニケーション機能として、絵文字を使ったメッセージのやり取りや、特定のメンバーをタグしてメンションできるツールもあります。更に、つぶやきのように気軽に書き込みできる機能、進捗報告を求める際にボタン一つで確認できる機能などもあります。

wiki

プロジェクト内または会社業務のナレッジを共有できるwiki機能を備えているツールもあります。会社全体についてのwikiとして利用すれば、ツールを社内でより幅広く使えるというメリットにもつながります。

検索機能

プロジェクトやタスクに紐づけてファイルを共有できるタイプなら、関わっているプロジェクトやタスク、担当者から該当ファイルを探しやすくなります。ツールによっては、検索条件を詳細に設定し、高度な検索をすることも可能です。

ワークフロー

プロジェクトの進行に必要なワークフローを組み込めます。上長への承認申請や、進捗状況を確認できるので、状況確認の手間がなくなり、業務の効率化につながります。

 

ガントチャート作成ツールの無料と有料の違い

ガントチャート作成ツールは、無料で使えるプランも多いです。まずは無料でツールを試してみて、使い勝手の良さや自社に合っているか確認してから導入していくことが望ましいです。

データ容量や利用する人数が増えると、結果的に有料プランに移行するパターンがほとんどなので、費用感についても確認しておくと良いでしょう。有料プランに切り替えた際に、付加される機能としては以下のものが挙げられます。

(1)マイルストーン

プロジェクトの進捗状況で、いつまでに何をどれくらい進めるかのマイルストーンを設定できます。短期だけではなく中長期のプロジェクトでも、全体の進捗を取りこぼさずにチェックできるところがメリットです。

(2)ゲスト機能

社外の担当者とガントチャートやプロジェクト内容の共有をしたい場合に、閲覧権限を付加して参加できるようになる機能です。ファイル添付に制限をつける、IPの制限による利用者の絞り込みなど行うことにより、自社内だけでなくツールを利用したい場合に便利です。

(3)高度な検索

無料版での検索機能に加え、プロジェクト名称、開始日、終了日といった条件で検索できるようになります。また、フィルタの絞り込み結果に連動して、タスクの表示カラーを変更するといったことも可能です。

(4)複雑なタスクの管理(依存関係など)

どのタスクが着手可能で、どのタスクがほかのタスクの完了を待っているのか、といった依存関係を明確にできます。仕事の優先順位を組み立てていく際に役立つ機能です。

(5)広告非表示

ツール使用時に表示される広告が非表示になります。広告は意外と目について、邪魔だと感じてしまう可能性もあるので、有料版に切り替える際のメリットのひとつだと言えそうです。

具体的なサービスの無料プランの内容をいくつか紹介します。有料化に切り替える際のユーザー数や容量の目安にしてください。

サービス名 ユーザー数 ストレージ プロジェクト数 広告表示
Brabio! 5ユーザー 50MG 無制限 なし
シェアガント 1ユーザー
(管理者)
100MG 5 あり
Jooto 4ユーザー 100MG 無制限 -

 

ガントチャート作成ツールのタイプ別の選び方

ガントチャート作成ツールには、タイプごとに強みがあります。大きく4つの強みに分類し、それぞれの特徴をまとめました。

(1)ガントチャートの作成・編集に強み

直感的な操作で、簡単にガントチャートを作成できるタイプです。作成時の操作性が優れており、無駄な機能がなく、シンプルな点が特徴です。ガントチャートを使い慣れていない際にも適しています。

たとえば、「ブラビオ」は、初心者専用のクラウドツールを謳っており、マウスを動かすだけで直感的に思い通りのガントチャートを作成できます。利用開始もメール登録だけで5人までなら期限なく無料で使えます。「Project Canvas」はインストール型で、ガントチャートと工程表の作成に特化。集計機能などの高度な機能は省いて、Windowsアプリを使い慣れたユーザーならすぐになじめるよう設計されているのが特徴です。

(2)タスク管理に強み

タスクのステータスを一目で把握し、管理しやすいタイプです。タスクの担当者を複数人選んだり、細かなタスク管理や割り振りをしたりする場合に適しています。情報の見せ方を工夫しているものが多く、業務負荷の偏りの解消にも適しています。

「monday」や「Jooto」はリストやタスクの期日を設定するだけでガントチャートを自動的に作成できます。タスクの締め切りが近い順、緊急度の高い順で表示でき、タスクを横断的に見渡すことも可能です。「Asana プロジェクトビュー」は、タスク状況をボードに貼り付け全体像を確認できるだけではなく、工程からタスクの洗い出しも可能です。メンバーの業務量管理機能もあり、プロジェクトに関わる人の負担を調整しやすくなります。

「Wrike」は、依存関係やマイルストーンの視覚化によってプロジェクトの進捗状況を一目で把握できます。複数のタスクを一括変更できるうえ、依存しているタスクも自動でリスケジュールされるので、常に最新の状況を共有可能です。

(3)スケジュール以外の管理機能にも強み

人的リソース管理、コスト分析、顧客管理、ソースコード管理といったプロジェクトで発生する管理業務全般に対応できるタイプです。ガントチャートやタスク管理などの様々な機能を内包して、高機能で拡張性も高いのが特徴。業務フローや仕事の進め方を改善していきたい場合に適しているといえます。

「Lychee Redmine」は、ガントチャートのほか、タイムマネジメント、稼働時間、稼働率、生産性を把握できるリソースマネジメント、プロジェクトの進捗・コストにおける健全性を予測するEVM(出来高管理)、バッファ(余裕期間)を見える化できるなど管理機能の種類が豊富です。

「Backlog」は、ソフトウェア開発などに適しており、バグ追跡に必要な情報を記録できる管理システムや、ソースコードの管理機能を備えています。「Bitrix24」は、プロジェクト、タスク管理だけでなく、マーケティング、ビデオ会議やチャット、勤怠管理や休暇申請、Webサイト構築まで幅広い機能を持っていて、ビジネス全体で使えると言っていいほどの多機能がポイントです。

(4)共同作業に強み

ガントチャートの作図に強みがあり、複数人で会議しながら一緒にチャートを作りたい場合に適するタイプです。簡易的なチャートをテンプレートで作り、アイデア出しをしていく、緻密なガントチャートを作成する前のたたき台として作成するといった場面で活躍します。

「Miro ガントチャートテンプレート」は、ガントチャートテンプレートに、図表作成に必要なフレームワークがすでに追加されているため、すぐに作業を開始できます。「Lucidchart」は、リアルタイムの共同編集、ビジネスチャット機能、資料や図へのコメント追加や共有などの機能を有しています。

「Cacoo」は、チャットはもとよりビデオ通話をしながらの共同作業も可能です。スライドショーモードを使えば、プレゼンテーションも行え、チーム内で気軽にフィードバックを送り合えます。

 

ガントチャート作成ツールの比較ポイント

ツールのタイプに加え、以下の点に着目して自組織に適したツールを絞り込んでいくとスムーズです。

(1)グループ設定の柔軟性

グループや権限などを設定する際の「作成の自由度」「セキュリティの担保」などに関する柔軟性に注目すると良いでしょう。たとえば、「ブラビオ」はゲストモードが設定されており、外部メンバーでもプロジェクト機能が利用できる「パートナー」とタスク機能のみ利用できる「ゲスト」のモードが搭載されていて、複数の業者をアサインしても「安全」かつ「適切」に情報共有を進めることができます。

また、「シェアガント」では、アカウントやプロジェクトごとにIP制限をつけて、決まったメンバーのみアクセスできる機能があります。「Jooto」は、まず組織メンバーの権限設定を「管理者」「スタッフ」「アカウント管理者」「ゲスト」の4つから選択できます。更にプロジェクト単位で「プロジェクトマネージャー」「メンバー」「サブメンバー」「外部メンバー」の4種類に権限設定が可能です。

(2)管理手法の柔軟性

タスク管理機能では多くの場合、スケジュールだけではなく、ToDo管理の機能を備えています。スケジュールとToDo機能を連携させるだけでなく、それぞれを分離独立させて管理できるかなど、自社の運用体制に合う管理を実現できるか確認しておきましょう。

「みんなでガント.com」は、ガントチャートのタスクに関連させてToDo機能を管理ができるほか、タスクと関連させずに、プロジェクト共有の作業や課題を管理することも可能です。

(3)ほかのガントチャートツールとの併用のしやすさ

「現在、別のガントチャートツールを使っていて乗り換えを検討中」「既存のガントチャートツールと併用して運用していきたい」といった場合に、連動・連携が可能かどうかを確認しておくと良いでしょう。

「ブラビオ」は、Excelファイル や CSVファイル に対応しており、ガントチャートをExcelシートやCSVファイルに書き出せるのでクライアントの意向に合わせて運用しやすいです。また、 「みんなでガント.com」は、有料プランでは、結合表示機能を搭載。現在表示しているガントチャートと、ほかに使用中のガントチャートを結合して表示し、一つのガントチャートとして表示できます。

 

主なガントチャート作成ツール(ガントチャートの作成・編集に強み)

Brabio!(ブラビオ株式会社)

ブラビオ公式Webサイト

(出所:Brabio!公式Webサイト)

工程管理もスケジュール表も簡単に作成できる、初心者専用のクラウドツール。マウス操作だけでガントチャートを手軽に作ることが可能で、グループ、プロジェクトを作成して複数の運用が可能。プロジェクト毎にユーザーの権限も変更でき、 社内秘や社外秘の情報共有や情報管理ができるほか、ユーザーモードが設定できるので、社外の業者や外注業者と共有もできる。進捗管理はPing(進捗報告)機能で、気になるタスクの依頼ボタンをクリックするだけで確認が可能。管理画面でも進捗率の表示や担当状況の確認など、プロジェクトを遂行する為の様々なビューを搭載している。作成したガントチャートは、ExcelファイルやCSVファイルに一括出力可能。クライアントとの共有や自社の報告時にも役立つ。

  • 料金:月額3,000円~(エントリープラン、10ID、ストレージ1GBまで)
    ※無料プランあり(5ID・ストレージ50MBまで)

詳細はこちら

シェアガント(株式会社シェアガント)

シェアガント公式Webサイト

(出所:シェアガント公式Webサイト)

直感的なUIでプロジェクトの進捗状況を一目で把握できる、ガントチャートツール。ガントチャート機能を中心に、「リスト」「カンバン」「カレンダー」の3つの管理機能を搭載。すべてがガントチャートと連動しているため、自社に合った方法でプロジェクト管理が可能。更に、ガントチャートを見ながらのチャットにも対応し、円滑なプロジェクトコミュニケーションを実現する。
その他、メンバーと情報を共有できるノート機能や個別DM機能、アカウント・プロジェクトごとにIP制限を設ける機能、ガントチャートのExcelインポート・エクスポート機能など、便利機能も豊富。日本語と英語に対応しているので、外国人スタッフとの共有や海外拠点との連携もスムーズ。様々な面で業務効率化をサポートする。

  • 料金:月額2,800円(10ID、ストレージ10GB)~
    ※無料プランあり(1ID、5プロジェクト、ストレージ100MBまで)

詳細はこちら

みんなでガント.com(株式会社サムテック)

みんなでガント.com公式Webサイト

(出所:みんなでガント.com公式Webサイト)

2,000社以上の使用実績がある、会員登録不要でチームやグループで共有可能なクラウドガントチャートツール。日単位でのガントチャートだけでなく、30分単位の管理や週単位の表示にも対応。プロジェクト毎にToDoやタスクなどを関連付けして管理ができる。有料プランであればガントチャートをExcelファイルにてインポート・エクスポートが可能。
ガントチャートのイベントにより、アカウントへのメール通知機能や、海外拠点とのチャート共有ができるよう、英語表示にも対応している。ほかにも、閲覧専用URLの設定やガントチャートの結合表示など様々な機能が利用できる。3カ月や6カ月などプロジェクト期間単位で契約できるため、状況によってサービスを使い分けるなどフレキシブルな対応も可能。

  • 料金: 1,800円(3カ月、トライアルプランの場合)

詳細はこちら

Project Canvas(ルミックス・インターナショナル株式会社)

Project Canvas公式Webサイト

(出所:Project Canvas公式Webサイト)

工程表・ガントチャートの作成・共有が可能な Windows 用インストール型のプロジェクト管理ソフト。1タスク1行で記述する、ガントチャートと、横にタスクを並べて配置する工程表の作成に対応。シートは、上下左右、斜めと自在にスクロールできる直感的な操作性。スケジュールの集中度合いが一目で分かる負荷グラフや、タスクの進捗状況を視覚的に把握できるイナズマ線などの機能も特徴的。データベースを必要とせず、データファイルを同時に開くだけで整合性を維持したままスケジュール線表を共有できる。
日、週、旬、月、年といった時間表示単位、項目の無制限階層化、スケジュールやタスクの連結など、細かな部分で自社向けのカスタマイズができることが特長。

  • 料金:年間4,000円/ライセンス~

詳細はこちら

 

主なガントチャート作成ツール(タスク管理に強み)

ガントチャート作成ツールの資料をDL

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

monday.com(株式会社ギャプライズ)

monday.com公式Webサイト

(出所:monday.com公式Webサイト)

世界18万6,000社以上、国内でも500以上の導入実績を誇る業務管理ツール。タスク管理、プロジェクト管理、スケジュール管理、ファイル共有、チャット、レポーティング、業務パフォーマンス分析、アンケートなど豊富な機能を備えており、それらをノーコードで組み合わせ可能。プロジェクトや組織に合った様々な観点から業務管理を行えるのが強み。
Excelやスプレッドシートを取り込むだけで簡単にガントチャートに変換でき、更にかんばん、タイムライン、ワークロードなど様々な視点に切り替えられるのも特徴。「何がどうなっているか」を把握しやすいためチームのワークフローをスムーズかつ効率的に行うことができる。

  • 料金:月額1,300円/ID~ ※無料プランあり(個人向け)

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

Jooto(株式会社PR TIMES)

Jooto公式Webサイト

(出所:Jooto公式Webサイト)

直感的に使えるレイアウト、親しみやすいシンプルなデザインが特徴のカンバン方式タスク・プロジェクト管理ツール。カンバン方式で担当名や状況名でリストを作成。タスクの期日を設定することでガントチャートが自動的に作られるようになっている。
基本操作はドラック&ドロップで、タスク期間バーの伸縮もマウス操作で行えるなどスムーズ。複数のプロジェクトで担当しているタスクを一画面で表示でき、締め切りが近い順、緊急度の高い順でタスク表示できるなど、横断的にタスクを見渡せて、業務の効率化を図りやすい。GoogleカレンダーやSlackだけでなく、Chatworkとも連携できる。

  • 料金:月額980円~/ID(エンタープライズプラン・年払いの場合)
    ※無料プランあり(4ID、1組織100MBまで)

詳細はこちら

Asana プロジェクトビュー(Asana)

Asana タイムライン公式Webサイト

(出所:Asana プロジェクトビュー公式Webサイト)

プロジェクトとタスクを一元管理できる、ワークマネジメントツール。世界190カ国、100万以上のチームで利用されている。プロジェクトの工程からタスクを洗い出し、期日や担当者を明確にして無駄なくスムーズに進行させていくことができる点が特徴。
ガントチャートはタイムラインのようなデザインを採用しており、チーム内の作業スケジュールを一目で確認できる。複数プロジェクトの横断レポートや、メンバーの業務量を管理できるワークロード機能など業務効率を高めるための機能が充実。GoogleやMicrosoftなど各種の外部アプリ200種類以上と連携できることも強み。

  • 料金:月額1,200円/ID~(プレミアムプラン・年払いの場合)
    ※無料プランあり(最大15名のメンバーまで)

詳細はこちら

Wrike(Wrike)

Wrike公式Webサイト

(出所:Wrike公式Webサイト)

140以上の国、2万社以上の企業で選ばれている、共同作業管理プラットフォーム。ガントチャートはオンライン上で作成でき、プロジェクトの全体像やタスク間の依存関係を確認可能。簡単なマウス操作でその場でタスクのスケジュールを変更するなど、直感的に操作できる。
チャートは印刷による出力だけでなく、スナップショットを作成してURLリンクを送信することで、Wrike を使用していないメンバーとも簡単に共有でき、顧客や経営陣への進捗報告にも活用できる。Microsoft Project からのデータ移行に対応しており、そのまま活用できる点もメリット。

  • 月額24.80ドル/ID~(Businessプラン)
    ※無料プランあり

詳細はこちら

 

主なガントチャート作成ツール(スケジュール以外の管理機能にも強み)

ガントチャート作成ツールの資料をDL

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

Lychee Redmine(株式会社アジャイルウェア)

Lychee Redmine公式Webサイト

(出所:Lychee Redmine公式Webサイト)

スケジュール管理をはじめ人的リソース管理やコスト分析など、プロジェクトを遂行するために必要な機能が備わった日本企業向けプロジェクト管理ツール。導入実績は7,000社。
ガントチャート、カンバンなどの機能に加え、工数管理ができるタイムマネジメント、稼働時間、稼働率、生産性をグラフと表で把握できるリソースマネジメント、プロジェクトの進捗・コストにおける健全性を予測するEVM(出来高管理)、バッファ(余裕期間)をガントチャート上やグラフによって見える化させるCCPMなど、管理機能の多さが特長。オプションとして、製造業向けに機械の稼働状況と人の管理が一元管理できる機能も搭載されている。任意のOSS(オープンソースソフトウェア)プラグインを、5個まで無償でインストール可能。

  • 料金:月額1,400円/ID(プレミアムプラン)
    ※最低利用数10ID〜

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

Backlog(株式会社ヌーラボ)

Backlog公式Webサイト

(出所:Backlog公式Webサイト)

Web制作、ソフトウェア開発、大手広告代理店、全国版新聞社など様々な業種で使われているタスク・プロジェクト管理ツール。プロジェクトをカンバンボードとガントチャートで見える化できるほか、タスク管理はチームメンバーが見渡せるだけでなく、タスクを親課題と子課題に分割して内容と担当を明確にできるなど工夫されている。
会議の議事録などチームのナレッジを文書で管理できるWiki機能も便利で、リンク共有やPDF出力にも対応。開発プロジェクト向けにバグ管理システムを備えており、バグの発見日時や発見者、再現方法、修正履歴、修正方法、重要度、テスト状況などバグ追跡に必要な情報を記録できる。

  • 料金:月額16,000円~(スタンダードプラン)

詳細はこちら

Bitrix24(Bitrix)

Bitrix24公式Webサイト

(出所:Bitrix24公式Webサイト)

数多くのオンラインプロジェクト管理ツールを備え、チーム管理と販売活動に必要な機能が集約されたビジネスプラットフォーム。ガントチャートとカンバンボード、タスクの作成や依存関係など「タスクとプロジェクト」機能をはじめ、顧客管理、カスタマーサポート、マーケティング自動化などの「CRM」機能、ビデオ会議やチャット、オンラインタイムレコーダーなどの「コラボレーション」機能、休暇申請、購買申請、費用報告などの日常業務を自動化する「HRオートメーション」と、機能が非常に幅広い。
マーケティング、カスタマーサポート、Webサイトまで手掛けることができるため、ビジネス立ち上げ時にも使えるツールといえる。

  • 料金:月額49ドル(Basicプラン)
    ※無料プランあり(ストレージ5GBまで)

詳細はこちら

 

主なガントチャート作成ツール(共同作業に強み)

Miro ガントチャートツール(ミロ・ジャパン合同会社)

Miro ガントチャートツール公式Webサイト

(出所:Miro ガントチャートツール公式Webサイト)

世界中 6,000 万以上のユーザーが利用する、オンラインホワイトボードアプリ。無料で使用できるガントチャートテンプレートを提供しており、わずか数クリックでガントチャートをオンラインで作成することができる。簡単な操作でタスクごとの関係を明確にできる点も特長で、関係するタスクを線で接続して、プロジェクトの障害になりかねない要素を簡単に特定。
更にマイルストーンの設定にも対応しているため、最新情報を常にメンバー全員で把握し、プロジェクト関係者間の認識のズレを防いでスムーズな業務進行に役立つ。音声・動画の記録を残せるTalktrack機能もある。ガントチャートのほか、戦略ダイヤモンドやデザインブリーフ、週間スケジュールなど、多彩なテンプレートがそろう。

  • 料金:月額16ドル/ID(ビジネスプラン・年払いの場合)
    ※無料プランあり

詳細はこちら

Lucidchart (Lucid Software)

Lucidchart公式Webサイト

(出所:Lucidchart公式Webサイト)

現状を簡単にマッピングして理解し、欠けているものや次のアクションを確認、チームが一体となってよりよい意思決定を実現できる、作図・資料作成サービス。クラウドベースのプラットフォームと直感的なインターフェイスで、デバイス、ブラウザ、システムに関係なく、手軽に図や資料の作成ができる。有料プランなら、1,000件を超えるプレミアムテンプレートにアクセス可能で、図形や文書は無制限で利用できる。リアルタイムの共同編集、ビジネスチャット機能、資料や図へのコメント追加や共有などを備え、データリンク機能で既存の図に重要なデータや情報を可視化。
フローチャート、回路図、マインドマップ、年表デザイン、ネットワーク構成図はじめとして、利用できるツールが多く用意されているのも魅力。

  • 料金:月額1,325円/ID~(チームプラン)
    ※無料プランあり

詳細はこちら

Cacoo(株式会社ヌーラボ)

Cacoo公式Webサイト

(出所:Cacoo公式Webサイト)

オンラインで共同作業ができるクラウドベースのガントチャートツール。豊富な種類のガントチャートテンプレート、図形が用意されており、チームメンバーとクラウド上でガントチャートの共同編集が可能。スライドショーモードを使って、チーム内でプレゼンテーションを行うことも可能で、ガントチャートのフィードバックを得ることや、アイデアの共有ができる。
プロジェクト管理のほか、フローチャートの作成、ネットワークやデータベースの構成図、Webデザイン、プロジェクトの進行とタスクの伝達、SWOT分析図などのテンプレートを活用可能。作業プロセスを視覚化して、チームコミュニケーションの効率化やプロジェクトの進捗共有をより簡単にできる。

  • 料金:月額1,800円/3ID(チームプラン)

詳細はこちら

 

まとめ

多様かつ柔軟な働き方の推進により、時短勤務やリモートワークなどを採用している企業は少なくありません。更に、上層部から業務の効率化を求められており、従来のアナログな方法の見直しを迫られている方もいるのではないでしょうか。
ガントチャート作成ツールなら、遠隔からでもプロジェクトを管理しやすく、かつ管理が効率的になるため、無駄な業務を省略できます。管理する側もされる側も、確認や報告に関するストレスを減らせることは間違いありません。プロジェクトやタスクをスマートに管理する有効な手段のひとつとして、ガントチャート作成ツールを検討してみるのをおすすめします。

ガントチャート作成ツールは、機能の強みによって主に4つのタイプに分けられます。

(1)ガントチャートの作成・編集に強み
(2)タスク管理に強み
(3)スケジュール以外の管理機能にも強み
(4)共同作業に強み

何を重視するかをイメージできたら、以下の3つのポイントを踏まえて比較・検討し、どのサービスを選ぶかを絞り込みましょう。

(1)グループ設定の柔軟性
(2)管理手法の柔軟性
(3)ほかのガントチャートツールとの併用のしやすさ

ガントチャート作成ツールをお探しの方は、こちらからサービス紹介資料をダウンロードいただけます。

ガントチャート作成ツールの資料をDL

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

 

サービス詳細はこちら

monday.com

monday.com

導入実績12万社以上。 SNSのようなコミュニケーションと、Excelのようなデータ管理が一画面に集約・共有でき、チーム作業を可視化・効率化できるクラウド型業務...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

Lychee Redmine(ライチレッドマイン)

Lychee Redmine(ライチレッドマイン)

導入社数7,000社以上。国内企業からの開発依頼により成長してきたプロジェクト管理ツール。スケジュール・リソースの管理やQCDを見える化できるレポート機能、コス...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

このページの内容をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
TOPへ戻る

資料ダウンロードフォーム

1分で簡単登録。無料

入力フォームはこちら

登録済みの方はこちら

パスワード再発行

アスピックご利用のメールアドレスを入力ください。
パスワード再発行手続きのメールをお送りします。

アンケートにご回答ください。

サービスの導入検討状況を教えてください。

  • 資料請求後に、当該資料に含まれる「サービス提供会社」や弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
  • ご案内のため、アスピックにご登録いただいた会員情報を弊社より「サービス提供会社」に対して電子データにて提供いたします。
  • 利用規約とプライバシーポリシーに同意の上、ダウンロードいただきます。

ご回答ありがとうございました。

ご登録いただいているメールアドレスにダウンロードURLをお送りしています。ご確認ください。

CLOSE