ASPIC公式サービス【アスピック】

  • TOP
  • 特集記事
  • 診療所・クリニック向け電子カルテ6選|メリットや選び方

診療所・クリニック向け電子カルテ6選|メリットや選び方

診療所・クリニック向け電子カルテ6選|メリットや選び方

最終更新日:2019-09-30

診療所・クリニックをより効率的に運営するために電子カルテを導入したいが、どのような効果を期待して、どのシステムを導入すればよいかお悩みの方へ、導入メリット、検討のポイント、おすすめサービスなどをご紹介します。

目次

 

診療所・クリニック向け電子カルテとは?

電子カルテシステムとは、紙カルテで管理していたカルテを電子データ化したもので、患者の基本情報の他、SOAPや検査結果、処方情報等をPCやタブレットで入力、閲覧することができるシステムです。レセコンと一体型あるいは連携することで、受付~診察~会計までの病院内の各種データをペーパーレスで管理することができます。

電子カルテは300床以上の大病院では進んでいますが、中小規模以下ではまだ普及途中で、診療所・クリニックでの導入は3~4割と言われています。特に新規開業のクリニックでは高確率で導入されていますが、以前から紙カルテを利用している場合は、なかなか切り替えのタイミングを見いだせず、導入に踏み切れないという病院も少なくないでしょう。

最近、診療所・クリニック向け電子カルテはほとんどがクラウド型での提供になっており、安価に導入しやすくなっています。診療所やクリニック向けといっても、診療科や診療方法によって電子カルテの使い方は変わってきますし、求める機能も異なってきますので、詳しく見ていきましょう。

クリニック向け電子カルテをお探しの方は、こちらからサービス紹介資料をダウンロードいただけます。

電子カルテの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

 

診療所・クリニック向け電子カルテの導入メリット

診療所・クリニック向け電子カルテは、紙に書くよりは便利そう、というイメージはありますが、費用をかけて、様々な手間をかけてまで紙カルテから切り替える必要はあるのでしょうか。医者の負担が減るだけなのでしょうか。実際に誰にとってどのような導入メリットがあるのか、立場別にご紹介します。

医者にとってのメリット

  • カルテ記入作業の効率化

文字をただキーボード入力するだけなら、手書きとさほど時間が変わらないかもしれませんが、電子カルテには記入作業を効率化する工夫として、入力支援機能がいくつも搭載されています。

例えば、テンプレートを多用し、入力作業を効率化します。よく入力する項目をあらかじめテンプレートにしておくことで、そこにチェックをつけるなどの簡単な操作で入力することができます。「肩」や「腰」などよく診察する体の部位のテンプレートを用意し、診察時に痛みのある箇所に、プルダウンメニューで〇や×のチェックをつけるといった操作なら、マウスを動かしてクリックするだけの作業で済みます。

また、処置や薬剤など、よく使う項目をあらかじめ登録しておくことでも、簡単に選んで入力ができます。この点については、AI(人工知能)搭載型の電子カルテシステムでは、自動的によく使う処置を学習し、上に表示させる、といった機能もあり、入力の助けとなり非常に便利です。

自身で自在にカスタマイズしたシートに沿って入力するようにすれば、常に同じ様式、順番で記載でき、入力漏れも防げます。豊富なシェーマを手軽に呼び出し、紙カルテへの書き込みと同じように操作できる機能も評価されています。

また、タッチペンを使用してワンタッチでの入力ができるタイプも、操作の手間を大きく減らします。

  • 患者の状態の把握が容易になる

紙カルテをめくって過去の治療歴などを探ることと比べ、電子カルテを見ることで、情報を見やすく、探しやすくなり、把握するまでの時間が短縮されます。手書きでは読みにくかった他の医師の作成したカルテも、電子カルテならすぐに理解できます。

  • 院内検査・外注検査の効率化

院内の医療機器と連携することで、検査依頼や結果をデータでやり取りできます。また、外部への検査依頼も電子カルテ上からそのまま依頼できるようになり、検査結果も自動的に電子カルテに取り込まれます。手間が減るだけでなく、情報管理が簡単になり、ミス防止にもなります。

  • 診断書・紹介状作成の効率化

電子カルテの文書作成機能の利用や、診断書作成システムと連携することで、簡単に診断書作成を行えるようになります。

  • 処方チェック

入力された処方内容について、相互作用、配合変化、年齢、体重別の用量、禁忌の有無、過去の処方との重複投与等の観点でリアルタイムにチェックを行い、処方の安全性を高め、人的ミスを防ぎます。

看護師にとってのメリット

  • 医療ミスの防止

紙カルテ利用時は口頭やメモでの伝達となっていた項目でも、電子カルテを導入し、電子カルテ上に情報を集約することで、医師からの指示や、看護師同士の伝達事項も正確に受け取ることができるようになり、ミス防止につながります。

  • カルテ受け渡し作業の効率化

紙カルテと違い、受付や看護師同士のカルテの受け渡し作業がなくなります。

医療事務職にとってのメリット

  • 事務作業の効率化

レセコン一体型、あるいは医事システムと連携することで、電子カルテに記載した内容とその結果の会計の計算が自動的に表示され、会計作業が正確、かつ大幅に効率化されます。

経営面でのメリット

  • 患者データの安全な保管

クラウド型の電子カルテシステムを利用することで、患者のデータは安全にクラウドで保管されるため、PCの故障や万が一の災害時でも、消失の恐れがありません。災害対策としても、個人情報保護の観点からみても、紙カルテより優れているのは間違いありません。

  • 診察の効率化、経営力の強化

医師や看護師、事務職たちの業務が効率化することで、残業時間、残業代の削減が期待できます。同じ時間内により多くの患者を診ることができるようになり、経営力の強化にもつながります。

  • ペーパーレスによる省スペース化

紙カルテの保管場所が削減されます。

患者にとってのメリット

  • 医師が違っても前回の診察内容が分かりやすく引き継がれる

紙カルテへの手書きだと不十分であったような点でも、電子カルテで入力作業を効率化し、不備や漏れがなく、均一化が図れることで、以前の診察と別の医師が診察する際でも、紙カルテの場合よりわかりやすく引き継がれます。

  • 待ち時間短縮

病院側の手間が減ることにより、待ち時間の短縮、そしてより丁寧な診察が期待できます。

 

電子カルテ導入検討のポイントは?

電子カルテ導入によって、医師だけでなく、看護師、事務職、経営者、そして患者にもメリットが期待できることが分かりましたが、実際に電子カルテを導入する場合、どのような点に気を付けて選んだらよいのでしょうか。比較のポイントを3点ご紹介します。

  • 診察スタイルへの対応

自クリニックの診察スタイルがスムーズに行えるかの確認が必要です。流れが、診察後にすぐ会計なのか、あるいは診察後に検査をし、検査結果を確認してから会計なのか、によってシステムへ求める使い勝手が異なるため、流れに合っているか、あるいは合わない場合は簡単に変更またはカスタマイズできるのか、といった点です。また、例えば、シェーマを多用する場合はそこに強みのあるシステムを、検査が多い場合はスムーズに依頼・データ取り込みができるシステムを、在宅診療も行うようなら対応できるシステムを、といった具合に選ぶべきです。

  • 使いやすさ(特に入力面)

診察時は患者と向き合う必要があるため、入力操作が簡単でないと入力が進みません。キーボード入力だけでなく、マウス操作のクリックや、タッチペンでのタッチといった操作を使用し、なるべく少ない工数で効率よく入力できることが求められます。

ただし、例えばほとんどの患者が問診後に衣類の着脱を伴うような診察スタイルで、医師がキーボード操作に不自由なく、着脱中にさっと入力を済ませられる、といったルーティーンであれば、タッチペンやマウスなどにこだわる必要はありません。画面の見やすさ、入力のしやすさ、そして登録・閲覧時のレスポンスの速さなどを総合的に見て、自クリニックにとって「使いやすさ」を見つければOKです。多くのサービスで無料トライアルなどを行っているため試してみるのがよいでしょう。

  • 会計事務の実施方法

レセコン一体型を選ぶか、あるいは医事システムがあるならそれと連携させるかを検討し、連携させる場合は簡単に連携できるかどうかの確認が必要です。サービスによっては連携できるシステムが限定されているものも多いため、確認が必要です。

 

おすすめの診療所・クリニック向け電子カルテ

ここまでお伝えしたポイントを踏まえ、おすすめのクリニック向け電子カルテをご紹介します。

電子カルテの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

CLIUS(株式会社Donuts)

CLIUS

(出所:CLIUS公式Webサイト)

導入社数50,000社を超える法人向け勤怠管理サービス「ジョブカン」などを運営する株式会社Donutsが提供する、Macに特化したクラウド型電子カルテ。目線の動きまで考えた使いやすい画面設計が人気。左側が過去の情報で右側が現在の情報ということさえ把握していれば、使い方を教わらなくても直感で入力が可能。異なる医療法人のクリニック間でも同一患者の診療録や検査結果を共有・閲覧できる機能も。自動学習機能により医師の使い勝手がいいように改善されていく操作性にも定評あり。iPhoneで撮影した画像のカルテへの取り込みも簡単。オプションで診療WEB予約など、患者にとって利便性の高い機能もあり。

  • 料金 初期費用150,000円~ + 月額料金12,000円。
  • 端末数、患者登録数、カルテ枚数等、制限なしで利用できる。

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。


詳細はこちら

CLINICSカルテ(株式会社メドレー)

CLINICSカルテ

(出所:CLINICSカルテ公式Webサイト)

オンライン診療システム導入実績No.1のメドレーが開発・提供する、クラウド型電子カルテシステム。レセプトソフト「ORCA」を内包しているため、レセプトの別途操作が不要で、予約〜受付〜診察〜会計業務まで医療機関と患者がスムーズにつながる仕組みを実現。独自のレセコン移行プログラムを構築しており、他社のレセコン情報のデータ移行もスムーズに対応できる点も嬉しい。臨床医とデザイナーの目線で徹底的にこだわった使いやすいUIも強み。外部の検査会社からの検査データ取り込みにも対応している。オンライン診療システム「CLINICSオンライン診療」をオプション追加することで、電子カルテ上から患者のアプリと連携して利用できる。

  • 月額費用:40,000円(5年契約の場合。初期費用は現状のカルテの使用状況によって別途お見積り)
  • オプション:オンライン診療 10,000円/月
  • オプション:レセプトチェック 10,000円/月

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。


詳細はこちら

Hi-SEED W3 EX(日立ヘルスケアシステムズ株式会社)

Hi-SEED W3 EX

(出所:Hi-SEED W3 EX公式Webサイト)

受付から会計までの情報をネットワークで繋ぐことにより、患者・医者・スタッフそれぞれの動線を大幅に効率化できる電子カルテシステム。登録した診療行為と処方内容に基づき、レセプト上必要になる病名の候補リストを表示、学習機能にも対応し、頻度の高い病名は常にリスト上位へ表示されるほか、忘れがちな併記病名も自動でお知らせ。内視鏡機器や心電図データなど各種医療機器との連携もスムーズ。ペンタブレットで所見の手書きでの記入や、ノート型の端末を使ってさまざまな場所での入力・閲覧できる機能なども人気。

  • 料金はお問合せ。

詳細はこちら

Medicom-HRkV(PHCホールディングス株式会社)

Medicom-HRkV

(出所:Medicom-HRkV公式Webサイト)

利用中のレセコンと連携できる電子カルテシステム(医事一体型はMedicom-HRV)。よく使う所見や処方は、ショートカット欄にセット登録しておくことで、ワンクリックで入力できるなど、入力しやすいさにもこだわり。外注検査センターに対してオンラインで検査依頼の送信や、検査結果のダウンロードが可能。院内の検体検査機器についても、院内ネットワークでつなげることで、依頼や結果をデータでやり取りできる。オプションでオンライン診察も対応。

  • 料金はお問合せ。

詳細はこちら

SUPER CLINIC(株式会社ラボテック)

SUPER CLINIC

(出所:SUPER CLINIC公式Webサイト)

首都圏トップクラスの導入実績を誇る電子カルテ。カルテ2号用紙のレイアウトを踏襲し、左側に過去カルテ、右側に当日のカルテを表示し、マウスではスクロールやクリック、タッチペンではタッチ&スライドなど、基本的な操作だけで入力可能。次回の予約や紹介状の作成など院内で生じる多様な業務も、全ての診療情報が一元化された電子カルテからアクセスでき、業務の改善と効率化を推進。カルテ情報は独自の「トランスレート機能」により請求データに自動変換。簡単に紹介状や診断書が作成できる文書管理機能もあり。

  • 料金はお問合せ。

詳細はこちら

TOSMEC Aventy3.0(キヤノンメディカルシステムズ株式会社)

TOSMEC Aventy3.0

(出所:TOSMEC Aventy3.0公式Webサイト)

医事会計一体型の電子カルテ。電子カルテから各種診断装置に患者属性情報を送信することで、スムーズに検査が行え、撮影された画像は電子カルテ情報とともにサーバーに一元管理される。撮影画像以外に患者が持参した紹介状などの各種書類も、リストで一括管理でき、ステータス管理も行える。ペンを使って紙カルテと同じ感覚で入力できるため、キーボード操作が苦手な人でも安心。往診先でもタブレット端末で院内と同じようにカルテ入力、閲覧、検索が行える。

  • 料金はお問合せ。

詳細はこちら

まとめ

診療所・クリニック向け電子カルテの導入メリット、検討のポイント、おすすめサービスなどをご紹介しました。紙管理からデジタル管理になることで、入力のしやすさ、管理のしやすさばかりについ目が行きがちですが、電子カルテを導入することで今まで負担となっていた作業が少しずつ軽減され、余裕ができることで患者に向き合う時間が増え、医療の質があがることが何よりものメリットと言えます。通常の診療をしながらの紙カルテからの切り替えは腰が重いかもしれませんが、導入サポートが充実しているサービスを選ぶことで安心して進めることができるため、まず適したサービス探しから始めてみることが、医療の質向上への近道です。

クリニック向け電子カルテをお探しの方は、こちらからサービス紹介資料をダウンロードいただけます。

電子カルテの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

 

インタビューやサービス詳細はこちら。

CLIUS(クリアス)|インタビュー掲載

CLIUS(クリアス)|インタビュー掲載

CLIUS(クリアス)はクリニック(無床診療所)向けのクラウド型電子カルテ。クラウド型バックオフィス支援システム「ジョブカン」で累計6万社以上の導入実績を通じて...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

CLINICSカルテ|インタビュー掲載

CLINICSカルテ|インタビュー掲載

オンライン診療システム導入実績No.1のメドレーが開発・提供する、患者とつながるまったく新しいクラウド電子カルテです。日医標準「ORCA」を内包しているため、レ...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

このページの内容をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
TOPへ戻る

資料ダウンロードフォーム

1分で簡単登録。無料

入力フォームはこちら

登録済みの方はこちら

パスワード再発行

アスピックご利用のメールアドレスを入力ください。
パスワード再発行手続きのメールをお送りします。

アンケートにご回答ください。

サービスの導入検討状況を教えてください。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。利用規約とプライバシーポリシーに同意の上、ダウンロードいただきます。

ご回答ありがとうとございます。

ご登録いただいているメールアドレスにダウンロードURLをお送りしています。ご確認ください。

CLOSE