ASPIC公式サービス【アスピック】

  • TOP
  • 特集記事
  • Web給与明細システムの比較14選!自社に合ったタイプ別の選び方

Web給与明細システムの比較14選!自社に合ったタイプ別の選び方

Web給与明細システムの比較14選!自社に合ったタイプ別の選び方

最終更新日:2021-08-11

様々な業務のオンライン化やテレワーク対応を推進する中で、給与明細の紙での配布からWebに切り替えたいとお考えの人事担当の方へ、Web給与明細システムの導入メリット、タイプ、比較のポイント、おすすめサービスをご紹介します。

目次

Web給与明細システムのメリット

Web給与明細システムとは、給与明細をWeb上で発行・配布し、PCやスマホで閲覧できるようにするシステムです。発行される帳票は、毎月の給与明細の他、賞与明細や源泉徴収票も含まれます。

従来、給与明細などの帳票は紙に印刷して、一人ひとりに配るのが通例でしたが、その場合、「工数がかかる」「ミスが起こりやすい」「過去の分を確認できない」「コストがかかる」などの課題が挙げられていました。その点、Web給与明細システムを利用すると大幅な業務効率化できるとあって、多くの企業で導入が進んでいます。

本記事では、Web給与明細システムの概要、比較ポイント、タイプなどを具体的なシステム・サービスを交えてご紹介していきます。まずは、Web給与明細システムを導入するとどのようなメリットがあるのか。 以下、具体的なメリットを4点ご紹介します。

作成・配信業務の効率化

まず、第一に挙げられるのが業務効率化です。Web給与明細システムを導入すれば、担当者はボタンひとつで作成・配信できます。一人ひとりに手渡ししたり、郵送したりする手間がなくなります。従業員もPCやスマホを通じて、いつでも・どこでも確認できます。紛失の恐れもありません。必要に応じて、過去にさかのぼって確認できます。システムによっては、給与明細の他、賞与明細や源泉徴収票にも対応できます。

テレワークにも簡単に対応可能

従来の紙の給与明細の場合、手渡し・郵送が前提となります。出社を前提とするかつての働き方ならそれで構いませんが、テレワークが推進される近年の働き方には合いません。Web給与明細システムなら、Web上で受け渡しが完結できるため便利です。従業員はWebにログインし、どこからでも、PCのみならずスマートフォン等からも給与明細を閲覧できるようになります。

ペーパーレス化によるコスト削減

従来の給与明細の場合、紙代・印刷代(郵送の場合封筒代・郵送代)などのコストがかかりますが、Web給与明細システムはオンライン上で作成・配信できるため、コストがかかりません。また、用紙の発注・管理、印刷作業、封入作業、配布作業などの人件費も削減できます。利用料金を補ってあまりある経費節減につながるはずです。

IT導入補助金の対象

中小企業を対象としたIT導入補助金の対象となるサービスもあります。バックオフィス業務の生産性向上や業務効率化の一貫として、補助金を活用してWeb給与明細システムを導入できることも魅力の一つです。

 

Web給与明細システムのタイプと特徴一覧

給与明細をWeb化することのメリットをおわかりいただけたでしょうか。現在、様々なサービスが存在していますが、続いては、どのようなタイプがあり、どのような企業にはどのようなタイプがおすすめなのかなどについてご紹介していきます。

Web給与明細システムは大きく分けて「専用型」、「給与計算一体型」、「労務管理一体型」の3タイプがあります。以下、タイプ別の特徴と、具体的にどのようなサービスがあるのか(特徴・料金)を一覧で紹介しているので、参考にしてみてください。記事後半にはそれぞれのサービスのより詳細な情報も載せています。

専用型

給与ソフトの情報をCSVで取り込んで発行するWeb給与明細の発行・配信に特化した専用タイプ(サービスによってはAPI連携で取り込むことも可能)。既に何らかの給与計算ソフトを利用しており、「明細だけオンラインで配信できればいい」という場合にはおすすめです。

給与計算一体型

給与計算を計算する給与ソフトの1機能として利用できるタイプ。現状、給与計算ソフトを利用していない、もしくはリプレイスを考えている場合で、どうせなら「Web給与明細も実施したい」と望んでいる場合におすすめ。

労務管理一体型

入退社手続き・マイナンバー管理・年末調整など労務管理システムの1機能として利用できるタイプ。給与明細に限らず、「この際、様々な社内の手続きをWeb化して、バックオフィスを効率化させたい」とお考えの場合におすすめ。

専用型の特徴一覧

サービス名 特徴 価格
オフィスステーション
Web給与明細
給与・賞与明細、源泉徴収票に対応。自動配信も可能。 月額50円/名
S-PAYCIAL with 電子給与明細 給与・賞与明細、源泉徴収票に対応。お知らせ・アンケートも可能。 月額30円/件
i-Compass WEB給与明細 源泉徴収票・年末調整・安否確認・eラーニングはオプション。 月額30円/名
Bulas Payslip Mobile 給与・賞与明細、源泉徴収票に対応。安否確認はオプション。 お問い合わせ
IEYASU給与明細 給与・賞与明細、源泉徴収票に対応。他、勤怠管理も無料で利用可能。 無料(初期費用・月額)
やよいの給与明細オンライン 給与・賞与明細のみ。契約より1年間は無料試用可能。 月額30円/名※プラン30の年払い
ポケット給与 給与・賞与明細、源泉徴収票の他、安否確認、アンケートも可能。 お問い合わせ
セコムあんしん給与明細電子化サービス あらゆる文書でタイムスタンプ付の電子文書を発行可能。 お問い合わせ
スマ給 閲覧できるのは給与明細・年末調整のみ。 無料(初期費用・月額)

給与計算一体型の特徴一覧

サービス名 特徴 価格
マネーフォワードクラウド給与 給与計算の他、給与明細、年末調整もWeb上で完結可能。 月額2,980円~+300円/名(6名以上分)
ジョブカン給与計算 「勤怠管理」「労務管理」他シリーズと連携して更なる効率化可能。 月額400円/名(5名まで無料)

労務管理一体型の特徴一覧

サービス名 特徴 価格
SmartHR 入社手続き、年末調整などのあらゆる人事・労務管理をペーパーレス化可能。 お問い合わせ(30名まで無料)
人事労務freee 年末調整、入退社手続きなど労務管理の他、勤怠管理、給与計算まで対応。 月額1,980円~+300円/名(4名以上)
Workcloud 人事・労務管理をオンラインで一元管理可能。英語版あり。 お問い合わせ

 

Web給与明細システムの比較のポイント

Web給与明細システムには大きく分けて3つのタイプがあることが分かりましたが、実際にサービスを導入する際にどういった基準で選んだらよいのでしょうか。Web給与明細システムの比較のポイントを3点ご紹介します。

既存の給与計算ソフトや労務管理システムで実現するか、専用システムを採用するか

まずはご紹介した3つのタイプの中から、どれが自社にとって最適か、選ぶことから始めるとよいです。労務管理の効率化のために労務管理システムを既に導入している場合は、新たに導入する必要がなく、そのシステム内の機能で実現できるケースが多々あります。労務管理システムの機能を活用できないか、既存の労務管理システムにオプションでつけることができないかを確認します。

給与計算ソフトについても同様です。また、今後そのような労務管理システム、給与計算ソフトの導入予定があるのであれば、Web給与明細の機能が付帯しているかを確認した上で検討するのがおすすめです。機能をつけることができない場合や、労務管理システムや給与計算ソフトの導入は不要と考えている場合は、Web給与明細の専用システムを選ぶとよいでしょう。

専用システムの場合は、給与明細以外にほしい機能があるか

もし専用システムを選ぶのであれば、給与明細の配信以外に必要な機能があるかどうかを確認するとよいです。専用システムとはいえ、オプションで多様な機能がついてくるものもあるため、導入時に、必要な機能を検討します。どれも、配信の仕組みを活かしたオプション機能です。

災害時の安否確認機能
安否確認や社内の連絡手段として利用できる機能を持つサービスもあります。通常時には社内行事やクラブ活動などのお知らせを配信する機能が、災害時には対策本部からのメール配信や、従業員の安否確認、会社の被害状況の確認配信機能となります。

雇用契約更新機能
紙媒体に代わり、配信機能を使って雇用契約の更新を行う機能です。パートやアルバイト、契約社員が多い職場での業務効率向上が期待できます。

eラーニング
PDF、パワーポイント、動画等、様々なコンテンツを配信し、eラーニングとして活用できる機能をもつサービスもあります。
従業員向け教育の受講促進から確認テストの収集までを行うことができます。

対応デバイス(スマホかガラケーか)

Web給与明細システムの対応デバイスについても確認しておきましょう。PCやタブレットに対応しているものもあれば、スマホだけ、といったものもあります。また、シニア層が多い職場などで、スマホでなくガラケーしか持っていない人が多いケースでは、ガラケー対応のものを選んだ方がスムーズです。

対応できない人がいる場合は、その人にだけ印刷して手渡ししなくてはいけなくなり、手間を減らすためにシステム化したのにかえって煩雑になってしまった、ということがないように、自社の職場環境に合わせたサービスを選ぶことが大切です。

 

主なWeb給与明細システム【専用型】

ここまでお伝えしたポイントを踏まえ、3タイプに沿って、おすすめのサービスをご紹介します。

まとめて資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

オフィスステーション Web給与明細(株式会社エフアンドエム)

オフィスステーション Web給与明細

(出所:オフィスステーション Web給与明細公式Webサイト)

労務管理業務に関する業務システムシリーズ「オフィスステーション」の中の一つのWeb給与明細システム。給与明細のテンプレートのカスタマイズが簡単に可能。主要な給与ソフトからCSV形式で出力して取り込んで利用できる。一部の給与計算ソフトとは、API連携や、専用連携ツールを利用しての連携も可能。PCやスマホの他、ガラケーでも利用できるため、従業員専用のPCがない職場環境にもおすすめ。

  • 料金:従業員一人あたりの月額55円。
  • Web給与明細台帳登録数19人までの場合は、一律1,100円/月。

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

S-PAYCIAL with 電子給与明細(鈴与シンワート株式会社)

S-PAYCIAL with 電子給与明細

(出所:S-PAYCIAL with 電子給与明細公式Webサイト)

給与明細・賞与明細・源泉徴収票を、パソコン、スマートフォン、タブレット端末、ガラケーからいつでもどこでも閲覧できるWeb給与明細システム。CSV形式のデータ出力可能なシステム(ソフトウェア)に対応可能。

  • 料金:1回の明細発行につき、1⼈あたり30円〜。
  • 利用実績(アップロード件数)に応じた月額利用料金。

詳細はこちら

i-Compass WEB給与明細

i-Compass WEB給与明細

(出所:i-Compass WEB給与明細公式Webサイト)

専用帳票の作成など柔軟なカスタマイズが可能なWeb給与明細システム。オプションで災害時の安否確認機能やeラーニング機能がある点が特長。個人と全体での使い分けの配信が可能なため、個人別に評価などのメールを送るといった使い方もできる。PCやスマホに限らず、様々な機種のガラケーにも対応。

  • 料金:月額30円/名

詳細はこちら

Bulas Payslip Mobile(株式会社BBSアウトソーシングサービス)

Bulas Payslip Mobile

(出所:Bulas Payslip Mobile公式Webサイト)

過去2年分の給与明細、賞与明細、源泉徴収票をインターネット経由で参照できるWeb給与明細システム。オプションで安否確認機能の他、雇用契約更新機能も利用できる。また、オプションのヘルプデスクサービスを付けると、専用の電話番号とメールアドレスを設け、ユーザーの利用環境、条件を理解したヘルプデスク担当者が応対してくれるため、社員からの問合せを外注したいと考えている企業や、システム操作に不慣れな層の従業員を多く抱える企業にとって選択肢。

  • 料金:お問い合わせ

詳細はこちら

IEYASU給与明細(IEYASU株式会社)

IEYASU給与明細

(出所:IEYASU給与明細公式Webサイト)

無料の勤怠管理システムで有名な同社が提供する、無料で利用できるWeb給与明細システム。ベンチャー企業向け。給与データは給与計算ソフトからCSVファイルで簡単にインポート。各種給与ソフトに対応可能で、給与明細に表記する項目を自由に設定できる。支給日、公開日の指定が可能。

  • 料金:初期費用、月額料金 ともに無料。

詳細はこちら

やよいの給与明細オンライン(弥生株式会社)

やよいの給与明細オンライン

(出所:やよいの給与明細オンライン公式Webサイト)

会計ソフト「弥生会計」でお馴染みの同社が提供しているクラウドアプリ。従業員30名以下の企業を対象としていて、税務などは税理士に委託しており、給与計算だけで十分という企業に適したシステム。支給、控除、差し引き支給額を自動計算し、Web給与明細を発行。10名まで対象のプラン10と、30名まで対応のプラン30がある。

  • 料金:月額33円/名※プラン30の年払い。制限人数を超過する場合は+200円/名

詳細はこちら

ポケット給与(株式会社ICSソリューションズ)

ポケット給与

(出所:ポケット給与公式Webサイト)

既設システムへのアドオンで簡単導入できるWeb給与明細システム。給与、賞与、源泉徴収票などの複数の標準テンプレートの他、オリジナルの帳票の作成も可能。年末調整の申告書、安否確認、アンケートなどの帳票の用意もあり、従業員が入力したデータを集計して、エクセルデータとして加工するといった使い方も。過去2年分の帳票を保管。データの暗号化等の他、アクセスログ管理、認証失敗によるアカウントロック、パスワードの桁数制限等の設定が可能で、セキュリティ面でも安心。PCやスマホの他、ガラケーにも対応。

  • 料金:お問い合わせ

詳細はこちら

セコムあんしん給与明細電子化サービス(セコムトラストシステムズ株式会社)

セコムあんしん給与明細電子化サービス

(出所:セコムあんしん給与明細電子化サービス公式Webサイト)

電子化された給与明細や源泉徴収票を、インターネット経由で携帯電話やPCから確認できるWeb給与明細システム。英文にも対応。PCの他、スマホやガラケーにも対応。

  • 料金:お問い合わせ

詳細はこちら

スマ給(株式会社アグリード)

スマ給

(出所:スマ給公式Webサイト)

初期費用、月額費用が無料のWeb給与明細システム。人数や利用期間の制限なく利用できる。導入支援や運用中のサポート、分析ツールを有償で使うこともできる。

  • 料金:無料

詳細はこちら

主なWeb給与明細システム【給与計算一体型】

マネーフォワードクラウド給与(株式会社マネーフォワード)

マネーフォワードクラウド給与

(出所:マネーフォワードクラウド給与公式Webサイト)

会計ソフトで有名な同社が運営するクラウド型給与計算ソフト。その一機能として、Web給与明細を発行できる。給与明細、賞与明細、源泉徴収票が発行でき、IDとパスワードで従業員ごとの専用画面が確認できる。退職した従業員のログイン制限機能も。スマートフォン対応。
連携できる勤怠管理システムや労務管理システムの外部サービスの数が多く、また同シリーズも各種展開。給与計算や会計ソフト等とうまく連携して使いたいとお考えの中小企業におすすめ。従業員数が31名未満かそれ以上かで料金プランが異なる。

  • 料金:月額2,980円+300円/名(6名以上分)

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

ジョブカン給与計算(株式会社Donuts)

ジョブカン給与計算公式Webサイト

(出所:ジョブカン給与計算公式Webサイト)

人事系クラウドシステムとして定評のある、「ジョブカン」シリーズの給与計算システム。その中の機能として、給与明細や源泉徴収票の配信が可能。「Todoリスト・メモ機能」を利用し、退職や中途入社など個々の対応ができることで、ヌケ・漏れのない給与計算を遂行。
同シリーズの「勤怠管理」や「労務管理」と自動連携が可能。CSVを使わず、勤怠管理からそのまま給与計算、そして給与明細の発行まで行えるため、勤怠管理システムと合わせて導入したい企業におすすめ。

  • 料金:月額400円/名(5名まで無料)

詳細はこちら

主なWeb給与明細システム【労務管理一体型】

SmartHR(株式会社SmartHR)

SmartHR

(出所:Smart HR公式Webサイト)

テレビCMでもおなじみでシェア拡大中の労務管理システム。その中の一機能として給与や賞与情報のCSVを取り込み、給与明細・賞与明細を従業員に配布することが可能。また、PDFや源泉徴収票情報CSVを取り込み、源泉徴収票(受給者交付用)を配布(発行)できる。
CSVをインポートした後確認フローがあるので、従業員へ通知する前に内容をチェックすることが可能。また、アウトソーシング先にCSVを登録してもらい、管理者が確定ボタンを押すといった運用を行うこともできる。
入社手続きの書類作成やマイナンバー管理等、人事・労務の業務の効率化が図れる機能が一通り揃っており、頻繁にアップデートが行われて機能拡充しているサービスのため、Web給与明細に限らず、労務管理業務のシステム化を検討している企業におすすめ。

  • 料金:お問い合わせ

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

人事労務freee(freee株式会社)

人事労務freee

(出所:人事労務freee公式Webサイト)

会計ソフトで有名な同社が提供する、中小・中堅企業向けクラウドサービス。会計ソフトとの連携に強みがあるのはもちろんのこと、従業員情報を更新すれば給与計算、勤怠管理、労務手続きなど人事労務に関わる全ての情報更新が一気通貫で完了する。給与計算事務にかかわるステップを自動化し、シンプルに1クリックで給与明細を自動作成し、オンラインで給与明細を共有。
勤怠データや従業員データなど、クラウド上で集計されたデータから残業代や各種税金・保険料を含めて給与を自動で計算できる。給与明細発行通知をSlackで受け取れる。会計ソフトから一新したいとお考えの企業にとって選択肢。

  • 料金:月額1,980円~+300円/名(4名以上)

詳細はこちら

Workcloud(Ascender Japan株式会社)

Workcloud

(出所:Workcloud公式Webサイト)

300人の中小企業から3,000人規模を対象とした、人事労務管理クラウドサービス。勤怠管理や、マイナンバー管理まで対応可能。給与計算に必要なデータ(勤怠、残業、休暇・不在、給与条件の変更など)をWorkcloudに集約して一元化することで、ワンクリックで自動計算、給与明細が作成、給与支給日には、給与明細PDFが添付された支払い通知が自動的に送信されるといった仕組み。パソコン、スマートフォンから閲覧できる。
国内の人事管理システムでは珍しい英語版インターフェイスのあるシステムでビザ関連の情報管理も完備しているため、外国人就業者の多い企業に適している。

  • 料金:お問い合わせ

詳細はこちら

 

まとめ

Web給与明細システムの導入メリット、タイプ、比較のポイント、おすすめサービスをご紹介しました。自社の規模に応じたサービス、また特徴を選び、賢く活用することで、全体業務の効率化や、コストカット、テレワークの推進にも繋がります。労務/給与システムごと新規で導入するものも、既存の労務/給与システムと連携して行うことができるものもあるので、目的や用途に応じてサービスを選ぶことから始めてみるのが、時代に合った業務効率化への第一歩です。

まとめて資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

 

インタビューやサービスの詳細はこちら

SmartHR(スマートHR)|インタビュー掲載

SmartHR(スマートHR)|インタビュー掲載

全国4万社以上の登録実績を誇る3年連続シェアNo.1※...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

オフィスステーション給与明細

オフィスステーション給与明細

導入実績15,000社以上のオフィスステーションシリーズのWeb給与明細サービスです。...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

マネーフォワード クラウド給与

マネーフォワード クラウド給与

給与計算の自動化でミスなく効率化。Web給与明細や年末調整などにも対応。誰にでも使いやすい簡単便利な操作性。...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

このページの内容をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
TOPへ戻る

資料ダウンロードフォーム

1分で簡単登録。無料

入力フォームはこちら

登録済みの方はこちら

パスワード再発行

アスピックご利用のメールアドレスを入力ください。
パスワード再発行手続きのメールをお送りします。

アンケートにご回答ください。

サービスの導入検討状況を教えてください。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。利用規約とプライバシーポリシーに同意の上、ダウンロードいただきます。

ご回答ありがとうございました。

ご登録いただいているメールアドレスにダウンロードURLをお送りしています。ご確認ください。

CLOSE