ASPIC公式サービス【アスピック】

Biz Partner for DWH/BI|インタビュー掲載

Biz Partner for DWH/BI|インタビュー掲載

プログラミングやSQL等の知識なしでユーザーが手軽にデータを分析できるBIツールです。

CLOSE

資料ダウンロード (無料)

資料ダウンロード (無料)

こちらから「BIツール」の資料を一括でダウンロードできます。

一括資料ダウンロード (無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

サービス概要

プログラミングやSQL等の知識なしでユーザーが手軽にデータを分析できるBIツールです。操作面の工夫やサポートが充実しています。

主なポイント

  • 専門知識がなくても使いこなすことができる

プログラミングやSQL等の知識がない、非エンジニアのユーザーがGUI上で操作・設定できるツールです。機能面では多機能で操作を複雑化するよりも、シンプルで使いやすくすることを目指しています。

  • 基本機能に絞りながらも、一通りの機能は網羅

基本機能に絞っているものの、エクセルやアクセス等でできること以上の分析機能はあり、よほど高度でない限り、一通りの分析は行えます。

  • 勉強会などを通じた導入サポート

導入時の出力帳票の初期設定や、導入時前後での勉強会の開催など、ツールに慣れるまでサポートします。

 

事業者インタビュー

ユーザー自身で手軽にデータを活用・分析できる環境づくりをサポート

株式会社アークライン

株式会社アークライン 代表取締役 富井 和雄様(中央右)
常務取締役 阿部 優子様(中央左)、他アークラインの皆様

―「Biz Partner for DWH/BI」はどのようなサービスなのでしょうか?

「Biz Partner for DWH/BI」は、プログラミングやSQL等の専門知識なしに、見たい情報を見たい形式でデータを取り出せるBIツールです。

専門知識を持たない非エンジニアのユーザーを想定しており、やたらに多機能化するのではなく、よく使う必要な基本機能に絞り、使いやすさにこだわっているサービスです。

―「Biz Partner for DWH/BI」はどのようなきっかけで提供を開始したのでしょうか?

当社は20年以上にわたり販売管理システムや財務会計システム等のシステムを開発・提供してきました。それらのシステムの特長として、カスタマイズのしやすさがあり、お客様の要望をカスタマイズの実施を含めてシステムで実現してきました。

その中で、帳票出力に関する依頼も多くあり、都度依頼を受けて帳票を出力してきたのですが、どうしてもある程度の手間がかかってしまいますし、その分の費用も発生します。それに、エンジニアのリソースが逼迫している状況では必要な時にすぐに帳票出力することが難しいケースがあります。

それならばユーザー側でBIツールを用いてデータを抽出・分析してもらえばよいのですが、ちゃんと分析しようとすると、高価で複雑な機能を持つツールが多く、BIツールを導入したけれど難しくて使いこなせない、という懸念がありました。プログラミング知識不要をうたうツールでも、結局はSQLやデータベースのテーブル構造を前提知識として理解しておかないと使えない、あるいは、やりたいことを実現するための最低限の機能がない、という問題がありました。

そこで、高機能ではなく、必要な機能に絞る分、プログラミングやSQL等の理解がなくても簡単に使えるツールを提供しようと思い、提供を始めたのが「Biz Partner for DWH/BI」」です。

―「Biz Partner for DWH/BI」は、例えばどのように利用されているのでしょうか?

ある建設資材会社では、経営者だけでなく、現場部門も、売上、受注や在庫状況等の状況をリアルタイムに把握するために、「Biz Partner for DWH/BI」を利用しています。「Biz Partner for DWH/BI」の導入前は、販売管理システムから都度手動でデータを出力して、エクセルで加工する必要がありましたので、手間も時間もかかる状態でした。そのため、在庫や仕入れ状況等をリアルタイムに近いかたちで定期的に確認することが難しく、在庫や仕入れ等の管理強化や業務改善に情報が活かせていない状況でした。

「Biz Partner for DWH/BI」では、売上日報、受注日報、得意先別売上、在庫状況等の閲覧用の帳票を定義しておき、エクセルファイルへの出力を通じていつでも情報が確認できるようになっています。決められた定義以外でも、GUI画面上で定義もしくは修正することで、自分だけが見たい情報一覧を手軽に瞬時に得られるようになりました。

―帳票の定義はどちらが行うのでしょうか?

導入時に主要な帳票は予め当社で定義することが多いですが、運用開始後は、ユーザーが見たい時に自分たちの手で見られるようにすることが重要なので、ユーザー側で定義することも多いです。そのために、「Biz Partner for DWH/BI」の導入前後で、ユーザー向けにBIツールを活用するための勉強会を開催して、使いこなせるようにサポートさせていただいています。エクセルの関数が少し利用できて、データの活用に興味がある、という方であれば簡単に使いこなしていただくようになる印象です。

―今後はどのようなことに力を入れていくのでしょうか?

当社のクラウド型基幹システムである「Biz Partner for 販売管理」や「Biz Partner for 財務会計」等のさらなる普及とともに、ユーザー側で手軽にデータを分析・活用する手段として「Biz Partner for DWH/BI」をご利用いただけるように広めていきたいと考えます。

当社は今後、RPA等の業務効率化のための仕組みを積極的に取り入れていく計画のため、「Biz Partner for DWH/BI」においてもユーザーが効率的に手間なくデータ分析できる環境づくりを追求していきたいです。

 

料金

  • ヒアリングさせていただいた上でお見積り。

 

会社概要

会社名 株式会社アークライン
代表者名 富井 和雄
資本金 5,760万円
所在地 〒171-0014 東京都豊島区池袋2-23-24 藤西ビル別館3階

 

CLOSE

資料ダウンロード (無料)

資料ダウンロード (無料)

こちらから「BIツール」の資料を一括でダウンロードできます。

一括資料ダウンロード (無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

このページの内容をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
TOPへ戻る

資料ダウンロードフォーム

1分で簡単登録。無料

入力フォームはこちら

登録済みの方はこちら

パスワード再発行

アスピックご利用のメールアドレスを入力ください。
パスワード再発行手続きのメールをお送りします。

アンケートにご回答ください。

サービスの導入検討状況を教えてください。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。利用規約とプライバシーポリシーに同意の上、ダウンロードいただきます。

ご回答ありがとうとございます。

ご登録いただいているメールアドレスにダウンロードURLをお送りしています。ご確認ください。

CLOSE