ASPIC公式サービス【アスピック】

  • TOP
  • 特集記事
  • カスタマーサクセスツール13選。機能や効果をタイプ別に紹介

カスタマーサクセスツール13選。機能や効果をタイプ別に紹介

カスタマーサクセスツール13選。機能や効果をタイプ別に紹介

最終更新日:2022-11-30

カスタマーサクセスの工数削減、解約率の低減やアップセル・クロスセル、LTVの増加、問い合わせ対応の効率化を目指したい方へ。カスタマーサクセスツール導入のメリットや、自社の課題に合わせたツールの選び方について解説します。

目次

カスタマーサクセスツールとは?

カスタマーサクセスツールとは、自社が提供する商品・サービスについて「どうしたらユーザーにもっと利用してもらえるか」、顧客の課題解決・活用支援のための活動をより効率的に行うことのできるツールです。

カスタマーサポートとの違いは?

カスタマーサクセスと似た言葉にカスタマーサポートがあります。両者は顧客満足度の向上を図るという点で共通していますが、カスタマーサクセスは、企業側から能動的に顧客に働きかけるのに対し、カスタマーサポートは顧客のプロダクトに対する疑問や不満などを起点としている点で異なります。

従来は顧客の問い合わせに対応するカスタマーサポートがメインでしたが、LTVの最大化が求められるサブスクリプションビジネスではそれだけでは不十分です。継続率アップ、アップセル・クロスセルを向上させるべく、多くの企業でカスタマーサクセスへの切り替えが進んでおり、その一環としてカスタマーサクセスツールに注目が集まっています。

カスタマーサクセスツールをお探しの方は、こちらからサービス紹介資料をダウンロードいただけます。

カスタマーサクセスツールの資料をDL

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

カスタマーサクセスツールの導入目的

カスタマーサクセスツールを導入する目的は大きく分けて3つ。それぞれの目的とともに、カスタマーサクセスツールの機能を解説します。

1. チャーンレート(解約率)低減:定着率のアップ

自社サービス活用によって顧客を成功へ導き、満足度を向上させることで、チャーンレートの低減が期待できます。

たとえば、テックタッチ※の充実による自発的なサービス活用を促す仕組みによって、自主学習の支援が可能になります。加えて、コミュニティ構築機能によって、企業と顧客、顧客同士のタッチポイントを増やし、これまで表面化してこなかったニーズや不満を吸い上げることで、サービスに対する顧客ロイヤルティ向上も見込めるように。サイト内でのアクションを知らせる通知機能も、迅速かつ適切な顧客対応に役立ちます。

また、顧客状況を把握するレポート機能などを活用して、顧客解像度をあげれば、より効果的なアプローチやチャーンの原因究明を効率化させられます。

※テックタッチ…チュートリアル動画やFAQ、自動メール、オンラインコミュニティなど、テクノロジーを活用して行う一律対応のこと

2.  カスタマーサクセス部門の工数削減

ツールを使って業務効率化を進めれば、1人のスタッフが担当できる顧客数を増やすことができます。

効果的なカスタマーサクセスツールの機能として、「顧客のヘルススコア把握」が挙げられます。集計作業の手間がなくなるのはもちろん、顧客の利用状況や頻度を一覧化してリアルタイムで正確に把握することで、アプローチすべき顧客が明確に。

カスタマーサクセスから営業部へのフィードバックもツールを使えば工数をかけることなくスムーズに共有できるようになります。ヘルススコアが悪化している顧客の活性化に向けたサポートや、解約・退会防止につながるアクションもスピーディーに起こせるようになるでしょう。

また、チュートリアルやガイドツアーを作成する機能で、顧客の定着や自走化を目指せば、工数削減と同時にチャーンレート低減にもつながります。

3. アップセル・クロスセルによる売り上げ向上

アップセルやクロスセルによる売り上げ向上もカスタマーサクセスの役割。そのために役立つ機能が、顧客データに基づいたサービスやコンテンツの提示です。パーソナライズされた提案によって、顧客の興味を引くことができます。また、アップセル兆候が出ている顧客を知らせるアラート機能も有効。更に、チュートリアルやポップアップ、画像・動画表示による直感的な誘導も、売り上げ向上に貢献します。

コミュニティ機能があるツールなら、ユーザー間でのサービス活用方法の共有がアップセル・クロスセルにつながることが。ユーザー同士のコミュニケーションからインサイトを拾うことができる、というメリットも挙げられます。

 

カスタマーサクセスツールのタイプ別の機能や導入効果

カスタマーサクセスツールは導入目的によって、以下の4つのタイプに分けることができます。それぞれ、機能や導入効果は異なってきますので、自社プロダクトの性質や課題に合ったツールを選ぶようにするといいでしょう。

以下、詳しくそれぞれのタイプについて解説します。

①コミュニティ構築タイプ

カスタマーサクセスにおいて、顧客・ユーザーとのコミュニケーションは重要なテーマ。コミュニティ運営に取り組む企業は多く見られますが、運営には手間とコストがかかり、その割にはうまくカスタマーサクセスに反映できていないケースも。

そういった課題に強みを持つのが、「コミュニティ構築タイプ」のカスタマーサクセスツールです。顧客同士でも交流できるプラットフォームを提供することで、コミュニティ運営をある程度自動化することができます。下記のような機能が特徴です。

<特徴的な機能>

コンテンツ管理 ユーザー分類に応じたコンテンツの出し分け、アクションを促進するコンテンツの設計
コミュニティ管理 顧客コミュニティの構築、運営
イベント機能 コミュニティ内にパーティーや講演会などのイベントを告知
Q&Aフォーラム機能 サービスの活用ノウハウや成功事例を顧客同士でシェア
制限つきグループ機能 特定の属性のユーザーのみ参加可能なグループを作成
ポイント/バッジ機能 ユーザーが特定のアクションをすると、インセンティブとしてポイントやバッジを付与

<導入効果>

顧客の持つノウハウやサポート情報をコミュニティに集約することで、疑問を自力で解決できる環境を整えられます。長期間に渡ってサービスを利用しているロイヤルユーザーの知識量はある種の“財産”。コミュニティ中心の施策によって“財産”を活用し、カスタマーサクセスの属人化防止、工数削減につながります。

コミュニティ運営にあたって注意したいのが、「公式」が介入しすぎることで、Q&Aやお客様サポートの場だと思われないようにすること。あくまで主体は顧客同士の交流です。

②顧客の状態を把握できるタイプ

顧客の行動データ、契約・解約データなどの集計や分析によって、顧客単位で利用状況を把握。顧客管理を効率化するための機能が充実しているのが、このタイプです。

データを元にカスタマーサクセス管理基盤を構築し、顧客へのタイムリーなアプローチが可能に。最小限の工数でカスタマーサクセスに貢献できるようになります。

<特徴的な機能>

ヘルススコア管理 顧客の健康状態を管理する機能。「顧客の状態」を自分たちで定義できる
NPSツール 自社サービスに対するロイヤルティを定量評価するNPSを表示
タスク管理 解決すべき課題やタスクをシステム内で管理
ライフサイクル管理 顧客のプロダクト利用の成熟度を分類・管理
カスタムアラート 解約やアップセルの兆候を検知する独自アラートを作成

<導入効果>

様々な顧客データをカスタマーサクセスツールに集約することで、集計・分析の工数削減につながります。更に、カスタマーサクセスツールから顧客の詳細状況を把握できるようにもなるため、管理職の負担も軽減。それまで集計や分析にかかっていたリソースを、ほかの業務に振り分けることが可能に。

データが集約されることで、顧客管理やサポートにテックタッチを取り入れ、業務の自動化が促進できます。

③利用方法をガイドするタイプ

UI/UXの改善やプロダクトツアーによって、サービスの利用開始・利用継続のハードルを下げることに強みを持つタイプ。

チュートリアルやポップアップといったユーザーガイドによって、ストレスなくサービスを使える環境を整えられます。そのため、ユーザーは疑問を自己解決できるようになるので、サービスからの離脱防止、問い合わせ件数の削減といった効果が見込めるでしょう。このタイプカスタマーサクセスツールを利用すれば、エンジニアのリソースを割かずに、UI/UXの改善ができます。

<特徴的な機能>

ノーコード実装 プログラミング知識がなくてもガイドを設定し、PDCAを回すことができる
ターゲティング&シナリオ配信 サービスを利用しているユーザーを特定し、最適なシナリオを表示

<導入効果>

UI/UXを改善するとなると非常に大掛かりなプロジェクトとなってしまいます。しかし、ガイドタイプのカスタマーサクセスツールを使えば、Webサイト本体に手を加えることなく、スピーディーな改善が可能に。特定部分だけの改修にも対応しています。

ガイド機能を導入することで、利用開始時のトレーニングや使い方の問い合わせ対応にかけるリソースを大幅に削減。カスタマーサクセス対応にフォーカスすることができます。

④問い合わせ対応を効率化するタイプ

問い合わせ窓口を一元化して、対応の品質や効率を向上させることで、顧客との関係性を強化することに強みを持つタイプ。LINEやTwitterなど、問い合わせチャネルを広げることで、タッチポイントの増加やコミュニケーションのハードルを下げることも期待できます。

「顧客の自走」を目指す前に、まずは、企業によるきめ細かい対応によってカスタマーサクセスを実現したい、という場合には、問い合わせ管理ツールから導入してみるのも一手です。

<特徴的な機能>

マルチチャネル対応 Webサイト、メール、電話、SNSなどからの問い合わせをひとまとめにしてワンシステムから対応
ステータス管理 問い合わせの対応もれや二重対応を防ぐ
担当者の振り分け 最適なスタッフを自動的に振り分け
回答テンプレート 正確でスピーディーな返信を支援

<導入効果>

様々なチャネルから集約された顧客からの問い合わせ内容と、その解決プロセスを蓄積することで、カスタマーサクセス実現に向けた取り組みへとデータを有効活用できるようになります。

たとえば、問い合わせ管理ツールは、チャットボットやFAQを構築する機能や、そうしたサービスと連携できる機能を備えているため、蓄積したデータを使って、有益な情報やノウハウを工数をかけずに顧客に提供できるようになります。

 

主なカスタマーサクセスツール(コミュニティ構築タイプ)

コミュニティ構築タイプのカスタマーサクセスツール、2つをご紹介します。

カスタマーサクセスツールの資料をDL

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

commmune(コミューン株式会社)

commmune公式Webサイト

(出所:commmune公式Webサイト)

ノーコードで顧客コミュニティを構築できる、カスタマーサクセスプラットフォーム。コミュニティを軸に、コミュニケーションの集約統合・双方向化を進めることで、LTVの最大化とカスタマーサクセス業務の効率化を実現する。キーワードやハッシュタグを使って、欲しい情報を検索することもできるので、問い合わせ件数削減に役立つ。
コミュニティ構築・運営機能に加えて、ユーザー分類に合わせたコンテンツの出し分け、ユーザーのアクションを後押しするインセンティブ設計といった管理機能も充実している。
指定した期間中のユーザーの動向を分析する、データ分析機能を搭載。

  • 料金:要問い合わせ

詳細はこちら

coorum(株式会社Asobica)

coorum公式Webサイト

(出所:coorum公式Webサイト)

LTV最大化をミッションとするコミュニティ構築ツール。顧客満足度やLTVの向上、CSコストの削減において定評があり、大手企業での導入実績も豊富。
コミュニティでは、ユーザー同士のノウハウ共有に加えて、活用事例、顧客インタビューといったサポートコンテンツを企業側が提供。顧客の成長、リテラシー向上を促進する仕組みが用意されている。更に、顧客の行動履歴を可視化することで、顧客インサイトを把握し、正しいサクセス活動へと導くことができる。同時に、チャーンの要因を明確化するのにも役立つ。
顧客の状態は学習率、ログイン数といったデータから定量的に観測するので、業務の属人化防止にもつながる。
CRMツールやMAツール、SFAツール、Slackなど、外部ツールとの連携も可能。

  • 料金:要問い合わせ

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

 

主なカスタマーサクセスツール(顧客の状態を把握できるタイプ)

データ分析機能が充実しており、顧客の状態を把握することに強みのあるタイプのカスタマーサクセスツール、5つをご紹介します。

HiCustomer(HiCustomer株式会社)

HiCustomer公式Webサイト

(出所:HiCustomer公式Webサイト)

利用状況、コミュニケーション履歴、売上、契約情報といったあらゆる顧客データを時系列で一元管理。データ集計・状況把握の効率化に強みを持つカスタマーサクセスツール。
顧客データからどんなアクションがどんな結果に結びついたかを分析し、精度が高く再現性のあるアクションを導き出すことができる。退会やアップセル兆候を検知するとアラートでお知らせ。売上を最大化できるタイミングでのアクションを自動的に促してくれるため、カスタマーサクセス業務の工数削減につながる。
また、主要なSFA/CRMツールとAPI連携でき、営業時点のデータをカスタマーサクセスに活用することで、一層の精度向上が期待できる。
カスタマーサクセス業務に対するコンサルティングサービスも提供。

  • 料金:要問い合わせ

詳細はこちら

CustomerCore(株式会社リンク)

CustomerCore公式Webサイト

(出所:CustomerCore公式Webサイト)

CRM/SFAにある顧客情報やメールやチャットなどのコミュニケーションデータなどをプラットフォームに集約。システムがそれらのデータを自動巡回して、対応が必要な顧客を検知するとアラート通知してくれるので、少人数で効率的なカスタマーサクセス業務が実現できる。アラート通知された課題やタスクは、チーム全体の状況が把握できるよう、システム内で管理。トラブルや属人化の防止に役立てられる。見落とし防止につながる、アラート通知のSlack連携も便利。
また、いち早い解約防止アクションを可能にする、過去の解約データの可視化機能も搭載。多角的なデータ分析によって、カスタマーサクセス業務をサポートする。

  • 料金:月額100,000円、初期費用500,000円(スタンダードプランの場合)

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

pottos(株式会社ODKソリューションズ)

pottos公式Webサイト

(出所:pottos公式Webサイト)

BtoB SaaSカスタマーサクセスの業務を全般的に支援する、カスタマーサクセスツール。独自トラッキングコードまたは他社アプリ連携により顧客のサービス利用データからヘルス状況を把握し、見える化。そして、ヘルス状況に応じて、操作ガイドのポップアップ表示や、成功事例のメール配信といった効率的なアプローチを自動で行うことができる。セグメントやヘルススコア悪化を検知し、CS担当者へ解約リスクの通知を送ることができ、個別対応が必要な場合にはタスクの対応漏れ防止のリマインドも設定できる。
その他にも、オンボーディングで実施すべきことを定義して、対応内容を最適化。顧客のオンボーディングの成功による、チャーンレート低減に貢献する。

  • 料金:月額98,000円〜、初期費用300,000円〜

詳細はこちら

Growwwing(株式会社ユニリタコーポレートサイト)

Growwwing公式Webサイト

(出所:Growwwing公式Webサイト)

サブスクリプションビジネス・SaaSビジネスにおけるカスタマーサクセス活動を管理・支援する、カスタマーサクセスツール。カスタマーカルテ機能により、顧客の導入時からの課題や、顧客へのアクションをいつだれが実施したかなどを一元管理することが可能。管理画面には、ヘルススコアがわかりやすく表示されるため、顧客の状況の判断や対応の標準化に役立てられる。その他、Q&A対応管理、改善要望の蓄積、プレイブックによるタスクの自動生成など、カスタマーサクセス業務に必要な一連の機能が網羅的にそろう。また、Salesforceプラットフォーム上で開発されたグラフィカルなUIも特徴。ダッシュボードは標準的なテンプレートを活用でき、オリジナル作成にも対応。

  • 料金:月額200,000円〜(Advanced + LMISプランの場合)

詳細はこちら

Gainsight(Gainsight株式会社)

Gainsight公式Webサイト

(出所:Gainsight公式Webサイト)

創業2011年以来、カスタマーサクセスの分野を牽引する、世界シェアトップのカスタマーサクセスプラットフォーム。GE Digital、SAP Concur、Boxなど多くの企業への導入実績を誇る。2022年5月より日本拠点での事業展開を発表。
導入状況、エンゲージメント、満足度、ヘルススコアを一元管理。集約した様々な顧客データをトリガーとすることで、カスタマージャーニーに必要なアクティビティを自動化することができる。豊富なデータ分析により、リスクのある顧客を特定し、課題を解決するための体系的なプロセス構築を支援する。最短2週間で導入が完了でき、最新の直感的なUIですぐに利用開始できるスピード感も強み。

  • 料金:要問い合わせ

詳細はこちら

 

主なカスタマーサクセスツール(利用方法をガイドするタイプ)

サイトを改善し、利用方法をガイドするタイプのカスタマーサクセスツール、2つをご紹介します。

Onboarding(株式会社STANDS)

Onboarding公式Webサイト

(出所:Onboarding公式Webサイト)

BtoBサービス利用時のユーザー負担を軽減することで、LTVの最大化とカスタマーサクセス業務の工数削減に貢献する支援ツール。
チュートリアルやポップアップ、ツールチップといったユーザーガイドを、ノーコードで実装できるため、アジャイルなサイト改善が可能に。プロダクトUIの改善を行うリソースがないという場合にもおすすめ。「使い方がわからない」「いちいち問い合わせをするのが面倒」といったユーザーのストレスを解消し、チャーンレート低減に役立つ。新機能や有料機能の利用促進にガイドを活用すれば、ロイヤルティ構築やアップセルにもつながり、収益向上が期待できる。
サービス内にいるユーザーを特定して最適化したシナリオを表示する、「ターゲティング&シナリオ配信」機能など、プロダクト体験をリッチかつ快適にする機能も充実。

  • 料金:要問い合わせ

詳細はこちら

Fullstar(クラウドサーカス株式会社)

Fullstar公式Webサイト

(出所:Fullstar公式Webサイト)

SaaSツールの管理画面に設置することで、チャーンレート低減、LTV最大化に貢献するカスタマーサクセスマネジメントシステム。テックタッチの実装だけなら無料で導入でき、UIもシンプルで使いやすいため、カスタマーサクセスの第一歩として導入されることが多い。
フリープランでも、ノーコードでエンゲージメント調査やアンケートの作成・表示、チュートリアルの設定が可能。顧客のインサイト把握、バージョンアップ後の評価測定といったエンゲージメント管理、導入完了の促進、UI/UXの向上といったチュートリアル管理ができるようになる。
有料プランは、条件を指定するだけで顧客に最適なタスクを割り当てられる「コミュニケーション管理」機能も搭載。解約やアップセルの兆候を検知して、解約防止やアップセルといったアプローチが可能に。

  • 料金:月額50,000円〜 ※無料プランあり

詳細はこちら

 

主なカスタマーサクセスツール(問い合わせ対応を効率化するタイプ)

こちらでは、顧客対応を効率化して、問い合わせ件数の削減や対応品質の向上に役立つカスタマーサクセスツールを4つご紹介します。

Zendesk(株式会社Zendesk)

Zendesk公式Webサイト

(出所:Zendesk公式Webサイト)

顧客対応に必須のツールを包括的に揃えたカスタマーサービス/サポートチケットソフトウェア。世界10万社以上での導入実績を誇り、問い合わせの状況確認、優先順位付け、解決まですべてワンシステムで対応できる。
メッセージング、チャット、SNS、メール、電話など、あらゆるチャネルでのやりとりをシームレスにつなぐ「メッセージング」、FAQ構築ができる「ヘルプセンター」、顧客1人ひとりに合わせた対応を自動化できる「AI搭載ボット」など顧客の自己解決を促し、問い合わせ件数を削減する機能が充実。サポート担当者の業務を効率化し、スピーディーな対応を実現することで、カスタマーサクセス業務を支援する。

  • 料金:月額約6,000円/ID(包括的なSuite Teamプラン)~

公式サイトへ

チャネルトーク(株式会社Channel Corporation)

チャネルトーク公式Webサイト

(出所:チャネルトーク公式Webサイト)

顧客チャットと社内チャットを統合し、メンバー全員が顧客の声をリアルタイムで共有しながら業務をすることで「顧客中心文化」を醸成する、カスタマーサクセスメッセンジャー。WebチャットツールにCRM機能とビジネスチャットツールを搭載していることが最大の特長。
購買していない新規会員や非会員のリピーターなども既存会員情報と連動させて一元管理でき、自社サービスにログインしているユーザーの問い合わせ状況を瞬時に把握することができる。カスタマージャーニーに合ったポップアップを自動的に表示させ、画像や動画などの最適なメッセージを送ったり、Webチャットにつないだりすることで顧客体験の向上に貢献する。
また、オプションで利用できるシナリオ型チャットボットも人気。担当者の自動割り当て、ページごとのbot自動出し分け、カテゴリとタグの自動登録など、自動化機能が充実しており、対応効率の向上を実現する。

  • 料金:月額3,000円~ ※無料プランあり

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

Re:lation (リレーション) (株式会社インゲージ)

Re:lation公式Webサイト

(出所:Re:lation公式Webサイト)

メール・LINE・チャット・電話など10種のチャネルの問い合わせを一画面に集約し、複数ユーザで共有・管理できる顧客対応ツール。誰でも簡単に直感的に扱える操作で問い合わせ対応の一元化・可視化が可能。問い合わせの煩雑化による対応漏れや二重返信などを防いで、サポート品質の向上につなげることができる。
顧客とのコミュニケーションをスムーズにし、きめ細かいやり取りによってカスタマーサクセスを実現したい場合に特におすすめ。永年無料で使えるフリープランから少人数での利用に適したライトプラン、大人数にも対応できるプレミアムプランと、企業の成長に合わせて無駄なく機能を拡張していける柔軟な料金プランも魅力。

  • 料金:要問い合わせ ※無料プランあり

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら(インタビューあり)

メールディーラー(株式会社ラクス)

メールディーラー公式Webサイト

(出所:メールディーラー公式Webサイト)

導入実績7,000社以上を誇る問い合わせ管理システム。メール、電話、チャット、LINEなど様々なチャネルの問い合わせを一元管理。未対応・対応中・完了などのステータスや緊急度・担当者が一目で判別可能なため対応漏れ・返信遅れを未然に防止。また、別のスタッフが対応中のものには警告が出るので重複対応も防げる。
情報共有にも優れており、メールアドレスをクリックするだけで「これまでお客様とどのようなやりとりをしたか」一覧表示可能。引き継ぎ・エスカレーションの際も検索時間が短縮され、迅速・丁寧な対応が期待できる。

  • 料金:月額35,000円~、初期費用50,000円~

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら(インタビューあり)

まとめ

サービスやプロダクトの継続的な成長のためには、カスタマーサクセスの視点が欠かせません。そのため、カスタマーサクセスの専門チームを立ち上げる企業も増えてきています。しかし、事業拡大に伴う工数の増加に悩まされたり、日々の顧客対応に追われて能動的なアクションを起こせずにいたりと、まだまだ課題は多いようです。

カスタマーサクセスツール導入の主な目的は、「LTVの最大化」「チャーンレートの低減」ですが、自社のサービスが抱えている課題によってアプローチ方法は異なります。

ユーザー同士の交流を活性化させたい場合は「コミュニティ構築タイプ」、顧客データを元に適切なアクションを起こしたい場合は「顧客の状態を把握できるタイプ」、サービスの利用環境を整えたい場合は「利用方法をガイドするタイプ」、問い合わせ対応を効率化して顧客との関係性を強化したい場合には「問い合わせ対応を効率化するタイプ」というように、まずは自社の課題を洗い出し、適切なツールを選んでみてください。

カスタマーサクセスツールをお探しの方は、こちらからサービス紹介資料をダウンロードいただけます。

カスタマーサクセスツールの資料をDL

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

 

インタビューやサービス詳細はこちら

coorum

coorum

ロイヤル顧客を蓄積・分析することができるプラットフォーム。「企業と顧客がつながる場」の提供によって、収益貢献の高いロイヤル顧客を生み出すためのドライバーを理解し...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

CustomerCore

CustomerCore

カスタマーサクセス活動を支援するツール。顧客データをスムーズに統合・可視化し、顧客の状態変化をシステムが捕捉・通知することで、適切なタイミングでの適切な対応が実...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

Zendesk|問い合わせ管理

Zendesk|問い合わせ管理

カスタマーサポートへの問い合わせ(チケット)の一元管理、チケットへの返答・優先順位付け・履歴確認などが可能なカスタマーサービス/サポートチケットソフトウェア。 ...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

チャネルトーク

チャネルトーク

導入社数8万社以上。Webチャットと顧客管理(CRM)機能がひとつになったカスタマーサクセスツール。チャットで得た顧客情報を蓄積し、問い合わせ対応の効率と効果を...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

Re:lation(リレーション)|インタビュー掲載

Re:lation(リレーション)|インタビュー掲載

2019年度グッドデザイン賞受賞、導入実績4,000社以上のメール共有システムです。チームで共有する受信箱で、メール、チャット、電話などのビジネスコミュニケーシ...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

メールディーラー(Mail Dealer)|インタビュー掲載

メールディーラー(Mail Dealer)|インタビュー掲載

業界シェアNo.1の問い合わせ管理システムです。導入実績7,000社以上。メールや電話、チャット、LINEなど様々なチャネルに対応し、全てのお問い合わせを一元管...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

このページの内容をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
TOPへ戻る

資料ダウンロードフォーム

1分で簡単登録。無料

入力フォームはこちら

登録済みの方はこちら

パスワード再発行

アスピックご利用のメールアドレスを入力ください。
パスワード再発行手続きのメールをお送りします。

アンケートにご回答ください。

サービスの導入検討状況を教えてください。

  • 資料請求後に、当該資料に含まれる「サービス提供会社」や弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
  • ご案内のため、アスピックにご登録いただいた会員情報を弊社より「サービス提供会社」に対して電子データにて提供いたします。
  • 利用規約とプライバシーポリシーに同意の上、ダウンロードいただきます。

ご回答ありがとうございました。

ご登録いただいているメールアドレスにダウンロードURLをお送りしています。ご確認ください。

CLOSE