ASPIC公式サービス【アスピック】

  • TOP
  • 特集記事
  • 予約管理システムの比較15選。タイプ別の選び方

予約管理システムの比較15選。タイプ別の選び方

予約管理システムの比較15選。タイプ別の選び方

最終更新日:2023-10-11

PCやスマホを使った予約受付の仕組みを導入し、業務効率・売上・顧客満足度の向上につなげたい方へ。予約管理システムの特徴や選び方のコツを紹介します。

目次

予約管理システムとは?

予約管理システムとは、店舗への来店や施設の貸し出し、セミナーへの参加など、予約制の各種サービスを提供する企業が、利用を希望する顧客に対して、PCやスマホなどを使ったオンラインでの予約を可能にするシステムです。

単に予約を受け付けるだけでなく、予約をした顧客に対するメールの送信や予約前後のサポート、チケットの発行、決済、アンケートの実施など、予約業務全般に関する様々な機能や仕組みを搭載しています。

予約管理システムのメリット

予約管理システムを導入することで、以下のようなメリットが期待できます。

予約業務の効率化 電話とメール、紙やExcelなどを組み合わせた手作業での処理が不要になります。
24時間365日受付可能 受付の自動化により、利用者は時間を問わず予約が可能になります。
顧客情報のデータベース化 顧客の属性や利用履歴などの情報を分析することで、ビジネスチャンスの拡大につなげられます。
スマホでの予約にも対応 利用者は、PCのブラウザだけでなく、スマホやタブレットのアプリからでも申し込みが可能に。
予約に関わる業務を一括で自動化 統合型システムのため、予約画面の作成、決済、受付後の管理サポートなどまで、一気通貫で自動化できます。
導入ハードルの低さ 初期費用や月額費用が無料のシステムもあり、必要となったらすぐに試して導入できます。

予約管理システムのおすすめ

  • 幅広い業種で利用実績がある→Square、ChoiceRESERVE、STORES 予約など
  • 特定の業界や業種向け→hacomono、WTE、Smart Hello、リザービアなど
  • LINE連携に強み→Liny、リピッテ、予約onラインなど

記事後半には、各サービスの詳細も紹介しています。「今すぐツール選定に移りたい」という方はそちらをご覧ください。「もう少し詳しく知りたい」という方はこのまま読み進めてください。予約管理システムの機能やタイプ・選び方などについて、わかりやすく紹介していきます。

予約管理システムをお探しの方は、こちらからサービス紹介資料をダウンロードいただけます。

予約管理システムの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

 

予約管理システムでできること(機能)

予約管理システムでは、主に以下のようなことができます。

予約受付

利用者からの予約を受け付けます。多くのシステムがカレンダー型予約ページを用意しており、希望する日時を簡単に設定できるようになっています。ただし、同じカレンダー形式でも、デザインはもちろん、予約枠の設定やオプションの指定可否、個別URLの割り当て、仮予約の設定ができるかどうか、営業日や利用可能日の表示が可能かなど、サービスごとに様々な特徴や違いがあります。

予約変更受付

いったん受け付けた予約を変更したりキャンセルしたりする機能です。本当のキャンセルではなく、うっかり間違えて予約した内容を変更したくなるケースなどもあるため、利用者にとってはこの予約変更受付機能の使い勝手は重要なポイントです。一方、サービスを提供する企業側にとっては、キャンセルによる利益や機会喪失を少しでも減らせるよう、キャンセル待ち機能やキャンセル時の管理者通知機能などの充実が求められます。

顧客管理

年齢や性別、居住地域などのユーザー属性情報と、予約頻度や利用傾向、好み、支払い金額といった予約関連データを紐付けて管理できる機能です。さらなるビジネス成長とユーザー満足度向上のための様々なマーケティング施策に活用できます。企業や団体に対して予約型サービスをまとめて提供したい場合向けに、ユーザーの一括登録機能を用意しているシステムなどもあります。

予約連絡

予約をした人に対して、手続き完了メールやサンキューメールを送ったり、予約日が近づいてきたらリマインドメールを届けたりする機能です。自動で送信できるのは当然として、送信するメールの内容を柔軟にカスタマイズできるかどうかや、文面を一から作らなくて済むようにテンプレートが用意されているかどうか、キャンペーン情報を差し込めるかどうかなど、同じ機能をうたっていてもシステムによって大きな差がつきます。

月額課金・決済

予約時のクレジットカードなどでの決済や毎月の定額支払いの課金管理の機能を備えたものもあります。中にはコンビニ決済やペイパル決済などにも対応するシステムも。予約から支払まで一気通貫にオンライン上で完結し、様々な支払方法に対応することで、新たな顧客の獲得や、リピート率の向上も期待できます。

入金管理

オンライン事前決済ではなく、予約後の振り込みや利用時の店頭での支払い、利用後の請求書払いなどの方法を用いる場合、入金管理の仕組みが予約管理システムに統合されていると便利です。別々のシステムで管理していると、期日までに支払いがなかった場合の予約強制解除や新規予約の停止、会員資格のはく奪といった処理を手作業で行うか、システム間連携で処理する必要が生じます。

 

予約管理システムの利用料の相場

続いては、気になるシステムの利用料金についてです。以下、主だった予約管理システムの料金をまとめておいたので、サービス選びの参考にしてください。

予約管理システムによって料金形態は異なりますが、「一カ月間予約件数100件まで月額10,000円。それを超えたら1件いくら」など月額固定料金+従量課金形態が一般的です。料金は1、2万円で利用できるものがほとんどで、初期費用無料のものも珍しくありません。中には、「Square」のように利用料・初期費用ともに無料で利用可能で、その代わりに決済手数料が発生するものもあります。

サービス名 利用料 初期費用
Square 無料
※決済時の手数料あり
無料
ChoiceRESERVE 月額20,000円
※受付数に応じて、従量課金あり
30,000円
STORES 予約 月額23,980円
(スタンダードプランの場合)
無料
Airリザーブ 月額5,000円
(ベーシックプランの場合)
無料
RESERVA 月額10,000円
(ゴールドプランの場合)
無料
リザエン 月額10,000円〜
※月間の予約件数が500件を超えた場合、従量課金が発生
20,000円
hacomono 月額35,000円(1店舗あたり)~ 15万円
WTE 要問い合わせ
Smart Hello 月額25,000円
(ライトフィットネスプランの場合)
15万円
リザービア 月額21,000円
(Basic Sプランの場合)
10万円
トレタ予約台帳 要問い合わせ
TableCheck 要問い合わせ
Liny 要問い合わせ
リピッテ 月額8,000円 9,800円
予約onライン 月額3,000円/店舗 20,000円/店舗
(初期設置料+導入設定料)

 

予約管理システムのタイプと選び方

予約管理システムは、以下に示す3タイプに大きく分類できます。

汎用性の高いタイプ(汎用型)

習い事教室や病院・クリニック、フィットネスクラブ、各種イベントやセミナー・説明会など幅広い予約サービスに対応できるタイプです。

どんな業種や予約パターンにも対応できるように、予約管理業務に必要な機能を網羅的に搭載しているのはもちろん、予約画面のカスタマイズ範囲が広かったり、選べるデザインの種類が豊富だったりするのも特徴です。「いろいろなことを試しつつ、自社に最適な予約システムを作りたい」という方に向いています。

特定の業界や業種向け(業界業種特化型)

美容室やサロン、あるいは飲食店など、特定の業界・業種向けに特化したタイプです。その業界ならではの業務形態やサービス提供内容、慣習などを考慮した形で予約業務に関する各種機能が用意されています。

上述の汎用型とは対照的に、業界業種特化型は機能やデザインの数などは少ない傾向にありますが、その分対象とする業界・業種向けに必要十分な機能を備えた予約ページを手早く作れるというメリットがあります。

ホテル・旅館向けの予約システムは「宿泊予約システムおすすめ13選!選び方のポイントを紹介」を、オンラインレッスン向けの予約システムは「オンラインレッスン予約システム比較11選。タイプと選び方」にて詳細をご覧ください。

LINEを使って予約管理の仕組みを実現するタイプ(LINE特化型)

最近では、LINEの利用者向けに予約の仕組みを提供する「LINE特化型」の予約管理システムも登場しています。上記他のタイプの予約管理システムでも、機能の一つとして「LINE対応」をうたっているものはありますが、LINE特化型はキャンペーン情報やお知らせの配信、効果測定・分析などについてもLINEの仕組みをそのまま利用できる点に強みがあります。

LINE公式アカウントと連携した予約サービスについては、「LINE予約システム比較9選!タイプ別に料金・おすすめを紹介」にて詳細をご覧ください。

 

予約管理システムの比較のポイント

予約管理システムの導入を検討する際は、以下のようなポイントについて検討するとよいでしょう。

自社サービスとの親和性

予約管理システムの選定に当たって、まず考えるべきは「自社サービスの提供形態に合った機能を備えているか」です。

たとえば、習い事サービスを提供している場合は、定期的な予約日時から別の日時に振替予約できる機能が必要です。その点、「STORES予約」は振替を「何日先まで認めるか」「回数制限を設けるか」など、自社サービスの事情やニーズに合わせてより細かいルールが設定可能です。オンラインスクールの効率化に強みを持つ「WTE」は予約・リマインドはもちろん、予約期限やキャンセル期限なども細かく設定できるため受講率の向上が図れます。

また、美容サロンや整体院のように、スタッフを指名して予約を受け付けたい場合には、「hacomono」「Smart Hello」「RESERVA」のように、スタッフ指名予約機能を備えたタイプが必要になります。その他、飲食店の場合は、「トレタ予約台帳」のようにグルメサイトやPOSシステムとの連携に対応していると便利。予約管理をデジタル化することで、トラブルの防止や業務効率化、おもてなしの強化につなげられます。

予約条件の柔軟性

予約条件をどれだけ柔軟に設定できるかも重要な要素です。たとえば、スタッフの出勤状況や利用可能な設備の数の増減に合わせて、予約可能枠の表示を自動で変えられれば、手作業による調整が不要となり、ユーザーも安心して予約できるようになります。

「Airリザーブ」は、歯科クリニックでの利用例として、「初回診察」と「2回目以降の診察」という2つのサービスメニューに対してそれぞれ「担当医師」と「チェア(診療台)」というリソースを紐付けておき、それぞれのリソースの利用/予約可能状況に合わせて予約可能枠を表示するといったことが実現できるようになっています。

また、「WTE」では、レッスンを受けたい生徒は「スケジュール」「講師」「レッスン内容」の条件で自ら検索して、希望のレッスンを予約可能。「リザエン」では「時間」「時間割」「イベント」「日付」などで予約可能枠を設定したり、複数名分の予約を可能にできたり(最少・最大人数の指定も可能)、より自由度の高い予約枠の設定が可能となっています。

顧客管理機能の充実度

既に本格的な顧客管理システムを導入済みのケースを除けば、予約管理システムは顧客管理システムとしてもしっかり使えることが重要です。前述したように、予約管理システムは顧客情報と連携させてマーケティング施策を実施することにより、自社のビジネスを大きく発展させられる可能性を秘めているからです。

「まだそこまでは考えていない」という場合でも、予約があまり増えない場合のテコ入れ(集客)などに役立つので、顧客管理の仕組みを構築しておくと良いでしょう。基本的な機能が備わっているのはもちろん、業務効率を高めるという観点では予約管理システムを経由せずに顧客(会員)情報を登録できたり、CSV形式のデータやExcelファイルなどから一括で登録ができたりする機能などがあると便利です。「RESERVA」が搭載する重複データの統合(名寄せ)機能なども、会員規模が大きくなるほど便利さを実感できる機能です。

多店舗管理機能の充実度

複数の店舗を抱える企業の場合には、多店舗管理機能の有無や充実度が製品の選択基準となります。各店舗の予約ページや顧客データを一元管理するための機能をはじめ、予約業務に関する一定の権限を現場の担当者に付与する仕組み、本部と店舗間あるいは店舗同士のコミュニケーションを円滑にするための機能、店舗ごとのスタッフのシフト管理機能などを備えたシステムが選択肢となるでしょう。

 

主な予約管理システム(汎用型)

まずは、予約管理に必要な機能を網羅し、幅広い業態に対応する汎用性の高いシステムです。

Square(Square株式会社)

Square公式Webサイト

(出所:Square公式Webサイト)

予約管理など店舗運営に必要な機能を無料で利用可能な決済サービス。専用の予約サイトを作成すれば、紐付けるだけでSNSやGoogleからユーザーも直接予約可能。予約状況はタブレットやスマホアプリで簡単に管理可能(iOS、Androidどちらにも対応)。リマインド設定もできるため便利。
店頭決済やオンライン決済などキャッシュレスにも対応可能。予約時に事前決済でき、キャンセル料の設定も可能なため、無断キャンセルなどのリスクを防げる。美容室、ネイル・フィットネスなどの各種サロン、塾など幅広い業種で利用されている。

  • 料金:月額・初期費用なし ※別途、専用端末の購入費・決済時の手数料あり

詳細はこちら

ChoiceRESERVE(株式会社リザーブリンク)

Choice RESERVE公式Webサイト

(出所:ChoiceRESERVE公式Webサイト)

15年以上、4,000件を超える導入実績(有償契約アカウント数)を誇る予約管理システム。シンプルで直感的な操作が可能な予約管理カレンダーを採用しており、24時間365日の予約の受付および管理に対応できる。店舗やメニューごとに固有の予約用URLを発行可能。予約完了メールや予約当日までのリマインドメールなどを自動送信する機能も備えている。
ジャンルやエリアで予約メニューをカテゴライズできる複数店舗管理機能や、Salesforceや基幹システムなど外部システムとのAPI連携機能も搭載。その他、クレジットカード決済対応、スマホ・タブレット対応、ソーシャル連携(Twitter、Facebook、はてなブックマーク)、オンライン相談・オンラインセミナー対応など数多くの機能を持つ。

  • 料金:月額20,000円、初期費用30,000円 ※規定の受付数を超えた場合、従量課金が発生

詳細はこちら

STORES 予約 (STORES株式会社)

STORES 予約公式Webサイト

(出所:STORES 予約公式Webサイト)

13万社以上の導入実績を持ち、180以上の業種に適応可能な予約管理システム。ユーザー向けの専用アプリを用意していることや、予約管理業務を全般的に自動化できることなどが特徴だ。予約確認メールや来店前日のリマインドメール、来店後のフォローメールなども自動で配信可能。顧客管理機能(顧客カルテ)や予約時のクレジットカード決済機能など様々な業務を幅広くサポートできるよう数多くの機能を搭載している。
ユーザーに提供する専用アプリでは、予約の申し込みを簡単に行えるだけでなく、予約後の振替やキャンセルといった操作も可能。アプリ上で回数券の利用や月謝の支払いもできるようになっている。自社のWebサイト上に「予約カレンダー」を直接貼り付けて誘導できる仕組みも提供する。その他、予約日程に合わせてミーティング用ID/URLを自動発行するZoom連携機能なども備える。

  • 料金:月額23,980円(スタンダードプランの場合)、初期費用なし ※無料プランあり

詳細はこちら

Airリザーブ(株式会社リクルート)

AirRESERVE公式Webサイト

(出所:Airリザーブ公式Webサイト)

一目で分かりやすい画面インタフェースを備え、端末の操作に不慣れな担当者でも直感的に操作できることを売りとしている予約管理システム。予約件数が増えても支払う料金が変わらないこと(固定料金制)も特徴となっている。予約の設定は、ユーザーが好きな時間を選んで申し込む「自由受付タイプ」と企業側が事前に設定した予約枠に申し込む「事前設定タイプ」の2パターンから選択できる。
予約キャンセル待ち、仮予約、日別・曜日別営業時間設定、スタッフ、設備、在庫などのリソース管理、同時受付予約制限など、予約管理に必要な細かい設定に対応する機能が充実。月間予約件数無制限で利用できる無料プランがあるので、まず試してみたいという場合にもおすすめ。

  • 料金:月額5,000円(ベーシックプランの場合) ※初期費用は別途、無料プランあり

詳細はこちら

RESERVA(株式会社コントロールテクノロジー)

RESERVA公式Webサイト

(出所:RESERVA公式Webサイト)

シンプルな操作性や、3分で設定完了という手軽さが売りの予約管理システム。350以上の業種に対応し、20万社を超える登録事業者数を持つ。予約受付、キャンセル待ち受付、自動メール送信、メルマガ配信、顧客・会員管理(CRM)、クレジットカードによるオンライン決済などの機能を備えており、予約の受け付けから決済、顧客管理、集客といった処理を自動化できる。
複数の予約サイトをまとめた総合サイトを作成し、一つのアカウントで複数店舗の管理画面にログイン可能にする「多店舗管理」機能や、予約受付と同時にZoom会議のURLとIDを自動発行し、予約メールに自動挿入する「Zoom連携」機能なども搭載。PCやスマホ、タブレットなどマルチデバイスでの利用をサポートしている。
日本語のほか、英語、中国語、韓国語、タイ語による予約受付に対応。料金プランも豊富で、広告が表示される代わりに無料で使える「フリー」プラン、フリープランより予約受付件数を増やせる月額3,850円の「ブルー」プラン、広告を非表示にできる月額5,500円の「シルバー」プランなどがある。

  • 料金:月額10,000円(ゴールドプランの場合)、初期費用なし ※無料プランあり(月間予約数100件まで)

詳細はこちら

リザエン(株式会社インタークエスト)

リザエン公式Webサイト

(出所:リザエン公式Webサイト)

200以上の業種に対応し、幅広いカスタマイズ性やセキュリティの高さを特徴とする予約管理システム。予約サイトの作成から予約受付、完了メールなどの自動送信、会員管理、クレジットカード決済まで、一般的な予約管理システムに要求される基本的な機能が過不足なく用意されている。
自社のサービス向けに特別なカスタマイズなどをしたい企業向けのプラン「エンタープライズ版」も用意しており、スマートロックの制御やデジタルサイネージへの出力、POSレジ連携といった外部ハードウェア、システムとの連携、クラウドサービスとしてではなくオンプレミスでの利用(パッケージ提供)、個別のセキュリティ対策の実施など個別のニーズに合わせたシステムカスタマイズや開発にも対応できる。

  • 料金:月額10,000円〜、初期費用20,000円 ※月間の予約件数が500件を超えた場合、従量課金が発生

詳細はこちら

 

主な予約管理システム(業界業種特化型)

続いて、特定の業界・業種向けに必要十分な機能を備えたシステムをご紹介します。

予約管理システムの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

hacomono(株式会社hacomono)

hacomono公式Webサイト

(出所:hacomono公式Webサイト)

ウェルネス領域に特化した会員管理・予約・決済システム。フィットネスクラブやパーソナルジム、ゴルフスクール、ヨガスタジオ、エステ、整体院などに対応。ユーザーは、会員マイページからレッスンの予約や受講履歴が確認可能。レッスンの空き状況の確認やスタジオ内での場所の予約もでき、開始時間前に行列に並んで待つ必要がなくなる。さらに、入会・体験の手続きや決済もオンラインだけで完了できるため、顧客体験の向上に繋がる。
パーソナルトレーニングやエステの予約の際に、担当トレーナーやスタッフの指名することも可能。スタッフのシフト設定や利用設備の予約状況ベースに、コースやスタッフを選択してから空きを検索することができる。

  • 料金:月額35,000円/店舗、初期費用15万円

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら(インタビューあり)

WTE(株式会社ライトアップ)

WTE公式Webサイト

(出所:WTE公式Webサイト)

オンラインレッスン事業に特化した予約支援サービス。受講者は「スケジュール」「講師」「レッスン内容」の諸条件で希望のレッスンを検索して予約できる。予約完了メールやリマインドを自動送信でき、更に予約期限やキャンセル期限なども設定可能だ。その他、生徒の会費や講師の報酬も自動計算しオンライン決済にも対応。運営側は無理なく受講率・業務効率の向上が図れる。
また、システム提供以外にもWebサイト制作・Webライティング、集客代行(SNS運用・SEO対策)など、役務型の支援を受けられるのもポイント。同社は自らも会員数30,000名を超えるオンライン英会話サービスを10年位以上運営しているため、ノウハウには期待。語学スクール、フィットネス・音楽スクール、栄養相談、カウンセリングなど様々なシーンで利用されている。

  • 料金:要問い合わせ

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

Smart Hello(株式会社システムディ)

Smart Hello_公式Webサイト

(出所:Smart Hello公式Webサイト)

月額10,000円の低価格から利用可能な予約管理システム。専用アプリや店頭端末から簡単に予約ができる。「定員制レッスン型」やスタッフ指名の「パーソナルレッスン型」、場所指定の 「場所貸し予約」など、予約の種類は幅広いサービス形態に対応している。フィットネスクラブ、インドアゴルフ、公共運動施設などの様々な会員制施設で導入されており、予約管理や入会受付、会費の管理・請求など、会員管理に関わる様々な機能をトータルサポートする。
その他、入会申込・体験予約サイトを簡単に作成できる機能や、日々の売上の集計や会員数の変動などを視覚化するデータ分析機能などを搭載。管理業務の効率化につながるのはもちろん、マーケティングにも有効活用できる。

  • 料金:月額25,000円(ライトフィットネスプランの場合)、初期費用15万円

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

リザービア(株式会社リザービア)

リザービア公式Webサイト

(出所:リザービア公式Webサイト)

美容室やエステサロン、ネイルサロンなど、美容業界に特化した予約管理システム。全国4,500店舗以上で利用されている。
GoogleマイビジネスやLINE、Instagramとの連携予約が可能。クーポンサイトなどを含め、各媒体からの予約を一元管理できるため、予約枠の調整は不要。ダブルブッキングも防止できる。
予約集計機能があり、媒体ごとの予約数やその割合、新規予約と既存予約の割合、キャンセル率などの把握が可能。会員種別や来店回数、前回メニューなどに応じたDM配信やアプリへのプッシュ通知などにも対応。PDCAを回しながら改善施策を打ち出すことができるため、売上アップにつながる。

  • 料金:月額21,000円(Basic Sの場合)、初期費用10万円

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

トレタ予約台帳(株式会社トレタ)

トレタ予約台帳公式Webサイト

(出所:トレタ予約台帳公式Webサイト)

飲食店・レストラン向けの予約管理システム。20以上のグルメサイトや「Googleで予約」、自社HPなどとの連携により、予約管理業務の効率化を実現する。現場のオペレーションにフィットした使い勝手の良さも特徴で、トレーニング不要で誰でもすぐに使いこなすことができる。
予約管理に加えて顧客管理にも対応しており、顧客の指名はもちろん、来店回数や頻度、注文履歴などを記録。更に、「ワイン好き」「アレルギーあり」といった情報も記録できるため、リピーターの獲得に役立つ。蓄積した情報をもとに、客層分析や集客の課題などがわかるデータ分析機能も搭載している。顧客情報を接客に活用することで、売上がアップしたという事例も。

  • 料金:要問い合わせ

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

TableCheck(株式会社TableCheck)

TableCheck公式Webサイト

(出所:TableCheck公式Webサイト)

多くの人気店・有名店で利用されている、飲食店向けの予約顧客管理システム。自社サイトにリンクを設置するだけで利用できるネット予約ページは、ウィジットのカスタマイズができ、「統一感」と「使いやすさ」の両立に役立つ。複数の系列店舗を一緒に管理できるため、自店舗が満席だった場合に近隣の系列店舗と相互送客するなどして、取りこぼしを防げる。
国内外25のグルメサイト経由の予約を自動で取り込み、一元管理。業界で唯一の「ドタキャン・無断キャンセル対策機能」も備える。予約受付時にクレジットカード情報を取得することで、予約の確度を大幅に向上。万一ドタキャンや無断キャンセルが発生しても、キャンセル料を確実に請求できるため、売上の損失を回避できる。

  • 料金:要問い合わせ

詳細はこちら

 

主な予約管理システム(LINE特化型)

こちらでは、LINEを使って予約管理の仕組みを実現するタイプのご紹介をします。

Liny(ソーシャルデータバンク株式会社)

Liny公式Webサイト

(出所:Liny公式Webサイト)

3,500社超の導入実績を持つ、予約管理システムとしての機能を兼ね備えたLINE公式アカウント管理ツール。LINE上でイベントの予約受付ができる。作成した予約フォームから申し込みを受け付ける形をとり、予約変更やキャンセルなどもLINE上で行える。
予約したユーザー(友だち)にリマインドを配信するなど、予約状況に応じた配信設定が可能。申し込み期限や定員の設定といった細かいカスタマイズにも対応する。

  • 料金:要問い合わせ

詳細はこちら

リピッテ(株式会社コネクター・ジャパン)

リピッテ公式Webサイト

(出所:リピッテ公式Webサイト)

LINE@を利用した自動予約管理システム。LINEを使って簡単に予約を申し込むことができ、入った予約は自動で受付・管理される。QRコードをスマホのカメラで読み取るなど、通常のLINEの友だち登録の仕組みを使って予約を受け付けられるため、利用に当たっての心理的不安が少なく、リピーターを囲い込みやすいという特徴を持つ。
最終来店から3カ月経った利用者にメッセージを配信する機能や、誕生月の利用者へ特別割引のメッセージを送る機能なども搭載。管理機能としては、LINEから入った予約の確認だけでなく、電話で受けた予約の手入力や顧客情報の閲覧、メニューの設定などの機能を備えた専用の管理画面を用意している。同管理画面からスタッフのシフト登録やメッセージ配信なども手軽に行える。

  • 料金:月額8,000円(店舗利用の場合)、初期費用9,800円

詳細はこちら

予約onライン(株式会社ホンゴウ)

予約onライン公式Webサイト

(出所:予約onライン公式Webサイト)

予約に関するすべての操作をLINEのサービス上で完結できる予約管理システム。ユーザーを自動認識して、会員登録やログイン不要で予約ができるようになるので、取りこぼしを防ぐのに役立つ。
既存LINE公式アカウントの機能や友だちを継承して、予約機能を追加できるので導入ハードルが低い点もポイント。来店忘れを防止するために、前日か当日の朝にメッセージを自動送信するリマインダー機能なども搭載。

  • 料金:月額3,000円/店舗、初期費用20,000円/店舗(初期設置料+導入設定料)

詳細はこちら

 

まとめ

店舗やスクールの予約管理は、一件ずつ手作業で対応していると膨大な時間がかかってしまいます。特にWeb、メール、電話など連絡手段もバラバラだと、受付から入力、整理と作業が多く、ミスも発生しがちです。

予約管理システムを導入すると、連絡手段を問わず予約を一元管理できるようになります。24時間365日受付が可能になるため、利用者側の使い勝手も向上。更に、顧客情報をデータベース化できるため、新たな戦略にもつなげられるでしょう。

予約管理システムは搭載されている機能によって、以下の3つのタイプに分けられます。

  1. 汎用性の高いタイプ(汎用型)
  2. 特定の業界や業種向け(業界業種特化型)
  3. LINEを使って予約管理の仕組みを実現するタイプ(LINE特化型)

また、予約管理システムを選ぶ際には、以下の4つのポイントをチェックしましょう。

(1)自社サービスとの親和性
(2)予約条件の柔軟性
(3)顧客管理機能の充実度
(4)多店舗管理機能の充実度

予約管理システムは無料のプランやお試し利用を用意している製品が多く、また導入の難易度も低いため、自社のサービスにフィットしているか試してみながら最適な製品を探してみることをおすすめします。

予約管理システムをお探しの方は、こちらからサービス紹介資料をダウンロードいただけます。

予約管理システムの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

 

インタビューやサービス詳細はこちら

Square

Square

無料でPOSレジ機能(売上管理・顧客管理・在庫管理など)を利用できる決済プラットフォーム。業種別に必要な機能が揃っているため安心。ネットショップも無料で開設可能...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

hacomono|インタビュー掲載

hacomono|インタビュー掲載

ウェルネス領域に特化した統合型の会員管理システム。入会から予約、決済まですべてオンラインで完結できます。会員管理・支払い管理・シフト管理など店舗運営に必要な機能...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

WTE

WTE

オンラインレッスン事業の立ち上げ支援サービスです。レッスン予約やスケジュール調整が自動化されるため運営負担を大幅に軽減可能。IT導入補助金でコストの削減にも対応...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

Smart Hello

Smart Hello

月額10,000円~の低コストで導入できる、会員制施設に特化した会員管理システム。アプリやWebからの各種申込に対応。予約・来場・支払業務を効率化できる機能を搭...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

リザービア

リザービア

複数の予約方法の一元管理ができる、サロン特化の予約管理システム。全国5,000店舗以上の導入実績あり。リピート率向上やクーポンサイトの手数料削減で経営を支援しま...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

トレタ予約台帳

トレタ予約台帳

電話やネットからの予約の管理はもちろん、顧客データの活用により、リピーター獲得にも役立てられる予約管理システム。予約管理業務を効率化し、人手不足や売り上げの伸び...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

このページの内容をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
TOPへ戻る

資料ダウンロードフォーム

1分で簡単登録。無料

入力フォームはこちら

登録済みの方はこちら

パスワード再発行

アスピックご利用のメールアドレスを入力ください。
パスワード再発行手続きのメールをお送りします。

アンケートにご回答ください。

サービスの導入検討状況を教えてください。

  • 資料請求後に、当該資料に含まれる「サービス提供会社」や弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
  • ご案内のため、アスピックにご登録いただいた会員情報を弊社より「サービス提供会社」に対して電子データにて提供いたします。
  • 利用規約とプライバシーポリシーに同意の上、ダウンロードいただきます。

ご回答ありがとうございました。

ご登録いただいているメールアドレスにダウンロードURLをお送りしています。ご確認ください。

CLOSE