ASPIC公式サービス【アスピック】

  • TOP
  • 特集記事
  • 統合監視ツールへの移行タイミングは?メリットや主な10サービス

統合監視ツールへの移行タイミングは?メリットや主な10サービス

統合監視ツールへの移行タイミングは?メリットや主な10サービス

最終更新日:2022-06-14

様々な監視ツールを駆使しているが、運用が大変なので統合監視による効率化を検討したい方へ、統合監視ツールの活用メリット、切り替えタイミングや候補となるツールについてご紹介します。

目次

統合監視ツールとは?

統合監視ツールとは、複数のネットワーク機器やサーバーなどをまとめて、一元的に監視するためのツールです。

運用するネットワークやシステムの規模が小さいうちは、ネットワーク監視はこのツール、サーバー監視ではこのツールなどのように、監視ツールを使い分けても運用に大きな問題はありません。

しかし、運用する規模が50台以上であるとか、複数のクラウドサービスや仮想環境上のサーバーを使い分けている状況にもなると、複数ツールの画面を切り替えながら確認したり、監視ツールごとに異なるアラートメールを都度判別したりすることが、運用担当者にとって大きな負担になります。

そのため、運用規模が大きい場合や、複数の環境が混在している場合などでは、監視業務を効率的に行うために、統合的に管理できる仕組みが有用であり、そのための手段が統合監視ツールの利用です。

統合監視ツールをお探しの方は、こちらからサービス紹介資料をダウンロードいただけます。

統合監視ツールの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

 

統合監視ツールの活用メリットは?

統合監視ツールを活用することによるメリットとしては、次の3点が挙げられます。

監視設定作業の軽減

通常はネットワーク機器やサーバー、アプリケーションの種類ごとに監視項目を設定する必要があり、機器の導入時に一つ一つ設定していくのは大きな負担になります。テンプレートを有する統合監視ツールであれば、ネットワーク機器やサーバーごとに最適な設定項目を、テンプレートを用いて自動的に設定しますので、設定作業が大幅に軽減されます。

また、監視用のソフトウェアを対象機器にインストールする必要があるエージェント型の場合は、機器ごとにインストール作業や、バージョンアップの更新作業を行う必要があり大きな負担になります。その際、エージェントレス型の統合監視ツールであれば、それらの作業が不要になります。

監視負担の軽減

統合監視ツールを導入すると、一つの画面で機器やサービスの利用状況やステータスなどを確認できるようになるため、ツールを切り替えて確認する場合に比べて監視が楽になります。

もちろん、運用担当者にとっては、複数の監視ツールの操作を覚える必要がなくなり、ツール操作に習熟しやすくなるため、日々の監視操作がスムーズになります。

さらに、最近では統合監視ツールによる自動化も進んでいます。大規模なシステムを運用している場合、緊急でない通知も含めて1日に100件以上通知されることも珍しくありません。その際、運用担当者が1件ずつ、運用マニュアルを参考にしながら緊急度を確認するようだと時間を要します。統合監視ツールで自動的にアラートの内容を確認して、緊急対応が必要なものだけを運用担当者に伝えることができれば、アラート確認作業が軽減されます。

障害の早期把握

従来は、緊急時のアラートはメール通知が中心であり、パトライトなどを活用している一部を除くと、メールをみないと障害発生に気づかないケースがありました。最近の統合監視ツールでは、メールだけでなく、Slack、自動音声による電話連絡、SMS配信など伝達手段が複数用意されていますので、これまでよりも早く把握できるようになります。

 

統合監視ツールのタイプ。クラウド型も選択肢か?

統合監視ツールは、これまで監視用サーバーを用意して、統合監視用のソフトウェアをインストールする方式が多くありました。最近では、「Datadog」、「Site24x7」や「Systems Answer G3 on SAMS」のように、クラウドサービスを利用して監視するSaaSタイプのツールも増えています。

監視対象は公開サーバーが中心で、小規模の監視であれば、導入のしやすさからクラウド型の統合監視ツールは選択肢になります。クラウド型統合監視ツールによっては、VPN経由での監視にも対応していますので、VPN経由で社内ネットワークの機器やサービスを監視することもできます。

 

統合監視ツールへ移行するタイミングは?

サーバーやネットワークを運用しているほとんどの方は、無料ツール含めて、何らかの監視ツールを利用されていることがほとんどなので、監視ツールを複数併用していても、監視業務自体は支障なく行えているはずです。

ただし、統合監視ツールを活用することのメリットはわかったけれど、(特に有料ツールの場合)コストをかけてまで統合監視に踏み切るべきかわからない、というケースもあります。そこで、どのようなタイミングで統合監視ツールの利用に移行すべきか、いくつかのタイミングをご紹介します。

システム投資が効率的でない

サーバーやネットワークの将来の利用状況がある程度予測できないと、念のために多めの処理能力を確保しておこう、という心理になり、サーバーやネットワークを必要以上に追加してしまう可能性があります。統合監視ツールの全体の分析機能により、将来の利用状況を計算できるようになると、その計算に沿って適正な追加ができるようになります。

運用担当者の人材確保が厳しい、もしくは他分野にシフトさせたい

エンジニアの人材確保は多くの企業にとって簡単ではありません。その場合は、少ない人数で運用をスムーズにまわせるよう、統合監視ツールを用いて設定作業や監視作業などを効率化するのが有効です。

システム環境が急速に複雑化する

オンプレ環境に加えて、パブリッククラウドの利用と一口に言ってもAWS、Azure、GCPなどを併用するとそれぞれの管理が必要になります。さらに、仮想化環境やDockerなどのコンテナを利用する際には、それらの監視が必要になります。これらの場合は、環境ごとに監視ツールを用意して監視するには限界がありますので、全てを一元的に監視・管理できる統合監視ツールへの移行タイミングと言えます。

 

主な統合監視ツール(ソフトウェア型。有料)

監視用サーバーにインストールして利用するソフトウェア型の統合監視ツールをご紹介します。

統合監視ツールの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

パトロールクラリス(PATROL CLARICE)(株式会社コムスクエア)

パトロールクラリス公式Webサイト

(出所:パトロールクラリス公式Webサイト)

エージェントレスで自動化に強みをもつ、ソフトウェア型の統合監視ツール。ネットワークとサーバーを統合監視できる。導入実績は4,000社以上を誇り、監視対象が数十の中規模企業から、監視対象が1,000以上のデータセンターまで対応可能。監視機能は、死活監視やSNMP監視はもちろんのこと、サービス監視、リソース監視、コマンド監視、Azure・AWS監視など60機能以上と豊富。料金は、死活監視と運用管理は無料で、必要な監視機能分をライセンス購入する形式となっている。

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら(インタビューあり)

System Answer G3(アイビーシー株式会社)

System Answer G3公式Webサイト

(出所:System Answer G3公式Webサイト)

エージェントレスのソフトウェア型統合監視ツール。ネットワークとサーバーを統合監視でき、大規模監視にも対応している。監視設定は、用意された129メーカー、5,035種類の監視項目から自動的に選んで設定されるため導入負荷が少ない点も強み。
社内ネットワークから、プライベート/パブリックのクラウドまで仮想化環境を含めて一元的に管理可能。分析の自動化にも強みをもち、システムリソースの傾向から、将来のリソース不足を予測し、トラブル発生前に管理者に通知する機能は定評あり。1分の収集間隔なのでリアルタイムに把握可能。

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら(インタビューあり)

Manage Engine OpManager(ゾーホージャパン株式会社)

Manage Engine OpManager公式Webサイト

(出所:Manage Engine OpManager公式Webサイト)

エージェントレスのソフトウェア型統合監視ツール。ネットワークとサーバーを統合監視できる。監視項目の設定は、10,000以上のテンプレートから自動的に設定されるため導入時の負担が少なく安心。50台以下の小規模から1万台までの大規模監視にも対応している。閾値超過時のアラート通知も可能で、仮想化環境やAzure・AWS監視にも対応。価格は年間23.4万円(50デバイス)から。

詳細はこちら

 

主な統合監視ツール(クラウド型。有料)

監視用サーバーの準備が不要で導入しやすいクラウド型の統合監視ツールです。

統合監視ツールの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

LogicMonitor(SaaSpresto株式会社)

LogicMonitor公式Webサイト

(出所:LogicMonitor公式Webサイト)

あらゆる環境下の、あらゆるIT資産・システムを一元的に管理できるクラウド型IT統合監視システム。パブリッククラウドやオンプレミス、混在する複雑なハイブリッド環境、仮想化環境など環境問わず、また、サーバー、ネットワーク、ストレージなどのITインフラからアプリケーション、Webサイトまで、あらゆるITシステムの可用性・パフォーマンスをフルスタックで俯瞰的に一元管理可能。監視対象から必要な監視メトリクスを自動収集し、何かあれば自動通知。監視負担を大幅に軽減できる。
料金は月額2,700円(監視対象1台あたり※最低契約数50台以上)。

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

Datadog(Datadog)

Datadog公式Webサイト

(出所:Datadog公式Webサイト)

ネットワークとサーバーの統合監視ができる、クラウド型の統合監視ツール。規模によらず導入しやすい価格体系のため、小規模から大規模まで向いている。AWS、GCP、Oracle DBなどの400以上のシステム・サービスの監視項目に対応している。アラートはメールの他Slackでも通知される。ログ分析による予兆検知にも対応している。ネットワーク監視は1台につき月額5ドルから、サーバー監視は月額15ドルから利用を開始できる。

詳細はこちら

Site24x7(ゾーホージャパン株式会社)

Site24x7公式Webサイト

(出所:Site24x7公式Webサイト)

クラウド型の統合監視ツールで、導入実績10,000社以上。クラウド型のツールのため、監視用サーバーの用意が要らず、サインアップしてエージェントをインストールするだけで手軽に利用を開始できる点が人気。オンラインからすぐ5分で監視を開始できる。AWSやVMwareなどクラウド環境も含めた一元的な管理が可能で、監視対象が幅広い。サーバー監視(Windows、Linux、FreeBSD、VMware、Docker)、クラウド監視(AWS、Microsoft Azure、GCPなどに対応)、Webサイト監視(全世界100以上の監視ロケーションからパフォーマンスを監視)、アプリケーション監視、ネットワーク監視を一元管理できるので使いやすい。

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

on SAMS(アイビーシー株式会社)

on SAMS公式Webサイト

(出所:on SAMS公式Webサイト)

同社のソフトウェア型統合監視ツール「System Answer G3」の機能をクラウド型で提供する月額課金型のサービス。「System Answer G3」の機能に加え、オプションでレポーティングサービス、コンサルティングサービス、バージョンアップ作業などを利用できる。コンサルティングサービスを利用すると、監視ツールの導入から問題点の把握や改善提案までを任せることも可能。レポーティングサービスでは、推奨の閾値を基に、直近1ヶ月以内に障害が発生する可能性がある箇所のピックアップや直近3ヶ月のCPU使用率、メモリー使用率、ストレージ使用率の各種リソース情報やレスポンス情報のランキング表示などを参照できるため、長期間にわたって対処が必要な箇所の把握に役立てることができる。

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら(インタビューあり)

Mackerel(株式会社はてな)

Mackerel公式Webサイト

(出所: Mackerel公式Webサイト)

クラウド型の統合監視ツール。監視対象サーバーにエージェントをインストールし、クラウド上の管理サーバーから監視する。監視項目や監視条件はクラウド上で詳細に設定できるので導入・運用の負担が少ない。スタンダードプランは1ホストあたり月額1,800円で、監視項目数が10までの無料プランもあり。

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

 

主な統合監視ツール(無料で使える オープンソース型)

無料で使えるオープンソース(OSS)型の中で、大規模なシステムでも使われることが特に多い2つの統合監視ツールです。

Zabbix

Zabbix公式Webサイト

(出所:Zabbix公式Webサイト)

オープンソースの統合監視ツール。ネットワーク、サーバーやアプリケーション等を監視できる。監視対象サーバーにエージェントをインストールし、管理サーバーで集中的に管理・監視。エージェントを用いずにSNMPで監視することも可能。監視項目は、死活監視、リソースの使用率(CPU、メモリ、ディスク)、プロセス等のサービスの稼働状況やWebの動作状況等。専門書籍や日本のZabbixユーザー会等のコミュニティが充実しているので、運用に必要な情報が得られやすいツールといえる。

詳細はこちら

Pandora FMS

Pandora FMS公式Webサイト

(出所:Pandora FMS公式Webサイト)

日本語にも対応した統合監視ツール。Web上のGUIで設定やグラフ分析等が可能。専用エージェントを用いた監視、エージェントなしでの監視のどちらにも対応している。Pandora FMSを冗長化や負荷分散して運用することもできるため、大規模システムの監視にも適している。

詳細はこちら

 

まとめ

非効率な面があったとしても、慣れ親しんだ監視ツールから、統合監視ツールへ移行するのは、コストだけでなく、導入作業や運用での慣れも含めて、多少の切替えの負担は発生します。ただし、統合監視ツールは、運用担当者の作業をいかに軽減するか、という観点で進化を続けていますので、使いこなすほど高い導入効果が期待できます。本記事が、統合監視ツールへの移行を本格的に検討するきっかけになれば幸いです。

統合監視ツールをお探しの方は、こちらからサービス紹介資料をダウンロードいただけます。

統合監視ツールの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

 

インタビューやサービス詳細はこちら

パトロールクラリス(PATROL CLARICE)|インタビュー掲載

パトロールクラリス(PATROL CLARICE)|インタビュー掲載

大規模データセンターをはじめ4,000社以上の導入実績をもつ、純国産のエージェントレス型サーバー・ネットワーク統合監視・運用自動化ツールです。 オンプレミス・...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

System Answer G3|インタビュー掲載

System Answer G3|インタビュー掲載

導入実績1,400システム以上、対応ベンダー数117、対応監視項目数3,615とあらゆるシステムに対応するシステム情報管理ソフトウェアです。...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

LogicMonitor

LogicMonitor

エージェントレスのIT統合監視システムです。ハイブリッド環境のIT資産やシステムを一元監視し、標準テンプレートによる導入工数削減や、AIOps機能によるアラート...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

Site24x7

Site24x7

導入実績10,000社以上のクラウド型サーバー監視ツールです。AWSやVMwareなどクラウド環境も含めた一元的な管理が可能。オンラインから今すぐ5分で監視を始...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

on SAMS|インタビュー掲載

on SAMS|インタビュー掲載

「on SAMS」は資産を持たずに監視運用を実現したいお客様に最適な、クラウド型性能監視サービスです。...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

Mackerel(マカレル)

Mackerel(マカレル)

株式会社はてなが提供する日本製のSaaS型サーバー監視サービス。直感的なUIとユーザー数に制限のない料金プランで、システムの運用・監視にチームで取り組む文化作り...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

このページの内容をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
TOPへ戻る

資料ダウンロードフォーム

1分で簡単登録。無料

入力フォームはこちら

登録済みの方はこちら

パスワード再発行

アスピックご利用のメールアドレスを入力ください。
パスワード再発行手続きのメールをお送りします。

アンケートにご回答ください。

サービスの導入検討状況を教えてください。

  • 資料請求後に、当該資料に含まれる「サービス提供会社」や弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
  • ご案内のため、アスピックにご登録いただいた会員情報を弊社より「サービス提供会社」に対して電子データにて提供いたします。
  • 利用規約とプライバシーポリシーに同意の上、ダウンロードいただきます。

ご回答ありがとうございました。

ご登録いただいているメールアドレスにダウンロードURLをお送りしています。ご確認ください。

CLOSE