ASPIC公式サービス【アスピック】

  • TOP
  • 特集記事
  • ホテルや民泊向けスマートロックの選び方とおすすめ9選

ホテルや民泊向けスマートロックの選び方とおすすめ9選

ホテルや民泊向けスマートロックの選び方とおすすめ9選

最終更新日:2024-02-22

スマートロックはセキュリティや利便性の高さからホテルや民泊での利用も進んでいます。ここではホテルや民泊における導入メリット、選び方、導入費用、おすすめサービスなどをご紹介します。

目次

ホテルや民泊に必要なスマートロックとは?

スマートロックとは、スマホ等の操作によって、ドアの開閉ができる機器、システムのことです。スマートキーとも呼ばれています。通常の鍵のように物理的な受け渡しの必要がないため、オフィスや貸会議室、シェアハウスといった複数人が利用する場所での設置が拡大。また、紛失の心配もないため自宅や賃貸マンションなどでの利用も増えています。

ホテルや民泊でスマートロックが必要となる背景

  • 鍵の受け渡しや預かりに、フロントスタッフの人件費がかかる
  • 様々な人(宿泊者)が頻繁に出入りするため、それぞれのニーズに合わせた解錠方法が必要
  • 鍵の変更・設置・原状復帰に手間や経費がかかる
  • ロック端末と施解錠サービスに加え、予約やチェックインまでオールインワンで管理したい

スマートロックは、このような理由から人手不足や業務負担を軽減する手段として、多くのホテルや民泊でも導入が進んでいます。
また、手軽に民泊や場所貸しが始められるため、遊休資産の活用に役立つサービスといえるでしょう。

スマートロックをお探しの方は、こちらからサービス紹介資料をダウンロードいただけます。

スマートロックの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

 

ホテルや民泊にスマートロックを導入するメリット

スマートロック導入による主なメリットを具体的に3つご紹介します。

1.解錠・施錠の効率化

スマートロックは、暗証番号やスマホアプリなどを使って解錠できるため、物理的な鍵の受け渡しにかかっていた手間や時間、コストを大幅に削減できます。

暗証番号の発行や鍵の有効期限の変更などの各種設定もネットワーク上で行えるため、従来のキーボックスや電子錠のようにわざわざ現地へ行く必要もありません。予約情報から自動的に部屋を割り当てて、当日になったら鍵(暗証番号)を自動発行するシステムもあります。

また、セルフチェックインや遠隔操作で予約の管理、鍵の開閉などができるサービスなら、受付業務の省人化や施設の無人運営も可能に。入退室履歴の確認ができるため、宿泊客のチェックイン状況だけでなく、クリーニングや修理などの業者の履行確認にも使えます。

2.セキュリティの強化

物理的な鍵の受け渡しには、紛失・未返却のリスクに加えて、滞在期間終了後に複製した鍵などを使った不正侵入のリスクがあります。スマートロックであれば、管理画面から鍵を無効化すれば入室できなくなるので安心です。

また、鍵の有効期限を設定して、自動で無効化することも可能です。中には、鍵の締め忘れの通知・遠隔操作で施錠に対応したサービスも。更に、利用者ごとに暗証番号を発行して番号の使い回しを避ければ、より強固なセキュリティを保てます。

3.宿泊客へのアピール

宿泊客は、鍵の受け取り・返却の手間がなくなるのはもちろん、持ち歩きの必要がないため、紛失のリスクもなくなります。また、フロントスタッフの省力化や無人運営の実現によって、宿泊料金が抑えられ、お得に利用できる点も大きなメリットです。スマホアプリや宿泊サイトと連携しているスマートロックであれば、宿泊施設の検索から予約、支払い、チェックイン、チェックアウトまでの一連の流れをオンライン上で完結することも可能。宿泊客の利便性が格段に向上します。

スマートロックの導入は、旅行や出張の際に滞在先を検討する上での一つのアピールポイントになり、集客率の向上にもつながります。

 

ホテルや民泊向けスマートロックの選び方

スマートロックを検討する際に、選択基準となるポイントを2つご紹介します。

(1)対応する解錠方式

まず、客層や、管理方法に合わせて解錠方法を検討しましょう。スマートロックの解錠方法には、主に以下の3つの方法があります。

①ICカード

インターネット環境にない外国人宿泊者やスマホを持っていない方でも利用可能。ICカードを利用する場合には、チェックイン、チェックアウトの際に受け渡しの必要があります。

②暗証番号

こちらも、インターネット環境にない外国人宿泊者やスマホを持っていない方でも利用可能です。メールなどで有効期間つきの暗証番号を伝えることで、自動でチェックイン、チェックアウトをすることもできます。

③スマホアプリ

専用スマホアプリを利用して解錠します。Bluetooth無線通信で遠隔解錠したり、機種によってはGPS機能で一定距離内に近づいたら自動開錠したりすることも可能です。

対応方式の中から、複数の解錠方法を併用して利用できるサービスや、スマホだけでなく、フィーチャーフォン、カードキーにも対応したマルチデバイスタイプのスマートロックもあります。

(2)施設運営を効率化する機能の範囲

続いて検討すべきは、効率化したい業務の対応範囲です。
予約管理や支払い機能など運営効率化も図りたい場合には、スマホのアプリやOTA(オンライン上で取引を行っている旅行予約サイト)、サイトコントローラーなどの宿泊管理システムと連携可能なスマートロックを選択する必要があります。

たとえば、「RemoteLock」は世界最大級の宿泊サイトAirbnbと提携しており、宿泊予約が入った際に自動的に暗証番号が発行される仕組みになっています。暗証番号とともに、宿泊先の利用方法なども事前に宿泊客へ伝えることが可能です。また、「KEYVOX」は予約、在庫管理、部屋割り、チェックインといった機能がすべてセットされたオールインワンタイプのスマートロック。ドアに設置することですぐに宿泊施設などの運営ができるようになっています。

 

ホテルや民泊向けスマートロックの導入費用の目安

スマートロック導入にかかる費用は主に、鍵本体の費用や取付工事費などの初期費用と、クラウドシステムやカスタマーサポート、製品をレンタルしている場合には、レンタル料、機器保守などの費用となる月額利用料があります。

サービス名 利用料金 工事費 機器代
RemoteLOCK 月額2,000円 40,000~50,000円/台 50,000円/台〜
KEYVOX 月額2,291円+
2,291円/台
要問い合わせ 8,900円/台〜
bitlock PRO 月額5,000円(税込)/台 〜 なし 要問い合わせ
カギカン 月額5,900円/20名まで 30,000円/カ所
※Pro機器のみ
月額1,400円/セット〜
Akerun入退室管理システム 要問い合わせ 要問い合わせ 要問い合わせ
キヅクモスマートロック 月額3,000円~ 要問い合わせ 145,700円~
L!NKEY 要問い合わせ 要問い合わせ 要問い合わせ
Baycomスマートロック 月額920円/契約 + 1,500円/台 なし なし
NinjaLockM 要問い合わせ 要問い合わせ 要問い合わせ

工事費

どのような形態のスマートロックを導入するかによって価格帯は様々です。たとえば、「カギカン」の場合、鍵本体(Qrio Lock)は付属の両面テープでサムターンに取り付けるだけなので、工事費がかかりません。また、専用アプリを使うことで、スマホ・タブレットなどのデバイスを鍵として利用できます。ボタンひとつでカギを作れるので、合カギの発行費用などもかかりません。

機器代

機器代は主にサブスクリプション型、取り付け工事が必要な型、DIY型の3つのタイプがあります。以下でそれぞれの特徴について詳しく説明します。

サブスクリプション型

必要な製品をレンタルするサブスクリプション型は、「カギカン」のように初期費用無料で利用できるものもあり、導入のハードルが低いのが特徴です。月々のランニングコストはかかりますが、カスタマーサポートと機器の故障サポートがついているので、製品に問題があっても安心。貼り付けるタイプのスマートロックは手軽に取り付けることができ、取り外す時も原状回復が容易にできるのも魅力的なところです。

取り付け工事が必要な型

取付工事が必要な型は、簡単に取り外すことができない分、堅牢性や耐久性に優れています。前述の「RemoteLock」は、鍵本体の価格50,000円のほかに、取付工事費が1カ所1個30,000円以上かかります。クラウドシステムの月額利用料はAirbnbなどのサービスと連携ができるビジネススタンダードコースで1デバイスあたり2,000円です。

DIY型

DIY型は、機器代のみで初期設置費用やメンテナンス料などのランニングコストがかからないのが特長。スマートロックを設置するスペースがあればすぐに導入できるのもメリットです。
例えば、「KEYVOX」は、扉内側のサムターンを取り外してネジ止めすれば設置可能。無料スマホアプリと連動させれば機器代だけで利用開始できます。

ただし、錠前の種類や扉の形状によっては設置できない場合があるため、購入前の確認が必要です。特殊なつまみの形や回転角度が大きいつまみ、ドアノブタイプなど、スマートロックが対応できない場合もあるので注意してください。

宿泊施設の規模、入退室の頻度などを考慮して必要な機能を見極めて導入する必要があります。導入する前に、契約期間の縛りのない「カギカン」や「Akerun」のようなレンタルサービスで使い勝手を試してみるのも一手です。

 

ホテルや民泊におすすめのスマートロック

おすすめのスマートロックをご紹介します。運営する宿泊施設にマッチしたサービスを検討してみてください。

スマートロックの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

RemoteLOCK(株式会社構造計画研究所)

RemoteLOCK公式Webサイト

(出所:RemoteLOCK公式Webサイト)

Wi-Fiを通じて、クラウドシステムから管理できるスマートロック。1日10万組以上の入室を管理している。世界最大級の宿泊サイトAirbnbをはじめ各種予約サイト・宿泊管理ツールとシステム連携しており、予約時に暗証番号を自動発行。暗証番号を利用して自動でチェックインすることができ、施設の無人運営にも適している。ビジネスシーンでのハードな利用を想定し、取付工事が必要な単体でも電子錠として機能する製品を採用。月額5,000円/台、初期費用なしで利用できるレンタルサービスも人気だ。

  • 料金:月額2,000円/台(ビジネススタンダード)
  • 機器代:RemoteLOCK 5i/50,000円、RemoteLOCK 7i/84,000円、RemoteLOCK 8j /94,000円など
  • 工事費(参考価格):1カ所1個取付の場合40,000~50,000円/台
    ※RemoteLOCK 5iは月額5,000円、初期費用なしのレンタルサービスあり

詳細はこちら

KEYVOX(ブロックチェーンロック株式会社)

KEYVOX公式Webサイト

(出所:KEYVOX公式Webサイト)

スマートロックにスマホアプリを連携させることで、物件在庫管理、入室履歴管理、本人確認、決済、予約といった、一連の機能をワンストップで提供。ブロックチェーン技術を利用して、高いセキュリティを保証しているのも魅力の一つ。
スマートロックは、シリンダー取付工事が必要なタイプのほか、購入者自身で取り付けられるDIY型、壁にビスで固定orドアノブに付属のシャックルを利用してぶらさげるキーボックス型から選択できる。

  • 料金:月額2,291円(基本料金)+2,291円/台 ※初期費用は別途
  • 機器代:G30 Smart Lock(DIY型)32,800円、Smart Lock Box L1(キーボックス型)8,900円
  • 工事費:要問い合わせ
    ※オプション4,583 円/月(ホテル運営パック)
    ※すべて税込

詳細はこちら

bitlock PRO(株式会社ビットキー)

bitlock PRO公式Webサイト

(出所:bitlock PRO公式Webサイト)

工事不要で簡単に設置できるスマートロック「bitlock LITE」のオフィス用モデル。関連製品と合わせて利用することで、NFCカードでの解錠・施錠も権限コントロールが可能に。スマホやApple Watchでの開け閉めができるほか、ドアが閉まった際に自動で施錠されるオートロック機能も標準装備している。
既存のオフィスの鍵に、工事なく上から被せる形で容易に取り付けができ、幅広いカギの形に対応可能な点が人気。アプリを利用し、「誰が」「いつ」「どの手段で」「解錠・施錠したか」の操作ログの情報を蓄積できるため、幅広く活用できる。

  • 料金:月額5,000円(税込)/台 〜、初期費用なし
  • 機器代:要問い合わせ
  • 工事費:工事不要のためなし

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

カギカン(Qrio株式会社)

カギカン公式Webサイト

(出所:カギカン公式Webサイト)

工事不要の後付型のスマートロックシステム。室内側のサムターンにスマートロック「Qrio Lock」を両面テープで貼り付けるだけで利用できる。アプリ上で作成した鍵は、様々なデバイスで利用可能で、対面での受け渡しも不要になる。また、「Qrio Hub」を近くのコンセントにセットアップすれば、鍵の解施錠の履歴を確認できる。離れた場所からの解錠・施錠などの遠隔操作もできるため、セキュリティ向上にも役立つ。
民泊やレンタルスペースなどでは、PINコードによるドアへの一時的なアクセス権限の付与や、PINコードごとに日付や時間などの条件設定が可能。PINコードは同時に50個まで発行できる。その他、スマホやICカードによる解施錠にも対応しているなど、利用シーンに応じた柔軟な活用が可能だ。

  • 料金:月額5,900円/20名まで ※21名以上は月額110円/名(利用者料金)
  • 機器代:月額2,800円/セット(Pro機器)
  • 工事費:30,000円/箇所 ※Pro機器のみ

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

Akerun入退室管理システム(株式会社Photosynth)

Akerun入退室管理システム公式Webサイト

(出所:Akerun入退室管理システム公式Webサイト)

カスタマーサポートと機器の故障サポート付きのサブスクリプションサービス。貼り付けるタイプのスマートロックなので、工事費と初期費用は不要、最短3日で導入できる。スマホアプリやICカードを使って解錠する仕組みで、入退室管理や鍵の管理をクラウド上で行うことができるほか、API連携も可能。
開き戸(サムターン)用や自動ドア用など、様々な種類のドアに対応したタイプがそろう。オフィスをはじめ、フィットネスジムや学校施設、レンタルスペースなど、規模‧ 業種業態を問わず、7,000社以上での導入実績を持つ。

  • 料金:要問い合わせ

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

キヅクモスマートロック(株式会社ラネット)

キヅクモスマートロック公式Webサイト

(出所:キヅクモスマートロック公式Webサイト)

カギとカメラの連動によってよりスマートな入退室管理を実現するスマートロックサービス。解錠方式は、暗証番号やICカード、アプリに対応。期限付きの暗証番号の発行や変更も遠隔から行えるため、複数拠点を運営している場合も、現地に足を運ぶ必要がなく効率的に管理できる。
同シリーズのカメラと連動させることで、スマートロックが施解錠した際に録画を開始し、映像として履歴を残すことが可能。いつ誰が入室したのかをスムーズに把握できるため、民泊での不正な共連れの防止にも役立つ。PCやスマホアプリとカメラとで双方向通話ができるため、映像を見ながら口頭で本人確認をすることもできる。

  • 料金:月額3,000円~、初期費用:145,700円~

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

L!NKEY(株式会社ユーエムイー)

L!NKEY公式Webサイト

(出所:L!NKEY公式Webサイト)

Bluetoothでネットワークにつながり、遠隔操作で複数の施設を専用の管理画面で一括管理できる電子錠。入退室履歴の確認や鍵の開閉操作、鍵の使用期限の設定などに対応している。24時間対応の専用のコールセンターがあるのでトラブルが起きても安心だ。
タッチパネルで暗証番号を入力・解錠するため、ボタンのように特定の番号が擦れたり劣化したりする心配がない。また、シリンダーに固定して取り付けるタイプのスマートロックなので、ドアに穴を開けずに取付可能で原状回復も容易だ。ネットワークに接続しない単体プランも用意している。

  • 料金:要問い合わせ

詳細はこちら

Baycomスマートロック(株式会社ベイ・コミュニケーションズ)

Baycomスマートロック公式Webサイト

(出所:Baycomスマートロック公式Webサイト)

加工なしで既存の錠前をそのまま利用できるスマートロック。民泊や貸し会議室、賃貸マンションなど、様々な施設で導入されている。工事不要で簡単に取り付けができ、シーン毎、複数人に別々の暗証番号を付与することも可能だ。
暗証番号、ICカード、そして暗証番号・URLでの遠隔解錠に対応している。扉の開閉履歴の保存やIPカメラとの連動が可能なため、トラブル時でも安心。また、上質なデザインと豊富な機能が特徴の「PiACKⅡ(美和ロック製)」との連携、エントランスオートロックといった、オプションサービスも用意されている。

  • 料金:月額920円/契約 + 1,500円/台(スマートロック管理システム)
  • 機器代:なし
  • 工事費:なし

詳細はこちら

NinjaLockM(株式会社ライナフ)

NinjaLockM公式Webサイト

(出所:NinjaLockM公式Webサイト)

国内の大手鍵メーカー、美和ロック社との共同開発によるスマートロック。10万回の開閉テストや防炎試験をクリアした日本製で、高い防犯性と耐久性に強み。解錠方法は、スマホアプリ、暗証番号、ICカードから選択可能。カバーを外せば物理鍵での解錠もできるため、緊急時でも安心だ。
一時利用や期間指定、曜日指定など、細かく解錠権限を設定でき、開閉履歴はスマホアプリから確認できるため、不正な入室にもすぐに気付ける。ランダムな番号表示で、指紋の付着から暗証番号が推測されることを防止できる「フェイクピン機能」や、複数回の誤った入力で警報音がなり、一定期間使用できなくする「いたずら防止機能」など、万全のセキュリティで宿泊者の安全な滞在をサポートする。

  • 料金:要問い合わせ

詳細はこちら

 

まとめ

今回は、オフィスや貸会議室、自宅、賃貸マンションのほか、ホテルや民泊での利用も進むスマートロックについてご紹介しました。ホテルや民泊向けスマートロックのメリットとしては主に以下の3点が挙げられます。

  • 解錠・施錠の効率化
  • セキュリティの強化
  • 宿泊客へのアピール

導入を検討する際は、「解錠方法(ICカード/暗証番号/スマホアプリ)」や「施設運営を効率化する機能の範囲」を確認しつつ、ご紹介した導入費用の目安なども参考に、自社に合うサービスを探してみてください。

スマートロックをお探しの方は、こちらからサービス紹介資料をダウンロードいただけます。

スマートロックの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

スマートロックのさらに詳しい選び方はこちらの選び方ガイドをご覧ください。

入退室管理システムの選び方ガイド

入退室管理システム

入退室管理システムの選び方ガイド

入退室管理システム

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

 

サービス詳細はこちら

bitlock PRO(ビットロックプロ)

4.7 10件の口コミ・評判

bitlock PRO(ビットロックプロ)

4.7 10件の口コミ・評判

業界最安クラスで入退室管理を実現できる法人向けスマートロックです。初期費用0円、月額5,000円〜という高いコストパフォーマンスで、オフィスや店舗など様々な扉を...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

カギカン

カギカン

オフィスやレンタルスペースのカギの管理を効率化するビジネス向けスマートロックシステム。スマホアプリ・ICカード・PINコードなど様々な合カギ発行・解施錠可能。オ...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

Akerun入退室管理システム

4.7 3件の口コミ・評判

Akerun入退室管理システム

4.7 3件の口コミ・評判

7,000社以上の導入実績。工事不要、後付けで簡単導入できる入退室管理システム。スマートフォンや社員証、交通系ICカードを鍵にすることができ、遠隔施錠・解錠、鍵...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

キヅクモスマートロック

キヅクモスマートロック

カギとカメラの連動でよりスマートな入退室管理を実現する、中小規模オフィス・施設向けスマートロックサービス。カギの紛失・複製リスクの低減と、管理業務の負担軽減を支...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

このページの内容をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
TOPへ戻る

資料ダウンロードフォーム

1分で簡単登録。無料

入力フォームはこちら

登録済みの方はこちら

パスワード再発行

アスピックご利用のメールアドレスを入力ください。
パスワード再発行手続きのメールをお送りします。

アンケートにご回答ください。

サービスの導入検討状況を教えてください。

  • 資料請求後に、当該資料に含まれる「サービス提供会社」や弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
  • ご案内のため、アスピックにご登録いただいた会員情報を弊社より「サービス提供会社」に対して電子データにて提供いたします。
  • 利用規約とプライバシーポリシーに同意の上、ダウンロードいただきます。

ご回答ありがとうございました。

ご登録いただいているメールアドレスにダウンロードURLをお送りしています。ご確認ください。

CLOSE