ASPIC公式サービス【アスピック】

  • TOP
  • 特集記事
  • ホテルや民泊向けスマートロックの選び方とおすすめ8選

ホテルや民泊向けスマートロックの選び方とおすすめ8選

ホテルや民泊向けスマートロックの選び方とおすすめ8選

最終更新日:2021-08-17

スマートロックはセキュリティや利便性の高さからホテルや民泊での利用も進んでいます。ここではホテルや民泊における導入メリット、選び方、導入費用、おすすめサービスなどをご紹介します。

目次

ホテルや民泊に必要なスマートロックとは?

スマートロックとは、スマホ等の操作によって、ドアの開閉ができる機器、そしてシステムのことです。通常の鍵のように物理的な受け渡しの必要がないため、オフィスや貸会議室、シェアハウスといった複数人が利用する場所での設置が広がり、また紛失の心配がないため自宅や賃貸マンション等での利用も増えています。

さらに、もっと高頻度で利用者が入れ替わるホテルや民泊といった場所でも、スマートロックの導入が進んでいます。「さまざまな」人(宿泊者)が「頻繁に」交代するといった特徴に合わせ、解錠方法を人によって数種類から選べることや、変更・設置・原状復帰が手軽であるといった強みを持つサービスもあり、ホテルや民泊での利用に適しています。

またロック端末と解錠サービスの提供だけでなく、予約やチェックインまで行えるスマートフォン向けアプリまで合わせて提供しているサービスもあり、手軽に民泊や場所貸しが始められるため、遊休資産の活用に役立つ注目のサービスといえます。

スマートロックをお探しの方は、こちらからサービス紹介資料をダウンロードいただけます。

スマートロックの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

導入メリット

ホテルや民泊を運営するにあたり、鍵の管理やセキュリティの確保は大きなハードルとなります。また予約管理やチェックインなどの受付業務をいかに効率化させるのかも重要です。スマートロック導入による主なメリットは以下の3点です。

1.運営業務の効率化

スマートロックは、暗証番号やスマートフォンのアプリなどを使って解錠できるため、物理的な鍵のように受け渡しの必要がなく、手間や時間、コストを大幅に削減できます。

暗証番号の発行や鍵の有効期限の変更などの各種設定もネットワーク上で行えるため、従来のキーボックスや電子錠のようにわざわざ現地へ行く必要もありません。予約情報から、自動的に部屋を割り当てて、当日になったら鍵となる暗証番号を自動的に発行するシステムもあります。

また、セルフチェックインや遠隔操作で予約の管理、鍵の開閉などができるサービスもあり、受付業務の省人化や施設の無人運営も可能になります。入退室履歴の確認もできるので宿泊客のチェックイン状況だけでなく、クリーニングや修理などの業者の履行確認にも使えます。

2.セキュリティの強化

物理的な鍵の受け渡しでは、紛失や未返却のリスクがあり、滞在期間終了後の鍵の再利用や鍵の複製などからの不正侵入の恐れがあります。スマートロックであれば、管理画面から鍵を無効化すれば入室できなくなるので安心です。

また、鍵の有効期限を設定して、自動的に無効化することも可能です。鍵の締め忘れの通知を設定するサービスもあり、遠隔操作で施錠することもできます。利用者ごとに暗証番号を発行することも容易なため、番号の使い回しをすることもなく、より強固なセキュリティを保てます。

3.利用者である宿泊客へのアピールとなる

省人化や無人運営も可能になるため、価格を抑えて宿泊施設を提供することができます。それに、鍵の受け取りや持ち歩く必要もないため、紛失の心配もありません。スマートフォンのアプリや宿泊サイトと連携しているスマートロックの場合は、物件検索から予約、支払い、チェックイン、チェックアウトといった一連の流れをスマートフォンなどから手軽に完結することができ、宿泊客にとってもメリットが大きいです。滞在先を検討する条件の一つとして利便性の高いスマートロックを導入していることはアピールポイントとなります。

 

ホテルや民泊向けスマートロックの選び方

スマートロックには、施錠管理に特化したもの、予約管理やフロント業務も含むオールインワンタイプのもの、宿泊サイトと連携してサービスを提供できるものなどがあります。

スマートロックの解除方式

最低限の施錠管理に機能を絞れば、解錠方式や対応している錠前タイプがあっていればほとんどのスマートロックが検討対象になります。

解錠方法には、主に、ICカード、暗証番号、スマートフォンのアプリを利用するものが挙げられます。ICカードや暗証番号で解錠できるタイプであれば、インターネット環境にない外国人宿泊者やスマートフォンを持っていない方でも利用可能です。ICカードを利用する場合には、チェックイン、チェックアウトの際に受け渡しの必要があります。暗証番号の場合には、メールなどで有効期間つきの暗証番号を伝えることで、自動でチェックイン、チェックアウトをすることも可能です。また、スマートフォン、フィーチャーフォン、カードキーなど様々なデバイスを使って解錠できるマルチデバイスタイプのスマートロックもあります。

施設運営を効率化する機能

予約管理や支払い機能など運営の効率化を図りたい場合には、スマートフォンのアプリやOTA(オンライン上で取引を行っている旅行予約サイト)、サイトコントローラーなどの宿泊管理システムと連携可能なスマートロックを選択する必要があります。

例えば、株式会社構造計画研究所が提供する「RemoteLock」は世界最大級の宿泊サイトAirbnbと提携しており、宿泊予約が入った際に自動的に暗証番号が発行される仕組みになっています。暗証番号とともに、宿泊先の利用方法なども事前に宿泊客へ伝えることが可能です。楽天コミュニケーションズ株式会社では、業務を効率化するIoTサービスの一環としてスマートロックを製品化しています。

また、ブロックチェーンロック株式会社が提供する「KEYVOX」は予約、在庫管理、部屋割り、チェックインといった機能がすべてセットされたオールインワンタイプのスマートロックなので、ドアに設置することですぐに宿泊施設などの運営ができるようになっています。

 

ホテルや民泊向けスマートロックの導入費用

スマートロック導入にかかる費用は主に、鍵本体の費用や取付工事費などの初期費用と、クラウドシステムやカスタマーサポート、製品をレンタルしている場合には、レンタル料、機器保守などの費用となる月額利用料があります。

工事費

どのような形態のスマートロックを導入するかによって価格帯は様々です。たとえば、カギカン(Qrio株式会社)の場合、鍵本体(Qrio Lock)は付属の両面テープでサムターンに取り付けるだけなので、工事費がかかりません。また、専用アプリを使うことで、スマホ・タブレットなどのデバイスを鍵として利用できます。ボタンひとつでカギを作れるので、合カギの発行費用などもかかりません。

機器代

カギカンやAkerun(株式会社フォトシンス)のような必要な製品をレンタルするサブスクリプションサービス型のスマートロックは、初期費用無料で利用することができます。ランニングコストはかかりますが、カスタマーサポートと機器の故障サポートがついているので、製品に問題があっても安心です。貼り付けるタイプのスマートロックは手軽に取り付けることができ、取り外す時も原状回復が容易にできるのも魅力的なところです。

一方、取付工事が必要となるスマートロックは、簡単に取り外すことができない分、堅牢性や耐久性に優れています。前述のRemoteLockでは、鍵本体の価格35,000円の他に、取付工事費が1か所1個30,000円以上かかります。クラウドシステムの月額利用料はAirbnbなどのサービスと連携ができるビジネススタンダードコースで1デバイスあたり1,500円です。

同じく、前述のKEYVOXでは、施工工事が必要なシリンダー取り付け型(54,800円)と購入者自身で取り付け可能な貼り付け型(19,500円)の2種類から選択可能になっています。スマートフォンアプリのサービスは、無料で使えるものもあり、機能を絞ればランニングコストをかけずに利用することができます。

宿泊施設の規模、入退室の頻度などを考慮して必要な機能を見極めて導入する必要があります。導入する前に、契約期間のしばりのないカギカンやAkerunのようなレンタルで利用できるサービスで試してみるのも一手です。

 

ホテルや民泊におすすめのスマートロック

スマートロックは単なる鍵としての役割を超えて、IoT技術を活かした最先端のツールとして広がりを見せています。一言にスマートロックと言っても、利用範囲は多岐に渡ります。おすすめのサービスを7つご紹介しますので、運営する宿泊施設にマッチしたサービスを検討してみてください。

まとめて資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

KEYVOX(ブロックチェーンロック株式会社)

KEYVOX

(出所:KEYVOX公式Webサイト)

スマートロックにスマートフォンアプリを連携させることで、物件在庫管理、​入室履歴管理、本人確認、決済、​予約といった、一連の機能をワンストップで提供。ブロックチェーン技術を利用して高いセキュリティを保証しているのも魅力の一つ。スマートロックは、シリンダー取付工事が必要なタイプと貼り付け型の2種類を展開している。スマートフォンアプリのサービスは、無料で使えるKEYVOX freeの他、有料で使える宿泊ビジネスに適したKEYVOX LaaP、自社ブランディング用のKEYVOX enterpriseの3種類の中からビジネスシーンに合わせて選択できる。

  • [初期費用] シリンダー取付け型/​BCL-XP1 : 54,800円(税別)・貼り付け型/BCL-XE1/MBJ : 19,500円(税別)
  • [月額利用料] KEYVOX free/無料(スマートロック連携は不可)、KEYVOX LaaP/ドア 2,500円(税別)~ (1~10台まで5,000円、11台目から2,500円)、KEYVOX enterprise お問い合わせ

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

RemoteLOCK(株式会社構造計画研究所)

RemoteLOCK

(出所:RemoteLOCK公式Webサイト)

WiFiを通じて、クラウドシステムから管理できるスマートロック。世界最大級の宿泊サイトAirbnbをはじめ各種予約サイト・宿泊管理ツールとシステム連携しており、予約時に暗証番号が自動発行される。暗証番号を利用して自動でチェックインすることができ、無人運営にも適している。ビジネスシーンでのハードな利用を想定し、取付工事が必要な単体でも電子錠として機能する製品を採用。全米で45,000台の導入実績を誇る。

  • [初期費用] スマートロック RemoteLOCK 5i:35,000円(税別)・RemoteLOCK 7i:オープン価格・アクセスコントロールシステムTOBIRA:本体機材一式の最小費用が30万円~、配線工事および設定の最小費用が30万円~ 取付工事 参考価格:1か所1個取付の場合、概算費用で3万円~
  • [月額利用料] クラウド管理システム利用料(利用数による従量課金制) ビジネス スターター/1,000円/台・ビジネス スタンダード/1,500円/台(Airbnb、ical等のサービス連携、APIの利用はビジネス スタンダードのみ可能)

詳細はこちら

bitlock Starter Kit(株式会社ビットキー)

bitlock Starter Kit

(出所:bitlock Starter Kit公式Webサイト)

工事不要で簡単設置のスマートロックbitlock LITEのオフィス用モデルである「bitlock PRO」を、システム利用料やデバイスと組み合わせたパッケージ商品。関連製品と合わせて利用することで、NFCカードでの解錠・施錠も権限コントロールが可能。スマホやApple Watchでの開け閉めができる他、ドアが閉まった際に自動で施錠されるオートロック機能も標準装備している。既存のオフィスの鍵に、工事なく上から被せる形で容易に取り付けができ、幅広いカギの形に対応可能な点が人気。アプリを利用し、「誰が」「いつ」「どの手段で」「解錠・施錠したか」の操作ログの情報を蓄積できるため、幅広く活用できる。

  • [初期費用] なし
  • [月額利用料] 5,000円(税込)/台 〜

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

カギカン(Qrio株式会社)

カギカン

(出所:カギカン公式Webサイト)

工事不要の後付型のスマートロックシステム。室内側のサムターンにスマートロック「Qrio Lock」を両面テープで貼り付けるだけで利用可能。鍵はアプリ上で作成し、様々なデバイスで利用可能。対面での受け渡しも不要になる。また、「Qrio Hub」を近くのコンセントにセットアップすれば、鍵の解施錠の履歴を確認することができる。離れた場所からの解錠・施錠などの遠隔操作もできるためセキュリティも向上できる。
料金は機器のレンタル料金とシステム使用料の月額料金のみ。初期費用無料で導入できる手軽さから、スモールオフィスだけでなく、レンタルスペースや民泊、遠隔地の倉庫管理などでも幅広く活用されている。

  • [初期費用] なし
  • [月額利用料] 5,900円/台~(コンソール利用料+機器レンタル料)

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

Akerun入退室管理システム(株式会社 Photosynth)

Akerun入退室管理システム

(出所:Akerun入退室管理システム公式Webサイト)

カスタマーサポートと機器の故障サポート付きのサブスクリプションサービス。貼り付けるタイプのスマートロックなので、工事費もかからず、初期費用無料で始めることができる。スマートフォンのアプリやICカードを使って解錠できる。入退室管理や鍵の管理をクラウド上で行うことができ、API連携も可能。

  • [初期費用] 無料
  • [月額利用料] お問い合わせ

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

ALLIGATE(アリゲイト)(株式会社アート)

Alligate

(出所:ALLIGATE公式Webサイト)

40年以上前から入退室管理システムの管理、開発に取り組んでいるセキュリティ機器メーカーが提供するスマートロック。ドライバーを使って、鍵の機構の中に直接取り付けられる電池式タイプは、簡単に後付けできる上に耐久性にも優れており、安心して利用できる。また電池式タイプのほか、電気錠タイプもあるため、他社製品で諦めていた場合でも、扉を選ばずに幅広いタイプの扉に設置が可能。ALLIGATEはいずれの製品もサブスクリプションサービスで、クラウド上で入退室のログの確認や鍵の管理も可能。

  • [初期費用] 無料モデルあり
  • [月額利用料] 3,000円(税別)〜/扉 ※ALLIGATE Loggerは1台あたりの費用

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

L!NKEY(株式会社ユーエムイー)

L!NKEY

(出所:L!NKEY公式Webサイト)

Bluetoothでネットワークにつながり遠隔操作で複数の施設を専用の管理画面で一括管理することが可能。入退室履歴の確認や鍵の開閉操作、鍵の使用期限の設定などもでき、24時間対応の専用のコールセンターがあるのでトラブルが起きても安心。暗証番号をタッチパネルで入力して解錠できる。シリンダーに固定して取り付けるタイプのスマートロックなので、ドアに穴を開けずに取付可能。原状回復も容易。ネットワークに接続しない単体プランも用意している。

  • [初期費用] スマートロック L!NKEY/49,800円(税込) ※遠隔プランの場合は、中継機L!NCUBEの購入が別途必要 取付工事/要見積
  • [月額利用料] 単体プラン(暗証番号・ICカード解錠、オートロックなど本体の各種機能のみ利用可能)/無料・遠隔プラン(ネットワークに接続し、遠隔操作や管理が可能)/要見積

詳細はこちら

あんしんステイIoT(楽天コミュニケーションズ株式会社)

あんしんステイIoT

(出所:あんしんステイIoT公式Webサイト)

宿泊事業の運営上発生する、宿泊者名簿作成、本人確認、鍵の管理、個人情報の管理、宿泊者のサポートといった業務負担を軽減できるIoTサービスの一環として製品化されたスマートロック。
暗証番号とカードの2種類の認証方式で解錠できる。美和ロック社製に楽天コミュニケーションズ独自の通信機能を強化したオリジナル商品で、セキュリティの高い独自回線経由で遠隔操作も可能。
※あんしんステイIoTのサービスを利用することが前提のため、スマートロック単体での利用は不可。

  • [初期費用] スマートロック 美和ロック社 PiACKII 通信機能強化版/55,000円・IoTゲートウェイ/30,000円(レンタルの場合は1台あたり月額1,600円) 取付工事 1部屋毎の設置工事費/30,000円〜
  • [月額利用料] サービス費 スマートロック、IoTゲートウェイ/共に1台毎に600円 機種保守 スマートロック、IoTゲートウェイ/共に1台毎に300円

詳細はこちら

 

まとめ

スマートロックを通じて、鍵の受け渡しをはじめ、予約管理、自動チェックイン、入退室管理、鍵の開閉の遠隔操作、本人確認、支払いなど、宿泊施設運営における業務の効率化が加速度的に進んでいます。利便性の高いスマートロックは今後より一層、普及していくことが予想されます。これからホテルや民泊を開設しようとしている方はもちろん、運営をもっと効率化したいと考えている方にとっても、スマートロックの導入は必須項目といえるでしょう。

スマートロックをお探しの方は、こちらからサービス紹介資料をダウンロードいただけます。

スマートロックの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

 

インタビューや詳細ページはこちら

bitlock Starter Kit

bitlock Starter Kit

関連製品と組み合わせることで、「ヒト」や「時間」といった柔軟な条件でアクセスコントロールができるスマートロックです。スマートフォンやICカードなど様々な手段で、...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

KEYVOX|インタビュー掲載

KEYVOX|インタビュー掲載

「KEYVOX」ソリューションは「サービス + デバイス」を統合した空間シェアリングの統合プラットフォームで、カギの管理に加え、予約、決済、チェックインをKEY...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

Akerun入退室管理システム

Akerun入退室管理システム

6,000社以上の導入実績。工事不要、後付けで簡単導入できる入退室管理システム。スマートフォンや社員証、交通系ICカードを鍵にすることができ、遠隔施錠・解錠、鍵...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

ALLIGATE(アリゲイト)|インタビュー掲載

ALLIGATE(アリゲイト)|インタビュー掲載

NFCカードやスマートフォンを用いて、ゲートの施解錠の管理が行えるクラウド型のアクセスコントロールプラットフォームです。入退室管理だけでなく、勤怠記録の客観的な...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

カギカン

カギカン

オフィスやレンタルスペースのカギの管理を効率化するビジネス向けスマートロックシステム。工事不要・初期費用0円・いつでも解約可能。国内ソニー工場で生産された高品質...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

このページの内容をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
TOPへ戻る

資料ダウンロードフォーム

1分で簡単登録。無料

入力フォームはこちら

登録済みの方はこちら

パスワード再発行

アスピックご利用のメールアドレスを入力ください。
パスワード再発行手続きのメールをお送りします。

アンケートにご回答ください。

サービスの導入検討状況を教えてください。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。利用規約とプライバシーポリシーに同意の上、ダウンロードいただきます。

ご回答ありがとうございました。

ご登録いただいているメールアドレスにダウンロードURLをお送りしています。ご確認ください。

CLOSE