ASPIC公式サービス【アスピック】

  • TOP
  • 特集記事
  • MRPシステムとは?メリットや主なパッケージ7選

MRPシステムとは?メリットや主なパッケージ7選

MRPシステムとは?メリットや主なパッケージ7選

最終更新日:2022-05-10

MRPシステムの導入により、Excelから脱却して生産管理を効率化したいと考えている製造業の方へ。MRPシステムのメリットや選び方、具体的なサービスを紹介します。

目次

MRPシステムとは?

MRPシステムとは、資材の調達計画を立てるときの補助をしてくれるシステムのこと。製品の生産計画に合わせて、部品や原材料の所要量や調達日程を計算することができます。

そもそもMRPとは、「Material Requirements Planning(資材所要量計画)」の略で、生産や発注を効率よく計算する生産管理手法のひとつです。具体的には、製品の販売計画や受注管理の情報をもとに作成した基準日程生産計画(MPS)から逆算して、部品構成表(BOM)などから資材の所要量を算出し、資材の在庫量を加味しながら発注するといった手法が用いられます。受注生産で用いられる製番管理と相対する手法です。

MRPにもとづく生産計画は、「定期発注点方式」に該当します。部品構成表を使って必要な数量を計算し、生産の全工程へ進んでいくことから、「プッシュ方式(押し出し方式)」と言われています。

また、MRPの拡張版として、「MRP2」という手法も普及しています。MRPは資材の調達に活用できる手法なのに対し、MRP2は生産能力計画、人員計画、物流計画まで管理する手法に当たるため、ロジスティクス全体の計画を立てたいときに有効です。

MRPシステムをお探しの方は、こちらからサービス紹介資料をダウンロードいただけます。

MRPシステムの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

 

MRPシステムのメリット

MRPシステムには、以下の3つのメリットがあります。

(1)在庫の削減

MRPシステムを利用することで、必要なタイミングで必要な量の資材を手配できるので、売れる見込みのない在庫(滞留在庫)や工程の途中で発生する加工途中の資材(仕掛品)の抑制にもつながります。

また、通常は在庫数の計算時に、必要量を計算したあとで、資材の必要量を計算します。そのためには、現在保有している在庫の資材の量を引かなければいけません。MRPシステムでは、在庫データと連動してこれらを自動計算できるため、人手をかけて計算する手間を省けます。

(2)計画作成負担の軽減

生産計画や在庫管理にExcelを活用している場合、計画の立てにくさや管理のしにくさにつながることも。確認作業もBOM、各部品の調達期間、製造工程の作業時間など各種存在します。これらに必要なデータを集約し、計算するとなると、Excelだけではまかないきれない可能性が高いです。MRPシステムなら、計画の作成も面倒な管理も一元化できるので、担当者の負担を大きく減らすことができます。

(3)発注ミスや納期遅れの抑制

人の手で在庫を計算している場合、計算ミスなどの人為ミスが発生しやすいリスクがあります。人為ミスによって余剰の在庫を抱えることになれば、生産効率の低下につながります。製造計画全体を見直すことにもなりかねず、納品や生産遅れの懸念も。その点、MRPシステムは在庫数、必要数、納期、スケジュールまで自動計算できるのでミスの防止につながります。

(4)計画変更への柔軟な対応

受注のキャンセルや納期の変更にあたっては、計画を改めて計算をしなければなりません。MRPシステムを導入した場合、新たな条件を設定すれば再計算が容易にできるようになり、手間を減らすことができます。また、余剰となってしまった在庫を把握する、他に回して使用するといった、変更に伴う作業がスムーズに行えることもメリットです。

 

MRPシステムのタイプや選び方

MRPシステムの導入に際して、確認しておきたいポイントは以下の2つです。

MRPシステムのタイプ

MRPシステムは、生産管理システムや基幹システム(ERP)などのサービスに組み込まれているケースが多いです。生産管理システムは、主に生産計画、販売、在庫管理、原価計算などのプロセスをシステム化する役割を担っています。そのうちの生産計画や在庫管理を効率化したい場合には「生産スケジューラ」が適しています。

また、販売管理や会計システムなどと連携して一元管理・運用したい場合は、広範囲な業務に対応しているERPを採用するのも有効です。

MRPシステムの選び方

MRPシステムは、生産管理だけを行いたいのか、それとも別の業務も含めてシステム化したいのかで、選ぶサービスが変わってきます。MRPシステムを搭載した生産管理システムを選ぶ場合、生産方式や企業規模別などの観点で検討すると良いでしょう。

生産方式の観点としては、まずは自社の業種や生産方式に適しているシステムかどうかで判断しましょう。MRP方式と製番管理方式の両方の製品を持っている場合には、両者に臨機応変に対応できる機能を備えたシステムが必要となります。また、企業規模別の観点としては、中小企業・中堅以上・大企業向けなどで機能や価格が異なるので、必然的に選ぶサービスは変わってきます。

一般的に、企業の規模が大きくなればなるほど、製造プロセスは複雑になります。中堅以上の規模で中小企業向けの生産管理システムを導入してしまうと、複雑な業務に対応できない可能性があるので注意してください。

なお、MRPシステムを導入する際には、部品構成表(BOM)、在庫管理データ、工程情報、発注情報といった初期設定の情報を正確に揃えておく必要があります。

 

主なMRP対応パッケージ(生産管理システム型)

ここではMRPシステムを取り入れた生産管理システムを5つご紹介します。

MRPシステムの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

生産革新 Fu-jin SMILE V(株式会社大塚商会)

生産革新 Fu-jin SMILE V 公式Webサイト

(出所:生産革新 Fu-jin SMILE V公式Webサイト)

中小・中堅企業の組立製造業に特化しており、販売管理と一体化された、製販一気通貫型の生産管理システム。製品構成が決まっている標準品の見込・受注生産に対応し、部品や材料などの在庫管理を効率的に行うことが可能。製造・進捗、出荷・売上、請求・入金・支払などをトータルに管理できる。時系列で有効在庫数を考慮し所要量を計算、発注や在庫管理を効率化できる点、部品や材料の適正な調達手配や、納期別・品目別・仕入先別の発注残管理により、欠品防止をサポートできる点もメリット。

  • 料金:要問い合わせ

詳細はこちら

FutureStage(株式会社日立システムズ)

FutureStage

(出所:FutureStage公式Webサイト)

中小企業・中堅企業を対象とした、製造業・卸売業・小売業に対応した基幹業務パッケージ。製造業向けサービスでは、業種別モデル「特定業種向けテンプレート」を搭載し、自動車部品製造・金属加工製造・一般機械製造など、業界特有の商慣習、業務プロセス、マスタ、機能に対応した生産管理システムを構築できる。自社内の設備に導入していく導入型と、製造業・卸売業向けのクラウド型を提供している。

  • 料金:年額204万円~(クラウド型導入)

詳細はこちら

攻撃型生産管理システム TPiCS-X(株式会社ティーピクス研究所)

攻撃型生産管理システム TPiCS-X公式Webサイト

(出所:攻撃型生産管理システム TPiCS-X公式Webサイト)

在庫の適正化と変化への迅速な対応により、安定した生産を実現する生産管理システム。資材調達と生産計画立案から、常に適正な在庫量を自動計算して補充する特許取得の「f-MRP」の機能により、適正在庫の保持を叶える。
生産計画と製品構成マスタを基に所要量計算を行い「いつ、何が、いくつ必要か」の把握を容易に。手配済み(作業指示、発注、外注加工)の状況を一覧で確認できるところも魅力。部門ごとの作業量を確認し、負荷が高い部門があれば日程調整も可能にする。

  • 料金:150万円~

詳細はこちら

GEN(GEN株式会社)

GEN公式Webサイト

(出所:GEN公式Webサイト)

MRPによる購買管理、製造指示、外注指示、工程進捗管理、在庫管理、納品請求入金までブラウザ上で確認できる。一般的な生産管理システムと異なり、ECサイトのような親しみやすいUIで、バックオフィスのメンバーにとっても使い勝手の良い機能性とデザイン性を両立させている。クラウド型ならWindows/Mac両方の端末で利用可能。
ノンプログラミングでマスタや画面を追加、編集できるので、プログラマーではなくても管理体系の変化や帳票の仕様変更にも柔軟に対応できる。

  • 料金:月額20,000円〜 + 3,500円/ユーザー

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

R-PiCS(JBアドバンスト・テクノロジー株式会社)

R-PiCS

(出所:R-PiCS公式Webサイト)

製造現場に必要な機能を網羅的に標準搭載する国産生産管理システム。製番管理を得意としながら、柔軟な引当処理も実現。個別設計生産から繰り返し生産まで、ワンパッケージで対応できる他、製番別BOM仕様変更にも柔軟に対応。業務用機械器具製造業や、汎用機械器具製造業、電気機械器具製造業などを中心に660以上の導入実績を誇る。
自社仕様のUIに変更できる見込生産向けシステムの「R-PiCS NX」にてMRPによる計算を行い、作業計画、発注計画、出庫計画を立案する。

  • 料金:要問い合わせ

詳細はこちら

主なMRP対応パッケージ(生産スケジューラ型)

ここでは生産計画や管理を高度化できる生産スケジューラにMRPシステムを取り入れたサービスを2つご紹介します。

Asprova(アスプローバ株式会社)

Asprova公式Webサイト

(出所:Asprova公式Webサイト)

自動車部品や電子部品といった加工組立製造から、化学薬品や食品などのプロセス製造まで幅広い業種に対応した、生産スケジューラに特化したシステム。在庫の推移も製品・半製品・購買品に分けて品目ごとに過去と未来で推移が見える化できて、データ分析に活用できるほか、資源ごとにかかる人員の負荷までグラフ化。
これにより稼働率や納期/計画精度の向上を図り、製品のQCD向上を実現。計画立案はガントチャートで表現できるほか、BOMもExcelと同様の操作方法で使いやすいので属人化の解消にもつなげられる。

  • 料金:要問い合わせ

詳細はこちら

ADAP(株式会社構造計画研究所)

ADAP公式Webサイト

(出所:ADAP公式Webサイト)

Web上で在庫推移から各製造過程の負荷状況までサプライチェーンのあらゆるポイントを一覧表示。各工程の在庫や完成品だけでなく、途中の運搬や作業の時間までとらえたサプライチェーンBOMの管理で改善の余地や調整の可能性などのポイントを把握しやすい。
また、各工程の関係性を見渡したうえで、MRPとスケジューラのような負荷調整を同期的に行う高速APS機能も。自動で大日程計画から基準日程計画への展開と需給調整を行うことで調整業務を効率化に導く。

  • 料金:要問い合わせ

詳細はこちら

 

まとめ

製造業において、在庫を抱えることや余剰の在庫を作り出すことは業績にも影響を与える要素です。しかし、生産計画や発注計画を人力やExcelで行うことは、ミスの原因にもなりやすいですし、時間と手間もかかってしまいます。

MRPシステムなら生産管理システムの一部として、生産計画や在庫管理を自動化することで業務効率を上げることを期待できます。ただし、生産計画に強みを持つ生産スケジューラ、物流計画や人員計画まで幅広く対応できるERPなど、システムのカバー範囲は異なります。導入に際しては、何をどこまで行いたいのか、まずは現在の業務の棚卸しが必要。

最近は従来のオンプレミス型からクラウド型のサービスも増えてきたことで、より導入しやすい環境になってきています。企業の規模感や業界・業種への特化対応、生産方式にマッチするかといった観点で、会社に適したサービスを検討してみるのがおすすめです。

MRPシステムをお探しの方は、こちらからサービス紹介資料をダウンロードいただけます。

MRPシステムの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

 

インタビューやサービス詳細はこちら

GEN(ジェン)|インタビュー掲載

GEN(ジェン)|インタビュー掲載

月額 23,500 円(税別)〜。中小企業も導入しやすく、使いやすいクラウド型ERP(基幹システム)。機能や項目は必要に応じて簡単にセルフカスタマイズ。バックオ...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

このページの内容をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
TOPへ戻る

資料ダウンロードフォーム

1分で簡単登録。無料

入力フォームはこちら

登録済みの方はこちら

パスワード再発行

アスピックご利用のメールアドレスを入力ください。
パスワード再発行手続きのメールをお送りします。

アンケートにご回答ください。

サービスの導入検討状況を教えてください。

  • 資料請求後に、当該資料に含まれる「サービス提供会社」や弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
  • ご案内のため、アスピックにご登録いただいた会員情報を弊社より「サービス提供会社」に対して電子データにて提供いたします。
  • 利用規約とプライバシーポリシーに同意の上、ダウンロードいただきます。

ご回答ありがとうございました。

ご登録いただいているメールアドレスにダウンロードURLをお送りしています。ご確認ください。

CLOSE