ASPIC公式サービス【アスピック】

GMOトラスト・ログイン

GMOトラスト・ログイン

1ユーザー月額300円で6,100種以上のサービスに「アクセス制限/コントロール」しながら「シングルサインオン」できるクラウド型ID管理システム。直感的UIで誰でもすぐに利用可能。

CLOSE

資料ダウンロード (無料)

資料ダウンロード (無料)

こちらから「認証システム」の資料を一括でダウンロードできます。

一括資料ダウンロード (無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

サービス概要

GMOトラスト・ログインは、社内で利用する各種サービスに対して「シングルサインオン」「ID・パスワード管理」「アクセス制限/コントロール」「ID連携」を実現するクラウド型ID管理システム(IDaaS)です。シングルサインオンは、SAML認証・フォームベース認証・Basic認証の3つの認証方式に対応しています。

サービスごとにログインしなければならない現場メンバーの手間、無数のID・パスワードを管理しなければならない管理部門の手間を削減でき、かつ不正アクセスや情報漏洩などの企業のセキュリティリスクをも軽減することができます。

  • 6,100種類以上のサービスにシングルサインオン可能
  • 初期費用なし。無料プランあり。有料プランでも1ユーザー月額100円~
  • 簡単に操作できる直感的なUIで、ITリテラシー問わず利用可能
  • SSL認証局として20年以上の実績に基づくノウハウでセキュリティも万全
  • 国産・国内拠点のためサポート体制も十分(機能リクエストも可能)

解決策としてIDaaSを導入したときの全体像

 

主なポイント

  • コストパフォーマンスが高い(無料スタートも可能)

初期登録無料。シングルサインオンなどの基本機能のみであれば無料で利用できます(アカウント数無制限)。
「まずははお試しで」からスタートして、その後、セキュリティや利便性を強化したくなったら、月額100円からオプション機能を追加することが可能です。
ID連携や多要素認証などすべての機能が利用できる有料プランでも1ユーザー月額300円。高いコストパフォーマンスを誇ります。

  • 連携サービス数が多い(6,100種類以上のサービスに対応)

GMOトラスト・ログインは国産アプリとの連携を重視しています。国内では最多の6,100種類以上のWeb/クラウドサービスに対応しており、有料・無料プラン問わず、無制限ですぐに連携することができます。
社内システムなど未対応のサービスは、お客様自身で管理画面から簡単に登録することができます。

  • 導入障壁が低い(シンプルな操作インターフェイス)

サービスの利用に、インストールも既存システム変更も不要。導入コストは一切かかりません。
また、マニュアルを見なくてもひと目で操作方法を理解できるシンプルなUIを追求しているため、特別なトレーニングの必要なく、すぐに利用可能で管理者の方へ問い合わせが集中することもありません。
導入のコストや手間をかけずに、企業で利用するすべてのサービスの入り口をひとまとめにすることができます。

  • 万全のセキュリティ(SSL認証局として20年以上の実績あり)

GMOトラスト・ログインは、GMOインターネットグループのセキュリティ分野を担うGMOグローバルサインが提供するサービスです。
豊富な実績と情報保護ノウハウで、お客様のIT・パスワードを保護します。
情報セキュリティ管理における安全性は、国際規格であるISOからも認められています(ISO/IEC27001取得済み)。

  • 充実のサポート体制(国産・自社開発サービス)

導入後のサポート体制も充実しており、無料プランでもメールやチャットで迅速に対応。有料プランでは電話でのサポートも可能です。
国内開発サービスのため、サポート対応はもちろん日本語。機能追加のリクエストなども受け付けています。

 

インタビュー

圧倒的な使いやすさ・コストパフォーマンス・連携数。すべての企業様で「セキュリティ強化の入り口」に使っていただけるサービスを目指して。

GMOグローバルサイン株式会社 トラスト・ログイン事業部部長、中山 ゆか様

GMOグローバルサイン株式会社 トラスト・ログイン事業部部長 中山 ゆか様

―GMOトラスト・ログインは、どのようなサービスでしょうか?

社内システムやクラウドサービスのID・パスワードを一元管理してセキュアな業務環境を作る、クラウド型のID管理サービス(IDaaS)です。

弊社はSSL証明書発行などのセキュリティビジネスを行ってきたのですが、ベルギー政府も使っているIAM(Identity Access Management)の仕組みを提供する企業を買収したことをきっかけにIAM事業に参入しました。その後、2017年にその仕組みをクラウド化して提供することとなりました。無料プランからスタートして徐々にセキュリティ管理の利便性を向上させる機能を追加していき、昨年の新型コロナ禍によるテレワーク推進からお客様の数もさらに伸びて、現在は導入社数が6,300社を超えています。

—テレワーク化に伴う導入の背景には、どのようなニーズがあるのでしょうか?

クラウドサービスの利用に伴い、社外の脆弱なネットワークからのアクセスが増えたことで、多くの企業でVPNの負荷や本人確認の強化といったことが課題になりました。これにより「自社の情報資産に対するアクセス制限を強固にしたい」「よりセキュアな環境でサービスを利用したい」というニーズが高まり、弊社の製品へのお問い合わせが増えたという次第です。

それまでは、「IDとパスワードを効率的に管理したい」という導入目的が多かったのですが、新型コロナをきっかけとして、お客様のニーズの比率が変わりました。セキュリティ強化の手段の一つとしてIDaaSが求められるようになったと実感しています。

—開発時のこだわりや特長を教えてください。

1つ目は、使いやすさ(操作性)です。従業員様全員が利用するシステムですので、ITリテラシーが高くない場合に利用されなくなるという懸念があります。そのため、マニュアルを見なくてもスムーズに使えるという点にこだわっています。そうすれば、管理者様への問い合わせが減りますし、新入社員へツールの説明をする手間も省けます。結果として、管理者の方の作業負担も減るはずです。

2つ目は、コスト面での使いやすさ(コストパフォーマンス)です。いくら良質な製品でも、高額ではなかなか気軽に使うわけにはいきません。そこで、シングルサインオンだけなら無料にして、その上で必要なオプションプランを100円で選べるようにするなど、コストパフォーマンスの高さにはこだわりました。

3つ目は、継続的にお使いいただけるようにサポートにも力を入れていることです。たとえ無料プランでも、チャットやメールでオペレーターがしっかりとサポートします。国内データセンターなのでオペレーターも日本語で対応しますし、迅速な緊急対応も可能です。お客様にも安心してお使いいただけると思います。

—IDやパスワードを管理する上で便利な機能を詳しく教えてください。

管理者はメンバーを設定した後、アクセスコントロールのために権限を割り当てるという作業があるのですが、これが通常ではかなりの手間になります。GMOトラスト・ログインなら、メンバーからアプリを割り当てることもできますし、アプリからメンバーを割り当てることもできます。また、部門やプロジェクトごとにグループを作って、そこに必要となるアプリを割り当てておけば、新しいメンバーがジョインした時もグループに参加させるだけで済みます。

また、Active Directoryで端末やネットワークの認証やID管理をするケースが多いと思いますが、GMOトラスト・ログインの場合、Active Directoryに新規でアカウントを作ってステータスを変えてもらえれば、それだけで個々のサービス停止の手続きをせずに一度に停止ができるというメリットがあります。煩雑になりがちな管理をできるだけシンプルにまとめてできますので、かなりの省力化・効率化につながるはずです。

—どのようなお客様の利用を想定されているのでしょうか?

クラウドサービスを一つでも使っている、もしくは導入を検討している企業様であれば対象になります。コストパフォーマンスを実感しやすいのは、企業の内部統制上、パスワード管理が煩雑になり、クラウド上の情報管理が重要になってくる、従業員100名あたりでしょうか。実際、従業員数100名から数千名程度の企業様の利用が多いですね。

業界という観点で言うと、エンドユーザー様や他社システムのID・パスワードを多く持つ企業様、たとえばインターネット広告の代理店様や旅行代理店様、人材派遣会社様等とも相性がいいようです。自社のID・パスワードもそうですが、それにも増して他社のIDを担当者に属人的に一任するのはリスクがあります。セキュリティに配慮しつつ、一元的に社内で管理するのであればGMOトラスト・ログインが合うと思います。

ただし、新型コロナ禍以降は業界を問わず、利用の裾野が広がってきたという印象があります。最近では店舗管理や小売りのお客様、アパレルのお客様の導入も増えています。規模が小さい企業様にもご利用いただいています。現状、料金はシングルサインオンが無料で使えるプラン(従業員数1名〜)、100円で好きなオプションを選んで付けられるプラン(10名〜)、300円でセキュリティオプションやIT連携が使い放題のプラン(30名〜)を設けていますが、ニーズに合わせて今後は改定も考えています。

—お客様の導入目的としては、どのようなものが多いのでしょうか?

一番はクラウドサービスへのアクセスを制限したいというものですね。具体的には「貸与している端末からしかクラウドサービスにアクセスできないようにしたい」というご要望が多いです。この場合、クライアント証明書を端末に入れて、証明書のある端末のみアクセスできるようにするという方法がありますが、その際、認証局を運営している弊社であれば証明書発行のための費用が別途かかりません。それもプラン料金に含まれるというのは、弊社ならではの強みだと思います。

それ以外の導入目的としては、「IDとパスワードが増えてきたので企業として一元管理したい」という、業務効率も依然として多いですね。

—導入までの設定が大変ということはないのでしょうか?

GMOトラスト・ログインはお客様の使いやすさにこだわっていると前述しましたが、導入に関しても同様です。無料登録できて、まず自社に合うかどうか確かめることができるようにするなど、企業様が無理なく安心して利用開始していただけるようにしています。これまで、最短1ヶ月で800名規模の企業様に導入したという事例もあります。

中には、シングルサインオンのための認証連携を懸念される方もいますが、GMOトラスト・ログインが連携できるサービス数は国内最多6,100以上に及びます。連携数にも制限がありません。仮に未対応のサービスが合ったとしても、お客様自身で管理画面からテンプレートを使って簡単に登録できます。現在、フォームベース認証もSAML認証も設定できるようになりました。テンプレートは更に増やしていく予定です。

—カスタマーサクセスやサポートで注力していることを教えてください。

有料・無料問わず、すべてのお客様に安心してお使いいただけるようにチャットサポートを用意しています。また、月額300円のPROプランでは、電話サポートも利用可能です。また、それとは別に、できるだけ手間をかけずに自己解決したい方向けにLP上にFAQ、用語集などを充実させています。

ただ、IDaaSはSaaSサービスとの認証連携が前提となり、SaaS側の仕様によってお客様がお困りの場合もあります。その場合、「ここからここまでは弊社の領域ですが、それ以降はSaaSのメーカー様にお聞きしてください」といったご案内をすることもあります。それでも、お客様がたらい回しにされないように、こちらで調べてわかることはできるだけお伝えするように心がけています。

また、お問い合わせの中には、お客様の環境に起因するものもあります。その際には、お客様が取得したログをお預かりして、こちらの開発チームで解析した上で、そこで追加機能が必要だと判断されれば、それに応じた対処をする場合もあります。こういった柔軟な対応は、メーカーが直接サポートを行っているからこそできることだと自負しています。

—機能追加に関してはいかがでしょうか?

お客様の声はできるだけ反映させるようにしています。海外製品の場合、日本は市場の一部に過ぎないため、なかなかご要望があっても機能に反映されづらいですが、弊社は国産ですので日本のお客様のご要望にあわせて迅速に機能追加を行っています。

ご要望をいただく経路としては、営業とお客様のお打ち合わせの他、サポートで聞いたご要望を取りあげるということをしています。また、管理画面にある「機能リクエスト」という項目にご意見を入れてもらえれば、プロダクトオーナーが目を通して対応を検討します。更新の頻度は不定期ですが、ご要望として多い機能や重要な改善項目を優先的に取り入れています。

—代表的な導入事例があったら教えてください。

ある航空会社様の事例です。それまでID・パスワードに関しては、Active Directoryと連携して運用していたのですが、客室乗務員とパイロットはiPadでシステムを利用しており、空港勤務の方は会社から配布された社用携帯とPC、整備士の方は共用PCというように、働き方によってログイン環境も異なっており、ID・パスワードの管理が煩雑であることが課題でした。

GMOトラスト・ログインンを導入することで、Active Directory側にユーザー追加するだけで瞬時にGMOトラスト・ログイン側にユーザーを追加することができるようになりました。また、働き方の異なるスタッフのパターンごとにアクセス制限を変えることで、まとめてアクセス制限ができるようになりました。結果として、ID・パスワードの管理工数の大幅削減とセキュリティ強化につながりました。

—今後、どのような点に注力していきたいですか?

まずは、管理コスト・工数を減らすためにも、SaaSサービスとのアカウント同期数を増やしていきたいです。また、ログイン時に生体認証を活用することでパスワード入力も不要にできる「パスワードレス機能」というサービスをリリースしましたので、今後はその販売強化にも取り組んでいく予定です。本人確認を容易にしてID・パスワードの管理を簡易化しつつ、同時にセキュリティも強化できるということを周知していければと思います。

それに並行して、操作性やコストパフォーマンスなど使いやすさに関しては、今後とも向上させていくつもりです。幸い、直近1年でシステム障害がなく100%安定していますので、今後もその安定性を継続していこうと思います。
企業のセキュリティ強化の入口としてGMOトラスト・ログインを活用していただき、企業内での意識や仕組みを高めていくためのお役に立てると嬉しいです。

 

料金

  • 1ユーザー月額300円

※最少利用ユーザー数30名~
※無料プランあり(Microsoft365連携やワンタイムパスワードなどは有料オプション)

 

会社概要

会社名 GMOグローバルサイン株式会社
代表者名 中條 一郎
資本金 3億5,664万円
所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目2番3号 渋谷フクラス13階

 

CLOSE

資料ダウンロード (無料)

資料ダウンロード (無料)

こちらから「認証システム」の資料を一括でダウンロードできます。

一括資料ダウンロード (無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

このページの内容をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
TOPへ戻る

資料ダウンロードフォーム

1分で簡単登録。無料

入力フォームはこちら

登録済みの方はこちら

パスワード再発行

アスピックご利用のメールアドレスを入力ください。
パスワード再発行手続きのメールをお送りします。

アンケートにご回答ください。

サービスの導入検討状況を教えてください。

  • 資料請求後に、当該資料に含まれる「サービス提供会社」や弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
  • ご案内のため、アスピックにご登録いただいた会員情報を弊社より「サービス提供会社」に対して電子データにて提供いたします。
  • 利用規約とプライバシーポリシーに同意の上、ダウンロードいただきます。

ご回答ありがとうございました。

ご登録いただいているメールアドレスにダウンロードURLをお送りしています。ご確認ください。

CLOSE