ASPIC公式サービス【アスピック】

ワーカーコネクト

ワーカーコネクト

現場作業員の安全管理を手軽にできるウェアラブルIoTソリューション。腕時計型バイタルセンサーで作業員の心拍・皮膚温度・位置情報・転倒などの情報を収集して、熱中症や事故などを即検知。

CLOSE

資料ダウンロード (無料)

資料ダウンロード (無料)

こちらから「健康管理IoTサービス」の資料を一括でダウンロードできます。

一括資料ダウンロード (無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

サービス概要

ワーカーコネクトは、工場や建設現場での熱中症、転倒、夜間や休日における一人作業の異常を検知する安全管理ソリューションです。

作業員は腕時計型のバイタルセンサーを装着するだけ。バイタルセンサーが心拍・皮膚温度・位置情報・転倒などの情報を収集して送信します。

収集した情報はWeb上に一覧表示され、熱中症や転倒などのリスクがある時には、PCの画面表示やメール送信で異常を通知。オプションで携帯電話のSMSなどへの自動通知もできるため、管理者は、夜間や休日に現場にいない時でも作業者の異常をリアルタイムに把握し、即座に対応できるようになります。

ワーカーコネクトのシステム構成

 

主なポイント

  • 正確な情報を収集できるバイタルセンサー

腕時計型のバイタルセンサーが、作業員などの健康状態や位置情報をリアルタイムで収集します。重さはわずか45gのため、作業の邪魔になりません。
動作温度は-10℃~60℃。3分間隔(初期値)で情報を送信でき、電池持ち約15時間。生活防水機能があり、幅広い環境下の現場で安定して使い続けることが可能です。

バイタルセンサー LW-360HR

  • 多数のデバイスを一括管理できるアプリケーション

収集されたデータは専用アプリケーション上で、わかりやすく一覧表示可能。離れた場所にいても、現場マップを見ながら、「誰が・どんな健康状態で・どこにいるか」を正確に把握できます。
なお、センサーやアプリケーションはすべて設定済みの状態で提供されるため、面倒な初期設定は不要。すぐにでも大人数の管理を始めることができます。

アプリケーション(管理画⾯)メニュー

  • 低電力で広域に、大量のIoTデバイスと接続できるゲートウェイ

作業員が装着したバイタルセンサーから送られる情報は、設置が容易な小型のゲートウェイが集約してセンスウェイのLoRaWANプラットフォームに送信されます。LoRaWANは、低消費電力、低ビットレート、広域カバレッジが特長で、大量のIoTデバイスとの接続に特化した通信方式です。ノイズに強く、室内でも利用でき、双方向通信が可能。世界170カ国以上で展開されているグローバルな規格のため、安心して利用できます。

 

料金

  • お問い合わせください

 

会社概要

会社名 センスウェイ株式会社
代表者名 神保 雄三
資本金 9,900万円(資本準備金含む)
所在地 〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町3-12-10 BEAKER日本橋人形町412

 

CLOSE

資料ダウンロード (無料)

資料ダウンロード (無料)

こちらから「健康管理IoTサービス」の資料を一括でダウンロードできます。

一括資料ダウンロード (無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

このページの内容をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
TOPへ戻る

資料ダウンロードフォーム

1分で簡単登録。無料

入力フォームはこちら

登録済みの方はこちら

パスワード再発行

アスピックご利用のメールアドレスを入力ください。
パスワード再発行手続きのメールをお送りします。

アンケートにご回答ください。

サービスの導入検討状況を教えてください。

  • 資料請求後に、当該資料に含まれる「サービス提供会社」や弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
  • ご案内のため、アスピックにご登録いただいた会員情報を弊社より「サービス提供会社」に対して電子データにて提供いたします。
  • 利用規約とプライバシーポリシーに同意の上、ダウンロードいただきます。

ご回答ありがとうございました。

ご登録いただいているメールアドレスにダウンロードURLをお送りしています。ご確認ください。

CLOSE