ASPIC公式サービス【アスピック】

脆弱性診断

脆弱性診断

独自開発のプラグイン・AIツールによる「自動診断」と高い専門性をもったセキュリティエンジニアによる「手動診断」で脆弱性診断。安価な定額制でページ数の多いサイトも短期間診断が可能。

CLOSE

資料ダウンロード (無料)

資料ダウンロード (無料)

こちらから「セキュリティ・脆弱性診断」の資料を一括でダウンロードできます。

一括資料ダウンロード (無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

サービス概要

レイ・イージスの脆弱性診断は、独自開発プラグインや独自AIツールと専任セキュリティエンジニアの力を組み合わせてシステムのセキュリティホールを診断するサービスです。

大きな特長は、以下の4つ。

  • パッケージ型定額サービスのため、大規模システムになるほど安価に利用可能
  • 診断規模に関わらない定額サービスのため、事前に診断対象を絞り込む手間が不要
  • 独自AIツールによる自動診断で、ページ数の多いECサイトでも1~5営業日の短期間診断が可能
  • 発見項目の再診断など、追加費用無しに手厚いアフターサポートを実施

レイ・イージスのセキュリティソリューション

 

主なポイント

  • 【サービス例】AIリモート脆弱性診断

Webアプリケーションの脆弱性を、68~99項目で診断。
独自ツールによる自動診断と手動による診断を組み合わせることで高度で網羅的な診断を実施します。
オンラインバンキングやECサイトなどに最適です。

  • 【サービス例】AIクイック・ツール診断

診断項目は45項目。独自開発の脆弱性探査ツールで、自動ツール診断を行います。
自動診断の結果は、誤検知がないかなどを診断エンジニアが精査した上で報告します。
コーポレートサイトや製品紹介サイトなどに最適です。

  • 【サービス例】モバイルアプリ診断

独自開発の静的・動的脆弱性探査ツールにより、iOS/Androidモバイルアプリケーションに対してサーバー側に影響を与えず 最短1日で高速に診断・解析を実施。
アプリケーションの動作そのものについても擬似的に動作させ、動的解析を行います。

  • 豊富な経験と最先端の技術・知識をもったエンジニアが多数在籍

レイ・イージスには、カーネギーメロン大学、パデュー大学、国立台湾大学の電気情報学科のコンピュータ及び情報セキュリティの修士・博士の学位取得者や、CISSP、CISM、CEH等の情報セキュリティの各種資格を取得している優秀なセキュリティエンジニアで構成されており、高度な診断を提供することをお約束します。

 

料金

  • 【AIリモート脆弱性診断】FQDNあたり98万円
  • 【AIクイック・ツール診断】FQDNあたり45万円
  • 【モバイルアプリ診断】パッケージあたり40万円~
    ※3か月以内の再診断付き

 

会社概要

会社名 株式会社レイ・イージス・ジャパン
代表者名 青木 登
資本金 5,000万円
所在地 〒163-0532 東京都新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビル32階

 

CLOSE

資料ダウンロード (無料)

資料ダウンロード (無料)

こちらから「セキュリティ・脆弱性診断」の資料を一括でダウンロードできます。

一括資料ダウンロード (無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

このページの内容をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
TOPへ戻る

資料ダウンロードフォーム

1分で簡単登録。無料

入力フォームはこちら

登録済みの方はこちら

パスワード再発行

アスピックご利用のメールアドレスを入力ください。
パスワード再発行手続きのメールをお送りします。

アンケートにご回答ください。

サービスの導入検討状況を教えてください。

  • 資料請求後に、当該資料に含まれる「サービス提供会社」や弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
  • ご案内のため、アスピックにご登録いただいた会員情報を弊社より「サービス提供会社」に対して電子データにて提供いたします。
  • 利用規約とプライバシーポリシーに同意の上、ダウンロードいただきます。

ご回答ありがとうございました。

ご登録いただいているメールアドレスにダウンロードURLをお送りしています。ご確認ください。

CLOSE