ASPIC公式サービス【アスピック】

クラウドCMSとは?選び方やおすすめ10選

クラウドCMSとは?選び方やおすすめ10選

最終更新日:2023-07-14

Webサイトの構築手段としてクラウド型のCMSを検討されている方へ。クラウドCMSのメリット・デメリットと目的に応じたサービスの選び方についてご紹介します。

目次

クラウドCMSとは?

クラウドCMSとは、Webサイトのコンテンツ構築・管理・更新を行うCMS(Contents Management System)をクラウドで利用できるサービスのことです。

Webサイトを構築するとき、通常はHTMLやCSSといったプログラミング言語を使用し、フォントやページデザインを表現します。しかし、これらを使ったサイトの構築には専門知識が求められ、ページの作成から管理まで時間や手間がかかってしまいます。

CMSはプログラミング言語を使わずに、WordやPowerPointを編集するような感覚で、手軽かつ効率的にWebサイトを構築する機能が搭載されています。Webサイトの管理や更新も可能なので、専門知識がない人でも簡単に行うことができます。

Webサイト運用を外部委託する際に発生するコスト削減や、依頼を出してから反映されるまでかかる時間のロスをなくすことが可能。そのため、HPの更新頻度やオウンドメディアでの情報発信を増やせるなど、運用の内製化で得られるメリットは大きいです。

このようなCMSをインターネット経由で利用できるのが、クラウドCMSです。ちなみに、CMSにはクラウドCMSのほかに、WordPressのようなオープンソース型CMS、ライセンスを購入してサーバーにインストールするパッケージ型CMSもあります。

クラウドCMSの特徴

クラウドCMSの特徴は、Webブラウザ上で利用できること。自社内でサーバーを用意する必要がないので、導入の負担が少ないです。ただし、機能やデザインのカスタマイズの面で、オープンソース型やパッケージ型と比べ自由度が低いところは難点。Webサイトの構築や運用に手間とコストをかけたくない企業に適しています。

クラウド型に限らずCMS全般をご検討の方は、「CMSの比較14選。鉄板ツールやその他候補の選び方」もご参照ください。

クラウドCMSをお探しの方は、こちらからサービス紹介資料をダウンロードいただけます。

クラウドCMSの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

 

クラウドCMSのメリット

CMSはカスタマイズ性に長けているなどの理由から、WordPressのようなパッケージ型の利用が多くなっています。その中でクラウドCMSを活用するメリットとしては、以下の3点を挙げられます。

(1)導入・運用コストを低減

導入や運用のコストを抑えられるのは、クラウドCMS導入の最大のメリットです。パッケージ型を導入する際、サーバーなどの設備がない企業にとっては、サーバーの導入や初期環境の構築に多くのコストがかかることがひとつの大きな障壁になってしまいます。その点、クラウド型であれば自社でサーバーを置くことなく運用ができ、費用面でも月額支払制や従量課金制のサービスが中心のため、導入コストやランニングコストを抑えて利用できます。

(2)バージョンアップ作業が不要

パッケージ型の場合、運用開始後にセキュリティ対策のためのバージョンアップが必要です。作業後の不具合がないかどうかの検証作業も必要なため、専門的な知識と大きな手間を要する可能性もあります。

クラウドCMSなら、サーバーやサービスを提供・管理しているベンダーがアップデートを行うため、自力での作業はなくなり、常に最新の状態を保つことができて安心です。専門知識不要で、高度なセキュリティ対策ができるのは、運用していくうえで大きな魅力となるでしょう。

(3)インフラ運用の負担を軽減

クラウドCMSは、自社サーバーなどにデータを保管するといった作業がないため、サーバー監視やバックアップ作業が不要です。また、サービスによっては、データ保存領域の自動拡張や、大量のアクセスに対応したオートスケールといった機能を搭載しているもの、インターネットコンテンツを高速配信するために最適化されたCDN(コンテンツ・デリバリー・ネットワーク)に対応しているものもあり、自社で用意することなく利用できる点は大きなメリットです。

 

クラウドCMS利用時の注意点(デメリット)

上記のようにクラウドCMSにはメリットがある一方で、注意しておかなければならない点も存在します。以下にデメリット2点を挙げました。

(1)カスタイマイズ範囲の制約

パッケージ型やオープンソース型のCMSと比べて、クラウドCMSはカスタマイズ性がやや低くなる場合がほとんど。提供するベンダーによって用意している機能数にもよりますが、オリジナリティの高い特殊なカスタマイズに対応するのは難しい傾向があります。

機能追加が可能でも、プラン変更や有料オプションの購入が必要になる場合もあるため、あらかじめサイトに必要な機能を抽出しておくことが重要です。

たとえば、WordPressのクラウド版「WordPress.com」の場合、機能追加ができるプラグインのインストールの種類がパッケージ版と比較して限られています。また、サイトデザインについても、細かいデザイン調整や機能改修ができない場合があります。クラウドCMSでできる機能・仕様に合わせてWebサイトを構築していく、といった考え方で使用すると良いでしょう。

(2)セキュリティ対策の制約

求めるセキュリティ対策への対応の可否は、サービスの提供環境や仕組みによって大きく変わるためチェックが必要です。たとえば、管理画面にログインする際に「二要素認証にしたい」「IPアドレスによるアクセス制限を行いたい」と思っても対応していないこともあり、現状の仕様に従う必要があります。

不正アクセスやサイバー攻撃に備えたい場合は、管理サーバーと公開サーバーが別ロケーションになっているのが理想的。万が一の場合でも、サイト運営に支障が出づらく、コンテンツやデータの復旧にも対応できます。

また、データの保管面では、提供サービスによってデータセンターの所在地が異なるため、海外サービスの場合はデータセンターが海外にあるといったことも多いです。国内データセンターと比べて、何かあった際の対応にリスクがあるという点も留意が必要です。

 

クラウドCMSの選び方

クラウドCMSの選び方としては、対象に合わせて4つに分類することができます。

1. 手軽に構築できるCMS

比較的な安価な月額料金で手軽に始められるタイプです。まずはクラウドCMSを導入してみようという場合に適しています。

たとえば、「WordPress.com」は、Webサイトの約40%で使われているWordPressをクラウド型で使えるようにしたサービスで、使いやすさと数多くのプラグインによる拡張機能が特長です。利用ユーザーが多いため、使い方の解説や疑問に答えているWebサイトも多く存在します。中小企業向けのビジネスプランでは月額2,900円〜、オンラインストアに最適なeコマースプランでも月額5,220円〜で利用可能です。

「Movable Type クラウド版」は、コンテンツタイプ機能によって、構築できるコンテンツに必要な要素を過不足なくまとめ、簡単にサイトを制作できます。機能強化版である Movable Type Premiumでも月額8,000円から提供しています。

2. 大企業向けCMS

自社の紹介だけでなく、IR向けページや会員サイト、オウンドメディアなど、様々な機能で情報量豊富なWebサイトを構築したい場合に適しています。

ワークフローやアクセス管理などのWebガバナンス構築機能や、リッチエディタやテンプレートによるページの作成・編集機能など、運営にかかわる人数や技量を問わず、誰でも使いやすい設計になっているのが特長。多言語オペレーション機能や複数サイト管理システムなど、複数の拠点でのWebサイト管理・運営にも対応しています。

たとえば、「ShareWith」は、広報・IR・経営企画・採用などの複数の部門が関わるコーポレートサイトの組織的な運営をCMSで統合的に管理できます。「Connecty CMS on Demand」では、多言語対応でグローバル展開の企業に向いています。複数のサイトを一元管理する多サイト管理システムも備えているので、自社HP以外にもオウンドメディアなどを運用している場合にもうってつけです。

3. マーケティング向けCMS

Webサイトの構築はもちろん、サイトデータや外部データとの連携が豊富で、マーケティングの際に必要な情報を手軽に手に入れたい場合に適しています。たとえば、「Company Cloud」では、資料ダウンロード機能やメルマガ機能など、マーケティングに必要な機能も標準で搭載されています。「ferret One」はWebマーケティングメディア「ferret」でのノウハウを活かしたBtoBマーケティングの伴走サポートが特長です。

4. ヘッドレス型CMS

コンテンツの表示に関わる機能を持たず、コンテンツ管理機能に特化したCMSのタイプです。様々なサイトの情報や更新を一元化し、各種の情報を連動させたい場合に適しています。

たとえば、「microCMS」では、APIの通信方式も複数備わっていて対応の幅が広く、画像編集処理ではimgix利用料が、サービス利用料金に含まれているので自由に使うことができます。「Kuroco」は、APIの独自定義や、ローコードでの外部APIとの連動など、外部サービスとの連携機能が充実しており、会員サイトの構築に向いています。

 

おすすめのクラウドCMS(手軽に構築)

クラウドCMSの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

WordPress.com(Automattic)

WordPress公式Webサイト

(出所:WordPress.com公式Webサイト)

Webサービスの40%以上が利用しているWordPressをクラウドCMSとして提供しているサービス。一般のブロガーから大手企業まで幅広く使われている。簡単な操作で文章の投稿や写真の追加、デザインの調整などができ、ECサイトからブログ、オウンドメディアの運用まで多種多様なWebページの作成・運用が可能。
インストールして使えるアドオンが数千個用意されており、リードの収集、問い合わせフォームの作成、サブスクリプションの作成、サイトの自動バックアップなど、様々な操作を実行できる。SEO ツール、Google アナリティクスと連携したマーケティング機能も利用できるほか、モバイル端末へアプリをインストールして、時間と場所を問わずサイトの確認や更新ができることも強み。

  • 料金:月額500円~(パーソナル・年一括払いの場合)

詳細はこちら

Movable Type クラウド版(シックス・アパート株式会社)

Movable Type公式Webサイト

(出所:Movable Type公式Webサイト)

安全性や信頼性が評価され、官公庁や教育機関などで多く利用されている国産CMS。
データを入力するコンテンツフィールドを蓄積していくことで簡単にサイトを構築できる「コンテンツタイプ」機能を持ち、コンテンツに必要な要素を過不足なくまとめた、わかりやすいページレイアウトが可能。誰でも簡単にコンテンツを入力できるだけでなく、日時指定公開機能や自動保存・履歴管理、細かなユーザー権限管理など担当者が複数いても対応できることが強み。
クラウド版では生成したコンテンツを外部サーバーに配信して公開する機能、1日1回Google Cloud Storageへ二重にバックアップする機能などが追加されている。

  • 料金:月額5,000円~(Movable Type7 クラウド版S1iプラン)

詳細はこちら

 

おすすめのクラウドCMS(大企業向け)

クラウドCMSの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

ShareWith(野村インベスター・リレーションズ株式会社)

ShareWith_公式Webサイト

(出所:ShareWith公式Webサイト)

CMS、サーバー、サポートが一体となった定額制のクラウドサービス。広報・IR・経営企画・採用などの複数の部門が関わるコーポレートサイトの組織的な運営や、製品・サービスサイトのマーケティング活用に適している。サイトを丸ごとCMSで統合的に管理できるため、すべてのページを自由に編集・公開することが可能。マニュアルレスな管理画面で、海外現地法人サイトへの展開も安心して進めることができる。
Pardotをはじめとした、タグ埋め込み型のMA(マーケティングオートメーション)ツールを設定欄にタグ付けするだけでサイト全体に反映、連携できるので、マーケティングデータの蓄積を実行しやすいことも特徴の一つ。

  • 料金:月額120,000円~、初期費用750,000円~(コンパクトプラン)

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

Connecty CMS on Demand(株式会社コネクティ)

Connecty CMS on Demand公式Webサイト

(出所:Connecty CMS on Demand公式Webサイト)

大企業向け国産CMSとして開発され、大手リーディング企業も多く採用しているクラウドCMSプラットフォーム。多言語に対応しており、グループ・グローバルにWebサイトを管理・展開したい企業に適している。コンテンツの制作・編集機能でデザイン性が高いサイトの制作も可能で、デザイナーによるHTMLの修正、専門知識のないユーザーによる文字や写真の修正等にも対応。データベースによる検索や絞り込みなどの機能も同時に備え、運用できるようになっている。
バージョン管理、ワークフローやアクセス管理等のWebガバナンス等、企業のサイト運用に必要な機能をフルに持ち合わせており、複数のサイトを一元的に管理する「多サイト管理システム」も搭載。標準で日本語・英語・中国語 に対応したグローバルモデルとなっていて、海外から利用することもできる。

  • 料金:月額60,000円、初期費用30万円(Lightプランの場合)

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

 

おすすめのクラウドCMS(マーケティング向け)

クラウドCMSの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

COMPANY CLOUD(株式会社スマートメディア)

Company Cloud公式Webサイト

(出所:Company Cloud公式Webサイト)

見込み顧客獲得からブランディングまで、マーケティングを意識した企業サイトを作ることができる、企業サイト向け、メディア統合型コーポレートサイト構築サービス。ブログ感覚でコンテンツの編集・公開が可能なシンプルな操作画面が特徴。HTMLやコーディングの知識がなくても直感的に操作することができ、誰でも簡単にコンテンツの発信・管理ができる。
資料ダウンロード機能やメルマガ機能など、マーケティングに必要な機能も標準で搭載しているのが特徴の一つ。ソーシャルログインや二段階認証などのセキュリティ機能、GoogleMAPやSlackなどの外部連携、各種SNSとの連携にも対応しており、現在利用しているツールを活用したサイト構築がしやすい点も魅力。

  • 料金:月額50,000円~、初期費用30,000円~

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

writeWired CMS Platform(STSD株式会社)

writeWired CMS Platform公式Webサイト

(出所:writeWired CMS Platform公式Webサイト)

顧客分析機能とマーケティングオートメーションを搭載した国産CMS。顧客属性やサイトの訪問履歴、メール開封率といった行動履歴の分析し、特定の行動をした顧客の抽出、顧客の興味・関心に合わせたコンテンツ表示やメール配信など、必要なアクションを自動化できる。ブロックをつなぎ合わせてフローチャートを組み立てるだけで、簡単にシナリオ作成も可能。マンパワーで顧客フォローしにくい大規模サイトでも、サイト状況やトレンドの変化などに合わせて、現場レベルで継続的に改善を続けられる。
コンテンツの大量更新・管理機能も充実。テンプレートや定型フォームを利用したページ作成や、時分単位でコンテンツの表示/非表示設定、CSVインポート/エクスポートによる一括更新に対応。専門知識がなくてもコンテンツ作成・更新・修正が可能だ。

  • 料金:要問い合わせ

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

ferret One(株式会社ベーシック)

ferret One公式Webサイト

(出所:ferret One公式Webサイト)

Webからの受注、リード獲得に必要な「ツール」と「ノウハウ」を一気通貫で提供している、BtoBマーケティングに重点を置いたクラウドCMS。Webマーケティングメディア「ferret」で培ってきたBtoBマーケティングに関する独自ノウハウを「ferret One式グロースステップ」 として体系化。戦略支援、施策設計といったノウハウの提供と伴走サポートが大きな特徴。
マーケティング機能が充実しており、コンテンツ/メールマーケティング、セミナー施策といった管理を行うことができる。CMS機能としても、編集画面上からPIXTAの画像素材を購入、WordPressで作成した既存のコンテンツ記事のインポート、最大41言語の翻訳機能など便利な機能が豊富。

  • 料金:月額100,000円~、初期費用100,000円

詳細はこちら

infoCMS(株式会社インフォネット)

infoCMS公式Webサイト

(出所:infoCMS公式Webサイト)

圧倒的な操作性と高可用性を実現した、ビジネス向けに特化した商用CMS。見た目の画面そのままでの編集が可能で、更新・メンテナンスも簡単。セミナーなどのイベント登録・予約管理、eラーニング機能など、拡張モジュールを多数搭載。ワンソースマルチデバイス対応で、スマホ、タブレットPCなどのサイトを一元管理できる。
導入プランの設計から運用開始前の個別レクチャー、導入後の専任チームによるサポート、Web更新の代行業務など、運用に関するサポート体制も充実している。

  • 料金:月額42,000円~(スタンダードLite)、初期費用150,000円~

詳細はこちら

 

おすすめのクラウドCMS(ヘッドレス型)

クラウドCMSの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

microCMS(株式会社microCMS)

microCMS公式Webサイト

(出所:microCMS公式Webサイト)

APIベースの日本製ヘッドレスCMS。管理画面では、編集者にもわかりやすい直感的な操作が可能で、データ取得を行うAPIは、開発者向けに最適化。APIの通信方式も複数備わっていて対応の幅が広い。
画像向けCDN であるimgixのAPI利用料金がmicroCMSの利用料金に含まれており、標準機能で使えるのもメリット。ほかにもメンバー管理・役職による権限管理、レビュー申請・通知機能など社内のワークフロー整備機能を備えている。

  • 料金:月額4,900円~(Teamプラン) ※無料プランあり(最大3個のAPI)

詳細はこちら

Kuroco(株式会社ディバータ)

Kuroco公式Webサイト

(出所:Kuroco公式Webサイト)

金融機関・商社・メーカー・IT関連など、シリーズ合計4,000社以上での導入実績を持つヘッドレスCMS。APIの独自定義や、ローコードでの外部APIとの連動など、外部サービスとの連携機能が充実しており、会員サイトの構築に向いている。
コンテンツ管理機能以外にも、会員管理機能、フォーム機能、メール機能、決済機能など、様々な機能を搭載しており、自社システムと連携して顧客情報も活用可能。コーポレートサイトはもちろん、会員制サイト、メディアサイト、イントラサイト、ECサイトと様々なサイトをデフォルトの機能で構築できる。

  • 料金:従量課金制(1,100円の無料枠あり)、初期費用なし

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

 

まとめ

Webサイトは情報発信、販売促進、顧客からのアプローチなど、企業にとっては必要不可欠なツールとなっていますが、Webサイトの更新や管理をするためには専門的な知識も必要で、外部委託すると費用負担も大きくなってしまいます。クラウドCMSは自社内で、簡単にWebサイトを構築できる機能が搭載されているだけでなく、導入費用や保守費用のコスト面で大きな効果があるといえます。

企業の規模やWebサイトの運用目的に応じて、どんな機能が適しているのかを正しく選ぶことで、導入の効果はより一層高まるはず。低コストから利用できるサービスも多いので、まずは使ってみるところから検討してみるのをおすすめします。

クラウドCMSをお探しの方は、こちらからサービス紹介資料をダウンロードいただけます。

クラウドCMSの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

 

サービス詳細はこちら

ShareWith

ShareWith

ハイエンドなサーバーインフラ&セキュリティの上場企業導入実績No.1クラウドCMS。すべてのページを編集から公開まで「マニュアルレス」で社内完結できます。単一サ...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

Connecty CMS on Demand

Connecty CMS on Demand

製造業向けCMS市場 シェアNo.1、専門知識なしでもページの編集・修正が可能な大企業向け純国産クラウドCMS。多言語対応や多サイト一元管理機能を搭載し、グルー...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

Company Cloud(カンパニークラウド)

Company Cloud(カンパニークラウド)

見込み顧客獲得からブランディングまで、マーケティングを意識した企業サイトを作ることができるサイト構築システムです。直感的な操作で、誰でも簡単にコンテンツ作成がで...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

writeWired CMS Platform

writeWired CMS Platform

中・大規模サイト向けの純国産CMS。大量コンテンツを更新しやすく、会員サイトの構築に対応。顧客ごとのコンテンツ提供も可能で、マーケティングを支援・強化します。...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

Kuroco

Kuroco

導入実績4,000社以上(関連サービス含む)。API志向のエンタープライズ・ヘッドレスCMSです。フロントエンドとバックエンドを完全に分離して各クラウドやAPI...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

このページの内容をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
TOPへ戻る

資料ダウンロードフォーム

1分で簡単登録。無料

入力フォームはこちら

登録済みの方はこちら

パスワード再発行

アスピックご利用のメールアドレスを入力ください。
パスワード再発行手続きのメールをお送りします。

アンケートにご回答ください。

サービスの導入検討状況を教えてください。

  • 資料請求後に、当該資料に含まれる「サービス提供会社」や弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
  • ご案内のため、アスピックにご登録いただいた会員情報を弊社より「サービス提供会社」に対して電子データにて提供いたします。
  • 利用規約とプライバシーポリシーに同意の上、ダウンロードいただきます。

ご回答ありがとうございました。

ご登録いただいているメールアドレスにダウンロードURLをお送りしています。ご確認ください。

CLOSE