ASPIC公式サービス【アスピック】

  • TOP
  • 特集記事
  • AI契約書レビューサービス比較7選!機能や費用、注意点は?

AI契約書レビューサービス比較7選!機能や費用、注意点は?

AI契約書レビューサービス比較7選!機能や費用、注意点は?

最終更新日:2022-05-02

AIを使ってリーガルチェックを効率化させたい、契約書に潜むリスクを検知したいという方へ。主な機能・費用の目安、比較ポイント・活用上の注意点などを、具体的なサービス・システムを交えながら、わかりやすくご紹介します。

目次

 

AI契約書レビューサービスとは?

AI契約書レビューサービスとは、契約書をアップロードするだけでAIが自動で契約書のレビュー(リーガルチェック)を行ってくれるシステムのことです。

AIにより時間をかけずに契約書に潜むリスクを洗い出し、リスクやトラブルに対するフィードバックを受けることができるため、従来の契約書レビューの課題であった、締結までの煩雑なやりとりや、業務の属人化を解消することができます。

サービス・システムの中にはレビューだけでなく、修正支援、作成支援、更に管理(レビュー管理・締結後の管理)までサポートしてくれるものもあります。

AI契約書レビューサービスをお探しの方は、こちらからサービス紹介資料をダウンロードいただけます。

契約書レビューサービスの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

 

AI契約書レビューサービスの費用の目安

費用については、契約書の種類やどこまで自社基準に対応させるかによって様々です。契約の複雑性や頻度など自社の体制・予算に合わせて最適なものを比較検討していきましょう。

たとえば、「LawFlow(LawFlow株式会社)」のように、秘密保持契約・一般業務委託契約のレビューのみであれば、無料で利用できるものもあります。また、有料の場合でも、「LeCHECK(株式会社リセ)」のように業界最低水準の月額26,000円から利用できるもの(和文契約書のみ)もあります。

「LegalSifter(LegalSifter社)」では、オリジナル審査基準をAIに設定し、日本語でのコメントを出力させることで、自社基準での英文契約書レビューを支援するサービスを1契約につき30万円で提供しています。

 

AI契約書レビューサービスのメリット

こちらでは、AI契約書レビューサービス導入による5つのメリットを説明します。

(1)リーガルチェックの時間短縮

AI契約書レビューサービスを利用すれば、AIが先回りしてリサーチに必要な文書を提示してくれるため、参考文献や過去の類似契約書、条文や判例など資料を探す時間を大幅に削減できます。
また、Wordのアドイン形式で動作するサービス・システムの場合、同一画面内に参考データをすべて表示でき、その上で資料に目を通したり、引用したりできるので、時間が大幅に削減できます。

(2)契約リスクの軽減

レビューしたい契約書をアップロードするだけで、AIが自動的にリスクを洗い出し、指摘を表示してくれるため、知識や経験がなくても、チェックすべき部分を確実に把握できるようになります。更に、指摘部分には解説文も表示されるため、知識を今後の業務に有効活用していくこともできます。現状、人間による精査も必要ですが、網羅的に抜け漏れ・見落としを防止できるAIとダブルチェックすることで、担当者の精神的負担の軽減にもつながります。

(3)人的コストの削減

簡単な契約で、かつレビューの基準やルールがはっきりしているものなど、日々発生する大半のレビューが自動化されれば、外部の弁護士へ依頼するコストはもちろん、内部でリーガルチェックを行っている場合の人的コストも大幅に削減できます。

(4)契約締結スピードの向上

レビューの作業時間が短縮されるため、その結果契約締結までの期間の短縮化にもつながります。特に、それまで社外の弁護士に依頼していたものを社内で完結できるようになった場合には、顕著なスピード向上が期待できます。また、現場担当者でも契約書の一次チェックを行うことが可能になれば、取引先との契約手続きの迅速化が進みます。

(5)組織としてノウハウの蓄積

AI契約書レビューサービスは、「使える条文・文例」などを登録して再利用するなど、データベースとして活用していくこともできます。自社で作成したひな形や弁護士からのコメントなどもシステム上にまとめ、レビュー業務に関するノウハウとして蓄積することで、担当者の転職・退職・異動などのリスクを避けるのはもちろん、企業としてより有利な契約書締結を目指せます。

 

AI契約書レビューサービスの機能一覧

AI契約書レビューサービスは「レビュー」に限らず、「作成」「修正」「管理」など様々なステップでサポート可能です。以下、具体的な機能について説明していきます。
なお、どこまで対応できるかはサービス・システムによって異なるため、導入の際には、必要な機能が搭載されているか確認が必要です。

 

<レビュー支援>

自動レビュー機能

契約書ファイルをアップロードすると、AIが自動でレビューを行い、契約書に潜む「不利な条文」「欠落条項」「抜け漏れ」などを指摘してくれます。中にはリスクを段階別に視覚化して表示したり、具体的に起こりうるトラブルを事例として紹介したり、わかりやすく・丁寧に教えてくれるものもあります。アップロードできるデータは基本的にWord・PDFですが、中には紙の契約書の写真にも対応しているものもあります。

差分比較機能(条文マッチング)

自動レビューに対応していない契約書に関しては、これまで通り、自社のひな形や過去の類似契約書と比較して確認を行うのが通例です。差分比較機能(条文マッチング)を利用すれば、レビュー対象の契約書と登録しておいた自社の契約書ひな形のどこがどう違うのか、条文単位で瞬時に比較することが可能です。これまでのように資料と行き来しながら、ページをめくり、一つひとつ条文を照らし合わせる手間を省くことができます。

英文契約書のレビュー

契約社会である海外との取引では、日本国内では考えられないような、様々な問題が起こりえます。そのため海外取引を行う場合は、英文契約書も自動レビューができると便利です。英文和訳してチェックできるものの他、英語ネイティブの弁護士が作成した英語条文修正案提示機能を備えており、法律のプロ並の基準で海外取引特有の契約書チェックを行うことができるものも存在します。

 

<修正文作成の支援>

修正文例の自動提示

レビューで「リスクがある」と判定された部分は修正しなければなりません。システム・サービスによっては「こういう風に修正した方がいい」と修正文例を自動で提示してくれるもの、更に「自社に有利」「対等」などの条件に合わせて、文例を選択できるものもあります。社内外など複数人で修正を行う場合には、修正箇所にコメントを紐付けて共有できるものが便利です。

条文検索機能

キーワード入力で、契約書のデータベースから必要な条文を瞬時に呼び出すことができる機能です。「この条文、過去の契約ではどう書いていたかな」という場合、これまでは過去の契約書をめくって対象となる条文を探さなければなりませんでしたが、システム・サービス内に自社の契約にとって理想的な条文や前提・利用シーン・取引先企業ごとの条文を複数設定しておけば、後はキーワードを入力して検索するだけで済みます。サービスによっては、日本語のキーワード入力から英文契約書の参考条文を見つけることができるものもあります。

 

<作成時の支援>

テンプレート/契約書ひな形集

オリジナルの契約書を作成するのは手間がかかります。インターネット上でテンプレートを拾ってくることもできますが、信頼性の不確かな契約書を用いるのは危険です。AI契約書レビューサービスは、多くが実際の法律事務所が作成する書式・ひな形を多数搭載しているため安心かつ便利です。それらを利用することで、オリジナルの契約書をイチから作成する手間を省くことができます。

バージョン履歴管理

契約書業務は自社・取引先と契約書案を何度もやりとりしなければなりません。時として「どのファイルが最新かわからなくなる」という恐れがありましたが「バージョン履歴管理機能」を利用すれば最新版が一目瞭然です。編集履歴は自動的に保存され、同一の契約書の修正履歴を遡って確認することもできます。異なるバージョン間の差分比較や、ユーザー間のリンクを通じた案件共有なども簡単に行うこともできます。

 

<管理>

レビュー状況の把握・管理

大量の契約書を抱える企業法務では、複数の法務担当者でリーガルチェックを行ったり、もしくは外部の弁護士に依頼してレビューを行ったりする必要があります。案件を適切に割り振るには「誰がどれくらい対応しているか」「契約類型に偏りがないか」などの管理が重要ですが、この場合、レビュー件数・分類を可視化できる「件数レポート」のような機能を持ったものを利用すると便利です。

契約書のデータベース化・管理

自社に有利な契約を結ぶための条文、もしくはその逆の不利な条文をストックするなどして、後日類似の契約書を作成・修正する際に呼び出して利用するなど、自社のナレッジをデータベース化して活用することができます。中には、相手先・組織・契約類型などのタグを設定して検索したり、契約期限アラート機能を用いて更新忘れを防止したり、契約書管理を効率化できるものもあります。

 

AI契約書レビューサービスの比較ポイント

続いて自社に合ったサービス・システムを選ぶ上で、「どのような点に気をつければいいのか」についてです。「業務範囲」「契約範囲」「自社ポリシー」「ファイル形式」「英文契約書」「効率化機能」の6つの観点から、具体例を挙げて紹介していきます。

(1)自社の業務範囲に合っているか

前述した通り、レビュー以外にも修正支援、作成支援、管理など対応できる範囲は異なります。「現場レベルで契約書レビューだけできればいい」なら「インテリジェント契約チェッカー(NTTアドバンステクノロジ株式会社)」、「契約書管理まで効率化したい」なら「LeCHECK」などおすすめも変わってきます。自社の業務フローを洗い出し、課題感・要望に合ったものを選ぶようにしましょう。

(2)よく使う契約類型・準拠法に対応しているか

システム・サービスによって秘密保持契約、取引基本契約、ソフトウェア開発委託契約、不動産売買契約、賃貸借契約など、レビューできる契約書は異なります。自社がよく使う契約類型・準拠法に対応しているか事前にチェックしておきましょう。多くの契約書に対応しなければならない場合は、「GVA assist(GVA TECH株式会社)」のように250種類以上の契約類型に対応できるものがおすすめです。

(3)自社ポリシーにどれくらい合わせられるか

自社特有の審査基準を多数設けている場合、一般的な契約審査基準に基づいたレビューだけでは足りません。その場合、「LegalForce(株式会社LegalForce)」や「GVA assist」のように自社基準レビュー機能を持ったものがおすすめです。独自の修正方針・修正文例などを条文ごとに登録したり、重要度の設定を変えたりすることで、より自社のポリシーに沿った契約書レビューができるようになります。

(4)契約書のファイル形式が合っているか

Word・PDFは大体が対応可能ですが、「紙の契約書に対応できるもの」となるとかなり限られてしまいます。紙の契約書の取り扱いが多い場合は、OCR機能を搭載しているものを選びましょう。紙の契約書も写真に撮ってアップロードするだけで、以降はWordファイルとして編集可能です。「LAWGUE(FRAIM株式会社)」のOCR機能では、単純な文字列としてデータ化するだけでなく、不要な改行を除去したり、見開きページの順番を認識したり、体裁を認識したりすることができるので、すぐに編集可能なデータとして活用できます。

(5)英文契約書にどれだけ対応しているか

和文英訳機能、英文契約書チェック機能などがあると便利です。その他、「LegalSifter」は「関係者が多い」「条件が潜んでいる」など、海外取引の契約書で起こりがちな問題に関して、リーガル・ビジネス両面から検討すべき項目を指摘してもらえるため心強いです。なお、料金プランによって和文・英文で対応範囲が異なっている場合があるため、注意が必要です。

(6)業務効率化のための機能がどれくらいあるか

たとえば、「GVA assist」はWord拡張機能を備えており1画面内で修正作業が可能です。デスクトップ上に画面を複数開いて、行きつ戻りつという手間はかかりませんので効率的に作業ができます。その他、「LAWGUE」は契約書全体ではなく、条項ごとに切り分けてオンライン上でやりとりすることで、業務全体の効率化を図ることができます。

 

AI契約書レビューサービスの活用上の注意点

メリットの多いAI契約書レビューサービスですが、当然ながら必ずしも万能ではありません。現状では、リーガルチェックの最終的な判断は人間に委ねられますし、何かあったとしてもAIが責任を負うことはできません。大切なのは「人とAIが補完しあう」ことです。活用する上では、以下のような点を心にとめておきましょう。

レビューできる契約には限界がある

すべての契約類型・準拠法にレビュー対応しているわけではありません。年々、対応範囲が広がっているとはいえ、複雑だったり、アレンジが多かったりする投資契約や事業譲渡契約などの特殊な契約、また絶対数の少ない契約の場合、アルゴリズムを開発するコストが大きすぎるため不向きです。簡単な契約書レビューはAIに任せて、その分、上記のような契約書レビューに人的リソースを費やすなど、上手く使い分けしていきましょう。

ビジネス的な状況・背景を踏まえることはできない

日々AIのレビュー精度は向上していますが、現状、人間のように自社の製品・サービスの特性や締結先との力関係などビジネス的な側面を踏まえて判定することはできません。ただし、「間違い・欠落」といったヒューマンエラーを起こす頻度はほとんどありません。AIの得意なところと不得意なところをしっかりと理解した上で、「どうしたら互いに補完して効率よく業務を行えるか」を考えながら利用していくことが大切です。

 

おすすめの契約書レビューサービス・システム(レビュー以外の機能を持つものも含む)

契約書レビューサービス・システムの資料をDL

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

LegalForce(株式会社LegalForce)

LegalForce公式Webサイト

(出所:LegalForce公式Webサイト)

専任弁護士が監修を行うAI契約審査プラットフォーム。契約書をドラッグして、契約類型・自社の立場を選択するだけで自動レビュー可能。契約書に潜む「不利な条文」「欠落条項」「抜け漏れ」などのリスクを網羅的に洗い出し、修正に必要な参考条文例や解説、更に過去の契約書なども瞬時に検索して表示。同一の画面内で手間なく修正することができる。
実際の法律事務所が作成する書式・ひな形550 点以上を搭載しているため契約書作成にも便利。提携の法律事務所が常に最新の知見を加えているため、法改正や新しい判例対応の心配もいらない。導入後も専任担当がついて徹底フォロー。不明点があってもチャットでいつでも相談できる。業種や組織規模を問わず、2,000を超える企業の法務部や法律事務所で導入されている。

  • 料金:要問い合わせ

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら(インタビューあり)

GVA assist(GVA TECH株式会社)

GVA assist公式Webサイト

(出所:GVA assist公式Webサイト)

一般的な契約審査基準だけでなく、自社の契約ルールに基づいて、審査対象の契約書に潜むリスクを検知できる契約書レビュー支援クラウド。2021年11月時点で300以上の企業・法律事務所で導入されている。標準提供されるレビュー可能な契約類型は250種類以上で、自社の契約書ひな型を類型として登録する際は上限がない。「過去に締結した契約書・条文例」「契約審査マニュアル」などのノウハウをクラウドに蓄積しておくことで、社内で審査時にリアルタイム参照が可能。
ナレッジパートナーが充実していることも特長。有斐閣「契約書作成の実務と書式 -- 企業実務家視点の雛形とその解説 第2版」が搭載されていたり、プレイブックのオプション条文として霞ヶ関国際法律事務所より国際仲裁に関する契約書の条文を提供されたりしている。
法務担当者のいない中小企業・スタートアップ企業、フリーランス向けにNDAのリーガルチェックを無料で行える「GVA NDAチェック」も。

  • 料金:月額30,000円~、初期費用100,000円~(ライトプランの場合)

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら(インタビューあり)

LAWGUE(FRAIM株式会社)

LAWGUE公式Webサイト

(出所:LAWGUE公式Webサイト)

エディタ(編集)機能に優れたオンライン型のAI搭載クラウドエディタ。文書作成時に発生しがちなインデントの乱れや表記揺れ、条番号や参照番号のズレを独自技術(特許出願中)により、リアルタイムに自動検出・自動補正可能。非生産的な補正作業にかかる時間が10分の1に削減できるため、本来の契約書のレビュー業務に集中できる。
Word形式の契約書ファイルをドラッグ&ドロップすると、条項ごとに分割して取り込み、その条項ごとにオンラインでコミュニケーションできる。従来のWordとメールのやりとりに比較すると、業務全体の効率化を図れる。交わされたコメント・編集履歴は、後日、該当条項を再利用する際に参照可能。企業として法務ノウハウの蓄積も目指すことができる。

  • 料金:要問い合わせ

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

LeCHECK(株式会社リセ)

LeCHECK公式Webサイト

(出所:LeCHECK公式Webサイト)

法律のプロが監修した契約書レビューAIクラウド。契約書ファイルをブラウザからアップロードするだけで、AIが瞬時に和文契約書・英文契約書をチェック。不利な条項や抜け漏れなど、取引リスクとなる箇所を立場別に自動的かつ機械的に指摘して代替案を提示(自社の基準でも契約書チェック可能)。その他、過去の締結済み契約書を関連資料と一緒にアップロードするだけで保管・管理可能(タグ設定による検索や更新期限アラートも可能)。契約書作成に関しても、専門弁護士作成が作成した各種ひな型を利用できるため便利。
業界最安クラスの料金設定も魅力。和文対応のみで月額26,000円、英文対応も加えたプランなら月額40,000円で利用できる。和文・英文レビュー以外にも、契約書作成や管理まで効率化したい場合にはおすすめ。

  • 料金:月額26,000円(和文)、40,000円(和文・英文)、初期費用別途

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

LegalSifter(LegalSifter社)

LegalSifter公式Webサイト

(出所:LegalSifter公式Webサイト)

世界中の法律事務所が活用している英文契約書向けのレビュー支援ツール。Word・PDF形式の英文契約書をアップロードすると、ビジネス・リーガル両面から検討すべき項目を指摘してもらえる。海外取引の契約書で起こりがちな、ひと目ではわからない条件や関係者が多いことによる契約書の複雑化といった問題を避けることができる。
料金は1ユーザー・1年契約で月額10万円(利用回数は無制限)。その他、有償プランを利用すれば、損害賠償の上限や解約条件など、企業独自の審査基準(プレイブック)を専用のAIに設定・適用することもできる。それにより、日本語でコメントを出力させる自社基準の英文契約書レビューも可能。

  • 料金:月額100,000円/ユーザー(1年契約)

詳細はこちら

LawFlow(LawFlow株式会社)

LawFlow公式Webサイト

(出所:LawFlow公式Webサイト)

弁護士が開発し、元裁判官が監修した契約書レビュー支援ツール。特徴はWordに限らず、pdfや紙の契約書の写真もアップロードできる「OCR機能」。チェック後は、そのままエディタ機能を用いて編集を行い、Wordファイルで出力することもできる。取引先によっては「編集可能なWordデータは渡せない」と言う企業もあるため、コミュニケーションコストを低減できる。
スタータープラン(秘密保持契約・一般業務委託契約のレビューのみ)であれば無料で利用可能。デフォルトで82類型(41種類×2当事者)の契約書に対応。必要に応じて自社の契約書ファイルをひな形として追加登録することもできる。また、レビューに限らず、ガイドに従って情報を入力するだけで、簡単に契約書案を作成できる作成支援ツールも利用可能。

  • 料金:月額5,000円〜、初期費用なし ※無料プランあり

詳細はこちら

インテリジェント契約チェッカー(NTTアドバンステクノロジ株式会社)

インテリジェント契約チェッカー公式Webサイト

(出所:インテリジェント契約チェッカー公式Webサイト)

レビューに特化したAI契約審査プロセス支援システム。契約書案をアップロードすると、NTT研究所が培った日本語の自然言語処理技術により、契約書の文書をフレーズに分解。文章の構成や表現方法に依存することなく、必要な条項の有無や注意すべき条項など、瞬時にチェックできる。項目はユーザーごとに設定できるため、自社審査ポリシーなどの条件に対応したレビューも可能。現場担当者による契約書の一次チェックを可能とし、取引先とのスムーズな契約手続きを支援する。

  • 料金:要問い合わせ

詳細はこちら

 

まとめ

AI契約書レビューサービスとは、AIが自動で契約書のリスクを洗い出してくれるサービス・システムです。導入することで「業務の効率化」「契約リスクの軽減」「コスト削減」「契約締結スピードアップ」「ノウハウの蓄積」などが期待できます。現状、すべての契約類型には対応していませんが、年々、改善され対応領域も広がりつつあります。

システム・サービスによってはレビューだけでなく「修正支援」「作成支援」「管理」まで幅広く対応できるものも存在します。導入を検討する際には「どの契約類型をレビューしてもらうのか」、またレビュー以外の作成・管理も含めて「どこからどこまで対応してもらうのか」自社のリソース・フローに合わせた利用法をしっかり考えておきましょう。

AI契約書レビューサービスをお探しの方は、こちらからサービス紹介資料をダウンロードいただけます。

契約書レビューシステムの資料をダウンロード

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

契約書レビューサービスに役立つ契約書管理システムのさらに詳しい選び方はこちらの選び方ガイドをご覧ください。

契約書管理システムの選び方ガイド

契約書レビューシステム

契約書管理システムの選び方ガイド

契約書レビューシステム

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

 

インタビューやサービス詳細はこちら

LegalForce(リーガルフォース)|インタビュー掲載

LegalForce(リーガルフォース)|インタビュー掲載

契約書に潜むリスクの洗い出しやレビュー品質のばらつきを解消するAI契約審査プラットフォームです。条文例検索やひな形活用などで業務効率化も実現します。...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

GVA assist(ジーヴァ アシスト)|インタビュー掲載

GVA assist(ジーヴァ アシスト)|インタビュー掲載

弁護士が監修した200種類以上のプレイブックと、400種類強の契約書のひな型を使って、ドラフト作成〜審査までを効率化。月額3万円〜で利用可能。...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

LAWGUE(ローグ)

LAWGUE(ローグ)

AIを活用したクラウド ドキュメント ワークスペース。「欠落条項検索機能」「自動補正機能」など特許技術の優れた編集機能により、契約書だけでなく様々な文書の作成・...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

LeCHECK(リチェック)

LeCHECK(リチェック)

AIと弁護士の見識による、契約書レビューAIクラウド。法律のプロが監修したクラウドAIにより、和文契約書・英文契約書のチェックを瞬時に実行。契約書の作成・チェッ...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

このページの内容をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
TOPへ戻る

資料ダウンロードフォーム

1分で簡単登録。無料

入力フォームはこちら

登録済みの方はこちら

パスワード再発行

アスピックご利用のメールアドレスを入力ください。
パスワード再発行手続きのメールをお送りします。

アンケートにご回答ください。

サービスの導入検討状況を教えてください。

  • 資料請求後に、当該資料に含まれる「サービス提供会社」や弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
  • ご案内のため、アスピックにご登録いただいた会員情報を弊社より「サービス提供会社」に対して電子データにて提供いたします。
  • 利用規約とプライバシーポリシーに同意の上、ダウンロードいただきます。

ご回答ありがとうございました。

ご登録いただいているメールアドレスにダウンロードURLをお送りしています。ご確認ください。

CLOSE