ASPIC公式サービス【アスピック】

施設予約システム|インタビュー掲載

施設予約システム|インタビュー掲載

「施設予約システム」は、公共施設の利用予約のインターネット受付サービスです。

CLOSE

資料ダウンロード (無料)

資料ダウンロード (無料)

こちらから「公共施設予約システム」の資料を一括でダウンロードできます。

一括資料ダウンロード (無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

ービス概要

「施設予約システム」は、公共施設の利用予約のインターネット受付サービスです。『職員の負担やコストは軽減しなければならない、しかし利用者サービスは向上していかなければならない。』パスコの施設予約は、この“軽減”と“向上”の相反する2つの要望を多彩な機能を持つパッケージシステムで実現します。

ASPIC「ASP・SaaSの安全・信頼性に係る情報開示認定制度」認定サービス。

主なポイント

パスコの施設予約システムは、“公共施設の予約管理業務”に特化した豊富な標準機能を搭載しています。また、パッケージサービスでありながらも、柔軟な室場情報や予約ルールの設定機能により、団体独自の予約業務フローを標準機能で再現することができます。現在、約80の団体でご利用いただいており、 ユーザーの声を反映した機能改良、機能追加、システムバージョンアップを恒常的に実施しています。

  • 細かな設定で様々な運用を実現

同一施設内であっても、コマ割りや料金区分などは異なります。パスコの「施設予約システム」では場所や部屋によってコマ割りや料金区分、面割りなど細かな設定が行えます。

  • 複数施設の予約に対応

ご利用者の目線でシステムを設計。一度の操作で複数の施設や複数の日程を予約できる機能や、過去に予約した施設を表示する「パーソナライズ」機能を用意。一画面で素早く検索できる「パワーユーザー画面」を利用すると、施設を素早く検索し、少ない操作で予約の手続きが行えます。

  • ご利用者の負担を軽減するバリアフリー機能

高齢者や色弱の方、日本語が読めない方でもストレスなく利用できるよう、「読み上げブラウザ専用画面」や「外国語表示機能」を用意しています。(外国語機能は標準として、英語・韓国語・中国語(繁体字)・中国語(簡体字)を提供しています。)文字サイズや画面表示色の変更、また表示言語の変更などが自由にでき、「パーソナライズ設定」でご利用者がどの端末からサービスを利用しても、同じ設定環境で利用きるようにしています。

  • システムの二重化などでインターネットサービスの不安を解消

パスコの「施設予約システム」はクラウドサービスなので、導入コストやシステムメンテナンス費の削減といった効果が期待されます。日常的なシステム保守や緊急時の対応もすべて当社スタッフにおいて、集中管理しているサーバーで行うため、システム管理の手間がかかりません。また万が一、機器にトラブルが生じてもサービスが停止しないようサービスを二重化し、安定した環境を提供しています。

  • 強固なデータセンターで運用、安心を約束

データセンターは常時有人監視されており、24時間・365日、安定したサービスが提供されています。また、停電・地震・火災・物理的な侵入に対しても万全の体制が敷かれているため、安心してサービスをご利用いただけます。

  • さまざまな角度からセキュリティ対策を実施

データセンターでのセキュリティ対策のほか、通信・プログラムに対するセキュリティ対策も万全です。通常のSSL通信から職員端末まで、お客様のご要望のレベルに応じた様々なセキュリティ対策を提案します。

  • 自治体向けには「わが街ガイド」との連携機能を提供

住民向け地図情報配信サービス「わが街ガイド」をご利用いただいている皆様には、「施設予約システム」と「わが街ガイド」の連携サービスを提供しています。

 

事業者インタビュー

公共施設の管理要件を熟知した小回りのきくサービス

株式会社パスコ 事業推進課 課長 脇田 真司様

株式会社パスコ 事業推進課 課長 脇田 真司様

―「施設予約サービス」とはどのようなサービスなのでしょうか?

「施設予約サービス」は、公共施設において、運動施設や備品などの予約をWeb上で行えるようにするためのサービスです。

利用者向けにはPC向けとスマートフォン向けの利用者画面を、公共施設の管理者向けには施設管理に必要な操作が行える管理者画面を有しています。

―「施設予約サービス」の特長を教えていただけないでしょうか?

一つ目は、当社の地図情報サービス「わが街ガイド」と連動しているので、「わが街ガイド」の地図上から施設予約をすることや、「施設予約サービス」から地図で場所を確認することができるという点です。例えば、自宅周辺に利用できる公共施設はないか、と探している住民にとって便利な機能です。

二つ目は、「小回りがきく」ように詳細な機能を有している点です。例えば、予約方法では、早い者勝ちの予約だけでなく、抽選で利用者を決める抽選予約ができます。施設の利用条件においては、雨天時の割引価格の提示、高齢者や障害者が利用する際の減免制度、季節によって異なる料金設定などにも対応しています。管理者向けとしても、グラウンドを全面貸し出すだけでなく、半面に分けて貸し出すことや、特定の施設を予約すると、付随する備品もセットで予約される、という機能があります。

さらに、予約可能な時間の検索においては、一週間の中で空いている時間帯を見つけることや、この月の特定曜日だけを表示させる、などの機能も備えています。

また、バリアフリー対応にも力を入れており、聴覚・色覚などの障害者向けに背景色や文字サイズが変更できる機能やテキストの読み上げ等の機能を、日本語を読めない方向けには外国語で表示する機能も備えています。

―「施設予約システム」では、どのようなお客様のご利用を想定していますか?

多くの公共施設を抱えている地方自治体のご利用を想定しています。最近では、地方自治体だけではなく、斎場組合が、斎場の予約管理のために利用するというケースも生まれています。

また、一つの地方公共団体だけではなく、複数の自治体で共同利用するケースもあります。

―「施設予約サービス」の導入効果について教えていただけないでしょうか?

職員の負担を軽減する業務効率化に加えて、ファシリティマネジメントにも有効です。

公共施設を管理する職員にとっては、Web上で予約が完結しますので、電話での問い合わせや来場しての予約対応を減らすことができます。それに、予約に関する情報が瞬時に表示されますので、予約台帳から探す手間もなくなります。

ファシリティマネジメントの点では、公共施設を長く利用するためにはどのような管理をしていくべきか、公共施設をどう統廃合していくかなどが地方自治体の重要な検討事項になっています。公共施設の長寿命化においては、地方自治体が、どの備品をいつ購入していつまでに利用するか、職員を何人配置させるか、施設をいつ建て直しするかなどの計画を立てる必要があります。その検討の際に、現在の施設の中で、どの施設が、どのような人に何にどれくらい利用されているのかがわかると、施設の利用計画の具体化に役立つ情報となります。

―今後はどのようなことに力を入れていくのでしょうか?

公共施設の予約管理機能を提供するにとどまらず、施設予約情報を施設の統廃合計画や施設の長期利用計画など、ファシリティマネジメントにより活かせるようにしていきたいと考えます。当社は以前から地方自治体への地図情報の提供を通じて、地方自治体の課題を認識し、その解決となるような提案の実施に力を入れてきました。引き続きファシリティマネジメントの観点でも有益な提案を続けていたいと考えています。

 

料金

  • お問い合わせください。

 

会社概要

会社名 株式会社パスコ
代表者名 島村 秀樹
資本金 87億5,848万円
所在地 〒153-0043 東京都目黒区東山1-1-2 東山ビル

 

CLOSE

資料ダウンロード (無料)

資料ダウンロード (無料)

こちらから「公共施設予約システム」の資料を一括でダウンロードできます。

一括資料ダウンロード (無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

このページの内容をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
TOPへ戻る

ログイン

新規会員登録

会員登録をお願いします(1分で簡単登録。無料)

新規会員登録はこちら

パスワード再発行

アスピックご利用のメールアドレスを入力ください。
パスワード再発行手続きのメールをお送りします。

アンケートにご回答ください。

サービスの導入検討状況を教えてください。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。利用規約とプライバシーポリシーに同意の上、ダウンロードいただきます。

ご回答ありがとうとございます。

ご登録いただいているメールアドレスにダウンロードURLをお送りしています。ご確認ください。

CLOSE