ASPIC公式サービス【アスピック】

システム・ザ・ポーク|経営支援につながる養豚管理システム

システム・ザ・ポーク|経営支援につながる養豚管理システム

「システム・ザ・ポーク」は、農場記録をもとに利益を最大化する分析アルゴリズムを用いて、農場全体を見える化したうえで精度の高い計数管理を行い、PDCAサイクルで生産性を向上させ、国際競争力のある生産コストを目指すことができます。

サービス概要

「システム・ザ・ポーク」は、農場記録をもとに利益を最大化する分析アルゴリズムを用いて、農場全体を見える化したうえで精度の高い計数管理を行い、PDCAサイクルで生産性を向上させ、国際競争力のある生産コストを目指すことができます。

「ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2018 ASP・SaaS部門 社会・業界特化系分野準グランプリ」受賞。

主なポイント

  • 特徴

多くの養豚管理システムが、作業管理や結果の集計であるのに対して、『システム・ザ・ポーク』の開発思想は経営支援です。そのため、週単位での分析を行うことで、迅速かつ多面的、時系列の分析を行い、農場全体を見える化し繁殖成績のボトルネックを明確にすることができます。

ボトルネックが明確になるので、改善策を実施しPDCAサイクルを行うことで農場成績を改善できるシステムです。

  • 社会貢献

TPP11や日EU・EPAの発効により差額関税が下がると養豚農家の9割が経営が成り立たなくなるといわれています。しかし、『システム・ザ・ポーク』を活用すれば、国際競争力のある生産コストを目指すことができます。養豚が利益の出せる事業となれば、後継者問題・雇用問題の改善が期待でき、地域の活性化により雇用の創出及び若年層の定住者の増加が期待できます。

  • 環境貢献

差額関税が下がり枝肉の卸売価格が下がると、養豚生産者へ生産コストと卸売価格の差額を補填することが考えられますが、この場合、数百億円以上の補填が必要になります。経営力を強化し生産性をあげることで国際競争力のある生産コストを目指すための『システム・ザ・ポーク』の導入や運営に補助を行えば、数十億円ですむため、国家財政に対する効果は絶大です。

 

会社概要

会社名 株式会社 データホライゾン
代表者名 内海 良夫
資本金 456,600,000円
所在地 〒733-0834 広島市西区草津新町1丁目21番35号 広島ミクシスビル

 

このページの内容をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
TOPへ戻る

資料ダウンロードフォーム

1分で簡単登録。無料

入力フォームはこちら

登録済みの方はこちら

パスワード再発行

アスピックご利用のメールアドレスを入力ください。
パスワード再発行手続きのメールをお送りします。

アンケートにご回答ください。

サービスの導入検討状況を教えてください。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。利用規約とプライバシーポリシーに同意の上、ダウンロードいただきます。

ご回答ありがとうとございます。

ご登録いただいているメールアドレスにダウンロードURLをお送りしています。ご確認ください。

CLOSE