ASPIC公式サービス【アスピック】

セキュアカメラクラウドサービス® 可搬型パッケージ|インタビュー掲載

セキュアカメラクラウドサービス® 可搬型パッケージ|インタビュー掲載

毎日移動する工事現場や災害などで人がいたら危険な箇所へ簡単に持ち込み、遠隔監視、録画ができる、可搬型クラウドカメラサービスです。360度全方位カメラでの全体監視、双方向音声による助言・指示、高解像度による防犯対策に強み。

CLOSE

資料ダウンロード (無料)

資料ダウンロード (無料)

こちらから「クラウド型セキュリティカメラ」の資料を一括でダウンロードできます。

一括資料ダウンロード (無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

サービス概要

可搬型セキュアカメラクラウドは、毎日移動する工事現場や災害などで人がいたら危険な箇所へ簡単に持ち込み、遠隔監視、録画ができる、可搬型クラウドカメラサービスです。360度全方位カメラでの全体監視、双方向音声による助言・指示、高解像度による防犯対策に強み。

「ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2018」の「社会・業界特化系分野」において「ベストイノベーション賞」を受賞。
「ASP・SaaS(IoTクラウドサービス)の安全・信頼性に係る情報開示認定制度」において認定第一号を取得。

主なポイント

  • 災害危険個所や毎日移動のある工事現場などで活用

災害などで人がいては危険な場所、道路や上下水道など毎日移動のある工事現場での遠隔監視を実現。

  • 遠隔からの助言・指示、声かけ

360度全方位で俯瞰できるカメラで現場全体を確認。双方向音声機能を通じて、現場への助言・指示、現場立ち入り者への危険の伝達や侵入者へ警告することが可能。

  • 防犯用途に適した高解像度

問題発生時に録画した動画を確認する際、解像度が低くて不審者の顔を識別できないことがないよう、全方位を高解像度で音声を含め録画・蓄積。

可搬型パッケージ_image 

事業者インタビュー

防犯にも安心の鮮明な映像。建設現場や台風などでも活用が広がる

株式会社NTTPCコミュニケーションズ 営業本部 営業企画部 田中 俊旭様

株式会社NTTPCコミュニケーションズ 営業本部 営業企画部 田中 俊旭様

―可搬型セキュアカメラクラウドはどのようなサービスなのでしょうか?

可搬型セキュアカメラクラウドは、全方位カメラ、モバイル通信と蓄電池とどこにでも設置、移動できる台車を組み合わせ、VPN経由で安全に遠隔監視が可能なクラウドカメラサービスです。

約2日間動作するバッテリーを搭載していますので、電源設備を確保できない場合や、工事現場や災害時に一時的に設置する場合などでも利用できます。

―可搬型セキュアカメラクラウドはどのような場面で利用されるのでしょうか?

道路や上下水道工事など、毎日移動のある工事現場の遠隔監視や指示、屋外資材置き場や駐車場での監視、災害の危険性のあるエリアの遠隔監視、不法投棄や鳥獣の一時的監視などでご利用になれます。

例えば、建設現場では、資材をそのまま置いておくと、夜間に盗難にあう危険性があります。盗難防止のために警備員を配置するのも負担が大きいので、可搬型セキュアカメラクラウドを置くと、盗難の抑止になりますし、万一盗難された場合には、録画・録音の確認で誰の仕業かわかります。特に、可搬型セキュアカメラクラウドは、夜間でもわずかな光だけでもきれいに撮影できるカメラを採用していますので、深夜は暗くて見えない、という心配はありません。

また、建設現場が複数あると、本社など管理側で、どの現場がどこまで進捗しているかわかりづらい、という問題があります。そこで、現場ごとに可搬型セキュアカメラを設置しておくと、工事がどこまで進捗しているのか、現場ごとの訪問や、現場監督に都度連絡をとらなくとも、映像を通じて正確に進捗を把握できるようになります。

―災害時にも活用が期待できそうですね。

ある自治体では、大型台風の接近時に冠水しやすい場所の監視に活用されました。冠水の危険性があるとはいっても常時人が監視し続ける人員の余裕はありませんし、その場所は冠水すると道路通行もできなくなるため人員による監視自体が難しい状況でした。そこで、可搬型セキュアカメラクラウドを設置して、遠隔からでも現地の状況を確認できるようにしました。それにより、大型の台風到来時に、停電が発生した中でも監視を継続して、現況を踏まえながら適切に災害対応ができました。

―可搬型セキュアカメラクラウドの強みを教えてくださいませんでしょうか?

クラウドカメラを場所に限定されずに可搬型で利用できることや、動体検知と音声による警告などの監視用の機能を備えていることに加えて、防犯に必要な高画質で録画していることが挙げられます。

通常のクラウド型サービスでは、撮影した映像を都度クラウド上のサーバーに格納する方式のため、モバイル回線では画質が不安定になったり、回線品質やデータ容量伝送のコストを抑えるため、アナログカメラ並みの画質まで落としているケースが見受けられます。しかし、画質が落ちると、防犯カメラで疑わしい人を撮影しても、拡大して顔を確認しようにも画像が荒くて詳しくは判別できないことになります。

それでは防犯カメラとしては十分とは言えませんので、可搬型セキュアカメラクラウドでは、顔の判別が十分に行える300万画素で撮影しています。クラウド上のサーバーへは画素数を落として送信、録画しますが、カメラの内部ストレージには300万画素で記録しています。そのため、映像の詳細を確認したい際には、管理画面からVPNを経由してカメラにアクセスし、カメラの内部ストレージから必要な部分だけデータを取り出すことで確認ができ、防犯カメラとしても十分な高画質録画を実現しています。

―今後はどのようなことに力を入れていくのでしょうか?

可搬型セキュアカメラクラウドが役立つ場面は多々ありますので、引き続き用途を広げる提案を行っていきたいと考えます。

機能面では蓄電池だけでは数日までしか使えないため、ソーラーパネルとの組み合わせによる長期利用ができるようにする予定です。

また、もう一つは、災害時の住民向けの情報提供にも役立てたいと考えます。カメラから他のサーバーへ直接画像ファイルを転送することもできますので、例えば、自治体のWebサーバーに監視画像を転送して、自治体がその監視画像を住民向けに公開することで、災害時の判断に役立ててもらう、といったことが考えられます。ただし災害時には、自治体のWebサーバーへのアクセスが殺到することも想定されますので、大量のアクセスでも処理できるよう、サーバーの処理能力を自動的に拡張するといった技術も併せて提供したいと考えています。

 

料金

  • 月額料金:基本料金5,000円+4,500円/台
  • 初期料金:1,115,000円~(カメラ、可搬型機器【通信機器込】、蓄電池一式)

※金額は税別です。モバイル回線料金、設置工事料金は含まれていません。

 

会社概要

会社名 株式会社NTTPCコミュニケーションズ
代表者名 田中 基夫
資本金 40億円
所在地 〒105-0003 東京都港区西新橋二丁目14番1号

 

CLOSE

資料ダウンロード (無料)

資料ダウンロード (無料)

こちらから「クラウド型セキュリティカメラ」の資料を一括でダウンロードできます。

一括資料ダウンロード (無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

このページの内容をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
TOPへ戻る

資料ダウンロードフォーム

1分で簡単登録。無料

入力フォームはこちら

登録済みの方はこちら

パスワード再発行

アスピックご利用のメールアドレスを入力ください。
パスワード再発行手続きのメールをお送りします。

アンケートにご回答ください。

サービスの導入検討状況を教えてください。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。利用規約とプライバシーポリシーに同意の上、ダウンロードいただきます。

ご回答ありがとうとございます。

ご登録いただいているメールアドレスにダウンロードURLをお送りしています。ご確認ください。

CLOSE