ASPIC公式サービス【アスピック】

PHONE APPLI PEOPLE(旧:連絡とれるくん)|インタビュー掲載

PHONE APPLI PEOPLE(旧:連絡とれるくん)|インタビュー掲載

社員やお客様の連絡先や名刺情報をクラウドで一元管理。連絡先を一つにまとめるクラウド電話帳サービスです。「Web電話帳」「名刺管理」「着信表示」「ビジネスチャット」などの機能を搭載。フリーアドレスやリモートワークをはじめとする、時間と場所にとらわれない働き方のコミュニケーション円滑化にも貢献。

4.0
1件の口コミ・評判

CLOSE

資料ダウンロード (無料)

資料ダウンロード (無料)

こちらから「Web電話帳」の資料を一括でダウンロードできます。

一括資料ダウンロード (無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

サービス概要

「PHONE APPLI PEOPLE」は、社員やお客様の連絡先や名刺情報をクラウドで一元管理。連絡先を一つにまとめるクラウド電話帳サービスです。「Web電話帳」「名刺管理」「着信表示」「ビジネスチャット」などの機能を搭載。フリーアドレスやリモートワークをはじめとする、時間と場所にとらわれない働き方のコミュニケーション円滑化にも貢献。

主なポイント

  • Web電話帳でどこでも連絡先を確認

社内外の連絡先情報をクラウドで一元管理。Web電話帳で社員やお客様を検索し、連絡先情報から適切なコミュニケーションツールを選択して、簡単に連絡することが可能です。

  • 名刺情報をクラウドで一元管理・社内で共有

スマホで名刺を撮影するだけで名刺情報として格納。全社・部署・ユーザー単位で閲覧範囲を設定して共有することもできます。

  • スマホの紛失・盗難時も情報漏えいの心配なし

大切な連絡先データはスマホ本体ではなく、クラウド上にあるので万一紛失や盗難が発生しても情報漏えいにはつながりません。また、連絡とれるくんに登録があれば、スマホ内に登録されていない電話番号からの着信も発信元の連絡先が表示されます。

 

事業者インタビュー

どこにいても相手とピンポイントでつながることができるサービス

 NTTコミュニケーションズ株式会社 ボイス&ビデオコミュニケーションサービス部 山口 浩之様
NTTコミュニケーションズ株式会社
ボイス&ビデオコミュニケーションサービス部 山口 浩之様

―「連絡とれるくん」はどのようなサービスなのでしょうか?

「連絡とれるくん」は、社内外の連絡先情報の集約や名刺管理も可能なクラウド型の電話帳サービスです。

業務上のコミュニケーション手段としては、電話やメールだけでなく、チャットやSNSなどコミュニケーションツールが増えています。さらに、働き方改革の一環で、ロケーションにとらわれない仕事の実現手段として、コミュニケーションツールの多様化はますます進んでいきます。

そうなると、例えば、ある人にチャットで連絡しようとした際に、チャットはTeamsなのかLINEworksなのか、アカウント名は何なのか、連絡するのも一苦労になります。「連絡とれるくん」を利用すれば、連絡をとりたい相手はどの手段で連絡がとれるかがわかりますし、そこにアカウント名も記載されていますので、連絡に困ることはありません。さらに、連絡したい方法として、Skypeのようなツール名を選択すると、自動的にSkypeが立ち上がって連絡が取れるようになります。

―「連絡とれるくん」の特長を教えていただけないでしょうか?

連絡先情報のクラウドへの集約や名刺情報の一元管理に加えて3点挙げられます。

一つ目は、着信情報を表示できる点です。スマートフォンの連絡先に発信元の情報がなくても、クラウドから発信元情報を取得しますので、着信時は誰が電話をかけてきたのか把握できるようになります。

二つ目は、情報漏えいリスクを低減できる点です。スマートフォンを業務で利用している場合は、連絡帳に登録した取引先などの個人情報漏えいが懸念されますが、「連絡とれるくん」では、スマートフォンの内部には連絡先情報を持つ必要がありませんので、万一紛失や盗難が発生しても、漏えいには至りません。

三つ目は、他のアプリケーションと連携できる点です。例えば、電話番号をクリックすると、クラウドPBXである「Arcstar SmartPBX」のアプリを立ち上げて電話を発信したり、ファイル共有サービスのboxとアプリケーション連携すると、box内の資料を検索し、作成者に聞きたいことがあれば、「連絡とれるくん」から連絡手段を選んで連絡する、といった使い方もできます。

―「連絡とれるくん」はどのようなきっかけで導入いただくことが多いのでしょうか?

最近では、働き方改革の一環で、フリーアドレス化やリモートワーク導入のように、場所に制限されない働き方の実現手段として導入いただくことが増えています。従来のオフィス環境では、「あの人はこの場所にいるはず」、あるいは「このメーリングリストに連絡すればつながるはず」と場所や組織を頼りに連絡していました。しかし、フリーアドレス化などが進むと、そのような連絡はできなくなりますので、個人とピンポイントで連絡する仕組みが必要になります。「連絡とれるくん」を導入すると、誰にどの連絡手段でコンタクトすればよいかがわかりますので、個人間でのコミュニケーションが加速します。

もちろん、名刺情報や連絡先情報を社内で共有する手段、外出先でも取引先情報を確認するための手段や情報漏えいリスクを低減する手段としても多くご利用いただいています。

―「連絡とれるくん」の活用事例について教えていただけないでしょうか?

株式会社公文教育研究会(KUMON)様では、働き方改革を推進するなか、各拠点でバラバラだったオンプレ型PBXを廃止して、スマートフォンの活用を前提とした音声基盤に刷新。未来の働き方の実現に向けて、スマートフォンの内線化や「連絡とれるくん」による連絡先情報のクラウド化を導入いただきました。同社では以前より社員にスマートフォンを貸し出していたものの、これまでは、教室や先生などの連絡先情報はPCや紙ベースで管理していたので、人事異動の際には新しい担当の教室の60~70拠点の連絡先情報を各自が都度スマートフォンに登録する必要があり、比較的に異動が多いという同社では、稼働の負担になるという課題がありました。

そこで、「連絡とれるくん」を導入いただいたことで、教室や先生の連絡先情報はクラウド上で一括管理し、人事異動などで担当者が変更した際も、管理者が変更手続きをするだけで、各自の登録作業がなくなり、効率的に利用できるようになりました。さらに、スマートフォンには連絡先の情報を持つ必要がなくなるので、紛失や盗難に伴う情報漏洩リスクを解消できる点も評価いただきました。

このように、フリーアドレス化やリモートワークなど新しい働き方の環境整備において、「連絡とれるくん」は様々な課題を解決する手段にもなると考えています。

連絡とれるくん 導入事例詳細(株式会社公文教育研究会)

Web電話帳

連絡とれるくん 導入事例詳細(株式会社公文教育研究会)

Web電話帳

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

―今後はどのようなことに力を入れていくのでしょうか?

これまでは連絡先やコミュニケーション手段の集約に取り組んできましたが、今後はより精度の高いコミュニケーションの実現に貢献していきたいと考えています。

例えば、フリーアドレス化などに取り組むお客様から、誰がどこにいるのかわからないので、「社員がどこにいるのか把握したい」という要望をいただくことが増えてきました。そこで、新たなオプションサービスとして「居場所わかるくん」の提供を開始しました。

「居場所わかるくん」を利用すると、無線通信による位置把握で、オフィスのどこに誰がいるのか、オフィスマップを見ながら把握できるようになります。そうすると、この人は会議室にいるので「電話ではなくチャットでの連絡にしよう」と、より適切な手段でコミュニケーションが行えるようになります。

また、居場所の把握は工場における安全管理や、オフィスの備品管理などに応用できますので、IoTの活用も踏まえながら、連絡手段の裾野拡大にも取り組んでいきたいと考えます。

 

料金

  • 月額利用料:300円~(5ID~)

※別途、新設工事手数料3,000円/回が発生します。金額は税別です。

 

会社概要

会社名 エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
代表者名 丸岡 亨
資本金 2,309億円
所在地 〒100-8019 東京都千代田区大手町2-3-1 大手町プレイスウエストタワー

 

CLOSE

資料ダウンロード (無料)

資料ダウンロード (無料)

こちらから「Web電話帳」の資料を一括でダウンロードできます。

一括資料ダウンロード (無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

口コミ・評判

ユーザー

投稿日:2022/12/20

氏名:非公開

会社名:非公開

従業員規模:501〜1,000人

4.0

使いやすさ

業務貢献度

機能への満足度

はじめやすさ

価格の妥当性

名刺交換の機会が多い部署では役立つ分かりやすい製品

Q1. 誰が・何をするために使っていますか?

1つの顧客企業に対して複数の部署からアプローチするため、どの部署の誰が顧客の誰と面識があるかを知る事ができて便利です。

Q2. 使ってよかったと思える点は何ですか?

名刺の読み込み、登録がスムーズだと思います。
また、データベースの検索も精度が高く困った事はなかったと思います。

Q3. もっとこうするとよい、という点はありますか?

名刺を読み込んだ時にどうしても手打ち修正が必要な場合が発生する。
他製品と比較したことはないが、もう少し精度が高くなるとより便利になると思います。

Q4. このサービスの魅力を1つだけアピールするとしたら何を挙げますか?

安価で分かりやすい機能を備えた、導入難易度の低い製品だと思います。

このページの内容をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
TOPへ戻る

資料ダウンロードフォーム

1分で簡単登録。無料

入力フォームはこちら

登録済みの方はこちら

パスワード再発行

アスピックご利用のメールアドレスを入力ください。
パスワード再発行手続きのメールをお送りします。

アンケートにご回答ください。

サービスの導入検討状況を教えてください。

  • 資料請求後に、当該資料に含まれる「サービス提供会社」や弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
  • ご案内のため、アスピックにご登録いただいた会員情報を弊社より「サービス提供会社」に対して電子データにて提供いたします。
  • 利用規約とプライバシーポリシーに同意の上、ダウンロードいただきます。

ご回答ありがとうございました。

ご登録いただいているメールアドレスにダウンロードURLをお送りしています。ご確認ください。

CLOSE