ASPIC公式サービス【アスピック】

  • TOP
  • 特集記事
  • ヘルプデスクの運用を楽にする3つの方法とおすすめ支援ツール

ヘルプデスクの運用を楽にする3つの方法とおすすめ支援ツール

ヘルプデスクの運用を楽にする3つの方法とおすすめ支援ツール

2020-08-04

社内にヘルプデスクをおいているものの、多岐にわたる煩雑な業務が集中し、負担の大きさからうまく機能できていない情報システム部門は少なくありません。人手不足や業務の属人化を解消し運用を楽にするための方法や業務効率化ツールについてご紹介します。

目次

ヘルプデスクとは?

ヘルプデスクには、従業員からの問い合わせに対応する「社内ヘルプデスク」と、顧客をはじめとした社外からの問い合わせに対応する「社外ヘルプデスク」の2種類があります。社外ヘルプデスクは一般的にカスタマーサポートと同義とされ、コールセンターのような機能を担っています。一方、社内ヘルプデスクは、社内の情報システム部に所属していることが大半で、“パソコンがネットにつながらない”、“社内システムをうまく使えない”といった社内でのITに関する質問やトラブルの対処が主な業務となります。大企業の場合には、社内SE部門等が設けられ業務が細分化されていることもありますが、中小企業の場合には、SE業務とヘルプデスク業務の境界線はなく、限られた人員で幅広い範囲の業務を担うことも少なくありません。

ここでは、社内の情報システム部門に配置される、社内ヘルプデスク業務を効率化し、負担を軽減するための方法について説明します。

 

ヘルプデスクの運用の負担が大きい理由

ヘルプデスクは社内で発生する大小様々な困りごとについて相談できる窓口として機能することを期待されているため、幅広い豊富な知識と相談者の意図を汲み取りわかりやすく説明するスキルが求められます。そのため、ヘルプデスクの業務量は膨大となり、運用の負担が大きくなりがちです。具体的には以下のような課題が挙げられます。

  • 対応範囲が広い

社内システムと一口にいっても、勤怠管理・経費精算・出張申請といった基幹システム、販売管理・営業支援・電子商取引といった業務系システム、グループウェアや情報共有のような業務支援系システムというように、用途ごとに様々なシステムがあり、企業規模が大きくなるほど扱うシステムの種類も多くなります。そのため、それぞれのシステムについて寄せられるあらゆる質問に迅速に答えらえるよう、常に最新の知識を習得し勉強しておく必要があります。

また、業務を円滑に進めるためには、急に発生するトラブルにも臨機応変に対応しなければなりません。トラブルシューティングを行いながら、デジタル化や新システムの導入など、営業に貢献するようなコア業務も進めていかなくてはならないため、対応範囲が広くその分大変になります。

  • 時間に追われやすい

“ネットワークにつながらないので仕事ができない”、“今日中に受注入力しなければならない”、などといった急を要するIT関連のトラブルは企業に深刻な損害を与える可能性があるため緊急対応が不可欠となります。場合によっては、問題が解決するまで帰れないことや休日出勤した社員からの問い合わせに急遽対応せざるを得ないこともあり、常に気を抜けない立場から責任感の大きさに負担を感じることも多いです。

また、部署間での情報のやり取りを促す橋渡し的な役割を担当することもあるため、その場合には双方の状況を把握したうえで、無理のない日程や時間調整をする必要があります。

  • 説明が困難

問い合わせをしてくる相手は、IT知識がほとんど無い場合もあり、リテラシーレベルも様々です。そのため、質問者が解決したい問題を正確に伝えられないこともあるため、ヘルプデスク担当者は、まず、何を解決したくて問い合わせしてきているのかを、汲み取る力が必要となります。その上で、相手に理解できることばでわかりやすく説明するということが求められます。専門用語をそのまま伝えるだけでは理解できない相手に対してどのように伝えたら理解してもらえるか、工夫をしながら説明していくことはとても骨の折れる業務です。

また、リモートデスクトップ機能に対応していないパソコンなどで画面共有ができない場合、テレワークや在宅勤務などで社内にいない相手に、電話音声のみで操作方法や手順などを説明することはとても困難です。そもそも何が問題なのか相手方の画面を見てみないと正確に原因究明できないため、状況を把握するだけでも時間がかかってしまうことも多分にあります。

 

ヘルプデスクの運用を楽にする3つの方法

ヘルプデスクの運用を抜本的に楽にする解決策は「問い合わせ件数を減らす」ことと「問い合わせ対応の効率化」に尽きます。そのための工夫として以下の3つの方法が挙げられます。

  • 簡単な問い合わせ事項はマニュアル参照もしくはFAQ検索を促す

社内ポータルからスムーズにマニュアルを参照できるように整えたり、よくある質問はFAQとして用意しておき、利用者が自力で問題を解決できるようにしたりして促します。
社内ポータルを作成する際には、利用者目線でわかりやすいサイトにすることが大切です。せっかく作成しても、トップページから一目で目的のページにアクセスできなかったり、専門用語が多くて利用者が一読してもスムーズに理解できないようだったりでは、“結局ヘルプデスクへ聞いたほうが早い”、ということになり問い合わせ件数の削減に繋がりません。

シンプルでわかりやすい画面構成とITリテラシーに関わらず理解できる簡潔な文章を心掛けるようにしましょう。また、社内ポータルやマニュアル、FAQは、情報が古くなり、誰もみてくれないまま放置されてしまっては意味がありません。定期的に見直し、変更があった場合には直ちに反映して常にバージョンアップしておく仕組み作りが必要です。

なお、社内FAQの詳細についてはこちらの記事もご参照ください。

社内FAQで問い合わせ削減する3つの方法。作り方も解説

人事、総務や社内情報システム部門などに寄せられる質問は社内FAQの活用で削減が見込めます。社内FAQを活用するにはコンテンツの準備が大変と思われがちですが、負担...

FAQシステム

  • インシデントや進捗状況の管理で効率化

一度のやり取りで解決しなかった問い合わせ内容や、前回発生したインシデントを踏まえた上で相談したい場合など、同じ担当者に継続して対応してもらいたいケースは多くあります。しかし複数人でヘルプデスクを運営している場合、毎回同じ担当者が対応できるとは限りません。問合せ対応を属人化させず、誰でもスムーズな対応ができるよう「誰が、いつ、どんな内容で」対応したのかを一元管理し、進捗状況をリアルタイムで共有できる仕組みを整えておくようにしましょう。そうすることで無駄なやり取りをする過程がなくなり対応時間の短縮に繋がります。

また、問い合わせ内容やトラブルをインシデントとして登録し、対応した内容と併せて管理しておくことで、同様のトラブルが発生した際、過去の履歴を参考に効率的に対応することが可能となります。さらに、蓄積したインシデント情報を集計し分析することで、問い合わせ対応のナレッジ共有にも役立てることができます。

  • 問い合わせ対応の効率化や問い合わせ削減のポイントを振り返りでみつける

同じような質問が頻発している場合、一時的な回避策を案内するだけでは、引き続き同様の質問が発生することになってしまいます。問い合わせ内容やFAQの検索ログを振り返り、分析することで、企業が抱える根本的な問題点をあぶり出すことが可能です。分析結果をもとに、質問の多い項目のFAQを改善したり、メールで注意喚起を出すといったアクションを起こしたり、社内ポータルに自己解決のためのワークフローのリンクを貼ったり、といった問題の根本原因を解決するための対策を取れるようになり、問い合わせ対応の効率化や問い合わせ件数削減へと繋げることができるようになります。

 

ヘルプデスク支援ツールのタイプ

ヘルプデスクを効率化する支援ツールとして、手軽で代表的なものといえば、まずFAQシステムが挙げられます。チャットボットがプリセットされたサービスもあり、よくある簡単な質問はチャットボットで自動対応できるので、人間が対応すべき難しい問題やコア業務に集中できるようになります。

併せて、問い合わせ管理システムの活用も有効です。ヘルプデスクに寄せられる様々な問い合わせ内容を集約し、一元管理して共有できるため効率的な対応が可能となります。システムを利用することで、リアルタイムで進捗状況を把握することができるので、二重対応や伝え漏れなどのミスもなくなり円滑に業務を進められるようになります。

また、マニュアル作成が大変ならマニュアル作成ツールを使うのも一案です。例えば、「マニュアル作成ソフト Dojo」(株式会社テンダ)では、対象のアプリケーションやシステムを操作するだけで、自動的に画面をキャプチャーし、その操作もテキストで説明文として保存することが可能です。

加えて、告知やマニュアルを共有する手段として社内ポータルも用意しておくとさらに業務の効率化が図れます。「サイボウズ ガルーン」(サイボウズ株式会社)のようなグループウェアサービスを利用すれば、スムーズに独自の社内ポータルを作成することができるのでおすすめです。

 

おすすめのヘルプデスク支援ツール(問い合わせ管理)

ヘルプデスクの運用を楽にする問い合わせ管理システムについてご紹介します。

問い合わせ管理システムをお探しの方は、こちらからサービス紹介資料をダウンロードいただけます。

まとめて資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

Zendesk Support(Zendesk Inc.)

Zendesk Support

(出所:Zendesk Support公式Webサイト)

世界で20万社、国内でも2,500社の導入実績を誇る、デンマーク発祥でアメリカ企業の問い合わせ管理システム。メールや電話、チャットなど様々なチャネルから寄せられる問い合わせを一元管理し、チケットという概念で対応を管理する。問い合わせメールに対し、テンプレートを適用するマクロ機能や、自動返信や担当者の割当などを自由に設定できるトリガ機能を活用することでヘルプデスク業務の自動化を進めて効率化できる。
問い合わせが完了したらチケットの「対応中」「解決済み」などのステータスを切り替えることで漏れや遅れの無い対応を実現。ナレッジベースやチャットなど、シリーズ展開があるためあわせて導入することで効率化を加速できる。

  • 料金:1ユーザーあたり月額19ドル(Teamプラン)。5ドル~199ドルまで機能により5段階のプラン設定。

詳細はこちら

メールディーラー(株式会社ラクス)

メールディーラー

(出所:メールディーラー公式Webサイト)

様々な業界・業種で利用されている、導入実績6,000社の問い合わせ管理システム。その名の通りメール共有において使いやすい機能に加え、電話の応対メモも記録でき、問い合わせを一括管理できる。ヘルプデスクメンバー複数名でのメール共有に役立つ機能がそろっており、重複返信を防止する返信中の排他ロック、ステータス管理(新着・対応中・保留中)、過去の対応履歴の記録、チーム内での申し送り用のコメント添付機能、チーム内チャットやQ&Aなどの機能を持ち、このシステム一つでやり取りができる。優先順位付けや振り分けが可能なラベル機能の他、テンプレート機能でよくある質問への対応もスムーズに。テレワーク環境でも情報共有しやすい。

  • 価格 お問合せ

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

Re:lation (リレーション)(株式会社インゲージ)

Re:lation (リレーション)

(出所:Re:lation公式Webサイト)

導入実績2,200社、メールの他様々なチャネルからの問い合わせを管理できる問い合わせ管理システム。届いたメッセージは「未対応・保留・対応完了・対応不要」の4つのステータスで管理して共有できる。メールや電話等、様々な形での問い合わせのひとまとまりを、チケットという概念で一括管理するため、対応漏れや遅れ、引継ぎミス等を防ぐことができる。1つのチケットに複数のラベルづけができ、色選択や名前づけ、階層分けも可能。ラベルごとの絞り込みもワンクリックででき、条件を設定しておけば、ラベルづけ、担当者振り分け、フラグづけ、ステータス移動、ゴミ箱移動、迷惑メールカテゴリへの移動などの業務を自動化できる。20日間無料トライアルあり。

  • 料金:3ユーザーまで12,800円(一人あたり4,267円。)
  • 初期費用15,000円。

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

OKWAVE IBiSE(株式会社オウケイウェイヴ)

OKWAVE IBiSE

(出所:OKWAVE IBiSE公式Webサイト)

顧客対応・社内業務の効率化を実現するクラウド型ヘルプデスクツール。問い合わせを一元管理し、進捗確認や対応漏れを防ぐことができるほか、よくある質問をFAQ化することで、同じような問い合わせを未然に防止することが可能。顧客や社員への応対内容や、組織内のノウハウなどを手間なく蓄積し、ナレッジデータベースや業務マニュアルとして活用できるため、マネジメントを効率化させ組織力の向上に繋げることができる。また、担当変更時の品質維持にも効果的。

  • 料金:Essential 基本料金 ¥11,500/月+ユーザー利用料金 1ユーザー¥1,700/月
    Standard 基本料金 ¥35,000/月+ユーザー利用料金 1ユーザー¥4,700/月
    Professional 基本料金 ¥115,000/月+ユーザー利用料金 1ユーザー¥9,500/月
  • ※いずれのプランもお得な年額一括払いあり
  • ※スタンダードプランでの30日間無料トライアルあり

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

yaritori(Onebox株式会社)

yaritori

(出所:yaritori公式Webサイト)

低コストで導入時のハードルが低い、問い合わせ管理システム。メール共有・管理に特化したシンプルな作りで使いやすい。チームでのメール対応を効率化する機能、例えば返信作業者以外の返信をブロックする二重対応ロック機能、受信メールの対応状況を把握するステータス管理機能、複数のメールアカウントでも一つの画面で管理する複数アカウント管理機能、よく使用する返信文をテンプレートとして保存できるテンプレート機能など、揃っている。現在のメールアドレスはそのまま利用でき、3つのステップのみで設定が完了するほど導入が簡単。最低契約期間がなく、スピーディーな導入が可能なため、急なテレワーク開始や限定的な利用にも向いている。全てのメールサーバーに対応。14日間の無料お試しもあり。

  • 料金:月額980円/ユーザー。初期費用なし。

今すぐ資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

詳細はこちら

 

おすすめのヘルプデスク支援ツール(FAQシステム)

FAQシステムに関しては、こちらの記事で選び方やおすすめのシステムを詳しくご紹介しています。

【比較表】FAQシステムの比較13選!3つの目的別の選び方

問い合わせをもっと削減するためにはどのようなFAQシステムを選ぶべきか悩まれている方へ、3つの目的ごとに、比較のポイントや比較表を交えておすすめのFAQシステム...

FAQシステム

 

まとめ

ヘルプデスクを設置することで、社内全体の業務を効率化することができ、サービスの向上や業績アップの貢献にも繋がります。しかし、一方で、ヘルプデスクを担当する人員に大きな負荷がかかってしまっていては、継続的に円滑な業務を進めていくことはできません。ヘルプデスクに携わる人員の負担を軽減し、運用を楽にする方法やシステムを積極的に採用することは、企業の成長スピードを加速させる最善の策の一つといえるでしょう。

問い合わせ管理システムをお探しの方は、こちらからサービス紹介資料をダウンロードいただけます。

まとめて資料をダウンロードする(無料)

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、
資料をダウンロードしてください。

また、導入の目安となる具体的な数字や、導入時の検討ポイントなどは、こちらでガイドしていますので合わせてご覧ください。

問い合わせ管理システムの選び方ガイド

問い合わせ管理システム

問い合わせ管理システムの選び方ガイド

問い合わせ管理システム

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

インタビューや詳細はこちら。

メールディーラー(Mail Dealer)|インタビュー掲載

メールディーラー(Mail Dealer)|インタビュー掲載

業界シェアNo.1の問い合わせ管理システムです。導入実績6,000社以上。メールや電話、チャット、LINEなど様々なチャネルに対応し、全てのお問い合わせを一元管...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

Re:lation(リレーション)|インタビュー掲載

Re:lation(リレーション)|インタビュー掲載

2019年度グッドデザイン賞受賞、導入実績2,200社以上(2020年3月時点)のメール共有システムです。チームで共有する受信箱で、メール、チャット、電話などの...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

OKWAVE IBiSE

OKWAVE IBiSE

国内シェアNo.1のFAQシステムの実績を活かして開発された、問い合わせの一元管理、チケット管理、FAQ化を実現する問い合わせ管理ツールです。...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

yaritori

yaritori

複数人でのメール対応を効率化し、対応漏れや二重対応をなくすクラウド型のメール共有システムです。月額980円/ユーザーから利用できます。...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

Zendesk Support

Zendesk Support

カスタマーサポートへの問い合わせ(チケット)の一元管理、チケットへの返答・優先順位付け・履歴確認などが可能なカスタマーサービス/サポートチケットソフトウェア。 ...

利用規約プライバシーポリシーに同意の上、資料をダウンロードしてください。

 

このページの内容をシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
TOPへ戻る

資料ダウンロードフォーム

1分で簡単登録。無料

入力フォームはこちら

登録済みの方はこちら

パスワード再発行

アスピックご利用のメールアドレスを入力ください。
パスワード再発行手続きのメールをお送りします。

アンケートにご回答ください。

サービスの導入検討状況を教えてください。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。利用規約とプライバシーポリシーに同意の上、ダウンロードいただきます。

ご回答ありがとうとございます。

ご登録いただいているメールアドレスにダウンロードURLをお送りしています。ご確認ください。

CLOSE