クラウドIoT研究会

第20回クラウドIoT研究会
「ヒアラブルやエッジコンピューティングにおけるNECの取組み」

来る11月14日(木)、「第20回クラウドIoT研究会」を開催いたします。

今回は日本電気株式会社 デジタルプラットフォーム事業部・技術主幹の岡山 義光氏をお招きしてご講演いただきます。

クラウドビジネス関係者にとって大変参考になるお話を聞くことができる機会ですので、皆様のご参加をお待ちしております。

開催日時

日程
2019年11月14日(木)
時間
16:00〜18:00(受付開始 15:30)

講演内容

タイトル

「ヒアラブルやエッジコンピューティングにおけるNECの取組み」

講師

日本電気株式会社 デジタルプラットフォーム事業部 技術主幹
岡山 義光様

講演概要

5G時代のIoTシステムにおいて、その狙いの一つとなる自動運転やコネクテッドカーの実現に向けてより超高速・リアルタイム処理が必要とされています。一方で、従来のモノや環境だけでなく、ヒトそのものがサイバーに接続されて、フィジカル空間のデータを利活用する考え方が重要になってきており、エッジコンピューティングが益々重要性を増してきています。

この世界観を実現するべく、ヒトとサイバーがダイレクトにつながるセンシングデバイスであるヒアラブルテクノロジーのご紹介に加えてモノ・環境・ヒトがダイレクトかつ容易にサイバーに接続され、データ利活用できるIoTシステムの構築することを目指す内閣SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)の活動である、「My-IoT開発プラットフォーム」について、日本電気株式会社デジタルプラットフォーム事業部・技術主幹の岡山氏からお話しいただきます。

講師略歴

1988年NEC入社。
オフコンやUNIXサーバのCPUやチップセット開発を経て、シンクライアントシステムの技術開発、ファクトリコンピュータやワークステーションの事業統括を経て、2015年から、部門長としてIoTの技術および製品開発の責任者を務める。
2019年から現職。

スケジュール

開会挨拶
16:00〜16:10
ご講演
16:10〜17:00
質疑応答
17:00〜17:30
名刺交換会
17:30〜18:00

開催場所

会場
スタンダード会議室 五反田ソニー通り店 6C
東京都品川区東五反田2-3-5五反田中央ビル
アクセス

JR「五反田」駅東口より徒歩3〜4分
都営浅草線「五反田」駅徒歩4分
東急池上線「大崎広小路」駅徒歩5分

地図はこちら

参加者

50名程度

参加費

ASPIC会員
無料
ASPIC会員外
5,000円(当日受付で申し受けます)

申込先

参加ご希望の方は、お申込は下記ボタンよりお申込ください。

申込締切日

11月7日(木)

本件問合せ先

ASPIC事務局(岩田、国松)
E-mail: seminar@aspicjapan.org
TEL:03-6662-6591