会長挨拶

特定非営利活動法人 ASP・SaaS・IoT クラウド コンソーシアム 会長 河合輝欣

平素、幣団体活動にご理解とご支援を賜り心から御礼、感謝申し上げます。

ASPICが1999年創立以来、10数年にわたり普及促進を行ってきたICTの「所有から利用」のビジネスモデルであるASPが、SaaSにさらにクラウド(サービス)へと大きく成長してきました。

これは、ハードウェアとソフトウェア技術の進展、モバイルに代表されるネットワーク技術の高速、大容量化、利用端末もパソコンからタブレット、スマートフォンへと拡大がおこなわれたことによってもたらされました。

また、当初の文書管理、メール配信等の支援系業務や、財務会計、人事給与等の基幹系業務から企業活動や社会活動を支える(業種業界)社会業界特化系業務へと多様なアプリケーションを提供するASP・SaaS事業者、プラットフォーム提供するPaaS事業者、仮想化されたサーバーを提供するIaaS事業者、またクラウドの基盤であるデータセンター事業者等がICTの次のビジネスとして積極的な事業展開を行ってきました。

一方、ユーザー企業は、経営環境の厳しい中、事業の変革をめざしICT資産を持たない高速経営、業務の効率化の視点等から積極的なクラウドの利用促進が行われ、クラウドの市場規模も2015年度には3兆円規模に達する等、社会のインフラシステムとしてクラウドが着実に発展してきています。

(1)クラウドサービスの安心・安全な市場の確立・拡大

このようなクラウド環境が進展する中、ASPICは以下の活動を行い、社会インフラとして期待されているクラウドサービスの安心・安全な市場の確立、市場の創造・拡大に貢献しています。

  1. ①2007年から総務省と合同で「ASP・SaaS・クラウド普及促進協議会」を立上げ、クラウド事業者がサービスを提供する上での共通のガイドライン、情報開示指針や医療、教育、社会資本等の(個別)分野毎のガイドラインの作成を行っています。
  2. ②2009年からデータセンター事業の推進を行う為、総務省と連携して「ASP・SaaS データセンター促進協議会」を立上げ、データセンターの国際戦略や地方分散化、データセンター事業者連携ガイド等の作成を行っています。
  3. ③協議会で策定されたクラウドの情報開示指針をもとに、利用者(ユーザー企業、ASP・SaaS事業者)への安全安心なクラウドサービスの利用促進を図る為に、「ASP・SaaS/IaaS・PaaS/データセンター情報開示認定制度の立上げ、推進を行い、現在180のサービスが情報開示認定を受けています。
    (認定機関は(一財)マルチメディア振興センター)

上記の活動により、ASPICは情報通信月間で2008年に組織として、2012年には会長(河合)が総務大臣表彰を受けています。

(2)業界・社会全体の発展

会員のビジネスを支援する為に以下の活動を行い、会員企業並びにクラウド業界、利用企業等の発展拡大をめざしています。

  1. ①クラウド研究会を設置し、クラウドのマーケティング戦略、建設不動産、医療福祉(教育等)の業界毎のクラウド研究、新たなビジネスモデルであるオープンデータの研究、クラウドの新技術の研究
  2. ②IoT・クラウドビジネス交流会を開催し会員等のビジネスアライアンスの推進
  3. ③クラウドサービスのアワードを毎年開催し、サービス毎の表彰により、会員企業等の事業拡大の支援
  4. ④ASPIC主催のフォーラムやセミナー等による情報の提供
  5. ⑤介護ケアアセスメントのためのインターライクラウドサービスの提供

(3)ASPIC活動の5本柱の推進

ASPICは以下の5本柱を活動の中核として推進してまいります。

  1. ①クラウド研究会の積極的な展開
  2. ②ASP・SaaS・クラウド普及促進協議会の推進(総務省との連携)
  3. ③クラウドサービスの情報開示認定制度の推進(ASP・SaaS/IaaS・PaaS/データセンター)
  4. ④ASP・SaaSデータセンター促進協議会の推進
  5. ⑤会員ビジネス支援

今後もASPICは政府の進める成長戦略「IT国家創造宣言」に対応して、「5本柱」を一層推進し、安心・安全なクラウドサービスを社会インフラとして定着させ、日本の産業競争力の向上をめざし、世界最高のクラウド先進国にすると共に会員ビジネスの繁栄に貢献してまいります。

皆様の益々のご発展を祈念いたしますと共に、一層の御支援、御指導の程よろしくお願い申し上げます。

特定非営利活動法人
ASP・SaaS・IoT クラウド コンソーシアム
会長 河合 輝欣