新技術クラウド研究会

第19回 新技術クラウド研究会
「ブロックチェーン技術の応用とクラウドビジネスへのインパクト」

来る9月25日(水)、「第19回新技術クラウド研究会」を開催いたします。
インターネットにも匹敵するほどの技術革新と言われるブロックチェーンは、昨今話題の仮想通貨への適用に留まらず、新たなビジネスモデル創出や社会の変革を実現する基盤として注目されています。
日本政府の骨太の方針2018(平成30年6月15日閣議決定)においても、新たな技術・ビジネスへの対応として@ブロックチェーン技術の活用が方針として示されております。
これらブロックチェーンの技術のビジネス上のインパクトについて、当該分野の第一人者である東京大学情報学環准教授高木聡一郎先生をお招きしてご講演頂きます。

クラウドビジネス関係者にとって大変参考になるお話を聞くことができる機会ですので、皆様のご参加をお待ちしております。

開催日程

日程
令和元年9月25日(水)
時間
16:00〜18:00(受付開始 15:30)

講演内容

タイトル

「ブロックチェーン技術の応用とクラウドビジネスへのインパクト」

講師

東京大学大学院情報学環 准教授 高木 聡一郎様

講演概要

今回は、今後のブロックチェーン技術のビジネスへのインパクトを具体的な活用事例とともに解説頂き、クラウド事業者への影響について皆様と意見交換を行います。

講師略歴

東京大学大学院情報学環准教授。国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)主幹研究員を兼務。
株式会社NTTデータ、同社システム科学研究所、国際大学GLOCOM教授/研究部長/主幹研究員等を経て2019年より現職。
これまでに、国際大学GLOCOMブロックチェーン経済研究ラボ代表、ハーバード大学ケネディスクール行政大学院アジア・プログラム・フェロー、慶應義塾大学SFC研究所訪問所員などを歴任。
専門分野は情報経済学、デジタル経済論。情報技術の普及・発展に伴う社会への影響を、主に経済学の観点から分析している。
主な著書に「デフレーミング戦略 アフター・プラットフォーム時代のデジタル経済の原則」(翔泳社)、「ブロックチェーン・エコノミクス 分散と自動化による新しい経済のかたち」(翔泳社)、「学び直しの方法論 社会人から大学院へ進学するには」(インプレスR&D)など。2015年に社会情報学会より「新進研究賞」、2019年にKDDI財団よりKDDI Foundation Awardを受賞。東京大学大学院学際情報学府博士課程修了。博士(学際情報学)。

スケジュール

開会挨拶
16:00〜16:10
ご講演
16:10〜17:10
質疑応答
17:10〜17:30
名刺交換会
17:30〜18:00

開催場所

会場
スタンダード会議室 五反田ソニー通り店 6C
東京都品川区東五反田2-3-5五反田中央ビル
アクセス

JR「五反田」駅東口より徒歩3〜4分
都営浅草線「五反田」駅徒歩4分
東急池上線「大崎広小路」駅徒歩5分

地図はこちら

参加者

50名程度

参加費

ASPIC会員
無料
ASPIC会員外
5,000円(当日受付で申し受けます)

申込先

参加ご希望の方は、お申込は下記ボタンよりお申込ください。

申込締切日

9月18日(水)

本件問合せ先

ASPIC事務局(岩田、国松)
E-mail: seminar@aspicjapan.org
TEL:03-6662-6591