法務研究会

第8回 法務研究会
「デジタル改革関連法案と改正個人情報保護法のクラウドサービスへの影響・課題」

新型コロナウィルス感染症拡大防止の影響を受けられた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

昨年行った研究会で、「令和2年 改正個人情報保護法」の基本的な考え方について解説していただきました。 この「令和2年 改正個人情報保護法」に関連する政令や規則が決まり、令和4年(2022年)4月1日から、全面施行となります。いよいよこの法案への対応は待ったなしとなりました。

また、先日、デジタル庁の設置も含めた「デジタル改革関連法案」が決まりました。この中には個人情報保護ルールの見直しも含まれております。全面施行日が決まった「令和2年 改正個人情報保護法」とその政令や規則の内容、「デジタル改革関連法」との関係などについてに説明していただき、今後、クラウドサービスに対しての影響や、注意すべき課題について解説していただきます。

クラウドビジネス関係者にとって大変参考になるお話を聞くことができる機会ですので、皆様のご参加をお待ちしております。

開催日時

日程
2021年5月12日(水)
時間
15:00〜16:30(受付開始 14:45)

講演内容

タイトル

「デジタル改革関連法案と改正個人情報保護法のクラウドサービスへの影響・課題」

講師

ベーカー&マッケンジー法律事務所 弁護士 松本 慶様

講演概要

IoT・AIサービスを展開していくには個人情報に対する配慮がますます重要になってきております。また、AIクラウドサービス でもシステムに蓄積されるプロファイルには、個人情報が含まれてきますので、どのように対処すべきなのか、どのような配慮を しなければならないのか、など法律的な検討がますます重要になってきています。

2017年に施行された前回の個人情報保護法改正時に施行後3年を目途に見直しをすることとなっており、検討が進められておりま したが、昨年、改正個人情報保護法が成立しました。この度、政令や規則が決まり全面施行も令和4年4月1日に決まりました。この「令和2年 改正個人情報保護法」について、最新情報も含めその概要を解説いたします。

また、デジタル庁の設置などを柱としておりますデジタル改革関連法案も衆議院を通過しており、成立の見込みです。ここでは、 個人情報保護法制についての改訂もございますので、この点も解説します。

以上の法改正を前提に、クラウドサービスへの影響・課題について、分析・検討します。

スケジュール

開会挨拶
15:00〜15:15
ご講演
15:15〜16:15
質疑応答
16:15〜16:30

参加者

ASPIC会員及び会員外(50名程度)

参加費

  • ASPIC会員 無料
  • ASPIC会員外 5,000円
    注)ASPIC会員外はクラウド研究会事務局にご連絡の後、申込み締切日までに、参加費を所定の口座に振り込みください。

申込先

参加ご希望の方は、下記ボタンよりお申し込みください。

申込締切日

2021年5月7日(金)

Webセミナーツール

ツール
zoom webiner
注意事項
できるだけ通信状態が安定した有線LAN環境でご視聴ください。
何もインストールなど行わず、ブラウザだけで視聴可能ですが、アプリをインストールして視聴していただいた方が品質良く視聴できます。

本件問合せ先

ASPICクラウド研究会事務局(高橋、門井)
E-mail:seminar@aspicjapan.org
TEL:03-6662-6591