農業クラウド研究会

第11回 農業クラウド研究会
農林水産省が推進するロボット・AI・IoT等の先端技術を活用した「スマート農業」の最前線
〜「スマート農業関連実証事業」と「農業データ連携基盤(WAGRI)の本格運用」について〜

 来る7月30日(火)「第11回 農業クラウド研究会」を開催いたします。
 今回は、農林水産省が推進する「スマート農業関連実証事業」と「農業データ連携基盤(WAGRI)の本格運用」について同省課長補佐豊井一徳氏、野守氏、両名をお招きしてご講演をいただくことになりました。
 ロボット・AI・IoT等の先端技術を活用した「スマート農業」の社会実装のお話を聞くことができる機会ですので、皆様のご参加をお待ちしております。

開催日時

日程
令和元年7月30日(火)
時間
16:00〜18:00(受付開始 15:30)

講演内容

タイトル
農林水産省が推進するロボット・AI・IoT等の先端技術を活用した「スマート農業」の最前線
〜「スマート農業関連実証事業」と「農業データ連携基盤(WAGRI)の本格運用」について〜
講師
農林水産省 農林水産技術会議事務局 研究推進課 課長補佐(先端技術実証班)
豊井 一徳様
農林水産省 大臣官房政策課 技術政策室 課長補佐 博士(農学)
野 守様
講演概要
日本の農業の現場では、課題の一つとして、担い手の高齢化が急速に進み、労働力不足が深刻となっています。
本講演では、第1部としてロボット・AI・IoT等の先端技術を活用して、省力化・精密化や高品質生産を実現する「スマート農業の実証事業の現状と今後」についてご講演頂きます。
第2部として、農業の担い手が様々なデータを駆使して生産性向上や経営の改善に挑戦できる環境を目指す「農業データ連携基盤(WAGRI)の構想と本格運用」についてご講演頂きます。
スマート農業の普及により、農作業における省力・軽労化を更に進められる事が出来るとともに、新規就農者の確保や栽培技術力の継承等が期待されています。

スケジュール

16:00
開会
16:00〜16:10
弊会長挨拶
16:10〜16:50
ご講演(第1部)
スマート農業関連実証事業について
(農林水産省 農林水産技術会議事務局 研究推進課 課長補佐 豊井 一徳様)
16:50〜17:30
ご講演(第2部)
農業データ連携基盤(WAGRI)の本格運用について
(農林水産省 大臣官房政策課 技術政策室 課長補佐 野 守様)
17:30〜18:00
質疑応答
18:00〜18:30
名刺交換会
18:30
閉会

開催場所

会場
スタンダード会議室 五反田ソニー通り店 4階B会議室
(東京都品川区東五反田2-3-5五反田中央ビル)
アクセス

JR「五反田」駅東口より徒歩3〜4分
都営浅草線「五反田」駅徒歩4分

地図はこちら

参加者

40名程度

参加費

ASPIC会員
無料
ASPIC会員外
5,000円(当日受付で申し受けます)

申込先

参加ご希望の方は、下記ボタンよりお申し込みください。

申込締切日

令和元年7月26日(金)

本件問合せ先

ASPICクラウド研究会事務局 春日、門井
E-mail: seminar@aspicjapan.org
TEL:03-6662-6591