オープンデータ研究会

第13回 オープンデータ研究会兼第26回 マーケティング研究会
「ビッグデータ等を活用したクラウドサービスの3事例とデータ活用系ビジネスの将来性」

 日頃はASPIC活動、並びにオープンデータ研究会並びにマーケティング研究会にご参加賜り誠にありがとうございます。平成31年1月30日(水)「第13回オープンデータ研究会」兼「第26回マーケティング研究会」を、下記のとおり開催いたします。
 政府や地方自治体が所有している各種データを活用して、クラウドサービスを行うビジネスで成功事例が増えてきております。昨年の「ASPIC IOT・AI・クラウドアワード2018」でもデータ活用系のサービスが「総務大臣表彰」を受賞するなど、確実にクラウドサービスとして発展してきております。
 今回の研究会では、政府や地方自治体が所有しているビッグデータ等を元にして、クラウドサービスを行っている3つの事例をご紹介し、データ活用系ビジネスの将来性についてパネルディスカッションを行います。

講演内容

タイトル

ビッグデータ等を活用したクラウドサービスの3事例とデータ活用系ビジネスの将来性

(1) 事例紹介
事例1

気象データを活用したオリジナル気象サービスHalex Dream!(総務大臣表彰受賞)
株式会社ハレックス社 常務取締役 ビジネスソリューション事業部長 足海 義雄様

気象庁から提供される気象データを用いて、お客様の用途に合わせたオリジナルの気象予報サービスを行っています。 このサービスは「ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2018」において、「総務大臣表彰」を受賞したサービスです。

事例2

自治体のオーブンデータを活用した Mappin' Drop(マッピンドロップ)
株式会社パスコ 事業統括本部 事業推進部 部長 北川 正己様

自治体が持っている地図のオープンデータを活用して、案内地図を簡単に作成できるサービスです。地図にピンを刺すような手軽な感覚で、スタイリッシュな案内地図を、誰もが作成できます。
このサービスはクラウドアワード2018において、データ活用系部門でグランプリを受賞したサービスです。

事例3

犯罪データ等と活用した見守り防犯サービス Moly
Moly株式会社 代表取締役CEO 河合 成樹様

警察や自治体から犯罪・不審者情報を収集し、地図にプロットして、どこで犯罪が起こっているのかを視覚的に把握できるようにしたクラウドサービスです。過去に犯罪の発生が高い危険な地域をわかりやすくなります。

(2) パネルディスカッション

ビッグデータ等の政府や自治体が保有するデータを活用するビジネスありかた、今後の展開と将来性について、発表者相互と会場のメンバを交え、ディスカッションを行います。

メンバー

株式会社ハレックス社 常務取締役 ビジネスソリューション事業部長 足海 義雄様
株式会社パスコ 事業統括本部 事業推進部 部長 北川 正己様
Moly株式会社 代表取締役CEO 河合 成樹様

司会&
コーディネータ
株式会社パブリカ 代表取締役 藤井 博之様(ASPIC理事)

開催日時

日程
平成31年1月30日(水)
時間
16:00〜18:00(15:30受付開始)

開催場所

会場
スタンダード会議室 五反田ソニー通り店 6階C会議室
(東京都品川区東五反田2-3-5五反田中央ビル)
アクセス

JR「五反田」駅東口より徒歩3〜4分
都営浅草線「五反田」駅徒歩4分
東急池上線「大崎広小路」駅徒歩5分
JR「大崎」駅徒歩10分

地図はこちら

タイムスケジュール

開会挨拶
16:00〜16:10
講演&ディスカッション
16:10〜17:40
名刺交換会
17:40〜18:00

参加者

80名程度

受講料

ASPIC会員
無料
ASPIC会員外
5,000円(当日受付で申し受けます)

申込先

参加ご希望の方は、下記ボタンよりお申し込みください。

申込締切日

平成31年1月28日(月)

問合せ先

ASPIC事務局(高橋、国松)
E-mail: seminar@aspicjapan.org
TEL:03-6662-6591