農業クラウド研究会

第5回 農業クラウド研究会
「ICTやIoT・ロボット等活用による農業機械を中心としたスマート農業」

この度、弊クラウド研究会の一環として「第5回農業クラウド研究会」を下記により開催することになり、ご多忙の中恐縮ですが、是非ともご参加いただきますようよろしくお願い申し上げます。

開催目的

現在、IT戦略本部、総務省、農林水産省等関係省庁において農業ICT化施策が進んでおり、また、大手ベンダーを中心に農業クラウドサービスが本格化してきております。

ASPICとしまして円滑な当該市場の拡大並びに、会員ビジネスの拡大支援に向けた活動を強化する必要があることから、今般「農業クラウド研究会」を立上げ、関係省庁・自治体、有識者、先駆ベンダー並びに会員等の参画を得て、農業のICT化、IoT化を進める上での問題・課題や対策・提言の検討・協議を通して、関係者の情報共有を図ることとします。

開催日程

日程
平成29年1月25日(水)
時間
16:00〜18:30(受付15:30)

開催場所

会場
スタンダード会議室 五反田ソニー通り店 6階C会議室
東京都品川区東五反田2-3-5 五反田中央ビル
URL:http://gotanda.spaceuse.net/map/
TEL:03-5719-4894
アクセス

JR・都営地下鉄・東急池上線「五反田」駅より徒歩3分
JR「大崎」駅より徒歩8分

地図はこちら(PDF:488KB)

講演テーマ及び講師

テーマ
「ICTやIoT・ロボット等活用による農業機械を中心としたスマート農業」
概要
2015年11月に発表されたTPP関連政策大綱では、輸出力の強化、マーケティング力の強化、生産現場の体質強化、付加価値の向上など力強い文言が並んでいるが、生産現場が直面る人手不足の問題解決無くして、何一つ解決できない。
そこで急速に発展しつつあるクラウドサービスやビッグデータなどに代表されるICTやIoT・ロボット技術等異分野の知識・技術を積極的に活用し、超省力化や生産物の高品質化に向けた農業機械を中心としたスマート農業の実現に向けた現況を紹介すると共に、技術的側面からクラウドサービスのシステム上必要技術の提示を行う。
講師
国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構
農業技術革新工学研究センター ICT管理役(農学博士) 八谷 満氏

プログラム

開会挨拶
16:00〜16:10
講演
16:10〜17:10
質疑応答
17:10〜17:30
名刺交換会
17:30〜18:30

参加者

40名程度

参加費

ASPIC会員
無料
ASPIC会員外
3,000円(当日受付時申し受けます。)

参加申し込み

参加ご希望の方は、お申込は下記ボタンよりお申込ください。

申込締切日

1月20日(金)

問合せ先

ASPIC事務局(花岡、国松)
E-mail: seminar@aspicjapan.org
TEL:03-6662-6591